ブリジストン 配当。 5108 ブリヂストン

ブリヂストン(5108)の株価 高配当が魅力な買い銘柄!

ブリジストン 配当

ブリヂストンは世界首位のタイヤメーカー。 ゴムに関連する自動車関連部品やウレタンフォームなども扱う。 ブリヂストンは2020年12月期の予想配当を、中間配当(6月)は「80円」、期末配当(12月)は「80円」、合計の年間配当額は「1株あたり160円」と発表した。 2019年12月期および2018年12月期の年間配当額も「1株あたり160円」だったので、年間配当額は2期連続で「横ばい」となる見通し。 配当利回りは変わらず 4. とはいえ、 2009年12月期から2018年12月期の10年間で年間配当額は「10倍」になっているうえ、2018年12月期~2020年12月期も年間配当額は「横ばい」の予想なので「非減配」は引き続き継続される見込み。 2020年12月期の予想配当性向は目安を超える49. 09% ブリヂストンの配当利回りは4. 09%。 2020年1月の東証1部の平均利回りは2. 00%(配当実施企業のみ)なので、 ブリヂストンの配当利回りは「かなり高め」と言えるだろう。 「高配当」というだけでなく「増配傾向」にある銘柄、あるいは「安定配当」を実施し続けている銘柄として、個人投資家の支持を集めているようだ。 乗用車やトラックから航空機、農業機械などに向けた幅広い種類のタイヤを製造・販売している。 売上高の8割超をタイヤ部門が占める。 ゴムに関連する自動車関連部品やウレタンフォームなども扱う。 2020年12月期(通期)の連結業績予想は、売上高1. 7%増、親会社の所有者に帰属する当期利益3. 9%減の見込み(すべて前期比)。 09% 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 15).

次の

【高配当株】ブリヂストン(5108)買いました!

ブリジストン 配当

1分でわかるブリヂストン評価まとめ ・タイヤシェア世界一位 ・2019年10月8日現在 配当利回りは3. 8% 1株あたり160円 ・9年連続増配するも2019年にストップ(2019年は同配) ・財務状況は極めて健全、優良企業 (ROE12%、自己資本比率61%等) ・株価4,000円切ったら狙い目(利回り4%ライン) -2020. 28追記- 現在配当落ち&コロナウイルスの影響で絶賛株価下落中です。 というのも、コロナウイルスの主な感染地域である中国・武漢にブリヂストンの工場があるんですね。 このことについてブリヂストン側は声明を出さず株主は不安増。 不安から株を手放す人も相当数いるようで、当初の狙い目であった株価4,000円を割り、3,800円台をうろちょろ。 かくいう筆者も含み損ですが、気にせず3,800円を切ったら買い増しを考えています。 短期で見れば悲観的だけど、長期的な展望で見れば安定してますからね。 いくら大企業といっても自然の驚異には勝てません。 こういった事態に備えて分散投資をしていきたいですね。 それでは続き(本編)をどうぞ。 タイヤで有名なブリヂストン。 タイヤシェアでは 世界堂々の第一位。 2位はミシュラン、3位はグッドイヤーです。 日本では、 半分以上がブリヂストンのタイヤとぶっちぎりのシェアを誇っています。 何となくタイヤの会社というイメージは沸きますが、投資先としては向いているのでしょうか。 株価・決算・利回りなどから探ってみましょう。 ブリジストンの事業概要 ブリヂストンの事業は タイヤ事業83% 多角化事業17% タイヤ事業以外にも、 化学製品開発、スポーツ用品の開発などを手掛けている同社。 メインのタイヤ事業売上高比率は 日本 19% 海外 81% 日本での売り上げをキープしつつ、海外は少しずつ伸びていますね。 海外ではいまだに根強い人気を誇っているのがわかります。 直近5年は伸び悩んでいます。 材料費の高騰やタイヤ事業以外での伸び悩みが主な原因です。 とは言え、安定して利益を出している当社は、投資先として魅力的ですよね。 利益無くして配当はありませんから。 更に言えば、 会社の利益を一番に享受できるのは株主です。 優秀な人材が働いた利益は株主のもとに還元される。 従業員にならなくても、大企業の利益が自分の懐に入ってくるのは、株の醍醐味ですね。 しかしながら、数年前までは株高のおかげで注目されてなかったブリヂストン。 ブリヂストンが高配当株銘柄として人気を博したのはここ1年の話。 今まで利回りが2%程度だったのが、 今は約4%。 (2019年10月8日現在) 高配当株投資としては絶好のチャンスなわけです。 2019年は残念ながら増配にはならなかったものの、利回りは高水準。 今後、増配の可能性を考えると、期待大の株ですね。 ただし、グロース狙い(成長)の投資先としては、イマイチです。 なんせ、売り上げは伸びていないのですから。 ブリジストンの財務状況 売上高、営業利益は下記のとおり安定しています。 やや伸び悩んでいる印象も受けますが、自己資本比率の増加などから 概ね良好な状態と言えるでしょう。 車本体と違って、 タイヤは一定期間毎に交換の需要が生まれるのが強み。 短中期的な決算で大幅に落ち込むリスクが少ないのも良いですね。 表にはありませんが、EPSも年々上昇しており良い感じ。 リーマンショック時には営業利益や利益率がガクッと下がったものの、直近5年で巻き返しています。 営業利益率10%越えは優良企業の証、さすがブリヂストン。 色んな数字を見てきましたが、どれをとってもかなり優秀。 投資先としてこれほど嬉しいことはないですね。 89倍 ・PBR 1. 33倍 ・ROE 12. 5% ・営業利益率 11% ・自己資本比率 61% ブリジストンの配当金等について ブリヂストンの配当金と配当性向は下記のとおりです。 グラフにはないのですが、 2010年~2018年まで連続増配。 2019年は残念ながら同配当でしたが、しっかりと利益は出しています。 因みに2019年10月8日時点で利回りは3. 8%、4%くらいほしいところ。 今回増配出来なかったのは、直近の売上を鑑み、下記の企業理念に基づいたのが大きな要因です。 配当につきましては、当該期の業績、財政状態に加え、中期的な利益見通し、投資計画、キャッシュ・フロー等を総合的に勘案して、連結配当性向20%~40%を目安に、安定した配当を継続的に実施することで、株主の皆様のご期待におこたえしてまいりたいと考えています。 ブリヂストン 公式HPより 目先の利益で言えば、増配しないのは残念な話ですが、企業理念に沿ってきちんと運営しているのは好感が持てます。 今後のブリヂストンに期待しましょう。 まとめ ブリヂストンはかなりの優良株だと思います。 ブリヂストンを例に、安定した利益は安定した配当をもたらし、家計を潤してくれます。 高配当株銘柄は、そういった観点から長期投資向きです。 給料が中々上がらないこの時代だからこそ、高配当株(配当金)を手にして、少しずつゆとりを手に入れる高配当株投資がオススメ。 リスク分散の観点から見ても、タイヤ業界はそうないですから、ポートフォリオに是非入れたい銘柄ですね。 とはいったものの、100株買うと40万円越え、中々初心者には手が出ないと思います。 もし、 単元買い(100株)が難しければ、1株からでも買えるSBIネオモバイルが圧倒的にオススメです。 僕も結構使っていますが、資金が少ないとき、ポートフォリオを微調整するときなど重宝しています。 実質毎月手数料20円で使えるのもお手軽。 スマホのアプリで簡単に管理出来るのも良い点です。 高配当株は買った値段が命、チャンスを逃さないためにも、口座を持っていない方はこれを気に作っておきましょう。

