女性ホルモン スキンケア。 女性ホルモンの働きとニキビの関係

【生理や妊娠中の肌荒れ対策!】ホルモンバランスに合わせたスキンケア方法まとめ

女性ホルモン スキンケア

女性ホルモンはとても大事なホルモンで、ホルモンバランスを崩してしまうとさまざまな問題を引き起こしてしまう事になります。 その問題の内の一つが 「ひげ」になります。 ホルモンバランスを崩して女性ホルモンの分泌量が低下すると、男性ホルモンの分泌量が増加し、男性ホルモンが優位に立つことで女性でも男性のようにひげが濃くなったり、ヒゲ以外の体毛が全体的に濃くなったりしてしまいます。 巷では 「女性のオス化」などと言われていますが、このように口ひげやあごひげで悩まれている女性の方も多いと思います。 そこで、女性ホルモンをサポートしてホルモンバランスを正常化するために毎日の食生活に注意する必要があります。 毎日何気に食べている食材がもしかするとホルモンのバランスを崩してしまっている可能性もあるため、今回は女性ホルモンをサポートしてくれる食べ物について解説していきたいと思います。 女性ホルモンアップに効果的な食材としましては 「タンパク質」が有名ですが、今回はタンパク質以外でも女性ホルモンを助けてくれる食材 「キャベツ」と 「ザクロ」をご紹介していきたいと思います。 女性ホルモンは食べ物で増やせるの!? そもそもですが、女性ホルモンの分泌量が食べ物で増やせるのかについてなのですが、結論から言いますと食べ物で女性ホルモンの分泌量を増やすことはできません・・・ え!?と思った方も多いと思いますが、つまりはこう言うことです。 「女性ホルモンは一生でティースプーン1杯ほどしか分泌されない」 と言うことになります! 女性ホルモンの分泌量は生まれた時点で決まっています。 だからこそ、女性ホルモンを食べ物や生活習慣でサポートしてあげないといけないのです! 女性ホルモンを増やすと言う表現を当サイトでもしていますが、厳密に言いますと女性ホルモンの量を増やすのではなく、食べ物でサポートし女性ホルモンの無駄遣いを防ぐと言うことになります。 以下の前回の記事で女性ホルモンを増やすと言う表現をしていますが、要するに女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンなどの栄養素をバランスよく摂取して、女性ホルモンの働きをサポートしようと言うことになります。 ですから、女性ホルモンの量を増やすのではなく食べ物でサポートして分泌量を増やしホルモンバランスを正常化すると言うことになります。 女性ホルモンは些細なことで影響を受けてしまいバランスを崩しやすいので注意が必要なのです。 特にストレスは要注意で、ストレスの影響でホルモンバランスを崩してしまうと男性ホルモンが優位に立ち暴走してしまうことで鼻下やその他の産毛が太くて濃い毛に変化してしまうのです。 キャベツで女性ホルモンをサポート 野菜の中でも必ずサラダなどに入っていて最も食べる機会が多い 「キャベツ」ですが、実は女性ホルモンをサポートしてくれているって知っていましたか? キャベツに含まれる 「ボロン」と言う成分が女性ホルモンのサポートをしてくれます。 ボロンとは「ホウ素」のことで、 女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌を促進させる効果があります。 しかし、その効果を得るためにはキャベツ丸1個食べないといけないので、ハッキリ言って現実的ではないのです・・・ ですから、ホウ素を効率よく摂取するなら補助食品等で補給した方が効率的と言うことになります。 もちろん朝、昼、夜と1日3回の食事で毎回キャベツを食べて1日で丸1個食べてしまっても問題はありませんが、キャベツだけでお腹いっぱいになってしまいタンパク質等の他の栄養素が不足してしまうと何をしているのか分からなくなってしまいますのでご注意くださいね。 ちなみにですが、 ホウ素を含む食材はキャベツ以外にも「とろろ昆布・りんご・ぶどう・ピーナッツ」等があります。 キャベツが苦手と言う人は居ないと思いますが、キャベツ以外からもホウ素を摂取することができます! ザクロとエストロゲンの関係性 ザクロからエストロゲン活性効果のある化合物が検出されたことで注目を浴びました。 ザクロも大豆イソフラボンと同様に女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする 「植物性エストロゲン様物質」の一つになります。 エストロゲンの働きの一つに 「子宮内膜を厚くし子宮頚管粘膜を分泌して妊娠しやすい状態を作る」と言う働きがあります。 ですから、ザクロは昔から 「子宝に恵まれる果実」として有名な果物でもありました。 