データー システム。 NTTデータ

NTTデータ

データー システム

概要 [ ] かつては、が提唱したのDBMSや、のDBMS、あるいは初期の非力ななどではのDBMS(いわゆる簡易データベースソフト)などが幅広く利用されていたが、近年では(関係データモデル)を扱う RDBMS が主流である。 また、関係データベース管理システムに、利用者が独自のやを拡張可能な ORDBMS や、言語との親和性が高い ODBMS 、データモデルにを採用した XML DB などが開発され、利用が広まっている。 ネットワーク型データモデルのDBMSや、階層型データモデルのDBMSは実装の軽量性の利から早くから広まっていたが、、データの論理的構造、データの物理的構造の三者が密接に結びつき、柔軟性に欠けるという欠点があった。 また、最適化の方法論がクエリ(検索質問)を作るの力量に依存することもアプリケーションの開発効率を低下させる一因となった。 関係モデルの最大の功績は、アプリケーション、データの論理的構造、データの物理的構造を三階層に分け()、とを実現した点にある。 種類 [ ] 現在では、主に以下のデータベースが広く使われている。 、 - スキーマがしっかり決まっていて、トランザクションが利用できる• () - 系の一部で称される「列(カラム)指向データモデル」とは異なり、同一列のデータを物理的に近い領域に集約して格納されるもの。 列データ集計処理などでは、行指向データベースよりも優位。 NoSQL "Not only SQL" 系• () - Extensible Markup Language やを利用した、スキーマレスなもの。 () 補足 [ ]• 三階層アーキテクチャは、古くからの階層型、ネットワーク型DBMSにおいて実装されている。 さらに、は、階層型、ネットワーク型データベースの国際標準規格である構造型データベース CODASYL NDL において、最初に規定された。 アプリケーションはビュー経由で操作し、レコード型(実表)の定義変更があっても、変更箇所を操作しないアプリケーションには影響しない。 データベースの物理的な格納場所の変更も、アプリケーションや論理的な定義の変更は必要としない。 階層型、ネットワーク型とリレーショナル型DBMSの共通点、差異は、次の点にある。 <共通>• レコード型(実表)に対し、特定の構成要素(フィールド、列)をビューとして定義し、アプリケーションから限定して操作させる。 ビューで定義された構成要素(フィールド、列)以外の定義変更は、アプリケーションには影響しない。 <差異>• ビューでは、列の特定だけでなく、列が特定の値を持つ行のみを対象にできる。 ビューを経由しなくても、特定の列だけ、さらには特定の列の値を持つ行だけを操作対象にできる。 DBMSの機能 [ ] 以下に DBMSの、主な機能を示す。 データベース言語 は、DBMS に対してさまざまな指示を伝えるための言語である。 概念的には、データ定義言語 DDL 、データ操作言語 DML 、データ制御言語 DCL の構成要素からなる。 DDL はの構造を定義する。 DML はデータベースに対する検索や更新などの操作を行う。 DCL はデータに対するを行う。 DBMS ではそのに基づいたデータベース言語を備えている。 例えば RDBMS とされるシステムの多くは、関係データベース言語 を備えている。 物理的データ独立性 データベースを格納するを変更する際、それに伴って DBMS にアクセスする方法を変更する必要はない もしくは変更する労力が少なくて済む。 DBMS にアクセスする利用者やに対して、DBMS は記憶装置の変更をある程度隠蔽することができる。 論理的データ独立性 いくつかの種類の DBMS では論理的データ独立性を支援する。 例えばRDBMSではを使うことができる。 不正なデータが登録されることや、不正なデータに更新されることを、防ぐ。 例えばRDBMSでは、・・・・・ などの機能を備えている。 トランザクション処理 に基づいたを行う。 複数のユーザが同時に同一のデータを参照・更新した場合でも、不整合がなく正常に処理をこなす、又は異常を通知する(例:二人のユーザが口座から引き出しをした場合、確実に二人分の引き出しが処理される)。 セキュリティ 多くの DBMS では 機密保護 に関してもしくはを提供し、さらに一部の DBMS ではデータの機能も提供する。 任意アクセス制御を採用している DBMS が多い。 データ暗号化機能では、DBMS を迂回した不正なデータアクセスに対する対策として、DBMS で管理・送受信するデータを暗号化する。 障害復旧 トランザクション障害、システム障害、記憶媒体の障害からの復旧を行う。 最適化 高水準なを採用する DBMS では、高水準なデータベース言語で記述されたデータ処理要求を、低水準な手続きにして実行する。 分散データベース は、で接続された複数のコンピュータを使い、それぞれのコンピュータ上で DBMS のプロセスを協調させて動かし、全体として仮想的に一つの DBMS を実現する技術である。 複数のコンピュータを使うため、やを向上させることができる。 のデータベースは、分散データベースの簡単で特殊な形態と位置づけることができる。 オープンソースソフトウェアのDBMS [ ] 名称 データ モデル ライセンス 開発者 動作環境 RDBMS Apache License Version 2. 0 Apache DB プロジェクト Pure Java RDBMS Sleepycat Software , Windows, Pure Java RDBMS InterBase Public License Firebird Project Unix系, Windows RDBMS H2 License 1. 0 Thomas Mueller Pure Java RDBMS BSDライセンス Pure Java RDBMS LGPL Unix系, Windows RDBMS GPL v2 Maria developers Linux, Windows, Solaris GPLまたは MySQL AB Unix系, Windows GNU v3. 