藤井 聡太 竜王 戦。 素人も藤井聡太七段の凄さが判る7つの注目点

藤井七段、師弟戦制し、竜王戦決勝T進出決める:朝日新聞デジタル

藤井 聡太 竜王 戦

藤井聡太七段の前では、驚異の生涯勝率を誇る羽生善治九段もかすむほど。 いよいよ6月28日には渡辺三冠との棋聖戦第二局だ(写真:共同通信) われわれは、藤井聡太七段の将棋をリアルタイムで観ることが出来る時代に生まれて幸せだ。 「何が凄いのか」がわかれば、ますます楽しくなる 藤井七段はさる6月4日に永瀬拓矢二冠に勝ってヒューリック杯棋聖戦の挑戦者に名乗りを上げた。 コロナで対局日程が遅れて最年少でのタイトル挑戦記録の達成が危ぶまれたが、非常事態宣言解除後に東西の行き来を伴う対局が解禁されて、記録が達成された。 史上最年少となる14歳2カ月でのプロ入り以来注目を浴び続けた藤井七段だが、また新しい記録を作った。 そして、その4日後の6月8日には、棋聖のタイトルホルダーである渡辺明三冠との第一局に臨んで勝利を挙げた。 いよいよ6月28日には第二局が行われる。 本稿で、筆者は一将棋ファンとして、藤井七段の将棋を観ることを読者にお勧めする。 もちろん、専門的な将棋の解説は筆者の手にあまるので、将棋ファンとして藤井七段の将棋を観るうえでのポイントをご紹介したい。 なお藤井七段は、棋聖戦の他に、6月23日に王位戦でも挑戦権を獲得した。 また20日には師匠の杉本八段を破って竜王戦3組のランキング戦優勝を果たして挑戦者を決めるトーナメントの本戦に入った。 最も賞金額の高い棋戦である竜王戦では6組からの参加以来4年連続ランキング戦を優勝しており、これも新記録だ。 ランキング戦は現時点で20連勝となる。 藤井七段は現在17歳の高校生だ。 14歳でプロデビューした時の印象があってつい「藤井クン」と呼んでみたくなることがあるが、トップレベルの厳しい戦いの中にいるプロフェッショナルであり、技術・人格ともに尊敬すべき人だと思うので、以下「藤井七段」と書くことにする。 親近感を持って「藤井クン」と呼びたい読者は、心の中で読み替えて欲しい。 では、藤井七段の何が凄いのかについて、段位の「七」に因んで7つの ポイントでご紹介する。

次の

藤井聡太の速報まとめ|藤井七段…竜王戦でAIを超える神の一手を指す「AIもこの7七飛成を読めてない…神の棋譜」「ソフト最善手が敗着に」 2ch反応まとめ

藤井 聡太 竜王 戦

将棋の最年少タイトル挑戦者、藤井聡太七段(17)が20日、大阪市の関西将棋会館で指された第33期竜王戦3組ランキング戦決勝で師匠の杉本昌隆八段(51)を破り、史上初の「4期連続優勝」の新記録を達成した。 弟子入りから7年、前回に続き2度目の師弟対決を制し、成長ぶりを示す「恩返し」を果たした。 終局後、藤井は師弟戦に「こういう決勝の大舞台で対局できるのを非常に楽しみにしていた。 一手一手をしっかり指すことができた」と振り返った。 関西将棋会館で最もグレードの高い「御上段(おんじょうだん)の間」。 午前10時、師弟戦がスタート。 先手の藤井がいつものようにお茶を一口飲み、初手を指した。 一方の杉本は棋士が重要な対局の時に身を包む和装姿で臨んだ。 杉本は時折、口をへの字に曲げ、気合の入った表情を見せた。 2人とも決勝進出した時点で2組への昇級を決めているが、決勝トーナメントに進出できるのは勝者のみ。 1枚の切符をめぐる、まさに大一番。 杉本が選んだ戦型は得意の四間(しけん)飛車。 全力で負かしに来た師匠を相手に藤井は、時間を使い、丹念に手を読んだ。 「盤上では対等であり、ライバル」。 勝負師としての教えを忠実に守った。 中盤まで一進一退の攻防が続く。 終盤に入ると、際どい攻め合いになり、藤井が厳しい手を連発し、投了に追い込んだ。 和装の勝負服で臨んだ杉本は「最高の舞台で藤井七段といい将棋を指したかった。 私にとっては実質、タイトル戦に近い対局だった」と話した。 藤井はこれで竜王戦ランキング戦は負けなしの20連勝。 デビュー1年目の17年に最下級の6組を制すると、18年に5組、19年に4組で優勝して昇級。 師匠を破り、史上初の「4組連続優勝」の新記録を達成し、挑戦者を決める決勝トーナメントに進んだ。 藤井は棋聖戦で最年少タイトル挑戦者となり、第1局で勝利。 棋聖戦とのダブルタイトル挑戦をかけて23日には、永瀬拓矢2冠(27)と王位戦挑戦者決定戦を戦う。 今期は全ての現役棋士のほか、女流棋士4人、奨励会三段1人、アマチュア6人が出場。 予選はランクに応じて1~6組まで分けられる。 豊島竜王への挑戦権をかけた決勝トーナメントに出場できるのは1組5人、2組2人、3、4、5、6組は各組優勝者の計11人。 トーナメントの組み合わせもランク上位棋士ほど優遇される。 優勝賞金は将棋界最高の4400万円。

