競艇 勝てない。 競艇で勝てない。去年も大幅に負けました。

競艇で負けないための予想の仕方とは?【初心者向け】

競艇 勝てない

初心者が陥りやすい3つの勝てない理由 まずは、特に競艇初心者が陥りがちな3つの「勝てない理由」について解説していきます。 自分の舟券の買い方を振り返ってみて、当てはまるものがないか確認してみてください。 勝率の高い1号艇に頼り切っている 競艇はインコースを航走することが多い1号艇の勝率が圧倒的に高い競技です。 1号艇が1着となる確率は通常の競艇場で5~6割程度、インコースに有利な競艇場であれば7割を超えるようなところも出てきます。 となると、特に競艇初心者ほど的中確率の高い1号艇を予想の軸に据えたくなるでしょう。 もちろん、「予想を当てる」という点においてはそれでも良いのですが、1号艇が絡む舟券は当たる確率が高い分、オッズは低めになることが多いです。 場合によっては予想が的中しても購入金額とほとんど同じ金額しか戻ってこないようなこともあります。 例えば、1日に行われる12レースすべてでオッズが1. 2の1号艇を単勝で100円買い、12レース中9レースで見事的中したとします。 この場合、購入金額と払戻金額はどのようになるでしょうか。 計算してみましょう。 これはあくまで分かりやすくご説明するために例示した数字ですから、実際にはオッズはもっとバラつきがあります。 しかし、勝率が高くオッズが低い傾向にある1号艇に頼りすぎると、払戻金額が小さく場合によっては購入金額を下回ることもある、というカラクリがご理解いただけたでしょう。 「トリガミ」になってしまっている 「トリガミ」という言葉をご存知ですか?競艇だけではなく競馬など他の公営ギャンブルでも使われる言葉なのですが、これは、「せっかく的中したのに、舟券の払戻金額が購入金額を下回ってしまう」ことを意味します。 先にご説明した1号艇に頼り切った場合の例は、1日の12レース通算の話でしたが、実は舟券の買い方によっては1回のレースでも、的中したのに払戻金額が購入金額を下回ってしまうことが起きてしまうのです。 そして、この際のオッズは以下のとおりとなったとします。 ・1-2-3:オッズ5. 5 ・1-3-2:オッズ5. 8 ・2-1-3:オッズ8. 3 ・2-3-1:オッズ9. 8 ・3-1-2:オッズ10. 5 ・3-2-1:オッズ11. 2 ご覧のとおり1号艇が1着となった場合のオッズは6を下回っています。 これがトリガミです。 トリガミは競艇に限らず公営ギャンブルを嗜むファンにとってはまず避けるべき要素ですが、初心者はまだトリガミという概念を知らなかったりするので、まずは自分の舟券の購入経歴をチェックしてトリガミが起きていないか確認してみるのが良いでしょう。 風向きや気温の状況、モーターやレーサーの成績などをうまく考慮できていない 競艇には「1号艇が圧倒的に強い」という常識が存在します。 初心者ほどこれに頼り切ってしまい結果的になかなか勝てないことがある、という話は先にご説明しました。 もしかしたら競艇初心者であっても、「自分は1号艇に頼っているわけではないのに、それでも勝てないんだ!」という方もいるかもしれません。 そういった方の多くは、オッズのみに注目して舟券の予想を組み立てていませんか?もちろん、おおむねオッズが低い1号艇に頼り切るよりは、後程ご説明する「勝率」と「期待値」の観点からオッズに注目して予想の軸を変えたほうが勝てる可能性は高くなります。 しかし大事なことは、オッズはあくまで、「どのボート(レーサー)の人気が高いか」のみを示しているのであり、オッズそのものがボートやレーサーの良し悪しを決めているわけではない、という点です。 ボートあるいはレーサーの勝率を左右する要素としては、例えば風向きや気温、水面の状態といったその日のコースの状況、あるいはそれに加えてモーターのデータやレーサーの成績などの条件が挙げられます。 競艇のベテランファンはこういった要素を熟慮して自分なりの予想の組み立て方を確立して、それにのっとった予想を行います。 オッズは、そういったベテランファンの舟券購入だけではなく、競艇初心者の舟券購入などにも左右されてしまうので、勝率の参考値として見るには信頼度が下がってしまうのです。 ここで挙げたような要素を理解した上で予想に活かすのは、正直にいえば大変です。 ですが、競艇で「勝てる」ようになるには、こういった要素は予想には欠かせないでしょう。 競艇で勝つため押さえておくべき3つのポイント 競艇で勝てない理由については理解をしていただけたでしょうか?では、具体的にどのように舟券を購入すればより「勝ち」に近づけるのでしょうか?