酵素洗顔おすすめはこれだ!。 <オバジ vs スイサイ>人気の2大酵素洗顔パウダー比較

酵素洗顔人気おすすめ15選【2020年最新!】 | VOKKA [ヴォッカ]

酵素洗顔おすすめはこれだ!

毛穴の角質や黒ずみってなかなか取り除くのが難しいものですよね。 特に小鼻周辺は皮脂の分泌が多いので、気がつくといちご鼻になっていたりしませんか?こういった古い角質を簡単に取り除けるアイテムとして「毛穴パック」もありますが、粘着力が強すぎて剥がすときに痛みを感じたり、毛穴の開きの原因にもなってしまい、結局悩みは尽きないもの。 ですので、誰でも気軽に取り入れることができます。 しかし、刺激が少ないとはいえ、間違った使い方をしてしまえば大切なお肌を傷つけてしまいますから、正しい使い方を理解して安全に使用するのが大切。 また、この記事では酵素洗顔のデメリットや注意点なども詳しく紹介していきますので、すでに酵素洗顔を使用している人も、今一度使い方を見直してみてくださいね! 美肌になりたいなら知っておくべき!酵素洗顔ってどんなもの? 肌のエイジングケアで大切になるのが「洗顔」ですよね!洗顔料にはいろいろな種類があって、石けんやジェル、ミルク、スクラブなどが多く利用されているのではないでしょうか。 そんな洗顔料の中でも、毛穴の黒ずみやくすみケアに特化したものが、酵素洗顔になります。 酵素洗顔はエイジングケアに非常に効果的として話題になり、今ではたくさんの酵素洗顔が市販で販売されています。 エステなどでも酵素洗顔を取り入れているところは多いですから、まさに 自宅でエステ効果を実感できるという、画期的な洗顔なんです! 「酵素」は角質や皮脂を分解してくれる 酵素洗顔には、その名の通り「酵素」が含まれています。 酵素は、私たちが普段食べている食事やサプリメントなどでもよく耳にする言葉ですよね。 酵素にはタンパク質や脂肪を分解する働きがあるのですが、それ以外にも骨や筋肉をつくったり、動かしたりする時にも活躍してくれる成分。 つまり、私たち人間にとって酵素は必要不可欠なんです。 いろいろな役割を果たしてくれる酵素なだけに、種類は1つだけでなくもそれなりに豊富。 しかし、洗顔に使われる酵素は限られていて、角質の成分でもあるタンパク質を分解する「消化酵素」と、「消化酵素」になります。 これらの酵素が、 毛穴に詰まった古い角質や汚れ、余分な皮脂を分解して、毛穴をきれいな状態にしてくれるんですね。 洗顔に使われる酵素の種類 酵素洗顔では「消化酵素」と「消化酵素」が使用されると紹介しましたが、具体的には4種類ほどの酵素が使われるのが一般的です。 それぞれ特徴や性質が微妙に違いますので、それぞれの違いをチェックしてみましょう。 洗顔料に使われる主な酵素"] プロテアーゼ/パパイン酵素/ブロメライン/リパーゼ プロテアーゼ プロテアーゼは、主に タンパク質を分解する働きがある酵素で、人間の体内にも備わっているもの。 細かくいうと、プロテアーゼにはもっと細かい種類があって、「プロテイナーゼ」や「ペプチダーゼ」などを総称して「プロテアーゼ」と呼びます。 パパイン酵素 パパイン酵素は、まだ成熟していない青いパパイヤから抽出される食物酵素。 このパパイン酵素はプロテアーゼの1種とされていて、生きた細胞には効果がないというのが特徴の成分です。 つまり、 不要な角質だけを分解してくれるというもの!この性質は数ある酵素の中でもパパイン酵素のみに認められた特徴で、多くの酵素洗顔で使用されている酵素となっています。 ブロメライン ブロメラインは、パイナップルに含まれる酵素成分で、 タンパク質の分解力が非常に強いのが特徴です。 実際に、パイナップルを食べ過ぎると舌がピリピリすることがありますが、これはブロメラインによる刺激が原因となります。 ですので、洗顔料に含まれる場合には大きな効果が期待できますが、配合量が多いとその分刺激も強くなるでしょう。 リパーゼ リパーゼは、主に 脂肪を分解する働きがある酵素です。 タンパク質を分解するという働きは認められていません。 