次の

藤井聡太七段VS杉本昌隆八段【第33期竜王戦】(2020/6/20)成績や中継情報ふじいそうた|藤井聡太、応援~さきどりちゃんねる~

藤井 聡太 竜王 戦

藤井聡太七段(17)は20日、大阪の関西将棋会館で、八大タイトルの1つ竜王戦の予選にあたる「ランキング戦3組」の決勝で、師匠の杉本昌隆八段(51)と対局しました。 2人はおととし3月以来、2回目の対局で、このときは「千日手」による指し直しの末、藤井七段が勝っています。 午前10時から始まった対局は、終盤近くまで互角の戦いが続きましたが、それぞれの持ち時間が少なくなって攻め合いとなるなかで、先手の藤井七段が優勢になり、午後10時10分、95手までで杉本八段を投了に追い込みました。 この結果、藤井七段は「ランキング戦3組」で優勝し、竜王のタイトルをかけた七番勝負の挑戦者を決める決勝トーナメントに4期連続で進みました。 藤井七段はデビュー以来、4期連続でランキング戦で優勝して、1つ上の組に進むことになり、日本将棋連盟によりますと、4期連続の優勝は、竜王戦の歴史の中で初めてだということです。 対局のあと、藤井七段は「ランキング戦の決勝という大きな舞台での対局を非常に楽しみにしていたし、じっくり指すことができた」と師匠との対局を振り返ったうえで、「いままで、本戦で結果を残せていないので、結果を残したい」と決勝トーナメントへの意欲を語りました。 弟子に敗れた杉本八段は「大きい舞台で、相手が藤井七段という自分の中では最高の舞台なので、いい将棋を指したいという思いがあった。 負けたのは悔しいが、藤井七段の本戦を楽しみにしている」と話していました。 対局のあと、藤井七段と師匠の杉本八段はそろって会見に臨みました。 藤井七段は2年ぶりとなる師匠との対局について、「大きな舞台での対局を楽しみにしていました。 持ち時間が5時間と長く、一手一手じっくり指すことができました」と振り返りました。 そして、竜王戦の歴史で初めてとなる、4期連続でのランキング戦優勝を果たしたことについて、「一つの目標にしていたので、達成できたのはうれしいですが、これまで決勝トーナメントで活躍できていないので、今度こそ活躍できるように頑張りたい」と話しました。 一方、杉本八段は和服姿で対局に臨んだことについて、「きょうは非常に大きな一番で、自分にできる万全の状態で挑むのが藤井七段に対する礼儀かなと思いました」と述べたうえで、藤井七段について、「2年前も強かったですが、今回もどんな展開でも対応できる力を感じ、着実に成長しています。 将棋で指導することは、だいぶ前からないですが、あとで和服のたたみかたでもアドバイスしようかと思います」と話していました。

次の