今回は、初心者の方にまず押さえておいてほしい3つのポイントをご紹介していきます。 「勝率」だけではなく「期待値」も考える 競艇を含めた公営ギャンブルで勝つには、「自分の予想がどれだけ当たるか」よりも「自分の買い方でどれだけ払戻金を得られるか(期待できるか)」を意識して予想を組み立てる必要があります。 これを公営ギャンブルの世界では、「期待値」という言葉で表されます。 例えば、単勝狙いで予想する際に、以下のようなオッズのレースがあり、これまでのデータをもとに自分で勝率も予測できたとします。 ・1号艇:オッズ1. 2 予測勝率55% ・2号艇:オッズ3. 2 予測勝率16% ・3号艇:オッズ4. 6 予測勝率12% ・4号艇:オッズ8. 3 予測勝率8% ・5号艇:オッズ12. 2 予測勝率5% ・6号艇:オッズ15. すると、上記のレースにおけるそれぞれのボートの期待値は以下のとおりになります。 一方で5号艇や6号艇はオッズが高いために、「外れるかも?」と身構えてしまいますが、その割には予測勝率が高いので、期待値が高くなりました。 このように、オッズだけではなく自分で予測する勝率も加味して期待値を算出し、期待値が高くなるよう舟券を買うことで、結果的に「勝てる」確率を上げることができます。 統計的な話なので、もし「難しい!」という場合は、まずは「オッズが高くても勝率が高そうなボートはチャンスあり!」ということを覚えておくと良いでしょう。 この例でトリガミを避けるためには、どのように購入すれば良かったのでしょうか。 例えば、以下のような購入方法はどうでしょう。 ・1-2-3:オッズ5. 5 ・1-3-2:オッズ5. 8 ・2-1-3:オッズ8. 3 ・2-3-1:オッズ9. 8 ・3-1-2:オッズ10. すると、残った4パターンはオッズが4倍を超えているので、どの形のパターンでも的中さえすれば購入金額以上の払戻金を得られることになり、トリガミを避けられます。 つまり、トリガミを避けるためには、「勝率が低いパターンは購入しないことで無駄な出費を押さえること」が有効だと分かるでしょう。 しかし、もしかしたら、「外れるよりはマシか…」と考えて色んなパターンの舟券に手を出してしまいたい気持ちもあるかもしれません。 そういった場合は、勝率が高いパターンの購入金額を上げる、という方法もあります。 上の例でいえば、1号艇が1着となる確率は高いとみて、1号艇が1着となる2パターンのみ購入金額を倍の200円としておきます。 ただし、オッズは舟券購入締切まで確定しませんから、ふたを開けてみると結果的にトリガミになってしまっていた、なんてこともあります。 そういった時は、「運が悪かった」と気持ちをスパッと切り替えるようにしましょう! 情報収集と分析をおろそかにせず、自分なりのノウハウを蓄積する 最後にご説明したいのは、やはり的中率を上げていくには情報収集と分析をおろそかにせず、自分なりにノウハウを蓄積していくことが大事ということです。 競艇の勝ち負けに影響を与える要素として、まずはレース当日のコースのコンディションをしっかり読めるようにしましょう。 特に気にしたいのは風の向きと強さ、気温と水温、そして水面の状態です。 まず風は、追い風となるとインコースのボートに有利に働き、向かい風だと逆にアウトコースが有利となる傾向があります。 ただし、追い風でも強すぎるとターンで流されやすくなるので、インコースのボートにとっても難しくなります。 気温と水温は、ボートのモーターの働きに影響を与えます。 低温になればなるほどモーターの働きがよくなり、スピードが乗りやすくなります。 すると出足が良くなりインコースのイン逃げが決まりやすくなります。 水面の状態についていうと、波もなく穏やかな状態であればターンを決めやすくなるので、小回りなターンが必要なインコース勢に有利に働きます。 このように、カンやオッズだけに頼るのではなく、情報に基づいたロジックを自分なりに組み立てて、競艇の勝敗を見極めるノウハウを蓄積していきましょう。 公営ギャンブルで勝つには「データ」が命!自分なりの勝ちパターンを構築しよう 今回は、競艇初心者が陥りがちな3つの勝てない理由と、より「勝ち」に近づけるための3つのポイントをご紹介しました。 もちろん、これらをしっかり押さえれば絶対に勝てる!というものではありません。 重要なことは、これらを押さえつつ、経験を蓄積していき自分なりの勝ちパターンを構築することです。 競艇でなかなか勝てない!という方は、しっかりと自分の舟券の買い方を見直して、改善策を練って、試行錯誤を繰り返していきましょう!.

