赤ちゃん 女の子 かわいい。 ロンパースの女の子用10選!人気の可愛いおすすめは?

古風・和風な女の子の名前159選! かわいい・人気の名前は?

赤ちゃん 女の子 かわいい

「個性的な名前が珍しくかわいい!」 などなど人によって変わってきます。 バリエーションが豊かな名前だからこそ、 どういった点に重点をおいて、かわいらしさを表現したいかまずはそこから考えてみましょう。 定番的なかわいらしさ 昔から、女の子の名前として定番的に使われてきた漢字を使うことで、 誰にでも読める名前になりますね。 「あら、珍しい名前ね」「何て読むの?」と言われることなく、すっと受け入れられる名前は、 年代を問わず多くの人に『かわいい!』という印象を与えてくれることは間違いなさそうです。 現代的なかわいらしさ 現代的なかわいい響きは世代によって 「個性的な珍しい響きの名前だなぁ」と感じる方も多いでしょう。 そして個性的な響きを批判的に思う方も一定数いるのは事実です。 しかし未来の常識は今とは違います。 例えば『』、『』等は、名前ランキングにも入るくらい人気がありますが、数年前にはとても珍しい名前でした。 現代的な響きの名前が一般的となっている子供達世代には 「かわいい!」と万人が感じられる名前になると期待したいですね。 古風さを印象付ける名前 個性的な名前が増える一方で、2~3年前からじわじわと注目を集めているのは 古風な名前。 日本人らしさを感じさせながらも、 古臭い印象を与えずおしゃれに響く名前は、多くの人に愛されます。 「」や「」、「もみじ」などは、日本の風情が漂うとても素敵な名前です。 読み方に個性のある名前 古風な名前の人気が高まる一方で、現代的な印象を与える個性あふれる名前の人気もまだまだ衰えません。 「世界でたった1つの名前」を!と、たくさんの愛情を込めて一生懸命考えられた工夫いっぱいの名前。 一般的には読めない、読みにくいと感じられることもあるでしょう。 しかし、 読めない名前は今どき決して珍しくはなく、個性的で可愛い!という印象を与えることの方が多いようです。 女の子らしさあふれる名前 「」「ゆな」「」「」「」のように、ソフト音を使う名前は優しい印象を与えます。 子供には 女の子らしく穏やかに、優しく育ってほしいと願いを込めるママは大変多く、響きもそういった思いにぴったりなものが人気の上位に入っています。 自然を感じさせる名前 「」「」「」「」のように 花を連想する名前。 「」「」のように 自然の温もりや明るさにちなむ名前。 『自然』は男女ともに人気のテーマですが、 漢字だけでなく響きに自然を結び付ける名前もランキングの中に多く見られます。 『止め字』で可愛らしさを表わす! 名前の響きには、『止め字』が大きく影響します。 可愛らしい響きの止め字名前をご紹介します。 『らりるれろ』が入る2文字名前 らん・らな・らこ・らめ・らら・らと・らま・らみ・らも・るり・るる・るみ・るあ・るん・るか・るち・・るね・るの・るま・るせ・るい・るり・るま・・りか・りあ・りい・りな・りね・りの・・りか・りえ・・りさ・りせ・りつ・りと・りま・りみ・りほ・りは・りゆ・りよ・・れな・れあ・れん・れお・れこ・れま・れみ・れれ・ろん・ろろ・ろみ・ろか・ろあ・ろい・ろこ・ろま・ろな・りる・から・ゆら・・てら・まら・みら・あり・ありい・まり・あり・・さり・きり・せり・なり・のり・みり・せる・なる・はる・りる・みれ・えれ・せれ・なれ・はれ・まれ・みれ・いろ・ひろ 古風な響きが可愛らしい名前 今だからこそ、『古風』が可愛らしいと思わせられることもありますよね。 