0 10gen Linux, Windows, macOS, Solaris RDBMS 商用ライセンス(教育、非商用の機関に限りフリー) Minerva Network Management Environment RDBMS GPLまたは商用ライセンス Unix系, Windows RDBMS LGPL 、Apacheソフトウェア財団 Unix系, Windows ORDBMS PostgreSQL Global Development Group Unix系, Windows RDBMS D. Richard Hipp RDBMS GPL v3 Michael Stonebraker Apache License Version 2. 2006年にに買収された。 関連項目 [ ]•

次の

カメラアクセサリー

データー システム

1995年4月26日上場 略称 NTTデータ、 NTT DATA 本社所在地 〒135-6033 三丁目3番3号 豊洲センタービル 設立 (昭和63年) (エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社) 事業内容 電気通信 システムインテグレーション ネットワークシステムサービス 代表者 () (代表取締役) (代表取締役副社長執行役員) (代表取締役副社長執行役員) 資本金 1425億2000万円 (2017年3月31日現在) 売上高 連結:2兆1,636億2,500万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1,477億1,600万円 (2019年3月期) 純利益 連結:936億1,600万円 (2019年3月期) 総資産 連結:2兆4,760億6,200万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:123,884名 2019年3月31日現在 決算期 会計監査人 主要株主 NTT株式会社 54. 情報サービス事業では業界最大手である。 (NTT)のデータ通信事業本部を源とし、その完全子会社であるのNTT株式会社が発行済総数の54. 企業概要 [ ]• (昭和41年)、はかねてよりの念願だったデータ通信サービス実施の認可を受け、翌(昭和42年)に「電信・電話に次ぐ第三の通信、データ通信」を掲げデータ通信本部を設立した。 主に・向けシステムの開発を行い、システム(、(昭和43年)稼動開始)や、(全銀システム、(昭和48年)稼動開始)、気象庁地域気象観測データ通信システム(、(昭和49年)稼動開始)、((昭和53年)稼動開始)、社会保険システム((昭和55年)稼動開始)、共同利用型クレジットオンラインシステム(、(昭和59年)稼動開始)、都銀キャッシュサービス(、(昭和59年)稼動開始)等といった日本の基盤となるシステムを構築してきた。 (昭和60年)にが発足するとデータ通信事業本部へ改組され、(昭和63年) にはエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分離独立(データ通信事業本部に属する営業を譲り受け、営業を開始したのは同年7月1日)。 その後(平成7年)にし、(平成10年)には創業10周年の節目とコーポレートブランドとして NTT DATAが定着していたことから株式会社エヌ・ティ・ティ・データへと商号を変更。 現在に至る。 (平成19年)3月期決算において、国内事業者としては初の売上高1兆円を突破。 公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのを基本とした成長戦略を軸に据えている。 これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では、に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。 2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。 (平成24年)3月期決算において、連結売上高1兆3千億円を達成。 従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。 (平成30年)3月期決算において、連結売上高2兆円を達成。 従業員数は連結で約11万8千人、単独で約1万1千人。 国内においてもシステム開発などから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。 1988年に制定された初代ロゴは淡い青地に、左側に2行に分けた「NTT DATA」の文字、右側に10個のを三角形に配したもので、によりデザインされた。 楕円はを意味し、個数はの1と0に掛けている。 一番上のやや大きく、少し離れた楕円は人の知恵と未知なる分野への挑戦を表している。 2012年には、初代ロゴの文字部分を一行にし、地色と文字色を反転させたものに改められた。 グループビジョン 「Trusted Global Innovator」• Values 「Clients First」「Foresight」「Teamwork」 役員一覧 [ ] 2019年6月時点 役職名 氏名 代表取締役 社長 (ホンマ ヨウ) 代表取締役 副社長執行役員 柳 圭一郎(ヤナギ ケイイチロウ) 山口 重樹(ヤマグチ シゲキ) 藤原 遠(フジワラ トオシ) 取締役 常務執行役員 木谷 強(キタニ ツヨシ) 竹内 俊一(タケウチ シュンイチ) 伊藤 浩司(イトウ コウジ) 松永 恒(マツナガ ヒサシ) 取締役 (オカモト ユキオ) (ヒラノ エイジ) 海老原 孝(エビハラ タカシ) John McCain(ジョン・マケイン) (フジイ マリコ) 執行役員 宇平 直史(ウヒラ タダシ) 三宅 信一郎(ミヤケ シンイチロウ) 中村 卓司(ナカムラ タカシ) 佐々木 裕(ササキ ユタカ) 鈴木 正範(スズキ マサノリ) 土橋 謙(ツチハシ ケン) 茅原 英徳(チハラ ヒデノリ) 有馬 勲(アリマ イサオ) 赤羽 美和子(アカハネ ミワコ) 河野 吉晴(コウノ ヨシハル) 北村 友朗(キタムラ トモアキ) 村山 智文(ムラヤマ トモフミ) 森 直之(モリ ナオユキ) 稲村 佳津子(イナムラ カズコ) 宮島 耕治(ミヤジマ コウジ) 園田 勝一(ソノダ カツイチ) Bob Pryor(ボブ・プライヤー) 常勤監査役 山口 徹朗(ヤマグチ テツロウ) 小畑 哲哉(オバタ テツヤ) 桜田 桂(サクラダ カツラ) 監査役 佐藤 りえ子(サトウ リエコ) 沿革 [ ]• (昭和42年) - にデータ通信本部設置。 (昭和46年) - 独自仕様の 完成 製作は、、。 (昭和48年) - 全国銀行データ通信システム開発。 (昭和49年) - 地域気象観測システム「」開始。 (昭和56年) - 金融ANSERシステム開始。 (昭和60年) - 日本電信電話株式会社設立、データ通信事業本部に改められる。 (昭和63年) - データ通信事業本部をエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分社化。 (平成元年) - 東京金融先物取引所システム開始。 大手町のを閉館、事業本部を同所に置く。 (平成2年) - 特許庁ペーパレスシステム開始。 (平成4年) - 本社を豊洲に移転、SCAWデザインシリーズ開発。 (平成5年) - 実施賞を受賞。 (平成6年) - 香港支店開設、北京駐在員事務所開設。 (平成7年) - 東京証券取引所市場第二部上場。 (平成8年) - 東京証券取引所市場第一部上場。 (平成9年) - 新世代情報サービス事業本部設置、マレーシア支店開設。 (平成10年) - 創立10周年。 株式会社エヌ・ティ・ティ・データに社名変更。 (平成11年) - COEシステム本部・公共地域ビジネス事業本部・事業本部設置。 (平成12年) - ビジネス企画開発本部、情報ネットワークビジネス事業本部設置等組織改編。 (平成13年) - 「」国内初取得、COReシステム本部設置、NTT DATA AgileNet 設立。 (平成14年) - ISMS 適合性評価制度の認証を取得。 (平成15年) - 事業部制廃止、国際事業推進本部を設置。 (平成17年) - 取締役会の改革と制の導入による経営機構改革、ならびに組織機構改革を実施。 (平成18年) - 営業力強化の推進を目的に、営業企画室を設置。 (平成20年) - 創立20周年。 (平成21年) - 公共・金融・法人の3事業部体制から、カンパニー制へ移行。 (平成26年) - バチカン図書館における歴史的手書き文献のデジタルアーカイブ事業に参画。 (平成28年) - よりITサービス部門を買収。 (平成29年) - NTTデータグループ全社の開発方法論をグローバルレベルで統合。 (平成25年) - 創立30周年。 新Group Vision「Trusted Global Innovator」を発表。 (平成31年) - 株式会社から、株式会社の株式を取得する予定。 主なサービス [ ] 金融・決済関連 [ ]• (全銀システム) - 内国為替取引システム。 (日銀ネット)。 都銀キャッシュサービス() - /の相互接続ネットワーク。 システム() - /の相互接続ネットワーク。 - に採用されている金融機関取り引きシステム。 共同利用型クレジットオンラインシステム() - クレジット情報ネットワーク。 - 世界最大級のシステムと称される郵便貯金ネットワーク。 - 汎用パッケージによる。 メインフレームは日立製作所。 MEJAR- 汎用パッケージによる、・および、開発チームとの共同開発による。 その後、が参加し、の参加を予定しており、5行での利用となる。 BeSTAcloud - 向けに開発された勘定系。 その後、がリプレースし、さらにの勘定系も稼働させることになった。 アールワンシステム…に稼働した、向け勘定系。 JASTEM…などと共同開発による、信連およびの信用事業()向け全国統一勘定系。 現在は、2世代目。 細部の運用は都道府県域毎となっている。 マルチペイメントネットワーク - の項目を参照。 - が提供するの提供ゲートウェイシステム。 ALUX - 次世代バンキングサービス。 - に本部を置く同名の事業組合に加盟する加盟行によるの運用を手がける。 MINORI(一部のみ) - の勘定系システム。 NTTデータは全銀システムとの接続部分を担当。 その他各種銀行系子会社を買収。 それぞれの銀行向けのアウトソーサーとして業務展開中。 公共・官公庁関連 [ ] システム開発費に対する対価ではなく、その後のによるデータ通信設備サービス料で利益を上げるビジネスモデルを採用している。 ADAMS(アダムス) - 官庁会計事務データ通信システム。 気象庁地域気象観測データ通信システム() - 日本国内の地域気象観測システム。 広域災害救急医療情報システム - 災害発生時の医療機関稼動状況や災害医療情報の情報共有システム。 貨物通関情報処理システム() - 通関及び輸入の際の物流・関税納付等手続き管理システム。 社会保険オンラインシステム - 全国のを結ぶネットワークシステム。 労働省システム - と、などを結ぶネットワークシステム。 - 航空管制システム。 MOTAS - 自動車登録検査業務電子情報処理システム。 - 住民基本台帳の基盤システム。 NTTデータ他3社との共同受注。 FairCast - 「子ども安全連絡網」提供サービス。 - 国税電子申告・納税システム。 法人関連・その他 [ ]• 情報系システム統合基盤 - 同取引所の6つに機能分割されている情報系システムを統合する基盤システム。 - の在宅勝ち馬投票システム。 国別登録簿システム - 京都メカニズムに基づいた排出量取引システム。 エコロジーエクスプレス - 環境情報トータル提供ソリューション。 クリエイティブヘルス三健人 - 企業の健康保険組合員向けヘルスケア情報提供ソリューション(参考:改正)。 