足 裏 ゴリゴリ 痛い。 「足裏がゴリゴリする」理由

足の裏のゴリゴリがなくならない!足つぼマッサージの正しいやり方!|体調不良ドットコム

足 裏 ゴリゴリ 痛い

足つぼマッサージをやっているんですが、最近妙に 足裏のゴリゴリ感が気になりました。 昔から足つぼマッサージはやっていたんですけど、ちょっとさぼってたからでしょうか(反省)。 ゴリゴリーなしこりが痛たたた! なんでちょっとさぼったぐらいでゴリゴリができるんだろう。 気になったので解決策を模索しました。 同じく ゴリゴリ感が気になった方の参考にもなると思うよー。 スポンサーリンク 足裏ゴリゴリの原因とは 足裏は第二の心臓とも呼ばれており、刺激すると体の不調箇所に効果があるといわれます。 「体の地図帳」とも呼ばれるほど全身とつながっています。 そして、そのつぼ数、 およそ60箇所。 足裏は体の中でいえば、比較的小さな面積ですが、つぼが凝縮されてるんです。 関連: 足裏ゴリゴリは老廃物というのだが。。。 いきなり見出し文でほぼ答えを言いました笑。 ゴリゴリの正体とは老廃物です。 老廃物とは乳酸や尿酸です(これについては次で説明するね)。 体の不調部分とつながるつぼに老廃物が溜まります。 足つぼマッサージの際、押すことで老廃物が神経にぶつかり痛みをともない、同時に代謝を促進させて老廃物も除去します。 だからといって、ゴリゴリが老廃物だけとは限りません。 筋肉が凝っていたり骨の部分かもしれません。 とくに骨はさわった感触で硬さが違うので意識するといいでしょう。 実際、体験談としては感触がだいぶ違うといえました。 骨は硬さの違いがあるのですが、筋肉の凝りと老廃物の違いを意識してみると、しこりっぽいのがある方が老廃物のようです。 あとは痛さでしょうか。 この気持ち、わかってもらえるだろーか笑笑。 早くこりをほぐしたい人にはこちらの記事! ・ せっかくなんで乳酸や尿酸を掘り下げてみる さて、先ほどゴリゴリは老廃物といいました。 老廃物とは乳酸や尿酸だともいいました。 でもって、乳酸や尿酸って何よ? さらっと言われても知識がないとわかりません。 なので調べました、はい。 乳酸とは、一言でいえば疲労物質です。 疲労で筋肉の血液循環が障害され、酸素やエネルギー源の供給がスムーズにいかなくなります。 筋肉の硬度が上がり凝りになります。 筋トレをすると筋肉が痛くなりますよね。 その時の痛みとは乳酸が出ているんです。 乳酸の凝りです。 尿酸とは、プリン体を代謝した結果生じる老廃物。 プリン体とは、食べものの旨味成分。 つまり、食べものの旨味成分を体内で分解すると尿酸になるってこと。 尿酸量が排出能力を超え、体内に蓄積されると痛風の原因となります。 難しいけど、ふたつとも蓄積されすぎると体に良くないってことですよ。 ああ、もう頭いたい笑。 しかし、足裏のゴリゴリは医学的に。。。 西洋医学的に、リンパの滞りが足裏に溜まることはあっても、内蔵などの器官とつながっているとはいえないようです。 足つぼマッサージ自体を否定する意見もあります。 ぼくは東洋医学、西洋医学にも属さず両方を利用する人なので「どっちでもいいかなあ〜」と思います。 そういう論議は専門の人に任せて 「体調を良くしたい」という目的だけを達成したいです。 あなたはどうですか。 足裏ゴリゴリの解消法 解消法といっても、要は足つぼマッサージの正しいやり方なんです。 足つぼマッサージ前にお湯につかる マッサージ前に38度~42度位の足湯につかると効果的です。 かつ、すんごい気持ちいいです。 でも、足湯ってなかなかゆっくりつかる時間はないもんです。 別記事のでも紹介しましたが、忙しい人はお風呂上がりでいいと思います。 レビュー高評価.