そんな中でも、 センスのある古風な名前をご紹介します。 古風さを感じる名前 ・こと・のどか・らん・こずえ・もみじ・・・みやび・・あまね・なずな・つむぎ・さつき・あやめ・やよい・あやの 4文字名前も古風で可愛い! さくらこ・かおるこ・みどりこ・かおりこ・しらゆり・すずらん・ひまわり・すみれこ・ゆかりこ・かつらこ・なでしこ・ひなぎく・ひかるこ・しょうこ・きょうこ・りょうこ・りゅうこ あえて『こ』の付く名前を付ける! 今はとても少なくなった『こ』で終わる3文字読みの名前。 漢字を『子』にすれば、昔ながらのかわいさを感じる印象になりますし 、『胡』『湖』『恋』『心』にすれば、現代的な印象かつ古風な響きのかわいさを感じます。 古風な名前とは真逆の、 外国でも通用する名前をご紹介します。 英語でも使われる2文字読みの名前 、りり(Lily)、えり(Ellie)、えら(Ella)、りあ(Leah)、まや(Maya)、、、あん(Ann 、まり(Marie)、、けい(Kay)、らな(Lana)、らら(Lala)、りい(Lee)、(Linn)、りさ(Lisa)、ろな(Lorna)、るる(Lulu)、(Lynn)、、めぐ(Meg)、みり(Milly)、みら(Mira)、もな(Mona)、にな(Nina)、のま(Norma)、(Ray)、ろま(Roma) 英語でも使われる3文字読みの名前 はんな(Hannah)、くれあ(Claire)りりい(Lily)、あんな(Anna)、えみり(Emily)まりあ(Maria)、まりさ(Marissa)、しえら(Sierra)、りりあ(Lillian)、れいら(Layla)、ありあ(Aria)ありさ(Alisa)、ありす(Alice)、かりな(Carina)、せりあ(Celia)、しえり(Cherie)くらら(Clara)、えれな(Elena)、えりさ(Elisa)、えりす(Elise)、えれん(Ellen)、はんな(Hanna)、へれん(Helen)、あいな(Ina)、あいら(Ira)、いるま(Irma)、じゅりあ(Juline)、れおな(Leona)、りあん(Liane)、りりす(Lillith)、るあな(Luana)、るえら(Luella)、まりか(Malika)、まりら(Marilla)、まいり(Mhairi)、れにえ(Renee)、れいな(Reina)、しあん(Sian) 外国で好まれる日本の言葉を名前に! 外国にも浸透している日本の言葉の美しさ。 日本発の萌えキャラは外国でも人気です。 秋の美しい紅葉を知る外国人の耳には、とっておきの美しさを想像させます。 短くて簡潔な響きであることも好まれる理由のようです。 女の子らしく優しく穏やかな名前 優しく穏やかな印象を与える名前には、女の子らしさを感じます。 力強さや知的、聡明さではなく、耳に残る優しい響き、穏やかな響きは、 『ソフト音』を用いた名前がおすすめです。 あえてハード音を外してソフト音をうまく組み合わせた名前をご紹介します。 『あ行』の名前 愛・温かい・明るい・安心…これらの頭文字にある「あ」行。 優しさと共に明るさも印象付けます。 