酵素洗顔を使うメリット 酵素洗顔には、タンパク質や脂質を分解してくれる効果があるというのがわかりましたが、これによって 具体的にどんな効果が得られるのでしょうか。 また、酵素を使うことでなぜ毛穴の角質や黒ずみが落ちるのでしょうか。 ここでは、酵素洗顔を使う具体的なメリットと仕組みをまとめてみました! 毛穴に詰まった角質や黒ずみが落とせる 人の肌には必ず角質というものが存在していて、角質は外部からの刺激や細菌から肌を守ってくれているんです。 しかし、この角質に皮脂や汚れが混ざり、洗顔でしっかり洗い流せなかった場合には、毛穴に蓄積されていくことになります。 蓄積された角質はやがて固まって角栓となりますから、普段の洗顔ではなかなか落とせなくなってしまうんですね。 また、角栓には皮脂も含まれていますから、これが酸化して茶色く変色すれば、鼻の黒ずみやくすみとして現れてくるのです。 ですが、酵素洗顔を使えば固まってしまった角栓や皮脂を分解し、きれいに落とすことができますから、 ザラザラしていた肌もツルツルになります。 さらに、その分化粧水や美容液などの成分も肌の奥まで浸透し、毛穴の目立たないキメ細かい肌をつくることができるんです。 肌の色がワントーン明るくなる 毛穴に皮脂が蓄積すると、時間が経つにつれて酸化が始まり、やがて毛穴が茶色く見えるようになります。 皮脂の分泌が多いのは鼻や額となりますが、多かれ少なかれ皮脂は顔全体に存在するもの。 ですので、酸化した皮脂が詰まっている人は、実は顔全体がくすんでいるんです。 これを酵素洗顔で取り除けば、顔全体の肌の色が明るくなり、 本来の透明感を取り戻すことができるでしょう。 肌の色で人の印象もだいぶ変わりますから、肌の色がワントーン明るくなることによって、清潔感があって健康的なイメージを与えることにもなりますよね! ターンオーバーが正常化する 酵素洗顔によって古い角質や皮脂が取り除かれると、私たちの肌は新たな角質をつくろうとします。 ですので、肌はどんどん新しい角質をつくり出そうとするわけです。 つまり、酵素洗顔によって肌のターンオーバーを正常に戻すことができるということ。 ですので、酵素洗顔を使うことで逆に肌トラブルを起こしてしまったり、余計に皮脂や角質が詰まりやすくなってしまう場合もゼロではないのです。 いいことばかりに思える酵素洗顔にも、 実はデメリットとなる部分がありますので、安心して使用するためにも酵素洗顔のデメリットまできちんと理解しておきましょう。 洗顔というだけあって、酵素洗顔には酵素以外のさまざまな成分も含まれているもの。 ですので、 合成成分によってアレルギーを発症したり、肌に異常をきたす人がいるのも事実です。 これは酵素洗顔に特化したものではなく、精油やオーガニック成分を使用した化粧品にも同じことがいえます。 今のところは大きな問題になったケースは報告されていませんし、危険があるのであればここまでいろいろな酵素洗顔が販売されることもありませんが、絶対に「トラブルが起きないか」といえばそうではありません。 ですので、酵素洗顔を使って強い刺激を感じたり、ピリピリやヒリヒリといった痛み、赤みが出る場合には、酵素洗顔が肌に合っていない可能性も考えられますので、使用を控えた方が安心です。 皮脂の分泌が過剰になる 酵素洗顔の成分が強かったり、使用する頻度が多かったりすると、その分取皮脂や角質が取り除かれることになります。 一見良かれと思ってしまうのですが、皮脂や角質は落とし過ぎてしまっても良くないんです。 古い角質や皮脂が取り除かれると、肌はまた新しい角質をつくろうと働きますが、皮脂や角質がない状態が続けばその分肌も一生懸命に角質を作り続けるわけです。 その結果、肌は 通常よりも皮脂を分泌しやすい肌になってしまうんですね。 そうなれば余計に角質も溜まりやすくなり、酵素洗顔を毎日使わなければ追いつかなくなってくるでしょう。 頻繁に行えばその分肌に負担がかかってしまいますし、肌が刺激に耐えようとして硬くなってくる場合もあります。 