うだつ の 上がら ない 意味。 「うだつが上がらない」の「うだつ」の意味と語源とは?

「うだつが上がらない」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

うだつ の 上がら ない 意味

歴史 [ ] は「うだち」といったが、以降「うだつ」と訛った。 本来は梁(うつばり)の上に立てる小さい柱のことを言ったが、そののち、自家と隣家との間の屋根を少し持ち上げた部分を「うだつ」と呼ぶようになった。 桃山時代に描かれたにはうだつのあるが描かれている。 から初期にかけては木製のうだつが存在するなど、当初は防火壁と言うよりも屋根が強風で飛んだりするのを防ぐ防風の意味合いや、また装飾的な意味合いが強かった。 その後、隣家と接するケラバ(の両端)部分の壁を少し持ち上げ、独立した小屋根を乗せたものを「うだつ」と呼ぶようになった(本うだつ)。 さらに、本うだつの下端が、平側の1階屋根と2階屋根の間の部分にまで張り出すようになり、その壁部分が小さい防火壁として独立し、これも「うだつ」と呼ぶようになった(袖うだつ)。 本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになる。 自己の財力を誇示するための手段として、を中心にの屋根上には競って立派なうだつが上げられた。 うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。 これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の「 うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。

次の

うだつが上がらないの「うだつ」って何?もともとの意味とは?

うだつ の 上がら ない 意味

1.「うだつ」とは うだつというのは、 自分の家と隣の家との間の屋根を一段高くして火災の延焼を防ぐためにつくられた防火壁のことを言います。 言葉で説明しても分かりにくいので、まずは下の写真をご覧ください。 写真:美濃市HPより 赤い四角のものがうだつです。 手前の屋根に上がっているのもうだつです。 うだつが残っている日本家屋は少なくなっており、岐阜県美濃市をはじめ、徳島県美馬市脇町南町、徳島県つるぎ町貞光など限られた場所でしかうだつの町並みをみることができません。 うだつは、隣接する町屋が火事になった場合、火燃え移るのを防ぐためにつくられたものですが、うだつを上げるにもそれなりの費用がかかるため、 比較的裕福な家に限られていたようです。 2.美濃市のうだつの上がる町並み 美濃市は、江戸時代から 美濃和紙の製造を中心とした商人の町で、うだつの上がる商家が軒を連ね、古きよき町並みが形成されています。 うだつの上がる町並みの代表的な旧家としては、以下の2軒となります。 小坂家住宅(国指定重要文化財) 写真:美濃市HPより 江戸時代から営まれている 造り酒屋で、昭和54年に国の重要文化財に指定されています。 3つのうだつをあげた美しい 起り(むくり)屋根(傾斜面が膨らんだ屋根)が特徴です。 開館時間 9:00-17:00 休館 無休 入館料 無料 TEL 0575-33-0682 旧今井家住宅・美濃史料館(市指定文化財) 写真:美濃市HPより 江戸中期に建てられて美濃市内最大規模の商家で、平成6年に市の文化財に指定されています。 最も古いうだつ軒飾りと水琴窟が見どころです。 開館時間 4月~9月まで 9:00~16:30 10月~3月まで 9:00~16:00 休館 12・1・2月の毎週火曜日 火曜が祝日の場合は翌日 、祝日の翌日、年末年始 入館料 大人:300円 中学生以下無料 TEL 0575-33-0682 アクセス 電 車 長良川鉄道「美濃市駅」から徒歩約10分 バ ス 岐阜バス岐阜美濃線「うだつの町並み通り」下車、徒歩1分 乗用車 東海北陸自動車道美濃ICから、国道156号経由で約5分 駐車場 普通車 200台 駐車料金 協力金として 100円(普通車) 3.「うだつが上がらない」の意味と語源 上で説明したように、うだつを上げることができるのは比較的裕福な家に限られていました。 そして、どれだけ立派なうだつを上げられるかで 自己の財力を誇示していたんですね。 これが 転じて、「うだつが上がらない」という慣用句は、 「地位が向上しない(出世しない)」、「ぱっとしない」という意味で使われます。 ちなみに、うだつは漢字で「梲」あるいは「卯建つ」と書きます。 まとめ 「うだつが上がらない」という言葉と意味は知っていても、その語源を知らなかった人はこれで理解できたのではないでしょうか。 実際に、うだつを見上げながら昔ながらの趣のある町並みを散策するのもこれまたよいものです。 美濃市に行ったときは、「うだつの上がる町並み」がおすすめです。

次の

うだつ

うだつ の 上がら ない 意味

先日、徳島県の美馬市にある脇町という場所に行きました。 この脇町は江戸時代からの古い家屋が並んでいる風情のある街並みで、歩いているだけで心が和む場所です。 そんな脇町は別名「うだつの町並み」と呼ばれています。 でも、そんなうだつの町並みに言った私はあることに気付きました。 そもそも うだつって何なのか知らないということに…。 するとうだつって意外な物だという事に気付いたんです。 本来の目的は、隣の家が火事になった際の防火壁としての役割でしたが、だんだん本来の目的と変わって、屋根の装飾の意味合いが強くなったのです。 こちらは本うだつの方です。 こんな感じで、屋根の上にちょっと出た部分を作ることで、 ここを超えて火が燃えないようにしたのです。 本うだつはこんな感じで、屋根の幅全体に広がっているものを指します。 それに対して袖うだつがこちらです。 袖うだつの場合は、2階の屋根と1階の間にある 衝立 ついたて のような形状をしています。 これも元々は隣の家の日が燃え移らないようにするものでした。 しかし、月日と共に、本来の防火壁の目的よりも、 家屋の装飾としての意味合いの方が強くなってしまったのです。 というわけで、うだつの正体が分かったわけですが、もう一つよく分からないものがあります。 いったいなぜ うだつが上がらないのがダメなことなんでしょうか? うだつがあっても無くても関係なさそうですが、いったい何が悪いのでしょうか? 今度は うだつが上がらないという言葉の語源を見ていきましょう。 【うだつが上がらない】 仕事で出世できない。 商売が繁盛しないなど、なかなかお金に恵まれる生活にならないことを表す言葉。 つまり、 うだつが上がらないとは、うだつの高さが低いということです。 うだつの高さが低いと、その家の人が、出世しないとか、儲かってないとされるのには、実はうだつを作るための費用に関係しています。 既に説明した通り、うだつは時代の移り変わりとともに、防火壁としてではなく、家屋の飾りとしての目的が強くなりました。 うだつを作る際には、綺麗な装飾を施すようになったため、お金がかかるようになったのです。 だから、高いうだつを作ることは、贅沢なことであり、うだつが高い家は、周りからお金に余裕がある家と見られたのです。 その一方で、うだつが貧相だったり、低かったりする家は、お金に余裕が無いとみなされたことから、うだつが上がらないという言葉の意味が、出世やお金と縁の遠い人を表す言葉になったのです。 【うだつとは?】 日本家屋の屋根の上に、少し出ている衝立のようなもの。 本来は隣の火事が燃え移らないようにする防火壁の目的だったが、時代と共に家屋の装飾としての意味合いの方が強くなった。 【うだつが上がらないの語源】 うだつの高さを上げるのは、それなりのお金がかかる。 そのため、うだつの高い家は、お金に余裕のある家とみなされた。 そこから、転じて、出世やお金に縁のないことをうだつが上がらないと表現するようになった うだつの高さを上げようなんて、昔の人は見栄っ張りだったんですね~。

次の