差し出がましい 類語。 「差し出がましい」の意味とは?使い方や類語、英語表現などを詳しく解説!

「おこがましい」の意味と類義語「厚かましい」「差し出がましい」との違い

差し出がましい 類語

「差し出がましい」の意味と類語 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」を意味する 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」や「余計なことをするような」という意味です。 相手に何かを伝える際や謝罪、お願いをする際に使われます。 例えば、相手に「でしゃばるようなこと(余計なこと)を言いますが」と伝える際は「差し出がましいことを言いますが」となります。 「差し出がましい」という言葉自体は敬語表現ではないため、上司や同僚・部下に使う際は前後の文章の言い回し方を変えて使ってください。 また、上司に対し言い出しにくいことを言う際のクッション言葉としても使われます。 「出過ぎたこと」を意味する類語「僭越(せんえつ)」 「差し出がましい」の類語である「僭越(せんえつ)」には「立場をわきまえずに出過ぎたことや出過ぎたまねをすること」という意味があります。 「差し出がましい」との違いは、使える相手が決まっているということです。 「差し出がましい」は目上・目下関係なく使える言葉ですが、「僭越」は立場が自分よりも上の相手に使います。 例えば目上の相手に対して意見を述べる際、「僭越ながら私からご提案がございます」となります。 「僭越ながら」や「僭越ではございますが」のほか、「僭越な物言いではありますが」などの言い回しができるので、状況によって使い分けてください。 「ずうずうしい」を意味する「厚かましい」も類語 「人の迷惑を考えずにずうずうしい様子」を意味する「厚かましい」も「差し出がましい」の類語です。 類語ではあるものの「差し出がましい」は「でしゃばるようなこと」を意味するのに対し、「厚かましい」は「ずうずうしい」「遠慮がなく迷惑な様子」を表す言葉となります。 ビジネスシーンではクッション言葉として「厚かましい」を使いますが、言葉自体はマイナスな言葉ですので使い方に注意してください。 類語である「おこがましい」は「身の程知らず」という意味 「差し出がましい」に類語の1つが「おこがましい」です。 「身の程知らず」という意味を持つ「おこがましい」は「差し出がましい」と同じ意味で使われ、クッション言葉としてもよく聞くフレーズです。 目上の相手への「差し出がましい」の使い方 「でしゃばった質問」を意味する「差し出がましい質問」 目上の相手に対してでしゃばった質問をする際、クッション言葉として「差し出がましい質問」という言い回しが使われます。 上記の例文の場合「でしゃばった質問をして申し訳ないのですが」とワンクッション入れることで、ただ質問をするよりも丁寧な印象を与えることができます。 「差し出がましいまね」とは「でしゃばったまね」 「差し出がましい」を使った言い回しの1つに「差し出がましいまね」があります。 「でしゃばったまね」を意味する「差し出がましいまね」という言葉は、立場が上である相手へ行動を起こす際のクッション言葉として多く使われます。 また、クッション言葉として以外にも「差し出がましいまねをして申し訳ございません」と、自らのでしゃばった行為に対して謝罪するシーンに使えます。 「差し出がましい」はメールでも使える 「差し出がましい」は話し言葉だけでなく、メールや手紙などの書き言葉としても使えます。 取引先の担当者や他部署の上司など、目上の相手とメールで連絡を取り合うことは多々ありあます。 例えばお願いごとをする際に、本題へ入る前のクッション言葉として上手く「差し出がましい」を取り入れることで丁寧な印象を与えることができます。 「差し出がましい」を使った例文 「差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」を使った例文 「差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」は、でしゃばった物言いをした際の謝罪の言葉となります。 例えば、良かれと思って放った言葉が結果として上司に迷惑を掛けることとなった場合「私は担当者でないにも関わらず差し出がましいことを申しまして、申し訳ありません」となります。 謝罪する際は「すみません」よりも「申し訳ありません」、更には「申し訳ございません」の方が丁寧な表現となります。 状況により適切な言葉を選んで使ってください。 「差し出がましいこととは存じますが」を使った例文 「差し出がましい」を使った言い回しの1つが「差し出がましいこととは存じますが」です。 例えば「差し出がましいこととは存じますが、こちらの資料を使った方が分かりやすいのではないでしょうか?」という文章だと、「でしゃばったまねだとは思うけど、こっちの資料の方がいいのでは?」という意味になります。 「差し出がましいことを申しますが」を使った例文 目上の相手に自分の意見を述べる際に「差し出がましいことを申しますが」が使えます。 例えば「差し出がましいことを申しますが、このままでは社員の不満が溜まる一方ではないでしょうか?」という文章だと、「でしゃばったことを言いますが」とクッション言葉として使われています。 まとめ 「差し出がましい」とは「でしゃばるようなこと」を意味する言葉で、謝罪やお願い事をする際に使われます。 本題に入る前のクッション言葉として使うことで、丁寧な印象を与えることもできます。 類語や言い回し方を変えて適切に使ってください。