バリア機能が低下する これも酵素洗顔の頻度や成分の強さによるデメリットですが、人の肌には常に角質が存在するものですよね。 角質によって刺激や紫外線、細菌などから肌を守ってくれているのですが、酵素洗顔を間違った使い方で使用すると、必要な角質までが洗い流されてしまいます。 そうなれば肌は無防備状態ですから、炎症や乾燥といったトラブルを引き起こしやすくなるでしょう。 酷い場合は、 敏感肌やインナードライ、さらに毛穴の黒ずみを余計に目立たせてしまうことにもなりかねませんので、正しい使い方をするというのが重要になるんです。 酵素洗顔の正しい使い方 使い方を違えると逆に肌トラブルの可能性が高まる酵素洗顔。 角質や黒ずみを取り除くには大きな効果が期待できますが、安心して使用するためには 正しい方法で行うことが非常に重要となってくるんですね! そこで、酵素洗顔の正しい使い方というのをまとめてみました。 せっかく酵素洗顔をするわけですから、正しく効率的に角質や黒ずみを除去して、肌トラブルを起こさないように気をつけましょう! 酵素洗顔のタイミング 酵素洗顔では、キメ細かい泡で詰まった角質や黒ずみを分解していきますので、毛穴が開いた状態で使用するのが最も効果的。 ですので、お風呂のタイミングや汗をたくさんかいた後、クレンジングでメイクを落とした後などの、 肌が柔らかくなっている時がおすすめです。 もちろんそれ以外の時でも良いのですが、肌がいまいち柔らかくない場合には、蒸しタオルを乗せて毛穴を開かせたり、ぬるま湯で顔を洗って肌を柔らかい状態にすると良いでしょう。 また、髪の毛などが顔にかかる場合は、その部分だけ酵素の分解能力が発揮されないこともあるので、ヘアバンドなどでしっかりと髪をまとめておくのがベストです! 酵素洗顔の頻度 酵素洗顔をする頻度は、どの酵素洗顔を選ぶかにもよりますが、一般的には週に1回〜2回と記載されていることが多いようです。 しかし、初めて酵素洗顔を使用する人や、肌が弱い人などは、できるだけ頻度を少なくするのが安心。 肌状態や体質によっては週1回でも多いという場合も十分にあり得るのです。 ですので、 はじめは2週間に1回くらいのペースで使用し、様子を見ながら酵素洗顔の頻度を調節していくのが良いでしょう。 そして、肌が慣れてきたら1週間に1回くらいのペースにします。 時々、酵素洗顔で思ったように黒ずみが落とせず、続けて使用する人もいますが、これは肌への負担が強くなってしまうのでやめましょう。 多少黒ずみが残ってしまったとしても、全く落とせなかったわけではありませんし、角栓が固過ぎて1回の洗顔では分解できなかったという可能性も考えられます。 そのため、一度に全ての黒ずみを落とそうとするのではなく、時間をかけて取り除くような意識を持つと良いですよ! 洗顔手順 酵素洗顔はパウダー状になっているものがほとんどで、できるだけたっぷり泡立てるのがポイントです。 洗顔パウダーを手にとってぬるま湯を適量加えたら、反対の手の指先で優しく泡だてていきます。 そして、ある程度の泡が出来上がったら、さらにもう少し水分を加えて両手でしっかりと泡だてましょう。 手のひらに5cm程度の山ができ、キメ細かい泡になったらOK。 泡だてがどうも上手くできないという場合は、泡だてネットを使用するのもおすすめですよ! 出来上がった泡は顔に乗せ、手でこすらないようにしながら全体に伸ばしていきます。 その際に角質や黒ずみが気になる部分を丁寧に洗うのですが、 直接こすらず泡を滑らせるようにして洗いましょう。 洗顔か終わったらぬるま湯で優しくすすぎ、清潔なタオルで軽く押さえるようにして水気を拭き取ります。 自分に合う酵素洗顔の選び方 正しく使用すれば、肌を健康的に美しくしてくれる酵素洗顔。 しかも2週間に1回ほどのペースであれば、普段の生活に取り込んでも大きな手間にはなりませんよね!ですので、毛穴の黒ずみや開きが気になる人には特におすすめしたいアイテムだと言えるでしょう。 ところが、いざ酵素洗顔を探してみるとその種類は非常に多く、一体どの酵素洗顔を選べば良いのか迷ってしまうもの。 