このようにザクロには女性ホルモンエストロゲンの働きをサポートする作用があり、他にも豊富なポリフェノールが含まれていて 「抗酸化作用」に優れていることから老化を防ぐアンチエイジング効果も高い食材になります。 つまり、 「ザクロ=女性ホルモンアップ+アンチエイジング効果」と言うことになります。 ザクロに期待できる効果は、• 不妊改善効果• アンチエイジング効果• 美肌効果• 美髪効果• 生活習慣病改善効果 になります。 ザクロには 「エラグ酸」と言うメラニンの生成を抑制する成分が含まれていることから美肌効果が高く、 「シミ」や「そばかす」にも効果的で若返り効果にも期待できます。 また、エラグ酸は抗酸化作用などにも優れています。 このように女性にとってうれしいことばかりのザクロですが、なかなか手に入りませんしそうそう食べる機会がありませんよね・・・ ですから、ザクロを効率よく摂取するにはザクロジュース等がおすすめになります。 まとめ 女性ホルモンのサポートをする食材は大豆製品だけと思われている方も少なからず居ると思いますが、キャベツやザクロのような意外な食材でも女性ホルモンをサポートすることができます。 前回記事や以下の記事でも紹介しましたが、他にもホルモンバランスを整えてくれる食べ物はたくさんありますので、なるべくバランスよく取り入れてホルモンバランスを整えてあげるようにしてください。

次の

女性ホルモンと乾燥肌は関係あるの?|年齢に負けないスキンケアコラム

女性ホルモン スキンケア

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、それぞれ違った働きで女性の体を支えています。 そして、この2種類の女性ホルモンは月経周期(約28~38日)にあわせて、それぞれ分泌量が変化していきます。 それぞれの女性ホルモンの働きの違いや肌に与える影響についてみていきましょう。 エストロゲンとプロゲステロンの分泌 エストロゲンは月経の終わりから排卵にかけて分泌が多くなり、プロゲステロンは排卵後から次回の月経が始まる迄に多く分泌されます。 女性の体は月経周期に伴い、この分泌サイクルを繰り返しています。 エストロゲンの分泌が多い時期(卵胞期)は、心身ともに安定し、肌の調子もよくなる為、とても快適で過ごしやすい時期となります。 逆に、プロゲステロンの分泌が多い時期(黄体期)は精神的に不安定になりやすく、悪化するとPMS 月経前症候群)と診断されることも。 また肌の調子も悪くなり、肌荒れやニキビに悩まされる人も少なくありません。 女性らしい体をつくる エストロゲンは卵巣内の卵胞から分泌されるホルモンで、子宮内膜を増殖させて妊娠できる状態にしたり、女性らしい体つきを発達させたり、肌や髪のハリやうるおいをキープする役割を果たしています。 この為エストロゲンは「 美肌ホルモン」とも呼ばれ、女性らしい美を作り出すのに欠かせないホルモンなのです。 骨の形成を助ける エストロゲンにはカルシウムの吸収を促進、骨形成を進め、骨吸収(骨からカルシウムが放出されること)を抑制する働きがあります。 エストロゲンの減少が急激になる更年期、閉経以降の女性に骨粗しょう症が増えるのはエストロゲンの低下が原因です。 動脈硬化の予防 エストロゲンには血中の悪玉(LDL)コレステロールを増えにくくする働きがありますが、閉経以降エストロゲンの減少により、悪玉コレステロールが急激に増え、動脈硬化が進む可能性がありますので、注意が必要です。 自律神経のバランスを整える エストロゲンが十分に卵巣で分泌されていれば、その指令を出している視床下部の働きも順調、視床下部がコントロールしている自律神経の働きも乱れることが少ないのです。 ところが、加齢により卵巣の働きが衰えてくると、視床下部に混乱が起こる為、自律神経のバランスも乱れてきます。 プロゲステロンの働き もう一方の女性ホルモンであるプロゲストロンにはどのような特徴があるのでしょう。 基礎体温を上げて子宮内膜を厚くする 黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンは脳内の体温中枢に作用して体温を上げます。 その結果子宮周囲の血流量が多くなることで、子宮内膜は更に肥厚し、着床しやすくなります。 また、受精卵の着床や胎盤の完成など、妊娠継続の大切な役割を果たしています。 乳腺の発達 妊娠後には乳腺を発達させ、産後の授乳に備える働きがあります。 食欲増進 決してメリットとは言えないのですが、プロゲステロンには食欲増進作用や水分保持機能促進作用がある為、分泌がさかんな時期には太りやすく、むくみやすくなります。 ダイエットを始めるには不向きなタイミングと言われるのはこういった理由によるものです。 ホルモンバランスの乱れの原因 エストロゲンとプロゲステロンの分泌量やサイクルは様々な理由でそのバランスを崩すことがあり、肌や体調にかなりの影響を与えます。 