あい・あん・あおい・あお・あいり・あいる・あいら・あらん・あいな・あいみ・あみ・あみる・あまね・あおり・あのん・あまり・あいみ・あや・あやね・あやな・あゆ・あゆり・あゆら・ありな・あるみ・いのり・あいね・いゆり・うの・うみ・うみね・うみの・えいみ・えいな・えりな・えり・えの・えま・えみ・えみり・えみる・えな 『な行』の名前 「な」の音は人気名前にも多く登場する音です。 2019年生まれの赤ちゃんにも、 時代にぴったりな名前でありながら優しい印象も与えるおすすめの音になります。 なな・なみ・なみえ・ななえ・ななお・なお・なおみ・ないる・なえ・なの・なゆ・なゆら・なり・なりみ・なるみ・なるえ 『ま行』の名前 『ママ!』の音である『ま行』は、 人に優しい印象を与える包容力のある響きです。 ・まいな・まあな・まな・まなみ・まみ・まの・まえ・まや・まゆ・まり・まれ・みい・みあ・みな・みや・みやな・・みよ・・めいな・めいあ・もえ・もな・もあ・もえみ 『や行』の名前 「や・ゆ・よ」の音は、50音の中でも特に柔らかいイメージが強い響きです。 女の子らしくほんわかとした印象の名前を作ることができます。 やえ・やよい・やよ・ゆな・ゆい・ゆり・ゆいな・ゆうな・ゆあ・ゆえ・ゆおん・ゆの・ゆのん・ゆま・ゆうま・ゆう・ゆみ・ゆみえ・ゆみな・ゆめ・ゆめり・ゆら・ゆらん・ゆりえ・ゆりな 『ら行』の名前 ら行はクールでオシャレなセンスを潜ませながらも、 女性的な印象を与える響きです。 どちらもソフト音で柔らかい印象を与えます。 女の子らしく、また現代的でありながらもすーっと耳の馴染む響き音。 心が癒されるような、素敵な名前です。 使える漢字にも、優那・佑奈・由南・優菜など、多数あります。 さくら まさに日本を代表する「桜」をすぐに想像させる名前は、 古風さと女性的な美しさを併せ持つ響きです。 自然をイメージすることでも高い人気を誇り、季節を問わずたくさんの女の子に使われています。 ポカポカと温かい自然の風景をイメージさせてくれます。 漢字では「日葵」が定番ですが、他にも陽葵・日茉莉・妃鞠・陽万理などがあります。 ゆうな 「ゆうな」の響きはここ10年ほど、人気トップ10から外れることのない人気の名前を誇っています。 口を大きく開けるあ行の音で終わるので、 明るく元気の良い印象を与えます。 優菜・由菜・祐奈・夕夏など、使える漢字も多々あります。 りこ ちょっぴりクールな印象を与える響きの「りこ」。 漢字ではアラビアジャスミンの和名である茉莉花から「莉子」の人気が高いようです。 他にも宝石をイメージする「璃子」や、知的な意味を持つ漢字の「理子・吏子」もあります。 「こ」の部分に「心」や「来」などを当てると個性的な名前になりそうですね。 発音のしやすさが大きな魅力ですが、ジブリ映画となりのトトロに登場するメイちゃんから 可愛らしい純粋な女の子!を思い出す方も多いことでしょう。 つむぎ 「つむぎ」は、 人と人との絆を紡いでゆく、末来へ紡ぐ思い…等、素敵な由来を元に人気が上がった名前と言えそうです。 物事に向き合う心の丁寧さが伺え、またその心をイメージする素敵な言葉です。 言葉を大切にする日本人らしい響きの名前ですね。 響きで姓名判断する方法も! 名付け法のひとつとして、『音運式姓名判断法』というものがあります。 音運式姓名判断法とは? 繰り返し『声』に出して呼ばれる名前が大脳を刺激し、その人の人格を左右するといわれます。 その考えをもとに、名前の響きをあるルールに従って判断するのが『音運式姓名判断法』です。 調和音であれば運が上がり、不調和音であれば悪運だけが残るとされます。