GEOPLATS - との情報連携に対応した地理情報システム。 VANADIS - オフィスIT基盤トータルソリューション。 ・モバイル決済ソリューション - 決済、ポイント管理システム。 日本語解析エンジン「なずき」 - 、分析、カテゴリ分類。 グリーンデータセンター - 環境配慮型データセンターサービス(iDC、ハウジング、IT基盤サービス)。 BizXaaS - プラットフォーム(、等の提供)・クラウド構築運用サービス。 - 国内初の性能プロフェッショナルサービス。 - 税務申告ソフト。 - 帳票OCRソフト(ソフト)。 - を利用したサービス。 2008年終了。 人事制度 [ ] 出向と転籍 [ ] NTTデータは多数の自社社員を子会社へ出向させている。 2009年には、人件費を削減するため出向社員のうち2010人を子会社へ転籍させた。 不祥事 [ ] 社保庁の年金記録管理システム [ ] (平成19年)6月、を引き起こした社会保険庁の年金記録管理システムを巡り、年間800億円超の保険料や公費が業務委託先のNTTデータに支払われていた事が国会の答弁により明らかとなった。 「あまりにずさんな契約」と非難を浴びた。 この報道に対しNTTデータはマスコミの報道が事実に反するとの公式回答を自社サイトに掲載している。 ブログサービスのデータ消失と長期間のサービス停止 [ ] NTTデータが運営する「Doblog(ドブログ)」は、(平成21年)に発生したによりを損失し、約3か月間の長期間にわたってを停止した。 ブログのデータの一部は完全に失われ、復旧することができないという前代未聞の事態となった。 その後、NTTデータはブログサービスを再開することなく、「ブログシステムを構築するための技術的知見、およびを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できた」として、同サービスからの撤退を決定した。 (平成21年)、NTTデータは「Doblog(ドブログ)」を終了した。 中央官庁からの大量天下り受け入れ [ ] 1967年度以来ずさんな契約によって公費や保険料が約1兆4000億円投じられ、そのうちNTTデータは1兆632億円と大半を占める一方、受注先であるやから複数のを受け入れていた。 1兆円以上の巨額の公費が投入された公共事業で、それに関わる官僚の天下りが発覚するなど、としての側面が浮き彫りになった。 特許庁汚職 [ ] 2010年6月、の基幹システム再構築プロジェクトの入札関連情報を提供する見返りにNTTデータ社員が数百万円分のタクシーチケットを特許庁職員に渡し、NTTデータ側・特許庁側双方に逮捕者を出した。 これを受けてはNTTデータに対し6か月間の補助金交付等の停止及び契約に係る指名停止措置を実施した。 事業所 [ ] 国内拠点 [ ] NTTデータ 堂島ビル 現在は地域分社制をとっているため、直轄の拠点はに限られている。 各地域会社の社名は後ろに地域名が付いている。 (北海道、東北、信越、東海、北陸、関西、中国、四国及び九州) 地域 拠点 豊洲センタービル、豊洲センタービルアネックス、KR豊洲ビル NTT 品川TWINS データ棟・アネックス、 NTT DATA 大手町ビル NTT DATA 築地ビル 茅場町タワービル NTT DATA 大森山王ビル NTT DATA 三鷹ビル NTT DATA 三田ビル NTT DATA 葛西テクノビル パレスサイドビル 大宮センタービル 株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ・ユニバーシティ(旧: 研修センター) NTT DATA 葵ビル NTT DATA 比治山ビル NTT DATA 古河ビル NTT DATA 印西ビル NTT DATA 博多駅前ビル ほか 海外拠点 [ ] 地域 拠点 ほか NTTデータグループ [ ]• (平成30年)3月時点でのグループ会社は303社、関係会社は31社は、公共・社会基盤、金融、法人・ソリューション、北米、EMEA・中南米を5つの主な事業として営んでいる。 主な国内グループ会社 [ ] NTTデータの子会社は数えきれないほどあり、関連企業含めると100企業にも及ぶと言われる。 まとめてNTTデータグループと呼ばれる。 各地域会社 (北海道、東北、信越、東海、北陸、関西、中国、四国及び九州) 現在は「NTTデータ北海道」等の会社名であるが、(平成15年)までは「テクシス」という名前を使っていて、「NTTデータ北海道テクシス」等の会社名で営業していた。 コンサル・シンクタンク系• - 情報通信に関わる調査研究とコンサルティングサービスを事業とする。 - SIer,情報通信に関わる調査研究、コンサルティングサービスが主事業。 - とザカティーコンサルティング(旧日本法人)の合併会社。 海外日系企業向けコンサルティングサービスを主な事業とする。 日本総研の外販向けシステムインテグレーターとしての性格が強い。 のコンサルティング・導入が主な事業。 公共系• - NTTデータ公共分野グループ会社4社が統合、そのうちを存続会社として設立。 金融系• - 1985年設立。 中央銀行向け、他金融機関向け、大規模決済ネットワーク、金融系基幹システム。 - ANSER、COMFRONT等決済サービス開発運用。 - 第1部上場子会社。 機関投資家向けXNETサービス ポートフォリオマネジメント、勘定仕訳、入出金管理、現物管理等。 - ゆうちょ銀行向け、他金融機関向け、各法人向け、電子記録債権管理ソリューション等。 - 預かり資産業務推進ソリューション。 - 市場金融分野におけるITソリューションおよびサービスの提供等。 から全株式をNTTデータが譲り受け子会社化・社名変更した。 法人系• - とNTTデータ・クイックが経営統合(形式上はNTTデータ・クイックを存続会社とする合併)。 主に企業向けのビジネスアプリケーションの開発、コンサルティングを実施。 - 二部上場子会社。 (平成10年)に社内ベンチャーから事業化。 