次の

競艇で勝てないのはこんな人

競艇 勝てない

皆さんこんばんは! お盆休みは満喫しましたでしょうか? 中々蒲郡G1が終わって更新出来ず申し訳ございません。 大村SGまでまだ期間があるので何を書くか迷ったのですが 今回は競艇で勝てる人と勝てない人の違いについて 僕が思うことを記事にまとめていければとおもいます。 もちろん人それぞれ考えがあると思いますし あくまで今日書くことは僕の意見ですので絶対ではありません。 中々一般戦の予想を簡単に公開出来る立場ではなくなったので 何を書こうか迷ったのですが、今回は冒頭でも書いた通りで 【競艇で勝てる人と勝てない人の違い】 について書いていこうと思います。 これは競艇だけでなくギャンブル全般で使えることです。 そもそもこれは僕の考えですので参考にするもしないも読者様次第です。 興味のある方のみご覧下さい。 まず、競艇で勝っているという人は 【全体の1割もいない】と言われています。 実際に僕は今までたくさんの競艇ファンの方々とお会いし、 色々な話などもたくさんの方としてきたのですが トータルで勝っているという人はほとんどお会いしたことがありません。 しかし本当に稀にですが勝っているという人はいます。 僕も一応競艇はトータルで勝っている人間です。 実際に2019年の勝負Rの予想配信は回収率120%を超えていますし これはあくまで事前予想でのものですので 展示、そして直前のオッズを見た上で勝負している個人的なものを合わせれば 今年の回収率は130%以上を叩いています。 今回は競艇で勝っている人の共通点をいくつかまとめていきたいのですが 中でも特に僕が大事だと思っている事をまとめていきます。 勝てる条件【1】:自分の中の期待値がしっかりしている人 これは当たり前のことなのですが非常に大事なことです。 僕は競艇場でたまにこんな事を耳にします。 「オッズを見たらダメなんだよなぁ」 オッズを見ると、決めていた選手を買えなくなったり、 あえて夢のある舟券を購入して外してしまう。 なんて人は多いと思いますしよく耳にします。 しかしオッズを見ることって非常に大事です。 僕は事前に勝負するレースのオッズを自分の中で想定します。 少しわかりやすく例を出しますね。 これは今月の頭に行われたびわこG14日目の4Rの番組。 このレースは実際に僕がLINEで直前配信して 340倍を推奨買い目通りで仕留めたレースなのですが、 前日に番組を見た段階で相当面白いと感じていました。 理由は4号艇藤原が展開を作って波乱を演出してくれる可能性が高かったからです。 これは前半のレース映像を見返して伸び足が良かったのと 単純に藤原が捲り屋で積極的に攻めていくタイプの選手だからです。 しかし厳選勝負レースで提供しなかった理由として ・枠なりになるか微妙だったから ・直前のオッズでどれだけつくのか見たかったから この2点がありました。 まずは松井繁が動く可能性があったということ。 これが動いて5角なら僕の中での期待値は下がります。 なので4角になってくれることをまず確かめたかった。 そしてもっと大事だったのは直前のオッズを見たかったということ。 明らかにこのメンバーに入れば藤原は実績的に格下です。 なのでこれが突き抜ける、または波乱を演出して外を連れてきた場合 どれくらいのオッズになるのかを見たかった。 そして6号艇に入っている丸野。 丸野は後にこのG1を優勝するくらい舟足が良かったのですが この丸野を連れてきた場合どれだけオッズがつくのか? 穴人気する要素は僕の中では十分あったので それが世間の意見とどれだけ合致してしまうのかを見たかった。 そして実際のオッズは僕の求めているオッズより 遥かに上をいっていました。 なので迷わず勝負したという感じです。 僕の想定しているオッズより遥かに上をいっている。 ということは単純に自分の中の期待値は相当高いということです。 もっとわかりやすく説明すると、 この時の丸野の単勝は 【14. 5倍】でした。 基本的に競艇は単勝のオッズがすぐ下がるので 中々単勝で勝負する方は少ないと思いますが 今回はわかりやすく単勝のオッズを例にあげました。 