ザノン フィクション 西山 家。 ザ・ノンフィクション 「3人の舞妓それぞれ」きびしい舞妓の世界でメンタルは?

【ザノンフィクション】長男しおんの現在がヤバい美奈子の新漂流家族

ザノン フィクション 西山 家

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。 5月31日は「家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~」というテーマで放送された。 『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)より あらすじ 佐賀県の山あいの、かつて料亭だった「ポツンと古民家」には9人の大家族・西山家が暮らしている。 父・嘉克、母・ゆかりと裕子、そして6人の子どもたち。 西山家には母親が二人いる。 嘉克は「書道アーティスト」だ。 ゆかりは嘉克を好きになり2012年に二人は結婚するが、そのわずか8カ月後に嘉克はゆかりに、仕事の助手である裕子のことも好きになったと告白し「理想を言うと、裕子さんとゆかりさんとさらに幸せな道を一緒に実験したいけど、どうかな 」と仰天の提案をする。 話し合いやケンカの末、嘉克はゆかりとも裕子とも現在は籍を入れず事実婚の形で一緒に暮らしており、子どもたちは嘉克さんの戸籍に入っている。 ゆかりや裕子は、このことをきっかけに実家の親とは折り合いが悪くなっているし、ゆかりと裕子の間には、かつて互いに嫉妬や葛藤もあったというが、互いが自宅出産で介助するなどして、現在はこの家族の形態を受け入れているという。 二人の妻を持つ嘉克、どんな男なのか まず「妻二人」を成立させる嘉克の男ぶりについて報告したい。 顔立ちはなかなかのイケメンだ。 「街で見かけたら振り返ってしまう」レベルではないが、バーなどで座っていたら「へえ、イケメンがいるなあ」くらいには思うほどではある。 嘉克は39歳だが、中年太りとは無縁ですらっと細身、毛髪の不安も見る限りなく年齢よりずっと若く見える。 「お父さん」というより「お兄さん」という感じで、39歳、6人の子持ちでこれはなかなかすごいのではないだろうか。 一方で、これは日常の苦労を二人の妻、特にゆかりに押し付けているから、若々しさを保てているのでは……、と思うと素直に称賛し難い。 嘉克の仕事は書家であり、インスピレーションを詩にしたためるという、相田みつをのような仕事をしている。 男性の場合、仕事の才能で女性をメロメロにする「才能萌え」路線もある。 もともと姿かたちはイケてるほうである嘉克の「仕事ぶり」が良ければ、鬼に金棒だろう。 嘉克の書道アーティストとしての書や詩の才能はどうなのか。 番組では、出張先で客に即興でしたためた嘉克の詩が紹介されていた。 あいにく書体は紹介できないが、内容だけお伝えしたい。 「人生色々あるけれど 日々色々あるけれど それでも全部 いい思い出に 笑い話に変わっていく。 私たちの幸せって きっとそういうこと なのかもしれない。 」 いかがだろうか。 書にも詩にも疎い私は、居酒屋のトイレによく置いてある作品だな、以外の感想が出なかったが、この詩をしたためられた女性二人組は、詩が読み上げられると、最後は「堪えきれない」様子で涙をぬぐっており、世の中には私が思いもよらないニーズがあるのだと気づかされた。 嘉克はこういった詩をしたためる全国行脚をして、それで子ども6人を食わせている。 私は嘉克のことを男、父親、夫としてどうかと疑問を抱くが、相田みつを的なことで一家を食わせているのだから「フリーランサー」としての力量は尊敬する。

次の

ザ・ノンフィクション 「3人の舞妓それぞれ」きびしい舞妓の世界でメンタルは?

ザノン フィクション 西山 家

12月2日のザ・ノンフィクション主人公は 中学を卒業後「舞妓」として働く3人。 京都の花街5つのうち1番最古の 上七軒 かみしちけん で奮闘?する 舞妓3人組。 それぞれ問題と決断が・・・。 fujitv. jp 理音さん 「大文字」に15歳で入った理音さんは、最初から怒られてばかり 芸事はからっきしで、ヤル気もイマイチ。 名門中学に入った理音さんは成績が悪くエスカレーター式の高校にも 行かずに舞妓の道に、 志が低いのか、人と争う気がないのか、すべての行動が遅い。 姉さんの指導もまったく響かない。 デビューをかけた試験の舞いもまったくダメ。 前例がないビデオ導入で振りを覚えるという秘策も。 そして、迎えた崖っぷちの「店だし」テスト。 「ま~ま~覚えてる」というギリギリの評価。 7ヶ月たった理音は「勝音」として活躍 それから「芸妓」となります。 最初はダメだったけれど、やめようと思ったことも あったけど、いまはすばらしい「芸妓」さんです。 三島果帆さん 三島果帆さんも中学卒業から「大文字」へ。 最初から「筋」がいいと大評判。 ところがこの順調なところが心配でもありました。 8ヶ月後「勝奈」として店出しはしたようですが・・・。 ある日、遅刻してお師匠さんを待たせてしまいます。 そして次の日も・・・。 それから少しずつ何かが崩れます。 朝食もすべて戻す・・。 お休みの日、東京のお兄さんに会いに行きます。 そこで、過去の堕落した生活の話をききます。 2年目に入っても遅刻が続きます。 そこで、おかみさんが一気に秘策にでます。 「地方」という「おしろい」を塗らない、 唄と三味線をする、言わば飛び級です。 もともと筋がいいことと化粧での遅刻を防ぐためです。 それでも、メンタルは限界でした。 自分でも分からない精神的な悩み。 とうとう女将さんは「実家に帰りなさい」と 言い渡します。 6年間の「大文字」生活を終えました。 八木寿仁葉 やぎじゅには)さん 小学校からの夢だった、舞妓さんになるために自分で 調べて、自分で電話するほどの覚悟です。 想いが強いためか順調に「勝貴」として活躍。 が、メンタルが弱く、ナーバスになることも・・。 本当に大変な世界なんですね。 スポンサードリンク.

次の

【感想】ザ・ノンフィクション「父を殺した母へ~無理心中から17年目の旅~」を観て

ザノン フィクション 西山 家

父1人・母2人・子供6人の9人大家族が一つ屋根の下で暮らす西山家に密着する。 佐賀県の山あいにたつ一軒家。 ここに暮らす9人の大家族・西山家。 6人の子供たちと父親が1人。 そして、お母さんのゆかりさんと裕子さん。 父・嘉克さんは、全国を回る「書道アーティスト」。 ゆかりさんは、そんな嘉克さんが好きになり、2012年に結婚。 しかし、わずか8か月後、嘉克さんは、ゆかりさんに衝撃の告白をする。 仕事の助手である裕子さんのことも「好きになってしまった」というのだ。 今では、2人で役割分担をしながら「一つの家族」が成り立っているようにも見える。 そんな中、父・嘉克さんと唯一、血が繋がっていない裕子さんの子、14歳の長男は、中学卒業後、この家を出て行くべきかどうか悩んでいた。 「家族」とは……「夫婦」とは……「親子」とは……そして「幸せ」とはなんなのか? 西山家が探し続ける「家族のカタチ」を見つめる。 外部サイト.

次の