トンキニーズ。 とても賢い猫「トンキニーズ」の特徴、性格、価格は?

トンキニーズってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

トンキニーズ

トンキニーズの始まりは、ジョセフトンプソン医師が飼っていた、ワンマウと言うメス猫だと言われています。 ワンマウは「チョコレートサイアミーズ」と呼ばれる、体の色がブラウンでポイントがほぼ黒い猫でした。 チョコレートサイアミーズは1880年に登録されていますが、やはりコントラストがはっきりとした、普通のサイアミーズ シャム が好まれ、イギリスからは姿を消しました。 ですが、タイや現在のミャンマーに、チョコレートサイアミーズは残っていました。 野生のサイアミーズとバーミーズが自然交配していたのです。 その中の1匹が、ワンマウでした。 トンプソン医師がこの猫に興味を持っていることを知っていた船乗りが、ワンマウを連れてきたそうです。 1950年代に初めて、人工的にシャムとバーミーズがミラングリア氏により交配されました。 その猫は「ゴールデンサイアミーズ」と呼ばれ、グリア氏が交配を辞めた後も、興味を持った他のブリーダーが引き継ぎましたが、ワンマウを始めとするトンキニーズと、人工的に交配されたトンキニーズは両極端だった為、2つを中和させたい、という思いがありました。 また、新しいアクア色の目をしたミンクカラーのトンキニーズを作出したい、という希望もあり、最初に作られた新しいトンキニーズは、アクア色の目をしていたようです。 トンキニーズは最初、「トンカニーズ」という名前でしたが、度々綴りに混乱が起きた為、1971年に公式に、今の「トンキニーズ」に改名されます。 ベトナムにはトンキン湾がありますが、トンキニーズとは全く関係ありません。 トンキニーズはぱっと見た感じではシャムに似ていますよね。 シャム系の猫の特徴と言えばポイントカラーというイメージです。 トンキニーズは被毛の種類が多いので、ポイントカラーが目立たない子や淡い色の子などがいます。 中にはロシアンブルーにそっくりな子もいるので、不思議な品種の猫だと思いました。 成長にともなってポイントがあらわれたり、色の変化があるので楽しみですよね。 被毛や目の色は様々ですが、毛並みが美しいのも特徴だと感じました。 美しさを維持するにはケアが必要ですが、トンキニーズは特別なケアはいらないようなので飼育しやすいですね。 肩に乗ったり、後をついてくるなどかわいい性格なので、猫との生活をどっぷり楽しみたい人に向いていると思いました。 トンキニーズは見た目も可愛いし、人懐こい性格が可愛い雰囲気ですね。 20万円~40万円もする猫なので、やはりブランド猫ですよね。 高額なブランド猫は、一般的なノラ猫よりも知能指数が高い傾向があるように思います。 昔、アメリカンショートヘアを飼っていましたが、その頭の良さには、いつも驚かされていました。 たとえば、自分の体重をかけてガラス戸を開けたり、人間の言葉をある程度理解しているような感じがありました。 どうせ猫を飼うなら、頭の良いブランド猫の方が一緒にいて楽しいような気がします。 特に、人懐こい性格の猫ちゃんは、飼い主を楽しませてくれますしね。 一緒におもちゃで遊んだりする楽しみもあるので、飼い主にとってはトンキニーズのような性格の猫ちゃんはメリットが多いですよね。 トンキニーズが誕生した経緯を読みました。 一度で読んでも??なので二度読んで理解しました。 自然発生であり、掛け合わせでもあり不思議なルーツがありますね。 猫の品種は現在50近くあり、自然発生が20種、突然変異が10種、人工的、人為的が10種類だそうです。 自然発生で誕生する事は少なく珍しいんですね。 飼い方で防げる病気もありますが、防げない病気もありますからね。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

癒しのトンキニーズブリーダー・キャッテリー|かわいい子猫に出会えるブリーダー直販サイト

トンキニーズ

種類を指定する• すべて選択• MIX(ハーフ) 768• すべて選択• ゴールデン・レトリバー 67• ラブラドール・レトリバー 69• 秋田犬 36• アイリッシュセッター 2• グレートデン 4• コリー 2• サルーキ 1• シェパード 1• シベリアンハスキー 5• スタンダードプードル 12• セントバーナード 15• ニューファンドランド 2• バーニーズマウンテンドッグ 24• ボルゾイ 3• ロットワイラー 2• ワイマラナー 2• すべて選択• 柴犬 388• ウェルシュ・コーギー 61• ビーグル 52• アメリカン・コッカースパニエル 64• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 8• ウィペット 1• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 8• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 43• スピッツ 23• チャウチャウ 2• バセットハウンド 3• ビアデット・コリー 5• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• ボーダーコリー 37• ワイアーフォックス・テリア 10• すべて選択• トイ・プードル 521• ミニチュア・ダックスフンド 174• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 4• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 620• チワワ(スムースコート) 74• イタリアングレーハウンド 30• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 41• キャバリア 19• ケアーンテリア 2• シーズー 178• ジャックラッセルテリア 54• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 1• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• 狆 3• パグ 57• パピヨン 99• ビション・フリーゼ 25• フレンチブルドッグ 85• ペキニーズ 53• ボストンテリア 16• ボロニーズ 1• ポメラニアン 195• 豆柴 52• マルチーズ 101• ミニチュア・シュナウザー 90• ミニチュア・ピンシャー 56• ヨークシャーテリア 95• ラサアプソ 1 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• すべて選択• スコティッシュフォールド 419• アメリカンショートヘアー 285• マンチカン 260• アビシニアン 18• アメリカンカール 82• エキゾチック・ショートヘアー 20• エキゾチック 34• エジプシャンマウ 17• オシキャット 2• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 11• サイベリアン 124• シャム 28• シャルトリュー 22• シンガプーラ 1• ジェネッタ 6• スクーカム 5• スフィンクス 4• セルカークレックス 20• ソマリ 50• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 3• トンキニーズ 29• ノルウェージャン・フォレストキャット 284• バーミーズ 4• ヒマラヤン 37• ブリティッシュショートヘアー 220• ベンガル 93• ペルシャ 104• ボンベイ 9• MIX(猫) 21• ミヌエット 95• メインクーン 61• ラガマフィン 103• ラグドール 83• ラパーマ 4• ラムキン 2• ロシアンブルー 120 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の