女性ホルモンの分泌バランスはなぜ乱れるのでしょうか。 思春期 第二次性徴に伴い、初潮を迎えますが、卵巣がまだ発達途上の為、女性ホルモンの分泌もバランスを崩しやすい時期です。 この為頻発月経や稀発月経などの月経トラブルや、精神的にも不安定な状態を招きやすく、心身の体調を注意して見守る必要があります。 特に体に負担をかける過激なダイエットは女性の体の成長に悪影響を及ぼしかねませんので、注意が必要です。 更年期 更年期になると、卵巣機能の低下に伴い、女性ホルモンは分泌量が減少し始め、徐々に閉経へと向かいます。 エストロゲンの分泌減少で肌のバリア機能は低下するため、敏感肌・乾燥肌に悩まされるようになったり、生理周期が短くなる・長くなるなど、月によって乱れが伴うようになります。 また、めまい、頭痛、だるさ、イライラ、落ち込み等の不快な更年期症状も引き起こします。 そして徐々に生理周期が長くなり、ひと月に1回・ふた月に1回と間隔が空き、閉経を迎えます。 誰でも通る道ですが、症状の強弱や感じ方にはかなりの個人差があります。 ストレス 女性ホルモンの分泌を指示する視床下部のすぐ近くに、感情コントロールを司る扁桃体があります。 この為エストロゲンの分泌は特にストレスの影響を受けやすいとされています。 動物性脂肪 焼き肉やステーキ・パンケーキ、ファストフードや唐揚げなど動物性脂肪の高い食生活は、女性ホルモン・エストロゲンの過剰な分泌を高める作用があり、生理不順の原因になることもあります。 脂肪分・糖分の多い食事は控え、低カロリーなタンパク質を多く含む赤身の肉や魚、野菜、大豆製品、ナッツなど美肌にもよいと言われるバランスのとれた食生活を心がけましょう。 睡眠不足 睡眠中は多くのホルモンが分泌されますので、寝不足はホルモン分泌を乱す原因となります。 特に寝ついてから3時間の間がもっとも分泌されやすいと言われますので、この時間帯に質の良い睡眠がとれるように、衣類、寝具、室温、香りなどを工夫しましょう。 女性ホルモンと肌の関係 女性ホルモンはどのような働きで美肌作りに貢献してくれているのでしょうか。 女性の生理周期は月経・卵胞期・排卵期・黄体期と4つのサイクルを繰り返しています。 このサイクルに合わせてエストロゲンとプロゲステロンは分泌を増減させています。 卵胞期~排卵期 生理が終わってから排卵期までの期間(卵胞期)はエストロゲンの分泌が最も高まり、肌のバリア機能も高くなる、いわゆる肌にとっていいことづくめのゴールデン期間です。 エストロゲンは妊娠に向けてボディをふっくらさせる働き・コラーゲンを生成させる働き・自律神経を安定させる働きがあります。 つまり、エストロゲンが十分に分泌されることで、肌のターンオーバーのリズムも整い、紫外線の影響も受けにくく健康的な肌を維持することができるのです。 この卵胞期には肌の保湿力を左右するヒアルロン酸やセラミドも多く分泌されるため、ハリと潤いのある、調子のよいお肌を実感することができます。 排卵期~黄体期~月経 排卵日以降の黄体期、月経期間は肌バリア機能が落ちていく時期。 肌が敏感になり、コスメや生活習慣の影響を受けやすなります。 プロゲステロンは皮脂の分泌を高めるので、ニキビも出来やすくなります。 この期間は、新しい化粧品で肌荒れを起こす、いつものスキンケアで吹き出物が出るといった肌トラブルも起こりやすい為、肌に刺激を与えるようなスキンケア(ピーリングやスクラブ、シェービング等)や、新しいコスメを試すこと等はやめておいた方が無難です。 寝不足や動物性脂肪の摂り過ぎなどに気をつけ、たっぷりの睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。 生理周期に合わせたスキンケアを 女性ホルモン分泌量の変化に合わせてスキンケアも工夫することで、肌トラブルを防ぎ、健康的な素肌を維持することができます。 月経・卵胞期・排卵期・黄体期と4つのリズムに合わせた、特別なスキンケアを意識してみましょう。 月経 月経中は肌がデリケートに傾きます。 ピーリングや新しい化粧品の使用は避けた方がよい「守りの期間」。 いつもと変わらない丁寧なスキンケアを心がけたい時期です。 卵胞期 女性ホルモン・エストロゲンの分泌も増え、素肌のバリア機能も高まる為、積極的なスキンケアをおこなえる「攻めの期間」です。 ピーリングや脱毛・美白ケアなどはこのタイミングに行うのが安心です。 新しいコスメを試すのにも最適。 肌の調子が上向く時期ですので、ファンデーションやメイクのノリもとても良くなります。 排卵期 女性ホルモン・エストロゲンの分泌もほどよくあり、バランスのとれた状態が継続しています。 ただし、排卵期後半は皮脂の分泌が高まりややオイリー肌になるため、食生活のバランスに気を配ることも美肌の秘訣です。 黄体期 エストロゲンの分泌が低下してプロゲストロンの分泌が高まるため、肌はゆらぎが目立つ不安定な状態になり、毛穴の開きや吹き出物など、肌トラブルが気になりやすい時期。 