商品によって使われている 酵素成分が違ったり、自分の肌に合う・合わないもありますから、何を基準に選べば良いのかわかりずらいですよね。 そこで、ここでは自分に合う酵素洗顔を選ぶためのポイントを紹介したいと思います。 基本的なことにはなりますが、ここで紹介する3つのポイントをしっかりと押さえることで流行りや人気商品に流されず、しっかしと自分に合う酵素洗顔を見つけることができるでしょう。 これから購入を考えている人や、今の酵素洗顔がいまいち合わない人など、今一度チェックしてみてくださいね! 1. 酵素以外の洗浄成分をチェック 酵素には古い角質や黒ずみを分解する効果がありますが、だからといって洗浄ができるものではありません。 そのため、酵素とは別に「洗浄成分」が含まれているのが一般的。 時々「酵素洗顔は自分には合わなかった」という人がいますが、実は酵素ではなく、 洗浄力が強過ぎてトラブルの原因になっている可能性も考えられるんですね。 ですので、酵素だけでなく洗浄成分もしっかりと確認するのがおすすめです。 洗顔料の成分で洗浄力のあるものは、「石鹸」と「界面活性剤」。 基本的に酵素洗顔では、酵素と純石鹸だけで十分洗浄ができますので、余計な刺激を受けたくない人は「純石鹸」が配合されているものを選ぶと良いでしょう。 また、それでも刺激が強いという場合は、石鹸よりも刺激の弱い「アミノ酸系の界面活性剤」が含まれているものがおすすめですよ! 洗浄成分の表記"] 純石鹸:石鹸素地・カリ石鹸素地・ラウリン酸カリウム・オレイン酸ナトリウム・ラウリン酸・水酸化カリウム・オレイン酸・水酸化ナトリウムなど アミノ酸系界面活性剤:ココイル〇〇・カプロイル〇〇・べタイン〇〇など 2. 肌への刺激が少ない成分 酵素洗顔はパウダータイプのものがほとんどですが、パウダータイプの場合は水分が含まれていないため、安定剤や防腐剤などの添加物が必要ないものもあります。 肌質は人それぞれというのはもちろん、年齢や体調によっても違ってきますから、「ちょっと合わないかな…」と感じたら、より刺激の少ない洗顔に変えるようにしましょう。 指や手で直接肌をこすらなくても、キメ細かいたっぷりの泡がつくれれば、角質や黒ずみはしっかりと分解されますので、 酵素洗顔は泡が命と言っても過言ではないでしょう。 パウダー洗顔に慣れていない場合はなかなか泡立てるのが難しいかもしれませんが、そんな時は洗顔ネットを使うと簡単に泡をつくることができます。 また、毛穴の奥まで酵素を届かせるためには、泡のキメ細かさが重要!質の良い泡は手のひらを下へ向けても泡が落ちることがなく、クリーミーなことが目印となりますので、酵素洗顔を選ぶ際には泡にも注目してみましょう! 【おすすめの酵素洗顔TOP26】毛穴の汚れをスッキリ落としてくれる酵素洗顔ならこれ! では、ここからはさっそくおすすめの酵素洗顔を紹介していきたいと思います!今回は、数ある酵素洗顔の中から26種類をピックアップしてみました。 これらは利用者が多く、使った後の満足度も高い酵素洗顔で、ドラッグストアやスーパーなどで購入できるものがほとんど。 ハンガリー生まれの泥洗顔。 ハーブ由来の自然派洗顔、30秒でピーリング完了• 泡立たないソープだからパック感覚で美肌を後押し! は 美容大国ハンガリー生まれのスキンケア。 たった30秒なでるだけでピーリング完了、天然のハーブの力がお肌をキメの整ったむきたて卵肌によみがえらせます。 公式サイトからの購入で初回特別価格2,980円 今公式サイトから定期お届けコースで購入すると 通常価格6,000円のところ約50%OFFの2,980円で買うことができます。 全国どこでも送料無料、しかも2回目以降の33%OFFで購入できるんです。 定期お届けコースはいつでも解約できるから、もしも肌に合わなくっても安心ですね。 自分に合う酵素洗顔が見つからないなら手作りもOK! 市販でもいろいろな種類が販売されている酵素洗顔ですが、「いくつか使ってみたけど、どれも刺激が強くて合わなかった…」なんて人もいるかもしれませんね。 