レオパ ブラック ナイト。 ホワイトナイト レオパ 販売 大阪 エキゾチックサプライ

ペポニインター店新着③☆レオパ編☆

レオパ ブラック ナイト

本誌の取材に答えた忍野さらと、彼女が飼っているメスのレオパ、わさびちゃん。 クリクリな瞳が愛らしい いま、ヤモリの仲間、ヒョウモントカゲモドキ(通称「レオパ」)が一大ブームを迎えている。 新垣結衣が自身のアルバムジャケットにイラストを載せたことで注目が集まったレオパ。 その魅力に迫る。 弱気なオスと負けん気の強いメス。 ヒョウモントカゲモドキはまるで人間の男女みたいで可愛いんです 「私が飼っているのはメスのわさびとオスのからしです。 品種は、わさびがスーパーマックスノーで、からしがマックスノー。 3年ほど前、海外のジャングルでロケ撮影をしたとき、野生のヤモリがたくさんいたんです。 そこで初めて『可愛い!』と思って、ペットとして飼うことを考え始めました。 好きなのは、目がクリッとしていてお腹がプニプニなところ。 性格は、わさびが強気でからしが大人しい草食系男子(笑)。 人間を見ているみたいで面白いですよ」 そう話すのは、グラビアアイドルの忍野さら 24 だ。 レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)は、ペットとして一番の人気を誇る爬虫類。 生息地はインド北西部やパキスタン、アフガニスタン南東部などの乾燥地帯だ。 その魅力は、掛け合わせ次第で異なる色・柄・目の特徴などを持った、数百種類の品種を生み出せることである。 爬虫類専門雑誌などの編集や撮影を務める川添宣広氏が語る。 「20年ほど前からカラフルな品種が生み出され、人気が上昇しました。 加えてここ数年は芸能人が飼い始めたこともあり注目を浴びています。 掛け合わせは、飼育書通りにやれば誰でも簡単にできますよ。 いまでは毎月のように爬虫類イベントが開かれ、個人ブリーダーがレオパを売買している光景も見られます」 平均寿命10年ほどと長生きで、臭いも少なく丈夫で繁殖も簡単。 レオパはまさに、ペット向きの動物と言えるだろう。 2匹のレオパを飼う忍野。 飼育には手がかからず、エサやりは週1回、ケージの掃除は月1回で済むという こちらも忍野のペット、オスのからしくん。 瞳の真ん中に縦線が入った猫のような目がお気に入りとのこと 生まれたてのレオパの赤ちゃん。 レオパは繁殖能力が高く、卵を2個ずつ産み、さらに年3〜6回産卵する 店頭に並ぶと即完売 人気品種ランキング 1位 ウルウルした黒い瞳が人気の秘密 スーパーマックスノー 人気品種1位 スーパーマックスノー/マックスノー同士を掛け合わせると4分の1の確率で生まれる。 背中に黒いドットが並んでいることと、目全体が真っ黒なことが特徴 2位 派手で明るい色が特徴 タンジェリン 人気品種2位 タンジェリン/ハイイエローという品種の中でもオレンジの色味が濃いものを掛け合わせ続けてできる。 15年ほど前にタンジェリンブームが起こった 3位 ヒョウ柄が女子のハートを掴む マックスノー 人気品種3位 マックスノー/もっともポピュラーな品種の一つだが、最近になり再び人気が上昇している。 作り出された当時は80万円ほどの高値が付いた 2位 オレンジ色が濃いほど高額に タンジェリンブラッド 相場価格10万円 高額品種2位 タンジェリンブラッド 相場価格10万円/オレンジ色がセールスポイントであるタンジェリン。 その中でも、とくに色が濃くオレンジの面積が広い個体ほど値段が上がっていく 3位 真っ白な顔が美しい! ユニバース 相場価格5万円 高額品種3位 ユニバース 相場価格5万円/ギャラクシーとホワイトアンドイエローという品種を掛け合わせると生まれる。 鼻先や尾、足、脇腹が真っ白なところがポイント ヒョウモントカゲモドキはここで買える! 爬虫類ブームのいま、全国にレオパを販売する店舗が続々登場。 その中の一つを訪ねた レオパを飼い始める場合、どこに行き、どんな器具を揃えたら良いのか。 東京・文京区にある爬虫類専門ペットショップ『レプタイルストア ガラパゴス』の店長・二木勝氏に話を聞いた。 エサも、人工飼料を食べてくれる個体なら昆虫をやる必要はありません。 レオパは雨が少ない半砂漠の過酷な環境でも暮らしていけるよう、尻尾に栄養を蓄えられるようになっています。 そのため、毎日エサをやらなくても元気に育ってくれるんですよ」 飼育が簡単なうえに、繁殖が驚くほどラクなところも、ペットとして人気な理由の一つだ。 「レオパは一回交尾すると、年に3〜6回卵を産みます。 しかも一度の産卵で2個産む。 つまり、1カップルあたり年10匹ほど赤ちゃんが誕生するのです」 この繁殖能力の高さを生かし、ブリーダーとして生計を立てる人もいるという。 「第一種動物取扱業の登録をすれば、爬虫類イベントなどでレオパを売ることができます。 値段は6000〜30万円ほどで、1カップルから年約10匹も生まれるので、海外ではレオパを売って儲けている人もいます。 イベントの客層は男女比1対1ほど。 そこで出会って付き合うことになった男女もいるようです」 ヒョウモントカゲモドキを飼えば美女と出会えるチャンスも増える!? ブームは、まだまだ続きそうだ。 多くの品種は1万円前後、高くても2万円以内で買える 冷凍コオロギなども食べるレオパだが、いまは人工飼料の品揃えが豊富なので昆虫が苦手な人でも飼いやすい レオパの魅力を熱く語る店長の二木氏。 手のひらに乗せられるサイズなのもレオパの良さ 文京区にある『ガラパゴス』の外観。 レオパのほかにもヘビやカメなどが売られている 『FRIDAY』2019年9月20日号より• 撮影:濱﨑慎治(2枚目)、岸上拓央(4枚目)、川添宣広(撮影協力:エンドレスゾーン、大津熱帯魚、蒼天、爬厨、爬虫類倶楽部、リミックス・ペポニ、レプティスタジオ)、結束武郎 12〜15枚目.