肌のコンディションを安定させるためにも、睡眠不足や疲労をため込まないようスケジュールに余裕をもつことも必要です。 やや脂性肌に偏るこの時期は、クレンジングや洗顔での洗い残しに気をつけ、スキンケアも刺激の少ないものを選びましょう。 また、紫外線の影響を受けやすい肌になるので、日焼け止めを忘れずに、日傘や帽子等も活用し、肌への負担を減らすことも大切です。 女性ホルモンを整える方法 エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れれば肌荒れの原因となる為、美肌の為には女性ホルモンのバランスを整えていくことがとても大切です。 薬に頼ったりせず自然にホルモンバランスを整えていくにはどうすれよいのでしょうか。 基礎体温の計測 ホルモンバランスを知る為には基礎体温の計測が一番正確です。 妊活していない人でも、普段から自分のホルモンバランスをチェックしておくことは、自分の現在の体調を知る為に、また将来の妊活の為にもとても役立ちます。 専用の婦人体温計を使って、なるべく毎日同じ時間、起床時に身体を安静にしたまま舌下で計測します。 グラフに記録をし、おりものや不正出血、腹痛、セックスの有無、月経の経血量などもあわせて記録していきましょう。 最低でも3ヶ月記録すると、低温期と高温期、排卵の有無、妊娠の可能性等がよく分かります。 基礎体温は低温期と高温期の2期に別れており、両者の差が0. ホルモンバランスが乱れていると、高低のはっきり別れた2層になりません。 もし排卵が不定期、高温期と低温期がきれいに別れない等が見て取れるた場合、ホルモンのバランスが乱れていると言えるでしょう。 エストロゲン分泌を整える食事 外食やコンビニフード続きではバランスが崩れます。 毎日気をつけるのが難しい場合は数日単位、あるいは1週間単位でも構わないので、バランスがとれているか意識していきましょう。 また、女性ホルモンのバランスを整えやすくしてくれる、大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳等から、手軽に摂ることが出来るのでおすすめです。 ちなみに、大豆イソフラボンは、1日あたり約70 mg~75mgの摂取が推奨されています。 納豆なら2パック・豆腐なら1丁・油揚げなら6枚強がその目安。 その他、女性ホルモンの分泌を促してくれたり、整えてくれる注目の成分はマカ・プラセンタ・ボロン・チェストツリー・レッドクローバー・ボロン・ホップ・ブラックコホシュ・ローヤルゼリー・ビタミンE・ビタミンB6など。 これらの成分はサプリメントを利用するのがオススメです。 こちらも参考に 睡眠や休息をきちんととる 仕事や学業等で疲労がたまるとホルモンバランスは崩れやすくなります。 ぬるいお風呂に浸かる、リラックスできる音楽を聴く、早く寝る等、心身の休息を毎日意識してとることが重要。 軽いストレッチや屋外のウォーキングも質のよい睡眠に有効です。 睡眠中は女性ホルモンだけでなく、様々なホルモンが分泌されます。 自律神経を整える為にも、睡眠時間をきちんと確保する努力は必要です。 メリハリをつけた生活 仕事が忙しい、学業が終わらない等様々な理由で夜遅く迄活動せざるを得ないとしても、休む時は休むというスタイルがストレス解消に役立ちます。 脳を休ませることがホルモン分泌を整えるには非常に重要。 いつも疲れている、イライラしていると、脳が指令をうまく出せなくなる為、ホルモンバランスが乱れていきます。 極端なダイエットをしない 食事制限を伴う極端なダイエットは一時的に体重が減少しても、高確率でリバウンドしますし、ホルモンバランスを崩す原因になります。 ひどい場合には無月経や月経異常を引き起こし不妊の原因になることも。 長い目で少しずつ痩せる程度の多少の制限はいいのですが、強い我慢を強いるようなダイエットはやめましょう。 軽い運動 軽い運動やストレッチは自律神経も整え、ホルモン分泌を整えるにも効果的です。 少しずつ、身体を動かす習慣をとりいれたいもの。 ウォーキングや、踏み台昇降等、お金をかけずに即始められるものがおすすめ。 禁煙・節酒のすすめ タバコを吸うと血行不良になることはよく知られていますが、卵巣の働きにも悪影響を与えます。 また過度な飲酒もホルモンバランスを乱す原因となります。 ホルモンバランスが乱れている自覚がある方は、できれば禁煙、節酒するのがベターです。 温活 手足の血行不良による冷え性もホルモンバランスを乱す原因の一つです。 お腹や手足を中心に身体を冷やさない工夫、身体を冷やす飲み物や食べ物を摂らない等、意識して温活していきましょう。 冷えの改善についてはこちらの記事も参考に.

次の

女性ホルモンをサポートするキャベツやザクロについて!