14倍っていうのは単純に 【14回に1回勝つ】という計算です。 しかし自分の中で、 「今節の丸野なら10回に1回はこの枠でも勝てるだろ」 と思っているとします。 それで14倍ついていればもう勝負するべきなんですよ。 8回に1回勝つと思っているなら更に大勝負するべきです。 これが期待値を常に考える大事さです。 この期待値が自分の中にしっかりある人、 そしてブレずにそこに投資を続けられる人 が僕は勝てる可能性がある人だと思っています。 しかしこの期待値は選手の特徴や舟足、 更にその日の傾向など全てを加味した上で出すものです。 当たり前の話ですがこれが把握できていないようでは 期待値を出すことも出来ないので やはり努力を怠らず研究することは必須条件ですよね。 勝てる条件【2】:メンタルが強い人 ギャンブルは波があります。 必ず調子の良い時もあれば悪い時もあります。 【調子の悪い時】にその人の本性が現れます。 例えばですが僕はご存知の通り穴狙いのスタイルを貫いています。 何故そのスタイルをしつこく貫くかというと 【そのスタイルでしか結果を出せないと解っている】からです。 もちろん様々なスタイルをこれまで試しましたが 的中率を上げるという概念を捨てて 回収率だけを求めて勝負するというスタイルが一番結果が出る。 と自分で解っているからこそこのスタイルを貫きます。 例えば1R10点しか買えない縛りがあったとしましょう。 これだと、 本命所(20倍以下):7点 穴所(100倍付近):3点 こんな感じで買う人が多いのではないでしょうか? もちろんこれが悪いと言っている意味ではありません。 高い的中率叩ける人ならこれでいいと思います。 しかし僕ならこう買います。 本命所(20倍以下):0点 穴所(100倍付近~特大万舟まで):10点 僕の厳選を購入して下さっている方ならご存知だと思いますが 基本的にこんな感じの勝負が殆どです。 なぜか? それは的中率を捨てて回収率を求めているからです。 当たれば特大回収確定!その勝負に拘っているから。 そしてそれでしか結果を出せないと自分で解っているからです。 しかしこのやり方では当然流れの悪い時は 連敗に連敗を重ねて苦しくなる時もあります。 そんな時に勝負することをやめたり、 的中率を急に求めだすような買い方をしたりしない メンタルの強さが必要になりますよね。 ブレたら終わりですから。 逆にもっと攻めてやるくらいのつもりで! これが大事だと僕は思っています。 勝てる条件【3】:資金がある程度ある人 他にも色々あるのですが 長くなりそうなのでこれが最後になります。 断言します。 「資金がない人」はギャンブルでは勝てません! 資金的に追い込まれれば追い込まれるほど 自分の中の期待値は狂っていきます。 これは僕は経験済みなのでわかります。 笑 ギャンブルは絶対に長期的に見ないと勝てません! 目の前のレースで的中出来なければ 今週もうギャンブルが出来なくなってしまう。 こんなメンタルでは到底完璧な予想へと導けません。 ある程度資金作りをした上で、 これだけあれば連敗が続いてもブレずに戦える という余裕がなければギャンブルでは勝てないんですよね。 今回は大事な事を3点まとめました。 しかしこれを鵜呑みにしてはいけませんよ! 【自分を持つこと】 これが本当に大事なことですので 僕に流されるようではダメなんです。 あくまで自分の意見と考えをしっかりと持つことが 勝利への第一歩だと僕は思っています。 理由はスタートの速さにあると思いますし 今節もしっかりスタート安定して決めていますね。 ここも遅れるようなことはないでしょう。 しかし足に関しては目立つものはない。 実際準優もトップスタートでしたが抜けていく伸びはなく、 この優勝戦に入れば行き足~伸びは弱い。 大崩れはなさそうですが 個人的には波乱があっても良いと思ってます。 2号艇の片岡は差しを狙う! 重成より出足は良さそうですが 重成のスタート力を考えても上はいかない。 ハナから差し狙いですが今節スタートが安定していないので どれだけ踏みこめるかが鍵となりそう。 売れているのはやはり1=2。