次の

「おこがましい」の意味と類義語「厚かましい」「差し出がましい」との違い

差し出がましい 類語

日々の生活の中で、いろいろな立場や関係性の人と話していると、さまざまな言葉に触れる機会があります。 日常の会話で使い慣れている言葉もあれば、ビジネスシーンなどでしか使用しない聞き慣れない言葉などもあり、意味を知らない言葉と出会うと戸惑うこともあるでしょう。 意味や使い方に自信がない言葉に触れた場合は、その場では難しくても、なるべく早い段階で正しい意味や使い方を確認することをおすすめします。 わからない言葉について確認することで、語彙力やボキャブラリーの向上に繋がるでしょう。 今回は、「差し出がましい」という言葉をテーマにして、意味や使い方、例文や敬語表現などについて、考察・ご紹介していきます。 「差し出がましい」の意味などに自信がない方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 Web電話帳を導入しませんか? 「分を弁えない」という表現も、「差し出がましい」という言葉と、似たような意味を持っていると言えるでしょう。 「分を弁える」という言葉の意味についえは、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説されています。 引用の内容から、「分を弁える」という言葉の意味は、立場や身分を理解して、控えめで自分の身の丈にあった言動を取ることだと読み取れます。 「分を弁えない」という表現は、上記でご紹介した「分を弁える」の反対語だと言えるでしょう。 ですから、立場や身分を考えずに出しゃばるといった意味になると予想できます。 自分の身の程や分際を承知して、出過ぎたまねをしない。 でしゃばった行動を控える。 多くは「分をわきまえたまえ」のように相手に呼びかける形(命令形)で用いられる。 出しゃばる 「差し出がましい」という言葉を使用した言い回しの1つとして、「差し出がましいようですが」という言い回しが挙げられます。 「差し出がましいようですが」という言い回しは、「差し出がましい」という言葉を使用した言い回しの中でも、特によく使われるメジャーな言い回しだと言えます。 「差し出がましいようですが」を使用した例文としては、以下のような使い方をしたものが挙げられます。 ・差し出がましいようですが、私としては赤よりも白の方がお似合いだと思います。 ・差し出がましいようですが、会議は14時ではなく15時開始ではないでしょうか? ・差し出がましいようですが、私も発言させて頂きます。 差し出がましいこととは存じますが 敬語には、いくつか種類があります。 その中でも、特にメジャーな分類が、「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類に分類する分け方です。 まずは、3種類の敬語のうち、「丁寧語」 へと言い換える方法について、考察していきます。 丁寧語とは、綺麗な言葉や丁寧な言葉を使うことで、相手に対する敬意や気遣いを見せる表現方法です。 「差し出がましい」という言葉を丁寧語へと言い換える場合は、前後で使用する言葉を丁寧語へと言い換える必要があると考えられます。 「差し出がましい」という言葉の前後の言葉を丁寧語へと言い換えた例としては、「差し出がましいのですが」「差し出がましいこととは思いますが」といった言い回しが該当すると考えられます。 尊敬語 続いて、3種類の敬語の中でも、特に相手の言動に敬意を払って表現するタイプの、「尊敬語」をピックアップして、差し出がましいの言い換え表現について考察していきます。 上記でもご紹介したように「差し出がましい」という言葉は、お節介であることやしゃしゃり出た感じになることを表現する言葉です。 一方で、尊敬語は、目上の人などの言動を奉って、敬意を払うタイプの敬語となっています。 目上の人の言動に対して、お節介や余計なお世話といった意味・ニュアンスを持つ「差し出がましい」という言葉を使用するのは、失礼だと考えられます。 上記のような背景から、目上の人の言動を「差し出がましい」と表現するケースはほとんどないと考えられるため、尊敬語へと言い換えて使用することも、滅多にないと考えられます。 謙譲語 最後に、自分の言動を謙って表現することで相手へ敬意を払う、「謙譲語」へと「差し出がましい」を言い換える方法について、考察してきます。 「差し出がましい」という言葉は、目上の人などに対する自分の言動を「お節介」「余計なお世話」などと表現する際に使用されるケースが多いため、謙譲語へ言い換えて使用する機会は、多いと予想できます。 「差し出がましい」を謙譲語へと言い換える場合は、前後の言葉を謙譲語へ言い換えるケースが多いと言われています。 謙譲語への言い換えの一例として、「差し出がましいこととは存じますが」といった表現が挙げられます。 「存じます」は、「思う」「知る」などの謙譲語と言われています。 ですから、「差し出がましいことと思いますが」を謙譲語へと言い換えると、「差し出がましいこととは存じますが」という言い回しになると考えられます。 「差し出がましい」のビジネスでの表現・意味.