次の

女の子のかわいい名前!響きが可愛い赤ちゃんの漢字も紹介

赤ちゃん 女の子 かわいい

男の子の育児って本当に女の子と比べて大変なの? 「男の子の子育ては女の子と比べて大変!」というお話をよく耳にします。 担当している乳幼児の親子向け講座の際にも、「男の子って、女の子に比べて身体も弱くて大変って聞くけど……」というちょっぴり不安そうなお母さんの言葉を聞くこともあります。 昔でいう「一姫二太郎」という言葉のように、「最初の子は女の子の方が楽」というイメージを持っているお母さんもいるようです。 待望の赤ちゃんを授かるも性別が男の子と判明すると、「男の子は女の子に比べて大変なの!? 」と不安に思ってしまう理由はどこにあるのでしょうか。 私も男の子4人と女の子1人の子育ての真っ只中で、「男の子と女の子の違いとは」を考えることがよくあります。 お母さんたちからよく出るお話をもとに、男の赤ちゃんの特徴について考えてみます。 <目次>• 女の子との違い……男の子は身体が弱い? 特に乳幼児期の子どもに対し、「男の子は病気をしやすい」といわれることがあります。 子どもに限らず、「女性の方が男性より丈夫だ」とといわれるもよくあります。 これは、女性の方が男性よりも寿命が長いこと、妊娠・出産という命がけの大仕事を乗り越えられることなどからくるイメージが大きいようです。 実際、厚生労働省による日本人の寿命や余命に関する最新の調査では、女性の方が男性よりも寿命が長いというデータが出ています。 女性の方が男性より寿命が長い根拠としては、一般的に、女性の方が環境の変化への適応力が高いこと、男性よりも少ない代謝で効率よく生活できること、男性はどうしても、組織の中でのストレスやプレッシャーにさらされる環境にいることが多いことなどが挙げられています。 同省の乳幼児死亡率に関する調査でも、長年、女子よりも男子の死亡率が高い傾向にあります。 男の子の方が女の子より胎児期に大きくなる傾向があり、母体への出産時の負担やトラブルも多くなりがちだそうです。 しかし、周産期医療の発達した現代では、その差は縮まっています。 また、男の子は代謝が活発なことや、出生時の肺の機能の成熟が女の子と比べて平均的に遅れがちであることも、幼いころの男の子の「弱さ」につながっているそうですが、同じ男の子でも、1人目の赤ちゃんと2人目以降の赤ちゃんの場合では、「下の子は上の子に比べて丈夫」という話もよくあることです。 2人目以降の赤ちゃんの方が、親もあまり神経質にならないことや、早い段階から外に出てたくさんの人に触れる中で、自然に免疫力や抵抗力を高めていることも影響していると考えられます。 女の子との違い……男の子は発達が遅い? 言葉が出る前の段階の「指差し」の動作や、言葉の出方、単語の獲得については、実際、女の子の方が男の子より平均的に数週間早く出る傾向もあるそうですが、全体的に見ると、ほとんど差はないようです。 言葉の出方には、性別よりも、やはり出生後から単語が出始めるまでに、どれだけたくさんの言葉のシャワーを浴びたかが大きく影響します。 また「下の子は言葉が早い」というケースもあれば、そうでないケースも。 単に周りに話す人がたくさんいるというだけでなく、その子に向かってたくさんの声がけがされ、反応に対して応答がある、という経験の積み重ねによって、言葉は獲得されていきます。 1歳代で単語が次々出て、2歳前後でおしゃべりが始まる女の子がいたりすると、「やっぱり、女の子は言葉が早いから」と言われます。 逆に、男の子でも言葉の出方の早い子はたくさんいますが、そこで「男の子なのに言葉が早いのね」と言う人はいませんね。 「女性は口達者」というイメージも大きいのかもしれません。 運動能力に関しても、科学的にも男女の発達差はないとされています。 それは、周りを見ても男女や体格に限らず、それぞれの赤ちゃんのペースで運動能力を獲得していく様子から見ても明らかなようです。 「女の子の方が発達が早い」ということが言われる背景には、周りの無意識のうちの男の子への期待値が高いことも影響しているようです。 女の赤ちゃんの場合は、多少小さめに生まれても、「女の子だから、小さめでもかわいいし」「のんびりでいいわ」となるところが、男の子に対しては、「男の子なのにあまり食べなくて」「将来の運動能力と関係あるのかな」という思いになることも。 早生まれのお子さんが幼稚園や小学校に入った時の他の子との成長の差の不安も、男の子に対しての方が断然多く聞かれます。 期待と実際のギャップが、「早い」「遅い」の印象を生むこともあります。 なぜ男の子は車や電車が好き? 男の子が車や電車が好きなのには理由がある 多くの男の子は、1歳半ぐらいから、誰が教えたわけでもないのに、乗り物に興味を持ち出します。 この現象に対しては、「男脳」と「女脳」の違いによるものとする説があります。 これは、赤ちゃんがおなかの中にいる時に浴びたホルモンによって、「男の子らしい行動を多く示す男脳」や「女の子らしい行動をよく示す女脳」が作られ、出生後の行動に影響を及ぼすというものです。 しかし、「男脳」「女脳」と、男子と女子の遊びの好みの違いの関連性は、明確に証明されているわけではありません。 ガラガラや、ぬいぐるみや、音の出るおもちゃ……。 