次の

ここがイタイとヤバイ!かもしれない足の裏、4つのツボ

足 裏 ゴリゴリ 痛い

足の裏が痛い!原因や病気について 足の裏に痛みがありその時に考えられる病気は様々あります。 放置していると悪化して手術しないといけなくなる可能性もあるので注意しましょう。 まず第一に疑うべきは、 「糖尿病」や「通風」など内臓係の疾患です。 こうした病気が原因になって、足裏に痛みが出る場合があります。 なるべく早めに原因が何かを調べてもらうことが大切です。 また、足がしびれる場合には、過呼吸、服痛、頭痛、貧血といった症状が現れることも多くあります。 スポンサーリンク 病気以外の原因とは? 病気以外の原因としては、 足に合わない靴や生活習慣の悪影響が原因となってしまうケースです。 足の裏が痺れてしまう原因は、ストレス、無理なダイエットや激しい運動や筋トレ、高血糖、冷えなどがあります。 足の裏の痛む場所によっても症状や病気は異なってきます。 足首の変形や痛み、親指根横の骨が変形という症状があれば、「 外反母趾(がいはんぼし)」を疑ってみましょう。 痛みが少なかったとしても外反母趾は病院に行かないでずっと放置をしていると、頭痛、肩こり、自律神経のバランスを崩すような原因になってしまいます。 なるべく早くに病院に行くよう心がけましょう。 働く女性に多い外反母趾がコワい。。 外反母趾になる原因は足の指をきちんと使わずに歩いてしまったりするため足裏の筋肉が刺激不足になってしまうためです。 パンプスやヒールなど指先が狭くなっている靴を履いていると足の指を使わない歩行が癖になってしまいそるによって外反母趾になってしまうのです。 外反母趾に似た病気で、「モートン病」という病気があります。 モートン病は中高年によく見られ足の指の間の神経が炎症を起こして痛む病気になります。 靴の形に影響されて起こることが多いです。 また、足の裏が痛む場合は、通風というケース考えられます。 女性ホルモンの量が減少する50歳以上に多く見受けられます。 通風と診断されたら、飲酒やプリン体を多く含む食事は控えるようにしましょう。 足の裏がカユイ場合は・・・ 足の裏が痒い(かゆい)といった場合には。 水虫(みずむし)や汗疱、接触性皮膚炎などが可能生としてあります。 足の裏かゆいと水虫のイメージがありますが、水虫でない場合も多々ありますのでよく確認しましょう。 痒みが酷い場合には、ステロイド薬を処方してもらうと楽になるようです。 スポンサーリンク 【足の裏のツボについて】 足の裏は「第2の心臓」と呼ばれ、足裏から全体に血流を促し、刺激を与えて健康を保っている大切な部位です。 特に、足の裏にはとても重要な「ツボ」が集中していて、体の各部位と密接に関係しています。 足の裏のツボは、絵や図、図解などでよく見かけますね。 おおよそ親指を頭としたら、指の付け根が首、かかとへ向かって、気管支、肺、胃、腸、膀胱へ繋がっています。 では、各部位と足裏の関係を簡単に解説します。 足の 親指の腹の部分は脳をあらわし、脳とつながっている場所になります。 ここが硬く痛みを感じる場合には、精神的な強いストレスや、疲労、頭痛、不眠症、更年期障害がある場合があります。 足の 人差し指と中指の部分は痛みを感じたら目が疲れている証拠なのです。 左足は右目の疲れ、右足は左足の疲れと反対になるので気をつけましょう。 足の親指の付け根の下から小指に部分は、肩こりや首のこりを解消する効果があると言われます。 足の五本の指をぎゅっと内側に曲げた時にできるくぼみを、「湧泉」といいます。 ここを両手の親指を重ねて強く押すと、イライラ、不眠、などに効果があるそうです。 もし、ここのツボを押しても皮膚が戻らないという人は、いわゆるヤル気や元気が停滞している状態です。 ゆっくりもみほぐしてあげましょう。 足裏の 土踏まずは、胃や膵臓、十二指腸に繋がるツボがある場所になります。 食べ物を消化するための内臓、消化気官と大きな関係があります。 土踏まずを押して痛みを感じるか、腫れている場所は、消化気官が弱っている可能性があります。 食べ物をちゃんと消化できずに老廃物がたまり外へ排出されていないため体が浮腫んでいるのですね。 便秘ぎみの方は土踏まずから、かかとを押してもむと良いでしょう。 足裏のかかとを押して痛みがあれば生理痛、腸の不調があります。 かかとを、もみほぐしましょう。 人気記事ランキング!• 5,771件のビュー• 1,056件のビュー• 617件のビュー• 433件のビュー• 341件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に さ より• に 鎚球人 より アーカイブ• カテゴリー• サイト情報.

