理学 療法 士 と 作業 療法 士 どっち が いい。 理学療法士と作業療法士の違い|共通点と相違点を比較

理学・作業療法士がAI(人工知能)に仕事を奪われない理由

理学 療法 士 と 作業 療法 士 どっち が いい

理学療法士と作業療法士はどちらもリハビリテーションに携わる職種ですが、それぞれの違いや共通点については、意外と正しく知られていません。 現役の理学療法士が理学療法士と作業療法士の違いや共通点、それぞれの特徴を分かりやすく解説いたします。 気になる理学療法士と作業療法士の違いと共通点 高齢社会におけるニーズもあって、リハビリテーションに関わる医療の専門職になりたいと考える人も増えてきています。 しかし、「リハビリの先生」と一口に言っても、資格はひとつではありません。 ここでは、どちらも代表的なリハビリテーションの専門職である、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)について、それぞれの特徴を説明していきます。 共通点も異なる点もあることをしっかり確認したうえで、どちらが自分に向いているかを考えるきっかけになればと思います。 理学療法士について 理学療法士は、 怪我や病気で低下した身体機能を回復する専門家 ちょっと難しい表現ですが、理学療法士は、筋力の強化や関節の動かせる範囲を広げることにより、基本的な動作能力(起きる・座る・立つ・歩く)を回復させるのが主な業務です。 理学療法士の仕事内容 脳卒中などの病気や、骨折などの怪我により、筋力や体力が落ちてしまったり、関節の動きが悪くなってしまった患者さんに対して、体の機能を回復させるのが主な仕事内容です。 筋力トレーニングや関節の動きを改善するトレーニングを行います。 患者さんの姿勢や体の使い方を分析して体の使い方をアドバイスするのも重要な仕事です。 スポンサードリンク また、理学療法士の得意分野として機械を使ってのリハビリも行います。 温めたり冷やしたり、電波を当てるなど、専用の機械を用いて行います。 痛みを緩和させたり、関節の動きをよくするなどの効果があります。 これを物理療法と言います。 理学療法士の「理学」とは「物理」のことを表しているのです。 作業療法士の仕事内容 人間の生活には、様々な作業があります。 身の回りのことだけでも、食事、排泄(トイレ)、入浴、更衣、整容が基本的なセルフケアとして挙げられ、それぞれに作業があります。 食事であれば、箸やスプーンを使って、食べ物をお皿から口まで運ばなくてはなりません。 病気やケガにより、この一連の手順がうまくできない人に対して、体の使い方や道具の使い方を伝えて一緒に練習するのが、作業療法士の仕事です。 精神的な病気などで、日常生活に支障がある場合も、作業療法の対象となります。 その場合は園芸や陶芸などの作業を通じて、精神的な安定を得ることを目指してリハビリが行われます。 理学療法士と作業療法士の共通点 共通点は、ともに「リハビリの専門家」であるということ 理学療法士も作業療法士も、解剖学や生理学、運動学といった人間の体の仕組みを学んだリハビリテーションに関するスペシャリストです。 大きな病院では、はっきり業務が区別されている場合もありますが、業務の境目は必ずしも明確ではありません。 理学療法士だから筋力トレーニングだけ行って、トイレの練習は作業療法士にバトンタッチする、ということもありません。 お互いに得意分野を活かしつつも、お互いを補い合う存在です。 また、介護福祉の分野においては、両方の資格者が揃っていることのほうが珍しいため、どちらの資格であっても理学療法士の分野と作業療法士の分野をある程度こなすことが必要となります。 理学療法士と作業療法士の違い 国家資格の違い(取得の難易度、取得人数など) 国家試験の合格率は、理学療法士の方が高いと言えます。 平成19年からの10年間で比べてみると、作業療法士の合格率が理学療法士の合格率よりも高かったのは平成28年の一度のみです。 理学療法士では90%を超える合格率も3回ありますが、作業療法士では一度もありません。 ちなみに資格を持つ人数は理学療法士約14万人、作業療法士約7万人と2倍の差があります。 