次の

差し出がましいの意味とは?ビジネスでの使い方や例文・敬語表現も紹介

差し出がましい 類語

「おこがましい」とは 「おこがましい」は漢字で書くと「烏滸がましい」となります。 そもそも「おこがましい」という言葉は古語からきており、「おこ」は「馬鹿」を意味していました。 そのため「おこがましい」の本来の意味は「馬鹿馬鹿しい」です。 この「馬鹿馬鹿しい」という意味が時代と共に転化し、「生意気」「調子に乗っている」という意味を持つようになりました。 「おこがましい」の意味 現代の「おこがましい」は「馬鹿馬鹿しいともいえるくらい調子に乗っている状態」「生意気で愚かともいえる状態」を表しています。 主には自分自身に対して使う言葉で、謙遜やへりくだった表現として使われることが多いでしょう。 「こんなことを言うと生意気だと思われるでしょうが」という意味で「おこがましいと思われるでしょうが」などと使います。 また「おこがましい」には「身の程をわきまえていない」という意味もあります。 目上の方へ少し思い切った提案をしたり、身の程知らずと思われる可能性があることを伝える時にも「おこがましい」を使うことができるのです。 「こんなことを言うと身の程を知らない愚か者だと思われるでしょうが」という意味で「おこがましいのですが」と使えば、自分の立場を理解した上での発言であるということを相手に伝えることができます。 「差し出がましい」との違い 「おこがましい」と混同されやすい言葉に「差し出がましい」という言葉があります。 「差し出がましい」という言葉は「余計なお世話」「お節介」などの意味があるのです。 「差し出がましい」は「本来の役割を越えている様子」を表します。 自分がやるべきことではないことを意識的に行う状態です。 自分であっても自分以外の人であっても「本人は良かれと思ってやっているが客観的に見た時に、必要以上にしゃしゃり出ている」というイメージを持っています。 相手に求められたことではなく、自分が気を利かしたつもりでやったことについて「差し出がましいかと思いましたが〇〇をいたしました」などと表現します。 「おこがましい」は自分の身分不相応な振る舞いについて使われ、「差し出がましい」は自分の役割ではないことをした場合に使われるのです。 「おこがましい」はビジネスシーンでも使える? 「おこがましい」という言葉はビジネスシーンでも使うことができます。 相手に対して意見や忠告をする時に用いるクッション言葉です。 「おこがましいようですが~」と付けることで相手への配慮を見せることができます。 「おこがましい」は自分を謙遜するときに使える言葉 「おこがましい」は相手への配慮であると共に、自分を謙遜する言葉としても使うことができます。 相手に対して「私が言うのもおこがましいのですが」と言うことで「私のようなものが」と自分をへりくだって表現することができるためです。 取引先や上司に自分の意見を言うときなどに使用 相手が取引先や上司であった場合、自分の意見を言うことに「生意気なようで気が引ける」と感じることがあれば「おこがましいのですが」と付け加えることができます。 立場によらず意見を求められた時に「私のようなものが言うのはおこがましいのですが」と前置きをすることで、取引先や上司に「寛容に受け止めてください」というニュアンスを伝えることもできるのです。 