しかし、そんな人たちでも酵素で毛穴ケアをする方法があるので安心してください! それは自分で酵素パックをつくるという方法。 一般的に販売されている酵素ドリンクを使えば、誰でも簡単に酵素パックを作ることができるんです。 酵素ドリンク• 水(ローションやはちみつでもOK)• フルーツ• ヨーグルト• コーンスターチ 《作り方》• 酵素ドリンクと水を入れ、よく混ぜ合わせる(酵素ドリンク4:水1)• 酵素を含むフルーツやヨーグルトを潰して加える• よく混ぜ合わせたら、コーンスターチを加えて固ささを調節する• 程よい固さになったら完成! 《パックのやり方》 酵素パックは、顔全体・首筋・デコルテなどの気になる部分に塗り、 15分ほど放置して洗い流すだけで角質や汚れを取り除くことができます。 酵素洗顔と違って「泡で包む」という感じではなく、酵素成分を顔に乗せてじっくり効果を発揮するといった感じ。 しかも、全て食べられるものでできているので、安心して使うことができますよね! ただ、お風呂場で使用する場合は注意が必要。 浴室は湿気や水分が多いため、この酵素パックでは垂れ流れてしまう可能性があります。 ですので、お風呂場で使用する場合には「酵素ドリンク5:水1」の割合にし、ちょっと固めに調整するのがおすすめです。 天然パパイン酵素成分を配合しており、不要な角質やメラニンを分解してスッキリ洗浄してくれますよ! 少々価格は高めとなりますが、それだけ配合成分にもこだわりを持っていて、一度使うと手放せなくなる人が続出。 口コミだけで人気となり、それ以来40年以上愛され続けているという実力の持ち主で、女性だけではなく男性にも愛用者が多いんだそう。 脂肪分散酵素、タンパク質分解酵素、炭水化物分解酵素のトリプル酵素効果が配合されており、これらに水分が加わることで威力を発揮。 そのため、防腐剤などの添加物を入れる必要がないんですね! また、酵素洗顔では潤いまで失われてしまうのが懸念点となりますが、ル・アドは洗いすぎてしまうことにも重点を置いていますので、洗い上がりも肌はしっとり。 泡に頼らず配合成分で勝負をする、本格酵素洗顔なんです。 珍しい固形タイプとなりますが、an・anやwithなどの雑誌ても取り上げられている人気洗顔なんです! 他の酵素洗顔とは違って、いつかの石けんは毎日の洗顔としても使える優れもの。 1個で約2ヶ月間使えて、普段から優しく汚れを取り除くことによって、毛穴汚れを落としつつキュッと引き締まった毛穴に改善することができます。 しかも、たっぷりの泡を顔に乗せて30秒ほどパックするだけなので、これまでのこする洗顔とは全く違う洗顔に。 酵素にはプロテアーゼを使用していますが、それ以外にも多元素共存ミネラルやココナッツオイルが豊富に含まれており、製薬会社がつくった自慢の洗顔料として話題を呼んでいるんです。 香料や着色料は使用していないため、強い刺激物が含まれていないのも嬉しいポイントです。 また、保湿成分としてはめずらしい「豆乳発酵エキス」を使用しており、肌の酸化を予防してくれる効果も期待ができます。 キューブタイプの個包装は持ち運びにも便利で、濡れた手でも簡単にパウダーを取り出せるんです。 細かいパウダーを泡立てると、弾力のあるもっちり泡が出来上がり、2種類の酵素成分でしぶとい汚れを絡みとってくれますよ! さらに、コラーゲンやヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスといった保湿成分もしっかり配合されていますから、滑らかで潤った肌に仕上がります。 油分・香料・着色料は使用していないため、肌への刺激がきになる人でも安心して使うことができるでしょう。 コメヌカ本来が持っている植物性の酵素が含まれていて、有益微生物の力でしっかりと洗浄してくれるんです!合成界面活性剤などの強い刺激成分も含まれていませんので、普通肌の人や敏感肌の人でも安心して使うことができるでしょう。 