次の

鳩山安子

ブリジストン 配当

株価・優待内容・配当について 会社名:株式会社ブリジストン 必要価格:427,200円(2019年3月15日現在) 【日経225採用銘柄】 株主優待はございません。 配当金に関しては2018年予定が前期80円、後期80円です。 グラフを見てわかるとおり、10年連続増配をしておりますね。 しかしながら以下の通り、配当性向に関して40%までを目安にあげております。 現在の160円配当は、配当性向40. 1%ということですので基準ギリギリということです。 配当につきましては、当該期の業績、財政状態に加え、中期的な利益見通し、投資計画、キャッシュ・フロー等を総合的に勘案して、連結配当性向20%~40%を目安に、安定した配当を継続的に実施することで、株主の皆様のご期待におこたえしてまいりたいと考えています。 bridgestone. html 会社状況について ブリジストンの目指している2つの目標 【真のグローバル企業】 【業界においてすべてに『断トツ』】 の達成を目指して、グローバル面において非常に強化を図っているようです。 オリンピックもあり、日本において考えると2020年までは好調が続くのではと考えられます。 タイヤ部門の売上が3兆円を超え、ここでしっかりと稼いでいる限りは安定という考えも出来ます。 多角化部門として6,000億円程度ありますが、タイヤ部門の売上がしっかりとれているうちに2本目、3本目の柱を作っていくことも大切だと思われます。 そういう意味では投資を怠って欲しくはありませんね。 直近3年間の売上高(営業利益) 2014年:3兆6,740億円(4780. 4億円) 2015年:3兆7,903億円(5172. 5億円) 2016年:3兆3,370億円(4495. 5億円) 2017円:3兆6,434億円(4190. 5億円) 2018年:3兆6,501億円(4027. 3億円) 個人的考え グローバル企業である以上、為替レートに関するリスクもあります。 原材料・素材価格も難しい所ではあるのではと思います。 タイヤ部門に関しては車タイヤと交換タイヤの需要がありますので、電気自動車等が流行ったとしても交換タイヤ需要は落ち込まないと思われます。 自動運転が流行ったとしてもタイヤは問題ないと思われます。 そういう意味では直近でいきなり崩れることは考えにくいかなと個人的には思います。 次期配当も同額で行くと考えられますので価格がそれにつられていく感じでしょうね。 高配当とは言い切れないと思いますが、割と底堅い感じだと思っており、現状の利回り3. 75%というのも成長企業に対して考えると期待が持てる数値だと思っております。 割安ではありませんが、妥当な株価、配当利回りだと思われます。 に関しては自己責任にてお願いいたします。 6月の株主優待・高配当まとめ.

次の