女性ホルモン スキンケア

次の内容になります• 女性ホルモンとは 初経が始まる10歳位から高齢期まで分泌される女性ホルモンには、以下の2種類があります。 エストロゲン(卵胞ホルモン)• プロゲステロン(黄体ホルモン) これらがそれぞれ分泌される時期や量によって肌や体の変化が異なるのです。 エストロゲン(卵胞ホルモン) エストロゲンは 月経後から排卵に向かって分泌・増加し、次の生理前に急激に減るホルモンで、受精卵の着床に備えて子宮内膜を厚くする働きがあります。 エストロゲンが優位に分泌される間は、肌や髪の毛のハリがあり、トラブルが起きにくくなります。 それには、エストロゲンに以下のような作用がある為です。 新陳代謝を促進• 肌の水分を保持• コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す このように、女性の美を司るホルモンでもある為、別名「美のホルモン」とも言われていますが、年々分泌量が減少していってしまうため、加齢による肌悩みや精神面にも影響をもたらします。 プロゲステロン(黄体ホルモン) プロゲステロンは排卵後から生理前に最も多く分泌され、妊娠が成立する事を助け、 受精後の子宮内環境を維持し、赤ちゃんの為に栄養を貯め込む役割があります。 この事から別名「母のホルモン」とも呼ばれています。 エストロゲンとは違い、プロゲステロンが多く分泌される時期や妊娠中は肌にとってマイナスな面があります。 むくみやすい• 太りやすい• 皮脂分泌が活発になる• メラニンの生成を促す そのため、吹き出物やくすみが出やすくなってしまうのです。 月経周期のホルモンバランスと肌トラブル 正常な生理周期は28日間で、約1週間ずつ4つの周期があります。 リセット期(月経期)• アクティブ期(卵胞期)• リラックス期(排卵期)• デリケート期(黄体期) 毎月このように、規則正しいサイクルを繰り返しながら生活しています。 個人差はありますが、生理周期を知っておく事は、女性にとって肌や体のためにも大切な事です。 リセット期(月経期) 生理が始まってから1週間の期間をリセット期と言います。 生理前の肌荒れが残っている場合もありますが、 肌は比較的落ち着いている時期でもあります。 しかし、心身においては以下のような症状があります。 血行不良• 貧血気味• 憂鬱またはイライラする• 下痢気味• 生理痛 生理が始まっている事もあり、気分は晴れないない時期ですが、新しい体に入れ替わる大切な準備をしています。 アクティブ期(卵胞期) 生理が終わった後の1週間がこのアクティブ期です。 最も体調が良く、精神状態や肌の状態も落ち着いています。 リラックス期(排卵期) 排卵を迎えるとリラックス期に入ります。 心身共にリラックスして落ち着いている時期ではありますが、以下のようなトラブルが出る事もあります。 むくみ• 血液循環を促進• 肌のテカリ• ほてり• ニキビや吹き出物• 肌荒れ また、これらの症状とは別にPMS(月経前緊張症候群)が出る場合もあり、月経に備えて徐々にナーバスな時期となります。 デリケート期(黄体期) 生理が最も近づくこの時期は、 心身共に不安定になりやすい要注意な時期です。 むくみ• 精神不安定• 憂鬱、無気力• 怒りっぽくなる• 肌のテカリ• 吹き出物等の肌荒れ• ほてり このような症状や、人によってはPMSの症状が出る場合があります。 Q&A:PMS(月経前緊張症候群)とは? 生理が始まる3~10日前位から起こる、心や体の不調の事を指します。 ニキビ、吹き出物、肌荒れ• だるさ• 食欲増進• イライラする• 感情の起伏が激しくなる• 抑うつ状態になる• 集中力低下• 無気力感 ほとんどの女性が一度は経験した事があるのではないでしょうか? これらの症状が生理前から始まり、生理が来ると消えていくというリズムが繰り返し3ヶ月以上続き、日常生活に支障をきたす場合はPMSと診断されます。 妊娠中のホルモンバランスと肌トラブル 妊娠中は、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが増加しホルモンバランスが大きく変化します。 また、体も妊娠維持や出産に向けて大きく変化していく時期です。 特に 妊娠中の肌荒れと関係が深いホルモンが、プロゲステロンです。 妊娠中に多く分泌されるプロゲステロンは、先述したように「妊娠を維持し、赤ちゃんを育む環境を守る」大切なホルモンですが、 生理周期と同じようにマイナートラブルも多く引き起こします。 というのも、生理周期においてプロゲステロンが優位に分泌されるリラックス期~デリケート期にかけての肌のコンディションが、まさに妊娠初期のお肌の状態にあたるからです。 テカリ• ニキビや吹き出物• 乾燥して粉をふく• 少しの刺激でかぶれや痒みを引き起こす• シミ・そばかす また、これらのマイナートラブルが相まって起こる妊娠中特有のトラブルもあります。 妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)• 妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)• じんましん• アトピーやアレルギーの悪化 肌トラブル以外にも、薄毛や毛が濃くなったり妊娠線が出るといった事も挙げられます。 