両者の歴史は同じですから、この差は合格率の違いによるところが大きいと考えられます。 しかし、理学療法士は一年に1万人以上増えており、供給過多とも言えます。 平成28年の国家試験合格率は74. 1%と、過去10年間で最も難しい試験となりました。 今後は合格率が逆転していく可能性もあります。 大きな病院であれば理学療法士と作業療法士が完全に分業して仕事をしている場合もありますが、どちらも専門分野を持ちながらお互いに補完しあう関係です。 唯一、精神科の分野においては作業療法士の専門性が重要ですので、理学療法士にはあまりない勤務先として挙げられます。 求人(就職)倍率の違い PTとOTを区別して募集している場合は、倍率の差があると考えられますが、就職先の人員状況にもよるため、どちらの倍率が高いとは一概には言えません。 しかし、「PTまたはOT」と両者を区別しない場合も多くあります。 どちらの資格も、試験に合格したのに仕事が見つからないということはありませんから安心してください。 給料、待遇の違い 理学療法士も作業療法士も、リハビリを行って得られる診療報酬や介護報酬には差がありません。 報酬に差がないため、給与などの待遇にも差があるケースは少ないでしょう。 また「PTまたはOT」と区別しない求人であれば、もちろん待遇の差はありません。 給料の面では大きな違いはないでしょう。 給与が気になる人は、どちらの資格を取るかよりも、どんな職場を選ぶかを考えたほうが良いと思います。 病院のチーム医療における役割の違い 病院のチーム医療においては、各専門職がリハビリを行います。 理学療法士は基本的な動作能力の回復のスペシャリストですので、入院初期の段階から関節の動きを確保したり、大きな筋肉のトレーニングを行います。 寝たきりだった人が、起き上がる、座位を保つ、立ち上がる、立位を保つ、歩くというように、徐々にステップアップしていくお手伝いをします。 患者さんの退院後の生活環境は一人一人異なります。 例えば自宅が一戸建てで、二回に患者さんの部屋があるとすれば、階段の練習をしなくてはなりません。 一方、作業療法士は、より生活に即した実践的なリハビリを行います。 理学療法士が歩く練習をしている間に、作業療法士は座った姿勢での着替えや食事、トイレなどより生活の場面に必要な動きの練習を行います。 さらに、パソコンを使う仕事だったり、家事だったりと、その人の退院後の生活に合わせて必要な動作の練習を行って、退院するだけでなく社会復帰の手助けも行います。 理学療法士から見た作業療法士について 筆者は理学療法士です。 理学療法士から見た作業療法士は、手先が器用で性格もきめ細やかな人が多い印象です。 理学療法士がどちらかというと体育会系の雰囲気があるのに対して、作業療法士にはどちらかというと文系の雰囲気を感じます。 作業療法士と一緒に仕事をした医療現場での理学療法士による体験談 作業療法士には、理学療法士にはない、「精神疾患」分野の知識があります。 そのため、患者さんとの関係性作りが非常に上手でした。 認知症のある患者さんでは、リハビリを行うことも一苦労です。 リハビリではどうしても患者さんの体に触れる必要があるため、怒ってしまわれることもあり、上手くリハビリが進められませんでした。 しかし同僚の作業療法士は、患者さんとの距離を上手にとって誘導し、心を開かすことができていました。 理学療法士と作業療法士の適性 理学療法士に向いている人 体力がある人 理学療法士のリハビリは体力勝負。 患者さんの筋力強化のためには、PT自身の筋力との力比べのようなことも行います。 体力があったほうがよいでしょう。 筋肉に興味がある人 理学療法士がリハビリで患者さんと行う基本的な動作(起き上がる、立つ、歩く)には、大きな筋肉の働きが重要です。 学校の授業では、自分の体を鍛えることに興味がある人には身近な筋肉がたくさん出てきます。 作業療法士に向いている人 細かい作業が好きな人 作業療法では手芸や陶芸などの手作業も行います。 手先が器用だったり、細かい作業が好きな人には向いています。 