webシステム開発、業務アプリケーション製品。 株主は、NTTデータ 74. が設立支援を行った。 現在、重度障害者を在宅で雇用しWEB関連事業を展開。 - の旧日本法人(日本オリベッティ)の株式を取得し、日本におけるとの合弁で展開する企業。 パートナー系• - 旧パナソニックMSE。 - 旧情報システム部門と合併独立。 などを手がける。 NTTデータMHIシステムズ - 旧MHI情報システムズ。 と共同出資した新会社に事業を吸収分割し、2017年(平成29年)に子会社化。 その他• -の情報システム部門が独立、株主が日立造船からNTTデータに変更。 -システム開発運用。 - データ通信サービス、広域ネットワークサービスの保守運用。 -大規模システムの運営管理業務。 - 元独立系ソフトハウス()。 2006年(平成18年)に100%子会社。 - 旧社名はエヌジェーケー。 元独立系システムインテグレーター。 (平成21年)に資本参加。 2016年に100%完全子会社化。 同社を中核にエヌジェーケーグループ 株式会社、株式会社 を形成していたが2017年4月に子会社をエヌジェーケーに吸収合併。 日本電子計算株式会社• NTTデータ数理システム• NTTデータスマートソーシング• NTTデータテラノス• NTTデータチャイナアウトソーシング• NTTデータユニバーシティ• NTTデータビジネスブレインズ かつてのグループ会社• - 旧・NTTデータ三洋システム。 三洋電機のシステム部門が分離独立。 2015年3月31日付けで解散。 - Global Gateway(グローバルゲートウェイ)を合言葉に、日本および世界にフレキシブルな技術提供を展開。 海外拠点の施設を利用したグローバル人材育成も展開。 (平成30年)にNTTデータ先端技術と統合。 主な海外グループ会社 [ ]• - 導入コンサルティング。 - 米国向けオフショアが主力事業。 システム、モバイルアプリ開発。 - 中国における日系企業向けシステム開発。 - オフショア開発、中国企業向けSI、BPO。 NTTデータブランドに吸収されて消滅した海外グループ会社 [ ]• - 元BMW傘下の情報システム子会社。 製造業向け情報システム。 - ITサービス、SAP、Oracle等パッケージ開発。 - SI、ITコンサルティング。 - AMS、SAP、Oracle等パッケージ開発。 脚注 [ ] []• Gartner Market Share :IT Service, Worldwide2007• 『ロゴの秘密』高橋書店編集部、高橋書店、2013年、152頁。 日本経済新聞 2016年11月3日• ディー・エヌ・エー 2019年1月31日• (2007年7月1日時点の)• (2009年4月26日時点の)• asahi. com 朝日新聞社. 2007年6月14日. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル ネットサービス [ ]• - 財務情報流通ゲートウェイ• - 総合不動産情報サイト• - マンション査定サイト• - インターネットによるクレジットカード決済サービス• - 住宅地図等、各種地図情報をネットワークで配信するサービス• - 自治体の台帳管理をサポートするASPサービス• - ネットワーク型GISプラットホーム• - NTTデータのテキストマイニングツール、日本語解析エンジン• - 手書き文字認識を強みとする帳票ソフト。 日本語、、アルファベット等に対応。

次の

データシステム R

データー システム

1995年4月26日上場 略称 NTTデータ、 NTT DATA 本社所在地 〒135-6033 三丁目3番3号 豊洲センタービル 設立 (昭和63年) (エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社) 事業内容 電気通信 システムインテグレーション ネットワークシステムサービス 代表者 () (代表取締役) (代表取締役副社長執行役員) (代表取締役副社長執行役員) 資本金 1425億2000万円 (2017年3月31日現在) 売上高 連結:2兆1,636億2,500万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1,477億1,600万円 (2019年3月期) 純利益 連結:936億1,600万円 (2019年3月期) 総資産 連結:2兆4,760億6,200万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:123,884名 2019年3月31日現在 決算期 会計監査人 主要株主 NTT株式会社 54. 情報サービス事業では業界最大手である。 (NTT)のデータ通信事業本部を源とし、その完全子会社であるのNTT株式会社が発行済総数の54. 企業概要 [ ]• (昭和41年)、はかねてよりの念願だったデータ通信サービス実施の認可を受け、翌(昭和42年)に「電信・電話に次ぐ第三の通信、データ通信」を掲げデータ通信本部を設立した。 主に・向けシステムの開発を行い、システム(、(昭和43年)稼動開始)や、(全銀システム、(昭和48年)稼動開始)、気象庁地域気象観測データ通信システム(、(昭和49年)稼動開始)、((昭和53年)稼動開始)、社会保険システム((昭和55年)稼動開始)、共同利用型クレジットオンラインシステム(、(昭和59年)稼動開始)、都銀キャッシュサービス(、(昭和59年)稼動開始)等といった日本の基盤となるシステムを構築してきた。 (昭和60年)にが発足するとデータ通信事業本部へ改組され、(昭和63年) にはエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分離独立(データ通信事業本部に属する営業を譲り受け、営業を開始したのは同年7月1日)。 その後(平成7年)にし、(平成10年)には創業10周年の節目とコーポレートブランドとして NTT DATAが定着していたことから株式会社エヌ・ティ・ティ・データへと商号を変更。 