これらの原因が妊娠とどう関係するのか説明していきます。 テカリ・吹き出物 生理前や妊娠中はプロゲステロンが優位になるため、肌の状態が不安定になりニキビや吹き出物、テカリといったトラブルが出てきます。 また、 つわりによる栄養の偏りや便秘、妊娠中の免疫力の低下も影響します。 便秘によって老廃物が排出されずに腸内環境が悪化すると、吹き出物として現れる他、腸内環境は体の免疫機能を司るところでもあるため免疫力低下による肌トラブルも少なくありません。 乾燥 エストロゲンの分泌量が減る事でも肌は乾燥しますが、 妊娠中は胎盤から赤ちゃんへ栄養素や水分を優先的に送るため、必然的に肌の水分が不足してしまいます。 また、もともと乾燥肌であれば症状が悪化しやすい傾向にあります。 乾燥による強いかゆみが出る場合は「妊娠性皮膚掻痒症」と呼ばれる病気もあります。 出産後に治まる事が殆どですが、かきむしって色素沈着を起こす恐れもあるため主治医に相談してみましょう。 肌が敏感になる 妊娠中はつわりや出産の不安のストレス等により免疫力が低下する事から、少しの刺激でも肌に痒みやかぶれを引き起こす場合があります。 ストレス• 寝不足• 栄養の偏りや栄養不足 これらは、妊娠中ではなくても敏感肌に傾かせてしまう要因となります。 特に、妊娠後期はより一層赤ちゃんへの影響供給が盛んになり、お腹が大きくなると寝苦しさから寝不足となります。 そのため、 ターンオーバーサイクルが乱れ、敏感肌による肌荒れが長引くパターンもあります。 とは言え、メラニン色素にはもともと、外部刺激や有害な紫外線から肌を守る働きがあるため、プロゲステロンの「体を守る」働きを重視するホルモンだと思うと一概に悪ではないのです。 妊娠性痒疹(にんしんせいようしん) 妊娠性痒疹とは、手足やお腹、背中に出る肌荒れで湿疹のようなぶつぶつが妊娠初期に主に起きやすい症状です。 妊娠性痒疹には以下のような原因があります。 ホルモンバランスの変化• 線維摩擦• 化粧品かぶれ• ストレス 見た目にも症状が酷い場合、 赤ちゃんに影響があるのではと心配になりますが、ほとんどの場合直接影響はないとされており、出産後は治ると言われています。 とは言え、症状悪化や肌の炎症による色素沈着をさせないためにも、病院で薬を処方してもらう事が大切です。 妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん) 妊娠性疱疹は、免疫力が低下し何らかの要因で皮膚の細胞が活性化し発症していると言われていますが、未だに解明されていません。 激しい痒み• 水ぶくれ• 紅斑 妊娠性疱疹も、 赤ちゃんへの直接的な影響はなく、出産後は症状が治まると言われていますが、症状悪化や色素沈着を避けるためにも病院で薬を処方出来るか相談してみましょう。 じんましん じんましんは、妊娠中だけではなく誰にでも起こりうる症状です。 体質の変化• ストレス• 免疫力の低下 これらが要因となり、妊娠中のデリケートな時期でじんましんが起こりやすいと考えられています。 じんましんは、妊娠性痒疹や妊娠性疱疹と間違いやすいので、発疹が出た場合は自己判断せず早めに病院の受診をしましょう。 アトピー・アレルギーの悪化 妊娠前からアトピーやアレルギーの症状が出ていた人は、妊娠後症状が悪化してしまう事があります。 「出産はデトックス」や「産後は体質が変わる」と言われアトピーやアレルギーが治るという声もあります。 しかし、 実際は体質そのものは変わらないので産後悪化が落ち着く事があったとしても、後になって症状が出てくる場合が多いようです。 妊娠中にアトピーやアレルギーの悪化には以下のような原因があります。 ホルモンバランスの変化• 食生活• ストレス• 使用していたアトピー・アレルギー薬の使用中止 これらが要因となって起こる事が考えられます。 妊娠中は母体一人の体ではありませんので、自己判断で薬を使ったり中止したりせず、症状が酷い場合には妊娠中でも使用出来るものを処方出来るか医師に相談してみましょう。 出産後の肌トラブル 妊娠中は急激に体質が変わりますが、 産後はすぐに元の体質に戻るわけではないのでしばらくは様子を見る必要があります。 産後に起こりやすいトラブルは主に以下のような症状があります。 肌荒れ・吹き出物• 敏感肌• 乾燥 これらのトラブルがどのような原因で起こるのか説明していきます。 ホルモンバランスの変化 出産後は妊娠中とは違うホルモンが分泌され始めます。 妊娠中はプロゲステロンの分泌が盛んになりますが、 産後になると母乳生成を促すホルモンの「プラクチン」が分泌されます。 そのため、 母乳を飲ませている間はプラクチンの影響でエストロゲンとプロゲステロンの分泌がセーブされてしまい、肌のバランスが崩れ、肌トラブルが出やすくなるのです。 産後のストレス 産後は、初めての育児や上の子のお世話に加え、家事までこなすなど、 知らず知らずのうちにストレスが蓄積されていきます。 