トンキニーズについて&トンキニーズスタンダード

トンキニーズ

com パッと見るとシャム猫のようなトンキニーズ。 外見の特徴や体型、寿命について調べてみましょう! 外見的な特徴 パッと見た感じ丸みを帯びたシャム猫かと思うような外見に、魅力的な柄(ポイント)が特徴の一つです。 それもそのはずで、トンキニーズはシャム猫が祖先なんです。 シャム猫とから計画的に作り出された品種なので、バーミーズの特徴も引き継いでいます。 例えば丸みのある顔つきや筋肉質な体型はバーミーズから引き継いでおり、両方の特徴がバランスよく配合されています。 被毛は柔らかく体表にぴったりと密生した毛は、シルクのように艶やかで光沢感があり、滑らかなミンクのような手触りだと言われています。 足先や顔、耳に見られるポイントカラーはシャム猫に似ていますが、シャム猫より色は濃くなく薄めの優しい色合いがトンキニーズの特徴です。 基本の毛色はナチュラル、ブルー、シャンパン、プラチナの四色です。 ボディの色とポイントの色との対比、目の色により、たとえば「ブルーミンク」「シャンパンソリッド」など幾つかの呼び方があります。 アーモンド型の目はブルー系が多く、真っ青から淡い緑、黄色系までと多彩です。 綺麗な目のトンキニーズは知的で気品のあるイメージがあります。 バーミーズ譲りの運動に向いた重量感ある体型と、しなやかで細いシャム猫の特徴を合わせ持ったのがこのトンキーズなんです。 筋肉質でバランスのとれたボディは上品そうな被毛や宝石のような瞳とあいまって、見ていてうっとりするくらい美しく、多くの猫愛好家たちから好評を得ています。 com トンキニーズの体型は中型のセミフォーリンタイプです。 重みがありそうでいてやや小さめの細身の体つきで、前足よりも後足がすこし長く、頭は丸みのある逆三角形をしています。 そんなトンキニーズの適正体重は一般の猫に比べて少し軽めです。 オスの平均体重は3. 5kg~5. 8kg、メスの平均体重は2. 8kg~3. 8kgとされています。 普通の猫よりも小さめの、バランスの良い体型と言うことができます。 そして、嬉しいことに、トンキニーズの平均寿命は一般的な猫に比べると長いとされています。 猫の飼育環境など個体差はありますが、近年の猫の平均寿命が14歳から15歳くらいに対し、トンキニーズの平均寿命はだいたい15歳から17歳です。 なんと、24歳まで生きた長寿なトンキニーズもいたようなので、しっかり体調管理をしてあげれば長く一緒に暮らすことができます。 com トンキニーズはシャム猫とバーミーズから計画的に作られた品種なのですが、少し複雑な歴史があります。 というのはバーミーズ自体もシャム猫の異種交配から生まれた品種で、「戻し交配」によってトンキニーズが作られることになったらです。 1930年、アメリカの軍人で猫愛好家のトンプソン氏がミャンマーからアメリカに美しいチョコレート色の被毛を持つメス猫を持ち帰ったことから始まります。 トンプソン氏はウォン・マウと名付けられたその猫をシャム猫と交配させましたが、ウォン・マウにはすでにシャム猫の血が入ってるとされていました。 この戻し交配によって生まれた子猫を母猫のウォン・マウとさらに戻し交配させると、3つのタイプの子猫が産まれました。 一つ目の子猫はシャム猫の特徴が強いポイントがあるもので、二つ目の子猫は全体が濃いブラウンの単色でした。 この二つ目の子猫はその後バーミーズとして品種改良され、シャム猫とは異なる特徴が見られるようになりました。 そして三つ目の子猫ですが、母猫似で美しい茶色い被毛にさらに濃いポイントを持っていました。 母猫のウォン・マオとともに最初のトンキニーズとなった三つ目の猫ですが、その後も交配が続くと、だんだんと美しかった毛色が淡色化して特徴を失うようになってしまいました。 その後、近親交配への懸念や、トンキニーズをシャム猫の一種、または劣化したものとみる団体もあり、新しい品種として認められるのに時間がかかりました。 トンキニーズを愛好する繁殖者たちはトンキニーズ協会を設立し、多大な努力を注ぎました。 当時はトンキニーズではなくトンカニーズという名前で知られていましたが、ベトナムのトンキン湾やインドシナ半島のトンカニーズ地方が原産地だと勘違いする人がいたので、誤解を避けるためにトンキニーズに名前を変更し、1967年に正式に認められました。 そんなトンキニーズを正式に猫の品種として認可したのはカナダの猫協会(CCA でした。 そして、トンキニーズ愛好家たちはトンキニーズの特徴や魅力をアピールし続け、アメリカやイギリスでも公式に認可されるようになりました。

次の