「おこがましい」の類語 「おこがましい」にはいくつかの類語があります。 「おこがましい」という言い方がしっくり来ないと感じる時には、次のような言い方に変ることもできるのです。 僭越(せんえつ) 「僭越」という言葉は結婚式やパーティなどで聞かれることが多い言葉です。 この「僭」という字には「身分不相応に調子に乗る」という意味があります。 「越」は「自分の立場や力量を越える」という意味です。 このことから「僭越」には「身分不相応に調子にのった私が自分の立場や力量を越えて」という気持ちを表していることがわかります。 「自分のような人間が引き受けるのは身に余ることと承知しながら、精一杯務めています」という気持ちを「僭越ながら」としているのです。 厚顔(こうがん) 「厚顔」には「ずうずうしい」「顔の皮が厚い」という意味があります。 「厚顔無恥(こうがんむち)」と言えば「ずうずうしく、恥知らず」ということです。 「厚顔」つまり「顔の皮が厚い」と、顔色の変化がわかりにくいだろう、ということから「顔色を変えない厚かましさ」を表しています。 無礼な人のことを「なんと厚顔な振る舞いだろう」と言えば「なんと厚かましい振る舞いだろう」ということを意味するのです。 自分のことを指したいのであれば「厚顔無恥でお恥ずかしい限りです」などと使うことができます。 生意気 「生意気」という言葉は「その資格もないのに、一人前のようなつもりで偉そうにすること」を意味します。 相手から見て半人前で力不足とされている人のことを「生意気な人」などと言います。 「生意気」という言葉が相手に向かった時には、ほとんどが良い意味では使われません。 ところが、この「生意気」という言葉を自分に向けると、へりくだった表現となり、謙遜をすることができます。 「私のようなものが生意気を言いまして」などと使えば「力不足の私が言うようなことではないのですが」ということを伝えることができます。 「おこがましい」の例文 では「おこがましい」という言葉を実際に使う場合、どのように使うことが正しいのかを例文で確認してみます。 (例)おこがましいとは思いますが、ぜひ私にやらせていただけませんでしょうか 相手への依頼には「おこがましいとは思いますが」「おこがましいことは承知いたしておりますが」などを使います。 「おこがましいとは思います、しかし~」とすることで依頼の形ができます。 (例)このようなおこがましいお願いを聞いていただき、心より感謝申し上げます 相手への感謝を表す時には「おこがましいお願いだったにも関わらず」という形をとることで、具体的な感謝を伝えることができます。 (例)私のようなものがおこがましい真似をいたしまして、大変申し訳ございませんでした 相手へのお詫びの際にも「おこがましい」を使うことで、より具体的なお詫びにすることができます。 「私がこんなことをしてしまったがために」と、自分に原因があるということを伝えた上でのお詫びにすることができるのです。 まとめ 「おこがましい」という言葉には様々な使い方がありますが、「自分の位置を低くして相手へ配慮する」という基本は同じです。 状況に合った「おこがましい」を上手く使うことで、相手とのコミュニケーションを誤解なく進めることができます。 適切な言葉を使って、自分の気持ちを正確に相手へ伝えましょう。

次の