次の

【ユーザー訪問】キミは220匹のレオパが棲むマンションを見たくないか?☆Ka'z Leopa(大阪市東淀川区)

レオパ ブラック ナイト

ご無沙汰しております・・・コロナのせいだけでは無いのですが、再始動です。 取り敢えず、7月5日のブラックアウト名古屋に出店しますので、連れて行く子の紹介ですが、通年販売中の去年生まれの子達から・・・今年生まれの子もいるのですが、まだ小さいので、7月19日のブラックアウト京都からです。 ちなみに、オールレッドアイです。 この子は、頭の黒模様も少なめですが、身体の黄色が綺麗です。 ブラックアウト名古屋には、ダイオライトを検証している「RHOLIC」も、うちのブースに来る予定ですし、他にも連れて行く子もいますので、どうぞ、ブースまでお越しください。 それでは、また 今年もあと2ヶ月となり、うちの子達も沢山旅立ち、現在残っている子達の紹介です。 今年中に出展するイベントは、 11月10日 ブラックアウト東京(浅草産業貿易センター台東館) 11月24日 ジャングルハンター姫路(姫路勤労市民会館) 11月30日・12月1日 東京レプタイルズワールド2019冬(池袋サンシャインシティ) の3開催だけとなりましたので、どこかで、うちの残り福をゲットして下さいね・・・ まずは、2018年生まれのフルアダルトですが、みなブリブリなので、すぐにでもクーリングに入って、来春にはベストな状態での繁殖が可能です。 次は、今年生まれの子達ですね・・・順調に育ってますので、クーリング無しで来年の春まで育てれば、繁殖可能です。 ジャイアント系は、まだまだ大きくなっていませんが、体型がノーマルとはちょっと違うので、大きくなりそう予感がひしひしと伝わってきます。 来年、(アルビノの入って無い)ブリザードとかけ戻して、黒くなるのか、要検証ですね・・・ ダイオライトの2匹は、仲間内のダイオライトプロジェクトから出た子で、マーフィーパターンレスとかければ、50%マーフィーパターンレス、50%ダイオライトになります。 この子達は、身体にドットがあまり出てないですが、ダイオライトが狙って出せるというのは、今まで無かったことなので、かなり貴重ですよ・・・マックスノーも入っているので、マックスノー・マーフィパターンレスをかければ、12.5%(8分の1)の確率で、スーパーマックスノー・ダイオライトが出せます。 最後は、残り少ないニシアフです。 ゴールドアイは、レオパのように虹彩(オレンジというか金色なんですが)があって、瞳孔部分が十文字になって横にも裂けているような感じの不思議な目です。 多分「 PINK REPTILES 」さんも来る予定なので、ブースに寄って見に来て下さいね・・・すみません、来られないそうです。 それでは、また さて、中部地方での最大イベント、2019ナゴレプの開催です。 いつのも吹上ホールで、9月21日、22日に開催されますよ~~皆さんのお越しをお待ちしております。 で、連れて行く子たちですが、去年生まれの子で、黒を目指すブリーダーにお買い得な子を一挙掲載です。 でも、初出の子もいますので、チェックして下さいね・・・ 頭にrが付くのは、うちでハッチした子ではないですが、うちの仲間ブリーダーのとこの子達で、親がほぼうちの子なので、うちの孫達になりますね・・・r19004とr19005をペアリングすれば、かなり綺麗なタンジェロ・ラプターが出そうです。 最後は、ニシアフです。 ほぼヘテロばかりですが、自分でホワイトアウト・パターンレスを目指して下さい。 