次の

競艇負ける人の負ける理由と負けない方法

競艇 勝てない

競艇に限らず、様々なギャンブルで多く人は勝てていません。 もちろん、たまには大儲けできる時もあるでしょうが、トータルすれば大きく負けこんでいるのではないでしょうか。 偉そうなことを言っているヒゲじじいも、そんな状態が長く続き、一時は競艇ばかりではなく、パチンコやパチスロまで、ギャンブル全てから足を洗いました。 しかし、冷静になっていろいろな競艇ブログを読み漁り、多くのレースをシミュレーションしているうちに、何となく負けない競艇が身についてきました。 ヒゲじじいに限らず多くの競艇で勝てない人たちは、きっとこんな舟券の買い方をしているのではないでしょうか。 何故あなたは競艇で勝てない? 競艇をやる(舟券を買う)理由は大きく分けて二通りあります。 ひとつは、競艇のレース自体を楽しむ(予想することを楽しむ)ということ。 そしてもう一つはお金儲けのツールとして舟券を購入することの二通りです。 この考え方の違いで、かなり舟券の買い方は違ってきます。 多くの人は、二通り目の「お金儲けのツール」として競艇をやっていると思いますが、実は大きな勘違いしている人がほとんどです。 というのも、競艇を「お金儲けのツール」として位置づけているつもりでも、そのほとんどの人が、実は「競艇のレースを楽しむ」という思考で舟券を買っていることが多いのです。 競艇で勝てない原因 競艇で勝てない人は、競艇のレース展開を予想しながら舟券を購入することを楽しんでいます。 中には、舟券を購入する時にその予想とオッズを照らし合わせ、自分の都合の良い(オッズが高い買い目)ように、レース展開を考えてしまう人も少なくありません。 例えば1-2-3という3連単の予想をした時、オッズをみるとなんと3. 2倍・・。 そんな時、思わず2-1-3とか3-2-1といった具合に、オッズの高い方に期待して、買い目や掛け率を変えてしまったりします。 さらには、そんな低配当を狙うより、3号艇のスタート練習が良かったから、3号艇の捲りに期待しようなどと、自分の都合がいいように予想を変えてしまったり・・。 競艇で勝ちたい、儲けたいと思っていても、こんな買い方をしていたら、いつまでたっても勝ち組には入れません。 あなたも「お金儲けのツール」として競艇をやっているつもりでも、こんな舟券の買い方に覚えはありませんか?そして知らぬ間に「競艇のレースを楽しむ」人になってしまっていませんか? あなたが本気で競艇で勝ちたいと思っているのなら、まずは、ここでご紹介した競艇で勝てない原因に覚えがないか、今の舟券購入を今一度振り返ってみてください。 関連記事一覧.

次の