ストレスが溜まると「コルチゾール」というストレスホルモンが分泌され、ビタミン類の吸収を阻害し免疫力を低下させ、肌が敏感になってしまいます。 また、コルチゾールには皮脂の分泌を促す働きがあるためベタつきや吹き出物ができやすくなります。 睡眠不足 出産後は赤ちゃんの夜泣きや頻回授乳によって、横になって眠りたくてもできない場合が多々あります。 寝不足になってしまうと体はもとより、肌も疲れてしまいます。 というのも、 肌の生まれ変わりは主に睡眠中に行われているからです。 肌のターンオーバーは十分な睡眠と栄養によって促されますが、睡眠不足によってバリア機能が不十分で未熟な細胞が表面に押し出され、肌荒れを起こし長引いてしまうのです。 食生活の乱れ 産後は赤ちゃんのお世話が優先されてしまうので、「すぐ食べれるもの」「食べない」など食生活が乱れてしまいます。 ご飯やパン、麺類など炭水化物はすぐ食べれるしお腹が溜まるので便利ですが、その分野菜やタンパク質が取れていなかったりすると、肌のベタつきや吹き出物、乾燥や敏感肌など様々なトラブルを招いてしまいます。 自分のケアが後回しに 赤ちゃんのケアが優先され、 自分のお肌のケアが後回しでしっかりとスキンケアに時間を取る事ができないのも原因の一つです。 育児をしているとしょうがない事ではありますが、出来る範囲で最低限のケアができれば肌トラブルを加速させずに済むため、自分の肌がどんな状態なのかを知る事も大切です。 生理周期に合わせたスキンケア 生理周期によって肌の状態が変化するという事は、その時の肌の状態に合わせたスキンケアを行えば肌トラブルは回避できます。 リセット期・デリケート期のスキンケア リセット期は生理中という事もあり、デリケート期の肌荒れを引きずっている場合があります。 油分と水分のバランスが不安定な状態で、バリア機能が低下しているので肌荒れしやすくなります。 そのため、スキンケアは以下の事に注意しましょう。 新しい化粧品は使わない• シェービングは避ける• ピーリングを避ける また、体温が下がり血行が悪く、肌が乾燥しがちなため、保湿ケアを念入りに行いましょう。 鉄分とたんぱく質の多い食事を心がける• 油ものやお菓子を控える• 睡眠・休養はしっかりと• 軽い運動やマッサージ、入浴でリフレッシュ• お酒やタバコは控える• 体を締め付ける服装をしない アクティブ期のスキンケア アクティブ期は肌も体も調子が良い時期です。 肌も元気で丈夫な時期のため、 新しい化粧品で美白やアンチエイジングを行うならこのアクティブ期に使う事で効果をしっかりと感じる事ができます。 また、 この時期に綺麗なお肌を保っておく事で、リセット期やデリケート期の肌トラブルも気にならない程度に食い止められます。 生理による不快な症状を和らげるポイント デリケート期~リセット期にかけての不快な症状を和らげるにはどのような事をすると良いのでしょうか。 アロマを味方につける PMSのように不快な症状が複合している場合には、アロマやマッサージで全身に働きかける方法はとても有効です。 妊娠中の肌トラブル対策とスキンケア 妊娠中の女性ホルモンの変動は避ける事はできないので、無理のない程度で適切なスキンケアを行いましょう。 テカリ・吹き出物 妊娠中はプロゲステロンの働きで皮脂が多く分泌されますが、だからといって 洗顔で皮脂を取りすぎたり、さっぱり目の化粧品を使うのはNGです。 なぜならば、肌は皮脂がなくなりすぎると、肌を潤そうと皮脂をどんどん分泌させてしまうためです。 そのため スキンケアのポイントとなるのは洗顔と保湿です。 セラミド• アミノ酸• ヒアルロン酸• プロテオグリカン 化粧水に加えて、これらの保湿成分が配合された美容液を追加し、水分や美容成分を閉じ込めるように薄く乳液をなじませましょう。 また、揚げ物やお菓子等脂質の多いものを食べすぎると、更に皮脂の分泌が盛んになり、ニキビや吹き出物ができやすくなるためとりすぎに注意しましょう。 乾燥 皮脂の分泌が過剰になる原因の一つとして乾燥も挙げられます。 肌がベタベタするのに突っ張るという場合インナードライになっている事もあるため、スキンケアでの保湿や加湿器等を利用し、乾燥しない環境を作る乾燥対策を行いましょう。 また、妊娠中は羊水や赤ちゃんへの水分供給が優先されるため、内側からの水分補給も欠かせません。 水分は1日2リットルを目安に摂るよう心がけましょう。 また、水分をたっぷりと蓄える事の出来る健康な肌細胞を作るためには、ビタミンやミネラル分を摂取する事が大切です。 緑黄色野菜• 魚介類• 海藻 これらを積極的に食べるようにしましょう。 スキンケアにおいてはやはり保湿ケアが重要です。 アミノ酸• セラミド• プロテオグリカン• ヒアルロン酸 といった 保湿成分が高配合された美容液を使用し、クリームや乳液でしっかりとフタをしましょう。 敏感肌 いつも使っていた化粧品が合わなくなったなど、妊娠中の肌は敏感肌に偏りがちになります。 赤ちゃんに栄養や水分が優先的に供給されるため母体の栄養が偏ったり不足すると、バリア機能が弱まってしまうため食生活には一段と気をつけましょう。 肌の抵抗力を高めるためにはたんぱく質やカルシウムが豊富な食材を積極的に食べるのがおすすめです。 