次の

足の裏のゴリゴリがなくならない!足つぼマッサージの正しいやり方!|体調不良ドットコム

足 裏 ゴリゴリ 痛い

正しい名称の前提条件 そもそもなんですが、正しい名称や正式名称とはなんでしょうか。 辞書で調べると正式名称とは、公に認められている名称で、略称や俗称と対比的に用いられる名称のことだそうです。 でもなにをもって公とするのか非常に判断が難しいところですよね。 なので今回の記事では、 正しい名称とは辞書に記載がある名称として解説していきたいと思います。 足の裏全体の名称 足の裏全体のことをさす際に、足の裏と言うのは正しい名称なのでしょうか。 調べてみたところ足の裏全体の正しい名称というものに 「蹠(せき)」「足蹠(そくせき)」「足裏(あしうら)」という名称が存在します。 余談ですが私の近所の整体師さんは、足の裏のことを足裏ってよんでいました。 スポンサードリンク 足の裏の部分ごとの名称 次に足の裏の部分ごとの名称について解説していきたいと思います。 わかりやすいように私の足の裏を撮影したものを図として解説していきますね。 足の裏の指の名称(図1の部分) 足の裏の指に特に正しい名称はないようですが 「足の指の裏」「足の指の腹」「足の指のおなか」という呼び方が一般的に多いようです。 足の裏の小指の付け根の名称(図2の部分) 足の裏の小指の付け根のあたりの膨らんだ部分は 「小指球(しょうしきゅう)」というのが正しい名称のようです。 しかしあまりメジャーな名称ではないので、人に伝える際は 「足の小指の付け根」などと言った方が伝わりやすそうですね。 足の裏の指の付け根の名称(図3の部分) 足の裏の指の付け根のあたりに正しい名称は特にないようなのですが、手のひらの場合は 「指尖球(しせんきゅう)」という正しい名称があるようなので、固い言い方をしたければ 「足の指尖球」と言えばいいのかもしれません。 例えば 「右足の中指の指尖球が痛い」と言えば右足の裏の中指の付け根あたりを指すことになりますね。 これ小指球と同様で普通の人には伝わりにくいので、 「右足の中指の付け根」など人に伝える際はわかりやすい表現の方がいいでしょう。 足の裏の親指の付け根の名称(図4の部分) 足の裏の親指の付け根の膨らんだあたりは 「足球(あしきゅう)」「母指球(ぼしきゅう)」と言うのが正しい名称です。 また一般的に 「母指球(ぼしきゅう)」の方がメジャーな名称なので、伝える際は 「母指球のあたり」とか 「足の裏の親指の付け根あたり」と表現するのがいいでしょう。 足の裏の外側の名称(図5の部分) 足の裏の外側の部分に正しい名称は特にないようです。 ただ調べてみると空手をやっている人なんかは足刀蹴り(足の外側で蹴る蹴り技)から 「足刀部(そくとうぶ)」や 「足刀部分(そくとうぶぶん)」なんて言う人はいるようです。 なのでここも誰かに伝える時は 「足の裏の外側の部分」と伝えるのが一番いいかもしれませんね。 足の裏の内側の名称(図6の部分) 足の裏の内側の部分、少し凹んでいる部分は 「土踏まず」が正しい名称のようです。 これはメジャーな名称なので土踏まずと言えば多くの人には伝わるんじゃないでしょうか。 読んで字のごとく、裸足で土の上を歩いても土を踏まない部分(アーチ状になっている部分)を指しています。 足の裏のかかとの名称(図7の部分) 足の裏のかかとの部分は、そのまま 「踵(かかと)」が正しい名称のようです。 ただ踵と言うと、足の裏の部分だけでなくアキレス腱のすぐ下あたりも指すので、特に足の裏の踵を指したい場合は 「足の裏の踵の部分」などと伝えると伝わりやすいかもしれませんね。 まとめ 足の裏の正しい名称についていかがだったでしょうか、本日の内容をまとめると 【足の裏の正しい名称】 ・足の裏全体…「蹠」「足蹠」「足裏」 ・足の裏の指…なし ・足の裏の小指の付け根…「小指球」 ・足の裏の指の付け根…なし ・足の裏の親指の付け根…「指球」「母指球」 ・足の裏の外側…なし ・足の裏の内側…「土踏まず」 ・足の裏の踵…「踵」 と言ったところでしょうか、改めて足の裏の名称と言われると知っているようで意外と知らないこともたくさんあるものですね。 ぜひ少しでもみなさんのお役に立てられれば幸いです。 ちなみに手や手のひらの部位の名称について知りたい方はこちらの記事もどうぞ。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の