現物は、写真よりももっと綺麗なので、実際にブースで見て下さいね・・・勿論、9月29日のブラックアウト横浜、10月6日のぶりくら市までのキープもOKですので、皆さまのご予約をお待ちしております。 それでは、また なんか急に秋っぽくなってきましたが、イベントシーズンの初っ端は、ブラックアウト埼玉ですねぇ・・・同日開催の Gecko Market の浅草では無く、さいたまスーパーアリーナに出展ですので、よろしくです。 レオパもニシアフも初出の子がいますので、チェックして下さいね・・・ c19034は、ブラックナイトクロス・ヘテロブリザード同士のペアからの子で、黒いブリザードを作る予定だったのですが、思いのほかブリザードの白が強く、ブラックナイトの欠片も見えない子になってしまいました。 ブリザードはマーフィパターンレスとは違って、黒くならないんでしょうか?残す値段設定ですので、来年、父親のブラックナイト・ヘテロブリザードに掛け戻して検証します。 最後の2匹は、ダイオライトプロジェクトからの子ですが、スーパーマックスノー・ブリザードはプラチナ(スーパーマックスノー・マーフィパターンレス)に比べると黒っぽいんですけどね・・・ ニシアフは価格改定してます。 安売りじゃないので、高くなった子もいますが・・・ 確定のヘテロも書いてますので、繁殖を考えている方は、要チェックですね・・・fc19018のホワイトアウト・パターンレスは、どんどん綺麗になって、タンジェリンとしたいところです。 秋のイベントシリーズは、 9月1日 ブラックアウト埼玉(さいたまスーパーアリーナ) 9月21日、22日 ナゴレプ(名古屋吹上ホール) 9月29日 ブラックアウト横浜(横浜産貿ホール・マリネリア) 10月6日 ぶりくら市(神戸サンボーホール) と言うところですが、どこまでキープもOKですので、よろしくです。 あと、7月2日から9月23日の間、大阪の「咲くやこの花館」で開催されている「虫を食べる植物展2019」に、急遽、9月8日の一日だけですが、特別出展します。 sakuyakonohana. 今年は、大津熱帯魚さんの隣なので、大津熱帯魚さんの水色ののぼりを目印に・・・後で、ニシアフの新モルフ?も紹介しますので、ご期待下さい。 同じノーマルやホワイトアウトで値段の差は、綺麗さと持っているヘテロの差ですね・・・ で、ニシアフの新モルフ?ですが、新モルフ?と言ってもこの前の大阪レプタイルズフィーバー開催中に、うちで繁殖したニシアフの中から見つけて、一部の変態ブリーダーの間で盛り上がってたモルフ?なんですが、目がレオパのように虹彩があって、虹彩部分がゴールドなんですよね・・・珍しいのかどうかも分かりませんし、遺伝するかどうかも分かりませんが、うちに帰って、うちの子達の目をもう一度確認したら、まだ4匹ほどいてて・・・もう売る気は無いので特別価格にしてますが、連れて行きますので、興味のある方は見に来て下さい。 今のところ、ホワイトアウトでしか出ていないので、ホワイトアウトに伴う変異かとも思うのですが、ホワイトアウトがすべてこんな目になる訳ではないので、要検証ということで、来年の課題です。 モルフとして確定して遺伝するなら、新モルフとして発表しますが、KAZの名前を冠することが出来るかは、分りませんね・・・ どの子も、9月1日のブラックアウト埼玉、9月21日、22日のナゴレプまでキープもOKですので、ご予約をお待ちしております。 それでは、また.