0歳代の赤ちゃんが興味を示すおもちゃの対象に男女の差がないのは、子育て中の方々も実感できることだと思います。 それがなぜか男の子はいずれ車や電車に興味を持ち出します。 それは、無意識のうちに「自分が男か女か」ということを認識し始めたことによるという説もあります。 さらに、子どもが小さいころの遊びの傾向は、周囲の働きかけによる影響が非常に大きいのではないでしょうか。 ミニカーや電車のおもちゃで遊ぶのが好きな男の子でも、ままごとも楽しんでいるでしょう。 しかし、お母さんやお父さん、その他周囲の人から見れば「やっぱり男の子は乗り物好き」という部分がクローズアップされます。 ミニカーや電車のおもちゃに興味を持ち出した男の子を連れ、街中で走る車を見て「ほら、ブーブーだよ!」と言ったり、線路脇に連れて行って「ガタンゴトン、電車だよ!」と語りかけたりすることも少なくないでしょう。 普段なかなか会えないおじいちゃんやおばあちゃんから贈られるプレゼントも、男の子にままごとセットを贈る人よりも、車や電車のおもちゃを贈る人の方がほとんどではないでしょうか!? やはりここでもどこかで、「男の子だかからこういう遊びが好きだろう」「男の子にはこんな遊びをしてほしいな」という周囲の無意識のうちの働きかけがあります。 そして、子どもの中にも、「自分は男の子だ」という無意識のうちの意識が、明確なものとして育っていくのかもしれません。 男の子か女の子かの違いより、個性や環境が大きな影響 男の子か女の子かで周りの働きかけが少しずつ異なることは、積み重なれば大きな傾向の変化になり、その子の好みや性格を形成する上での1つの要因にはなりえます。 しかし、もっともっとたくさんの環境要因があります。 初めての赤ちゃんだったら、男女に限らず育児の大変さを大きく感じる人がほとんどでしょうが、最初の子も2人目の子も男の子でも、2人目は楽という人もたくさんいます。 兄弟構成、家族構成、親の性格、育つ土地や環境……。 そういった要因の方が、男の子か女の子かというよりも、その子の育ちに影響してくることが、次第に実感されてくると思います。 男の子は、いずれ親から離れていく!? もう1つ、お母さんたちからよく耳にするのが、「女の子は大きくなっても一緒に買い物を楽しむこともできるし、老後に世話をしてくれるのは女の子」というお話。 これは、男の子・女の子の違いに対して、結構広い範囲でとらえられているイメージのようです。 確かに、母娘で「かわいいもの」に対する共通の趣味を持ち、成長とともに一緒に買い物を楽しんだり、一緒に洋服を買うことを楽しんだりするような機会はあるでしょう。 しかし、「老後に世話をしてくれるのは女の子」というのは、いささか疑問です。 男性と女性で就く職業に差がなくなってきて、子どもが生まれても仕事を続けようという女性が増える中で、男女問わず、子どもに面倒を見てもらうことを期待することは、非常に不確定な将来です。 確かに、育児も介護も、まだまだ女性が大きな負担を負う部分が大きい分野ですが、これからは、その負担を男女で分かち合っていかなければならないものです。 男の子は可愛くて甘えん坊? 男の子と女の子に、生まれ持った違いはあるものの、環境的な要因も大きく基本的な差はないということをお伝えしてきましたが、「男の子は甘えん坊?」という部分は、そういう傾向が大きいですよ! とお伝えしたいです。 我が家には男子が多く、子どもたちそれぞれが赤ちゃんだった時には「かわいいのも赤ちゃんのうちだけなのかな。 大きくなったら、くそばばあなんて言われるのかな」などと思ったものです。 でも、子どもが幼児になり、小学生になり、色々な活動の場で交流する中高生男子たちを見ていても、皆、基本的に「お母さんが大好き」で、とてもかわいらしくほほえましく見えます。 お母さんたちのお話を聞いても、男の子は反抗したり憎まれ口をきいたりしても、どこかでお母さんを心のよりどころとしている部分が大きいようです。 それは、女の子よりも男の子の方が大きい傾向がある気がします。 「マザコン」という言葉は聞こえがよくないかもしれませんが、マイナスの意味ではない、母親と男の子ならではの恋人のような関係によるものではないかと思います。 「男の子は大変」という性別にとらわれず、育児を楽しみましょう 漠然と耳にしていた「男の子は大変」ということも、男女の生まれながらの差があること、成長にはそれだけが影響するものではないことを知ると、興味深く思えてきませんか? 「男の子は、中高生になってもかわいいんですよ!」というと、乳幼児の男の子の子育て中のお母さんたちがとても嬉しそうな表情になるのが、私はとても嬉しいです。 男の赤ちゃんを迎えたお母さんたち、これから長く続く小さな恋人との甘い生活、思いっきり楽しんでくださいね! 【関連記事】• 【参考文献】 『最新脳科学で読み解く 0歳からの子育て』 サンドラ・アーモット,サム・ワン著、開一夫監訳、プレシ南日子訳、東洋経済新報社 『女の子脳 男の子脳 神経科学から見る子どもの育て方』 リーズ・エリオット著、竹田円訳、日本放送出版協会 『胎児の脳 老人の脳 知能の発達から老化まで』 アルベルト・オリヴェリオ,アンナ・オリヴェリオ・フェッラーリス著、川本英明訳、創元社 『話を聞かない男、地図が読めない女 男脳・女脳が「謎」を解く』 アラン・ピーズ,バーバラ・ピーズ著、藤井留美訳、主婦の友社.