また、含まれる酵素は皮脂を分解してくれる働きがあるため、メイク落としとしても利用できます。 クレンジングとして使った場合には、その後のダブル洗顔が必要なくなり時短にもなりますよね! ただ、ニキビや肌トラブルがあるときに使用すると何らかの影響があるようなので、肌に問題がないときに使うのがおすすめです。 ピーリング商品を主力としていますが、そんな中で誕生したのがこちらの酵素洗顔料なんです。 不要な角質だけに効果を発揮するパパイン酵素を使用しており、微粒子パウダーで毛穴の奥までしっかりとケアすることができます。 一般的なパウダーではなく泡のまま使うタイプなので、泡立てるのが苦手な人にはぜひおすすめしたい商品です!ボタンを押すだけでモチモチの濃密泡が出て、そのまま顔に乗せて洗顔すればOK。 この濃密感はパウダータイプではなかなか作れない泡ですから、一度使うとクセになってしまう使用感人と人気を呼んでいます。 含まれている酵素はタンパク分解酵素のプロテアーゼ。 重曹パウダーによって頑固な角質や黒ずみをしっかりと落としてくれるため、男性におすすめです。 また、毛穴が広がって凹凸になっている肌も、ツルツルでキメの整った肌に改善できると評判なんです! 使用している酵素は、必要な角質は残してくれるパパイン酵素。 ですので、肌が無防備状態にならず、安全に角質ケアを行うことができるでしょう。 泡立ちが物足りないという声もありますが、少ない泡でもしっかりと効果はあり、平均で3回くらい使用するとハッキリと効果が実感できるようです。 皮脂の多い男性の肌には、洗顔後のスッキリ感も大きな満足感が得られるはず! No. 桃の優しい香りが疲れた心をリラックスさせてくれると評判ですが、活きている酵素が配合されているため、もちろん角質ケアの効果もバッチリ! また、保湿成分として桃の葉エキスやローズヒップオイルを配合しており、洗顔後のツッパリ感がありません。 さっぱりするのに肌はしっとり潤いますから、黒ずみやくすみだけでなく、肌の乾燥が気になる人にもおすすめです。 泥成分は汚れや角質に吸着する働きがありますので、より効率的に毛穴ケアが行えることになるんですね! さらに、保湿成分としてヒアルロン酸Naやホホバ種子油、セラミドも配合されていますから、洗顔後も肌が突っ張らず、しっとり滑らかな肌に仕上げてくれます。 手でこすって肌へ負担をかける心配もないので、2週間(もしくは1週間)に1回のスペシャルケアとして取り入れてみると良いでしょう! No. 弱酸性の酵素を使用しているので、肌に余計な刺激を与えずに汚れのみを分解してくれるという優れものです!しかも、酵素成分は2種類配合していて、角質の成分となるタンパク質と、黒ずみの原因となる皮脂汚れをバランス良く分解してくれます。 そのため、洗顔後は驚くほどツルツルになると、多くの女性に高く評価されているんですね。 脂性肌はもちろん、敏感肌などの混合肌や全ての肌に使える洗顔料で、使うごとに健康な皮膚レベル(5. 5pH)に戻してくれる働きがあるんです。 もちろん、角質や黒ずみを取り除く効果もあって、パパイア酵素とグレープフルーツシードオイルによって、くすみのない滑らかな肌に仕上がりますよ!また、肌の保護成分で知られるアミノ酸やビタミンA、ビタミンC、ビタミンEまで配合されていますから、健康的な肌をつくることができるでしょう。 ただ、原産国がハワイとなる洗顔料なので、日本製にこだわる人や信頼性を重視したい人にとっては、少々安心感に欠けるかもしれません。 濃密なとろみ泡は肌の角質層まで浸透し、毛穴の奥から古い角質や汚れを浮き上がらせてくれます! 他の酵素洗顔料と比べると、配合成分がかなり多いのが気になるかもしれませんが、パラベンやフェノキシエタノール、アルコール、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコンといった添加物は一切使用していないんです。 毛穴より小さい海泥「マリンシルト」が毛穴の奥に入り込み、パパイン酵素と、セイヨウシロヤナギ樹皮エキスによってしっかり角質を分解。 