現在に至る。 (平成19年)3月期決算において、国内事業者としては初の売上高1兆円を突破。 公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのを基本とした成長戦略を軸に据えている。 これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では、に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。 2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。 (平成24年)3月期決算において、連結売上高1兆3千億円を達成。 従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。 (平成30年)3月期決算において、連結売上高2兆円を達成。 従業員数は連結で約11万8千人、単独で約1万1千人。 国内においてもシステム開発などから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。 1988年に制定された初代ロゴは淡い青地に、左側に2行に分けた「NTT DATA」の文字、右側に10個のを三角形に配したもので、によりデザインされた。 楕円はを意味し、個数はの1と0に掛けている。 一番上のやや大きく、少し離れた楕円は人の知恵と未知なる分野への挑戦を表している。 2012年には、初代ロゴの文字部分を一行にし、地色と文字色を反転させたものに改められた。 グループビジョン 「Trusted Global Innovator」• Values 「Clients First」「Foresight」「Teamwork」 役員一覧 [ ] 2019年6月時点 役職名 氏名 代表取締役 社長 (ホンマ ヨウ) 代表取締役 副社長執行役員 柳 圭一郎(ヤナギ ケイイチロウ) 山口 重樹(ヤマグチ シゲキ) 藤原 遠(フジワラ トオシ) 取締役 常務執行役員 木谷 強(キタニ ツヨシ) 竹内 俊一(タケウチ シュンイチ) 伊藤 浩司(イトウ コウジ) 松永 恒(マツナガ ヒサシ) 取締役 (オカモト ユキオ) (ヒラノ エイジ) 海老原 孝(エビハラ タカシ) John McCain(ジョン・マケイン) (フジイ マリコ) 執行役員 宇平 直史(ウヒラ タダシ) 三宅 信一郎(ミヤケ シンイチロウ) 中村 卓司(ナカムラ タカシ) 佐々木 裕(ササキ ユタカ) 鈴木 正範(スズキ マサノリ) 土橋 謙(ツチハシ ケン) 茅原 英徳(チハラ ヒデノリ) 有馬 勲(アリマ イサオ) 赤羽 美和子(アカハネ ミワコ) 河野 吉晴(コウノ ヨシハル) 北村 友朗(キタムラ トモアキ) 村山 智文(ムラヤマ トモフミ) 森 直之(モリ ナオユキ) 稲村 佳津子(イナムラ カズコ) 宮島 耕治(ミヤジマ コウジ) 園田 勝一(ソノダ カツイチ) Bob Pryor(ボブ・プライヤー) 常勤監査役 山口 徹朗(ヤマグチ テツロウ) 小畑 哲哉(オバタ テツヤ) 桜田 桂(サクラダ カツラ) 監査役 佐藤 りえ子(サトウ リエコ) 沿革 [ ]• (昭和42年) - にデータ通信本部設置。 (昭和46年) - 独自仕様の 完成 製作は、、。 (昭和48年) - 全国銀行データ通信システム開発。 (昭和49年) - 地域気象観測システム「」開始。 (昭和56年) - 金融ANSERシステム開始。 (昭和60年) - 日本電信電話株式会社設立、データ通信事業本部に改められる。 (昭和63年) - データ通信事業本部をエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分社化。 (平成元年) - 東京金融先物取引所システム開始。 大手町のを閉館、事業本部を同所に置く。 (平成2年) - 特許庁ペーパレスシステム開始。 (平成4年) - 本社を豊洲に移転、SCAWデザインシリーズ開発。 (平成5年) - 実施賞を受賞。 (平成6年) - 香港支店開設、北京駐在員事務所開設。 (平成7年) - 東京証券取引所市場第二部上場。 (平成8年) - 東京証券取引所市場第一部上場。 (平成9年) - 新世代情報サービス事業本部設置、マレーシア支店開設。 (平成10年) - 創立10周年。 株式会社エヌ・ティ・ティ・データに社名変更。 (平成11年) - COEシステム本部・公共地域ビジネス事業本部・事業本部設置。 (平成12年) - ビジネス企画開発本部、情報ネットワークビジネス事業本部設置等組織改編。 (平成13年) - 「」国内初取得、COReシステム本部設置、NTT DATA AgileNet 設立。 (平成14年) - ISMS 適合性評価制度の認証を取得。 (平成15年) - 事業部制廃止、国際事業推進本部を設置。 (平成17年) - 取締役会の改革と制の導入による経営機構改革、ならびに組織機構改革を実施。 (平成18年) - 営業力強化の推進を目的に、営業企画室を設置。 (平成20年) - 創立20周年。 (平成21年) - 公共・金融・法人の3事業部体制から、カンパニー制へ移行。 (平成26年) - バチカン図書館における歴史的手書き文献のデジタルアーカイブ事業に参画。 (平成28年) - よりITサービス部門を買収。 (平成29年) - NTTデータグループ全社の開発方法論をグローバルレベルで統合。 (平成25年) - 創立30周年。 新Group Vision「Trusted Global Innovator」を発表。 (平成31年) - 株式会社から、株式会社の株式を取得する予定。 主なサービス [ ] 金融・決済関連 [ ]• (全銀システム) - 内国為替取引システム。 (日銀ネット)。 都銀キャッシュサービス() - /の相互接続ネットワーク。 システム() - /の相互接続ネットワーク。 - に採用されている金融機関取り引きシステム。 