また、スキンケアにおいてはアルコール分が配合されたものは避ける等、 なるべく低刺激の化粧品を使用し、刺激の少ないスキンケアを行うように心がけましょう。 妊娠中の便秘を解消 便秘は食生活や運動不足、体調の変化から起こります。 妊娠前は便秘症じゃなかったのに妊娠してから便秘の症状が出る・ひどくなるケースはよくあります。 便秘は体の毒素や老廃物を溜め込んだままの状態になるため、直接肌へ影響を及ぼします。 便秘を解消するためにはいくつかコツがあります。 食物繊維を摂取する• 発酵食品を食べる• 水分補給• ウォーキング等の適度な運動 また、妊娠初期は特につわりもあり動いたり食べる事が辛い事もあるかと思います。 そういう場合には、水分補給で便秘を解消する方法が一番良いのですが、時には水を飲むだけでも具合が悪くなる事もありますよね。 便秘解消の為にこれらの方法がストレスとなってしまってはつわりも余計にひどくなる場合もあるため、 辛い時は食べられるものだけでもOKと割り切る事も大切です。 ストレスを溜めない つわりや出産への不安、睡眠不足等、妊娠中は小さなストレスが積み重なってしまいがちです。 また、ホルモンバランスの影響もあり、いつもなら気にならない出来事も悩んでしまう事もありますよね。 今はスマホやパソコンでも 手軽に気になる事を調べる事ができますが、逆にそれで不安が大きくなり悶々とし引きずってしまう…なんて事も少なくありません。 そんな時は、一人で抱え込まず家族や友人、先輩ママたちや産院の先生・助産師さんに、 疑問や不安を相談して少しずつでも不安をクリアにしていきましょう。 出産後のスキンケア 出産後は赤ちゃんの育児に追われ中々自分の肌へ時間をかけてスキンケアをする事は難しいかもしれません。 しかし、そのまま放っておいては治る肌トラブルも引きずってしまいます。 ここからは、出産後のスキンケア方法と時短テクニック等をご紹介していきます。 基本のスキンケア方法• 肌荒れ• 吹き出物・ニキビ• 敏感肌• 乾燥 出産後に出やすい肌悩みとしてこのようなトラブルがありますが、スキンケア方法としては妊娠中と同じように低刺激の化粧品で優しくケアする事が大切です。 基本のスキンケア• 低刺激のミルクかクリームタイプのクレンジングで手短に済ませる• 洗顔はたっぷりの泡で丁寧に、すすぎはぬるま湯でしっかりとすすぐ• 化粧水は刺激の少ないものを選び、ハンドプレスでなじませる• 美容液は保湿成分配合のものを選び、ハンドプレスでなじませる• 乳液やクリームはこすらず滑らせるように伸ばしてハンドプレスでなじませる• 紫外線対策はしっかりと、メイクは軽めに仕上げる 時短ケア:オールインワンタイプの化粧品を使う 女性ホルモンの変動で肌トラブルが出やすいため、基本的に丁寧に優しいスキンケアが基本ですが、 中々時間が取れないのが現実ではないでしょうか。 そんな時におすすめなのがオールインワンタイプの化粧品です。 洗顔後に1つ使うだけで、何役をもこなすものもありますのでうまく活用してみましょう。 オールインワンゲル(クリーム)を選ぶ際は以下の事をポイントに選んでみましょう。 保湿効果が高いもの• 刺激性の低いもの• 美白やアンチエイジング等の効果があるもの 手持ちの化粧品で時短ケア 時短コスメを活用する以外にも、少し工夫をすれば手持ちの化粧品でも時短でケアする事ができます。 使う化粧品はかごに入れる 洗面台や棚、鏡台でゆっくりとケアできない場合はかごに入れて持ち運びながらスキンケアすると、行ったり来たりする手間も省けます。 洗顔は泡だてネットを使う 手のひらで濃密な泡を立てる事自体時間がかかってしまうので、泡だてネットを使う事で手早く濃密な泡が作れるため時短で効果的な洗顔ができます。 化粧水はスプレーボトルに入れる まんべんなく肌に吹きかけてハンドプレスすれば、コットンや手に広げて使う手間を省く事ができます。 子供のお世話もあるため、時短ケアは時間と自分の肌と相談しながら臨機応変に行えるようになると良いですね。 ベビーと同じものを使って時短ケア お風呂上がりに赤ちゃんに使う保湿剤を一緒に使うのもおすすめです。 ベビー用の保湿剤には以下のような種類があります。 ベビーオイル• ベビーローション• ベビーミルクローション 大人よりデリケートな赤ちゃんに使用するものですから、低刺激処方な上、保湿成分も十分含まれるため産後の敏感なお肌にも安心して使えます。 ひとつ注意点として上げるならばベビーオイルについてです。 そもそも オイルは水を弾く性質があるため、お風呂上がりすぐのケアよりもスキンケアの最後に使用した方が水分を閉じ込める力を発揮します。 また、ベビーローションやベビーミルクは水分が多いため、その後乾燥するようであれば、オイルやクリーム等でカバーしましょう。 まとめ いかがでしたか? 女性に生まれた以上、生理や妊娠・出産によるホルモンバランスの変動は避けては通れない道ですが、だからこそ女性ホルモンの状態を知ってケアをする事が大切という事が分かりました。 女性ホルモンのバランスは些細な事でも乱れてしまう程繊細なものですので、まずは「ストレスにならない程度に」をモットーに続けてみましょう!•

次の