工夫をしたり、道具を作ったりするのが好きな人 生活をよりしやすくするためのお手伝いをする仕事なので、ちょっとしたアイデアを形にするのが好きな人には向いていると思います。 理学療法士と作業療法士に関してよく聞かれること 理学療法士と作業療法士の資格を両方取る人はいる? 結論から言うと、ほとんどいないと思われます。 どちらも大学や専門学校など、国が指定した養成校を卒業しなければ国家試験を受けることができません。 片方の資格を持っていても単位の免除などは一切なく、普通の学生と一緒に始めから学校に通う必要があります。 どちらの資格にも、「PTでなければ(OTでなければ)できない業務」というものはありません。 そのため両方の資格を持つ意味が薄いのです。 スポンサードリンク 理学療法士である人が、作業療法士の専門的な知識を学びたければ、PTのままでも作業療法の講習会や勉強会に参加することができます。 その点はPT、OTどちらにも門が開かれていると考えてよいでしょう。 理学療法士から作業療法士、作業療法士から理学療法士へ転職する人はいる? 正確にはわかりませんが、もう一度一学校に入り直してまで転職する人はほとんどいないと思われます。 理学療法士と作業療法士、どちらが就職に有利? 資格を持つ人数は理学療法士約14万人、作業療法士約7万人と2倍の差があります。 そのためどちらかを限定して募集する求人の場合は作業療法士の求人の方が多いかもしれません。 特に高齢福祉の分野ではその傾向が強いです。 医療・福祉の現場は目まぐるしく環境が変化しています。 現在の状況が、これから養成校に入学して就職活動を迎える3~4年後にどうなっているかはわかりません。 就職に有利かどうかを判断材料にはしないほうがいいと思います。 理学療法士と作業療法士、どちらがやりがいありますか? どちらの仕事も、患者さんのためにがんばることでその人が元気になっていく様子を間近で見ることができて、さらに感謝されるというとてもやりがいのある仕事です。 どちらがよりやりがいがあるかは、その人の適性に関わってくるかと思いますので、一概には言えません。 ただ一つ言えるのは、やりがいのある仕事にするかどうかは自分次第だ、ということです。 仕事の内容は職場によって大きく違います。 自分にとってやりがいがあるかどうかが最も大切ですから、自分に合った自分のやりたい仕事を見つける努力が必要です。 理学療法士と作業療法士、どちらが人気がありますか? 二つの資格は同じ年に生まれているので、歴史も同じなのですが、人数が倍ということを考えると、知名度では理学療法士の方が若干上回っているかもしれませんね。 ただ、人気のあるなしで選ぶ仕事ではないかと思います。 国家試験に合格するまでも、資格を取って働き始めてからもずっと勉強が続きます。 「PT・OTになりたい!」という強い気持ちが欠かせません。 理学療法士と作業療法士、どちらが将来性がありますか? どちらの資格も、これから先の日本において求められる存在であるために、より強みを生かしていこうと活動しています。 今とは全く違った業務が今後生まれてくる可能性があり、その点ではどちらも大いに将来性があると言えます。 理学療法士か作業療法士で迷っている方へ ここまで、それぞれの特徴を解説してきました。 どちらも今後の発展が期待できるリハビリテーションの専門職です。 自分にどちらが向いているのかを判断する手助けになれれば幸いです。 まだ決断できない人は、学校見学や職場見学に行ってみましょう。 理学療法士も作業療法士も、高校生を対象にした職場見学会を行っています。 また大きなリハビリ病院などでは、目指していることを伝えれば、職場見学をさせてくれるところも多いです。 スポンサードリンク 最終的に決断したあとは、もう迷う必要はありません。 学校生活はどちらの養成校でも楽ではありませんから、一生懸命に勉強してください。 資格を取ってから、本当の自分のやりたいことがわかったとしても決して遅くありません。 PTっぽいOTにも、OTっぽいPTにもなれます。 自分でやりたいことを探す意欲と、見つけたやりたいことをとことん深めようとする気持ちさえあれば大丈夫です!ぜひリハビリテーションの未来を支える人材になってください。