次の

綺麗で古風な女の子名前!和風でも今どきで可愛い名前84選 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

赤ちゃん 女の子 かわいい

女の子の名前……古風・和風な名づけの背景とは 一時流行したキラキラネームの衰退とともに、反動のように出始めた歴史や伝統を感じさせる名が、一般に「しわしわネーム」と呼ばれたりします。 数としてはそれほど多くはなく、厳格に定義や範囲を決めることはできませんが、その中には「古臭くて年寄りみたい」というマイナス印象を与えるものも、またかえって歴史的なロマンを感じさせるものもあります。 春の季節にちなんでつけられることもありますが、小春日和という秋のイメージにもつながる名前です。 寧の字は家の中で食事をすることを意味する字で、ゆったりした状態をあらわします。 乃はもとは「伸びる」といいう意味の字です。 この名も春の季節を表現する際によくつけられます。 漢字で書けばそれほど古風な名ではありません。 普通は「ちづる」というふりがなですが、「ちず」というふりがなも間違いではありません。 景の字は「はっきり見える」という意味の字です。 子のつく名前は古い!? 今でも人気な子の付く女の子の名前例 子のつく名前の中にも今人気があり、返って古さを感じさせない名前も 子のつく名前は廃れたとか古いとか言われることもありますが、次のように今人気のある名や、昔少なかったためにかえって古さを感じさせない名前もあります。 りこ(莉子・理子・梨子)• ひなこ(日奈子・日菜子・陽奈子・陽菜子・妃奈子・妃菜子)• ななこ(菜々子・奈々子)• かなこ(花菜子・花奈子・香菜子・香奈子・華奈子・果奈子・奏子)• ももこ(桃子・百子)• まこ(真子・麻子・茉子)• きょうこ(杏子・京子)• りかこ(里花子・理花子・莉花子・梨花子・里香子・理香子・莉香子・梨香子・梨華子・梨夏子・里華子・理華子・莉華子・理夏子・莉夏子・里夏子)• りさこ(里沙子・理沙子・莉沙子・梨沙子・梨紗子・理紗子・里紗子・莉紗子)• まゆこ(麻友子・茉友子・真由子)• まいこ(舞子)• もえこ(萌子)• ようこ(葉子)• さくらこ(桜子) 古風・和風で綺麗な女の子の名前一覧 次のような古風・和風な雰囲気をもつ名前は命名相談でも出されていますし、今の時代につけてもおかしくないものです。 霞(かすみ)=草月流生け花の勅使河原霞さんという人がいました• 小巻(こまき)=栗原小巻さんという女優もいました• 小町(こまち)=もちろん小野小町にあやかった名前です• 小百合(さゆり)=吉永小百合さんが有名な人です。 常盤(ときわ)=常磐御前というのは源義経の母親の名です• 八雲(やくも)=小泉八雲という歴史上の人物は男性ですが、八雲という名前自体は女の子につけられます• 千歳(ちとせ)=おめでたいイメージがあります。 その他には、絹(きぬ)・出雲(いづも)・薫子(かおるこ)・苑(その)・千種(ちぐさ)・九十九(つくも)・紫乃(しの)・美和(みわ)・小鈴(こすず)、二葉(ふたば)、鶴乃(つるの)などの名前も和風でありながら古さも感じさせない名前です。 古風・和風な女の子の名前で古い印象を与え避けた方がよいもの 次のような名前は今の時代にほとんどつけられないため、年配の人の名のように見えてしまい、本人がいやがる可能性があります。 寿江(としえ)・加代子(かよこ)・高子(たかこ)・頼子(よりこ)・美代子(みよこ)・多加子(たかこ)・正子(まさこ)・春子(はるこ)・豊子(とよこ)・秋子(あきこ)・時枝(ときえ)・久枝(ひさえ)・八重子(やえこ)・松枝(まつえ)・房枝(ふさえ)・稲子(いねこ)・梅子(うめこ)・米子(よねこ)・定子(さだこ) 【関連記事】•

次の