次の

ヒョウモントカゲモドキの値段とモルフ(品種)代表的な種類と購入予算を解説

レオパ ブラック ナイト

ブリザード 引用: ブリザードは体に模様が表れないことが特徴です。 ほかにも模様が表れない品種 モルフ 、パターンレスが存在しますが、こちらは子供の頃は模様があり成長するにつれ模様がなくなります。 一方、ブリザードは子供の頃から模様がありません。 ブリザードには、アルビノと交配をして生まれたベルブレイジングブリザードや、マックスノーブリザードなど、グレーの色味が強い個体が存在します。 レオパの入手方法は? 入手方法は『爬虫類専門店』『総合ペットショップ』『即売会などのイベント』が挙げられます。 ほかにはブリーダー 繁殖をしている人 から直接購入するという方法もあります。 爬虫類専門店 総合ペットショップに比べ生体の取り扱い数が多く、なにより 爬虫類専門なので安心して購入ができます。 個体の状態についても詳しく教えてくれますし、飼育のアドバイスや購入後の相談もすることができます。 初めての飼育を考えている方は、お近くにお店があるなら生体や飼育について聞いてみるのもいいでしょう。 しかし、爬虫類専門店でも、レオパの取り扱いがないお店もあるので、事前に確認してからお店に行くことをオススメします。 総合ペットショップ 最近では犬や猫、熱帯魚などを取り扱っている総合ペットショップでも、レオパを販売しているショップが増えてきました。 総合ペットショップなら「爬虫類専門店には入りにくい…。 」という女性の方でも足を運びやすいのではないでしょうか? また、飼育機材やエサも販売されていることが多いので飼育道具を一式揃えることができるのも利点です。 即売会などのイベント イベントでは、多くのペットショップや関連業者が集まり、それぞれがブースを開いて生体の販売を行います。 即売会はペットショップに比べて生体の値段が安い印象です。 イベントでは多くの生体が販売されているので、 普段目にかかれないようなモルフや自分好みのモルフを見つけるのにはピッタリの場所です。 イベントの開催時期は限られていますが、レオパ以外にも多くの爬虫類を見ることができるので、生体の購入が目的でなくても楽しめるイベントになっています。 興味がある方はサイトを覗いてみると、どのようなイベントなのかイメージがつきやすいでしょう。 通販では購入ができない 現在は生体の対面説明が法律で義務付けられており、 通販やオークションサイトでの購入ができなくなりました。 しかし『通販禁止』というわけでなく、店舗やイベントで現物の生体を確認し、対面説明を受ければ後日生体を発送してもらうことは可能です。 通販で購入ができないのはデメリットにも感じますが、実店舗での購入は生体を間近で見ることができ、健康状態や実際の色味をチェックできるため安心して購入することができます。 さいごに 今回はレオパの値段と入手方法について解説をしましたが、参考になったでしょうか? 僕のいま飼っているレオパは、総合ペットショップでお迎えしました。 とても寝相が悪いところがなんとも言えない可愛さで、ずっと見ていたら愛着が湧いていました 笑 みなさんもぜひ、かわいいレオパをお迎えしてください。

次の