次の

作業療法士と理学療法士の収入(給料)とは|医療のお仕事辞典

理学 療法 士 と 作業 療法 士 どっち が いい

作業療法士の仕事内容を簡単に解説 作業療法士とは、病気やケガによって食べたり着替えることなど日常生活に支障がある人に対して日常生活に必要な能力と取り戻す訓練や指導をする仕事になります。 作業療法士は入浴や食事、トイレなど日常生活に欠かせない動作ができるように訓練を行う補助を行います。 また、作業療法士は体のみならず心のケアも行います。 拒食症やうつ病などの精神患者にも対応をできる教育を受けています。 作業療法士は誰でもなれるわけでなく国家資格が必要になります。 資格の取得方法についてご紹介しますと、まず作業療法士の養成課程がある大学、短大、専門学校に入学する必要があります。 次に作業療法士資格試験に合格すると作業療法士になれます。 国家試験なのでそれなりの準備と対策が必要になります。 万全に準備を整えたい場合は、試験対策用の予備校や通信教育もありますので、一度調べてみることをおすすめします。 作業療法士資格試験は筆記試験になり、出題内容は一般問題と実地問題の2つに分かれます。 一般問題は解剖学、生理学、運動学などから出題され、実地問題は臨床心理学、リハビリテーション医学や作業療法等が出題範囲になります。 試験は例年2月下旬に実施され、合格発表日は例年3月下旬です。 合格基準については合格発表後に発表されます。 ご参考までに平成30年の合格基準をご紹介しますと、一般問題を1問1点 160点満点 、実地問題を1問3点 117点満点 とし、総得点が277点中167点、実地問題で117点中41点以上になっています。 関連相談• 体操やゲームを通じて体の動かし方を自然に取得できるようにします。 また脳に障害を得た患者に対しても日常生活に負担が大きくならないようにさまざまな訓練をします。 精神科病院では、精神障害を持つ人に対して動作だけでなく人や社会と関われるようなサポートを行います。 どうしても人間関係を避け、閉じこもりがちになりやすい精神障害者に対し、人間関係を改めて構築して日常生活にメリハリができ楽しく過ごせるように支援をします。 また記憶力が落ちたり、認知症の傾向が出てくる高齢者も出てきます。 このような方々に対して作業療法をしていきます。 体は使わない部分があるとどんどん機能が低下し歩けなくなったりしてしまうこともあるので、このような事態を避けるためあまり使わない体の部分を初期段階で察知し継続して動かすサポートを行います。 また、記憶力の低下や認知症の傾向が出ている人に対しては、集団の中で言葉を発する機会を作ったり集団行動ができるように意識的に集いの場を提供し、常に脳が活性化できるように促します。 また患者に日常行なっている趣味などを通して作業を行うことで、安心感を持たせ精神的に安定できる環境を作り出してあげることも作業療法の仕事になります。 関連相談• 足を屈伸させたり手を伸ばしたり曲げたり、日常生活を行う上では必須の行動です。 一方作業療法士は、日常生活の中で食べたり洋服の着用やトイレ、入浴をするなど日常生活の動作に加え、趣味や運動もできるところまで体の作業ができるようにトレーニングを行います。 さらに精神患者に対してメンタル面のサポートも行うことも作業療法士の大きな仕事の一つです。 作業療法士は約400〜500万円が目安になるでしょう。 理学療法士の方も作業療法士と変わらず約400〜500万円になります。 年齢別の推移を参考までにご紹介しますと、20才代で200万後半〜350万円程度で、30才代になると400万円超になります。 40才代から50才代で500万円後半をピークに下降傾向になっていきます。 ちなみに、作業療法士の国家資格を取るまでの学費について少し触れますと、4年生大学の国公立の学費は50〜60万円程度ですが、大学に所在地に住んでいる場合は割引があります。 一方私立大学の学費は年間180万円程度になります。 専門学校の場合、120万円〜150万円と国公立大学に比べると割高になります。 夜間の専門学校に通学すると110〜130万円と若干のお得感が出てきます。 また各学校には奨学金制度や特待生制度があるので詳細のついては学校に問い合わせてみることをお勧めします。

次の

看護師よりも理学療法士・作業療法士のほうがいいのでしょうか?