共同利用型クレジットオンラインシステム() - クレジット情報ネットワーク。 - 世界最大級のシステムと称される郵便貯金ネットワーク。 - 汎用パッケージによる。 メインフレームは日立製作所。 MEJAR- 汎用パッケージによる、・および、開発チームとの共同開発による。 その後、が参加し、の参加を予定しており、5行での利用となる。 BeSTAcloud - 向けに開発された勘定系。 その後、がリプレースし、さらにの勘定系も稼働させることになった。 アールワンシステム…に稼働した、向け勘定系。 JASTEM…などと共同開発による、信連およびの信用事業()向け全国統一勘定系。 現在は、2世代目。 細部の運用は都道府県域毎となっている。 マルチペイメントネットワーク - の項目を参照。 - が提供するの提供ゲートウェイシステム。 ALUX - 次世代バンキングサービス。 - に本部を置く同名の事業組合に加盟する加盟行によるの運用を手がける。 MINORI(一部のみ) - の勘定系システム。 NTTデータは全銀システムとの接続部分を担当。 その他各種銀行系子会社を買収。 それぞれの銀行向けのアウトソーサーとして業務展開中。 公共・官公庁関連 [ ] システム開発費に対する対価ではなく、その後のによるデータ通信設備サービス料で利益を上げるビジネスモデルを採用している。 ADAMS(アダムス) - 官庁会計事務データ通信システム。 気象庁地域気象観測データ通信システム() - 日本国内の地域気象観測システム。 広域災害救急医療情報システム - 災害発生時の医療機関稼動状況や災害医療情報の情報共有システム。 貨物通関情報処理システム() - 通関及び輸入の際の物流・関税納付等手続き管理システム。 社会保険オンラインシステム - 全国のを結ぶネットワークシステム。 労働省システム - と、などを結ぶネットワークシステム。 - 航空管制システム。 MOTAS - 自動車登録検査業務電子情報処理システム。 - 住民基本台帳の基盤システム。 NTTデータ他3社との共同受注。 FairCast - 「子ども安全連絡網」提供サービス。 - 国税電子申告・納税システム。 法人関連・その他 [ ]• 情報系システム統合基盤 - 同取引所の6つに機能分割されている情報系システムを統合する基盤システム。 - の在宅勝ち馬投票システム。 国別登録簿システム - 京都メカニズムに基づいた排出量取引システム。 エコロジーエクスプレス - 環境情報トータル提供ソリューション。 クリエイティブヘルス三健人 - 企業の健康保険組合員向けヘルスケア情報提供ソリューション(参考:改正)。 GEOPLATS - との情報連携に対応した地理情報システム。 VANADIS - オフィスIT基盤トータルソリューション。 ・モバイル決済ソリューション - 決済、ポイント管理システム。 日本語解析エンジン「なずき」 - 、分析、カテゴリ分類。 グリーンデータセンター - 環境配慮型データセンターサービス(iDC、ハウジング、IT基盤サービス)。 BizXaaS - プラットフォーム(、等の提供)・クラウド構築運用サービス。 - 国内初の性能プロフェッショナルサービス。 - 税務申告ソフト。 - 帳票OCRソフト(ソフト)。 - を利用したサービス。 2008年終了。 人事制度 [ ] 出向と転籍 [ ] NTTデータは多数の自社社員を子会社へ出向させている。 2009年には、人件費を削減するため出向社員のうち2010人を子会社へ転籍させた。 不祥事 [ ] 社保庁の年金記録管理システム [ ] (平成19年)6月、を引き起こした社会保険庁の年金記録管理システムを巡り、年間800億円超の保険料や公費が業務委託先のNTTデータに支払われていた事が国会の答弁により明らかとなった。 「あまりにずさんな契約」と非難を浴びた。 この報道に対しNTTデータはマスコミの報道が事実に反するとの公式回答を自社サイトに掲載している。 ブログサービスのデータ消失と長期間のサービス停止 [ ] NTTデータが運営する「Doblog(ドブログ)」は、(平成21年)に発生したによりを損失し、約3か月間の長期間にわたってを停止した。 ブログのデータの一部は完全に失われ、復旧することができないという前代未聞の事態となった。 その後、NTTデータはブログサービスを再開することなく、「ブログシステムを構築するための技術的知見、およびを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できた」として、同サービスからの撤退を決定した。 (平成21年)、NTTデータは「Doblog(ドブログ)」を終了した。 中央官庁からの大量天下り受け入れ [ ] 1967年度以来ずさんな契約によって公費や保険料が約1兆4000億円投じられ、そのうちNTTデータは1兆632億円と大半を占める一方、受注先であるやから複数のを受け入れていた。 1兆円以上の巨額の公費が投入された公共事業で、それに関わる官僚の天下りが発覚するなど、としての側面が浮き彫りになった。 特許庁汚職 [ ] 2010年6月、の基幹システム再構築プロジェクトの入札関連情報を提供する見返りにNTTデータ社員が数百万円分のタクシーチケットを特許庁職員に渡し、NTTデータ側・特許庁側双方に逮捕者を出した。 これを受けてはNTTデータに対し6か月間の補助金交付等の停止及び契約に係る指名停止措置を実施した。 事業所 [ ] 国内拠点 [ ] NTTデータ 堂島ビル 現在は地域分社制をとっているため、直轄の拠点はに限られている。 各地域会社の社名は後ろに地域名が付いている。 (北海道、東北、信越、東海、北陸、関西、中国、四国及び九州) 地域 拠点 豊洲センタービル、豊洲センタービルアネックス、KR豊洲ビル NTT 品川TWINS データ棟・アネックス、 NTT DATA 大手町ビル NTT DATA 築地ビル 茅場町タワービル NTT DATA 大森山王ビル NTT DATA 三鷹ビル NTT DATA 三田ビル NTT DATA 葛西テクノビル パレスサイドビル 大宮センタービル 株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ・ユニバーシティ(旧: 研修センター) NTT DATA 葵ビル NTT DATA 比治山ビル NTT DATA 古河ビル NTT DATA 印西ビル NTT DATA 博多駅前ビル ほか 海外拠点 [ ] 地域 拠点 ほか NTTデータグループ [ ]• (平成30年)3月時点でのグループ会社は303社、関係会社は31社は、公共・社会基盤、金融、法人・ソリューション、北米、EMEA・中南米を5つの主な事業として営んでいる。 主な国内グループ会社 [ ] NTTデータの子会社は数えきれないほどあり、関連企業含めると100企業にも及ぶと言われる。 まとめてNTTデータグループと呼ばれる。 各地域会社 (北海道、東北、信越、東海、北陸、関西、中国、四国及び九州) 現在は「NTTデータ北海道」等の会社名であるが、(平成15年)までは「テクシス」という名前を使っていて、「NTTデータ北海道テクシス」等の会社名で営業していた。 コンサル・シンクタンク系• - 情報通信に関わる調査研究とコンサルティングサービスを事業とする。 - SIer,情報通信に関わる調査研究、コンサルティングサービスが主事業。 - とザカティーコンサルティング(旧日本法人)の合併会社。 海外日系企業向けコンサルティングサービスを主な事業とする。 日本総研の外販向けシステムインテグレーターとしての性格が強い。 のコンサルティング・導入が主な事業。 公共系• - NTTデータ公共分野グループ会社4社が統合、そのうちを存続会社として設立。 金融系• - 1985年設立。 中央銀行向け、他金融機関向け、大規模決済ネットワーク、金融系基幹システム。 - ANSER、COMFRONT等決済サービス開発運用。 - 第1部上場子会社。 機関投資家向けXNETサービス ポートフォリオマネジメント、勘定仕訳、入出金管理、現物管理等。 - ゆうちょ銀行向け、他金融機関向け、各法人向け、電子記録債権管理ソリューション等。 - 預かり資産業務推進ソリューション。 - 市場金融分野におけるITソリューションおよびサービスの提供等。 から全株式をNTTデータが譲り受け子会社化・社名変更した。 法人系• - とNTTデータ・クイックが経営統合(形式上はNTTデータ・クイックを存続会社とする合併)。 主に企業向けのビジネスアプリケーションの開発、コンサルティングを実施。 - 二部上場子会社。 (平成10年)に社内ベンチャーから事業化。 webシステム開発、業務アプリケーション製品。 株主は、NTTデータ 74. が設立支援を行った。 現在、重度障害者を在宅で雇用しWEB関連事業を展開。 - の旧日本法人(日本オリベッティ)の株式を取得し、日本におけるとの合弁で展開する企業。 パートナー系• - 旧パナソニックMSE。 - 旧情報システム部門と合併独立。 などを手がける。 NTTデータMHIシステムズ - 旧MHI情報システムズ。 と共同出資した新会社に事業を吸収分割し、2017年(平成29年)に子会社化。 その他• -の情報システム部門が独立、株主が日立造船からNTTデータに変更。 -システム開発運用。 - データ通信サービス、広域ネットワークサービスの保守運用。 -大規模システムの運営管理業務。 - 元独立系ソフトハウス()。 2006年(平成18年)に100%子会社。 - 旧社名はエヌジェーケー。 元独立系システムインテグレーター。 (平成21年)に資本参加。 2016年に100%完全子会社化。 同社を中核にエヌジェーケーグループ 株式会社、株式会社 を形成していたが2017年4月に子会社をエヌジェーケーに吸収合併。 日本電子計算株式会社• NTTデータ数理システム• NTTデータスマートソーシング• NTTデータテラノス• NTTデータチャイナアウトソーシング• NTTデータユニバーシティ• NTTデータビジネスブレインズ かつてのグループ会社• - 旧・NTTデータ三洋システム。 三洋電機のシステム部門が分離独立。 2015年3月31日付けで解散。 - Global Gateway(グローバルゲートウェイ)を合言葉に、日本および世界にフレキシブルな技術提供を展開。 海外拠点の施設を利用したグローバル人材育成も展開。 (平成30年)にNTTデータ先端技術と統合。 主な海外グループ会社 [ ]• - 導入コンサルティング。 - 米国向けオフショアが主力事業。 システム、モバイルアプリ開発。 - 中国における日系企業向けシステム開発。 - オフショア開発、中国企業向けSI、BPO。 NTTデータブランドに吸収されて消滅した海外グループ会社 [ ]• - 元BMW傘下の情報システム子会社。 製造業向け情報システム。 - ITサービス、SAP、Oracle等パッケージ開発。 - SI、ITコンサルティング。 - AMS、SAP、Oracle等パッケージ開発。 脚注 [ ] []• Gartner Market Share :IT Service, Worldwide2007• 『ロゴの秘密』高橋書店編集部、高橋書店、2013年、152頁。 日本経済新聞 2016年11月3日• ディー・エヌ・エー 2019年1月31日• (2007年7月1日時点の)• (2009年4月26日時点の)• asahi. com 朝日新聞社. 2007年6月14日. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル ネットサービス [ ]• - 財務情報流通ゲートウェイ• - 総合不動産情報サイト• - マンション査定サイト• - インターネットによるクレジットカード決済サービス• - 住宅地図等、各種地図情報をネットワークで配信するサービス• - 自治体の台帳管理をサポートするASPサービス• - ネットワーク型GISプラットホーム• - NTTデータのテキストマイニングツール、日本語解析エンジン• - 手書き文字認識を強みとする帳票ソフト。 日本語、、アルファベット等に対応。

次の