理学 療法 士 と 作業 療法 士 どっち が いい

実習生あるあるいいたい【理学療法士】の情報ですが、私の兄が理学療法士の資格勉強をしていたことがありました。 今は違う道に進んで家業を継いでいます。 理学療法士を志した理由として、親戚が交通事故で大怪我をした時に、理学療法士のハビリテーションを受けたことからです。 これからの日本は超高齢化社会。 老人ホームやリハビリテーション病院だらけになるので、今のうちから理学療法士を取っておくと、将来良い仕事に就ける可能性が極めて高くなると考えています。 ですから、将来を見据えた戦略が必要になるかもしれません。 リハビリテーションはますます広がります。 理学療法士はお勧めでしょう。 更に作業療法士もあれば最高でしょう。 ベストボディ,理学療法士,国家試験,ダイエット,筋トレ,実習生,実習 の情報があります。 何かポイントとなるキーワードがありましたでしょうか?? 知らないワードがあった場合はグーグル検索で確認しておきましょう、、 さて理学療法士について紹介しますから、ご参考にして下さい。 とても価値ある仕事。 社会的意義はより高まっています。 作業を通して健康と幸福な生活の推進にかかわる職業である。 リハビリテーションがメインの仕事です。 身体に障害のある人に運動療法や物理療法、動作訓練をほどこして、基本的な動作能力の回復をうながす療法です。 その専門家である理学療法士は、作業療法士とならんでリハビリテーションのプロフェッショナルです。 一般的に理学療法士の行うリハビリである「理学療法」は、障害や後遺症のある「部位」に注目し、運動療法、物理療法、日常生活活動といったリハビリテーションを行い、「基本的動作能力の回復」のために行うもので、反復運動が多いです。 一方、作業療法士の行うリハビリである作業療法は、次の段階である社会復帰に向けて行われるものである。 理学療法士と作業療法士の違いがいまいちわかりません。 理学療法士は身体機能の向上、作業療法士は... 理学 療法士と作業 療法士の違いがいまいちわかりません。 理学療法士と作業療法士の方に質問です。 私は理学療法士の専門学校に進学を考えているのですが、入... 理学 療法士と作業 療法士の方に質問です。 私は 理学 療法士の専門学校に進学を考えているのですが、入試の志望理由に 理学 療法士と作業 療法士の違いを交えて書かなくてはなりません。 自分なりに調べてみて、 理学 療法士は歩く、... 今、理学療法士になれる専門学校を第一希望として考えてる高校3年生です。 知恵袋で理学療法士のこと 知恵袋で 理学 療法士のことを調べてたら給料が下がっているとか需要率が低いとかかかれてるのを多く見ました。 実際はどうなんでしょうか?理 学 療法士... 理学療法士になるための学校選びについて… 大学or専門学校 今私は、理学療法士になるために 県立 理学 療法士になるための学校選びについて… 大学or専門学校 今私は、 理学 療法士になるために 県立保健医療大学 住んでいる県内 公募、一般 3年制の専門学校 単願なら指定校推薦 で迷っています。 正直、県立の大学... 理学療法士の方に質問です。 セクハラかどうかです。 私 22歳 は交通事故に遭い、4か月ほど前... 前からリハビリに通っています。 リハビリ箇所としては、右肩を主に行っています。 担当の 理学 療法士の方は男性で、40代ぐらい... 理学療法士についてです。 理学療法士を目指しているのですが、就職率などで有利になる大学、短大を... 理学 療法士についてです。 理学 療法士を目指しているのですが、就職率などで有利になる大学、短大を教えてください。 無名な大学よりは名が知られている方がいいですしね。 全国どこでも構いません。 今年から理学療法士の大学に通っている者です。 コロナの影響で対面授業が全くなくこの2ヶ月間はパ... パソコンで資料が送られてきて学習するというスタイルで勉強してきました。 ですが、初めて学習するものばかりで先生の 授業を受け... 理学療法士の先生方に質問です Q. 副業している人はいますか? どこに勤めてらっしゃるので... 勤めてらっしゃるのでしょうか? 先輩 理学 療法士に聴いたら、訪問が多いらしいですが。 本業で患者見てるのに、副業でも患者を見てるとなると、...

次の