その分化粧水や美容液の浸透力もアップするので、みるみる肌がきれいに整っていくんですね! No. 天然クレイとシロキクラゲの成分が濃密な泡をつくりだし、天然パパイン酵素で必要な角質をしっかりと残しながら黒ずみを除去してくれます。 また、美肌に欠かせない保湿成分として3種類のヒアルロン酸を配合!これら3つが合わさることでさらなる保湿効果が期待できますから、陶器のようなキメの細かい肌に仕上がるんです。 ほのかに香るラベンダーは天然の香料によるもので、疲れた肌と心をリラックスさせてくれる効果も期待できるでしょう。 そのため、こちらの酵素洗顔料は肌が弱い人でも安心して使えるのが大きな魅力となっているんです。 肌に優しいとなると、角質の除去力も弱くなると思われがちなのですが、MINON ミノン では、しっかりと効果が実感できる酵素成分を配合しつつ、その分肌の保湿・潤い成分も配合。 具体的には、バリア機能をサポートする「9種類の保潤アミノ酸」、キメやハリ、つや感をサポートする「2種の清アミノ酸」が採用されていて、敏感肌を守りながら毛穴ケアができるんですね。 ですので、使ってみて違和感を感じるようであれば、別の洗顔料に変えるようにしてみましょう。 パパインにはタンパク質を分解する効果が、リパーゼには皮脂を分解する効果があるため、2種類が一緒に配合されていることで効率的に角質ケアができるんです。 また、こちらは黒いパウダーが特徴的となっているのですが、この黒い色は皮脂吸着成分の黒炭。 ですので、ニキビができやすい人が使えば、角質ケアをしながらニキビ肌予防にも期待ができるでしょう。 気になる毛穴の黒ずみやザラつきを取り除きながら、肌の潤いもしっかり守ってくれる優れもの! 酵素成分にはプロテアーゼが使用されており、角質の成分となるタンパク質を分解。 さらに、リパーゼが加わることで、黒ずみの原因となる皮脂まできれいに取り除いてくれます。 また、汚れを落とすだけではなく、アスコルビン酸によって使うたびに肌状態を正常に導くことができるんです。 ふわふわの濃密泡を肌にのせ、泡を転がすようにして洗顔するのがポイントです! 他の酵素洗顔と大きく違うのは、酵素洗顔の命ともいえる泡。 こちらのパウダーは簡単に泡立てることができ、その泡には厚い膜ができるため、10分経過しても全く泡が崩れません。 これによって酵素がしっかりと角質を包み込み、洗い残しのない洗顔が可能となっています。 肌の水分は洗顔が終わった瞬間から蒸発が始まるため、無防備なままテレビを見入ってしまったり、他の用事をして時間が経ってしまうと、どんなに保湿をしても肌の吸収率が弱まり十分な保湿が行えません。 ですので、酵素洗顔の後はすぐにスキンケアを行い、その時間がきちんと確保できるタイミングで使用するようにしましょう。

次の

泡洗顔の人気おすすめランキング7選【ヤラセなし本気レビュー】

酵素洗顔おすすめはこれだ!

「スキンケアをしているのに肌のが取れず、顔が暗く見えてしまう」と悩んでいる方、いますよね。 しっかり洗顔をしていても、通常の洗顔料ではくすみをケアしきれない場合があります。 そのようなときは、くすみの原因となる物質を溶かしてすっきりと落とすことができる酵素洗顔料を使ってみましょう。 定期的に使用することで肌の汚れを落とし、ワントーン明るい素肌に仕上げられますよ。 酵素洗顔とは? 酵素洗顔とは、その名の通り酵素が含まれている洗顔料のことで、酵素の働きによって肌の汚れを効率的に落とすことができるものです。 界面活性剤をメインに含む通常のクレンジングや石鹸、洗顔料では落としきれないような汚れもきちんと落とすことができ、ツルツルに仕上がります。 また、この酵素洗顔料は、通常の洗顔料に混ぜて使うこともできます。 さまざまな種類があるので、自分が使いやすいものを選んでみてください。 【こちらもCHECK】洗顔に関連するおすすめ記事はこちら 酵素洗顔に効果はあるの? 酵素洗顔料は、通常の洗顔料のように界面活性剤の力で汚れを落とすものではありません。 中に含まれる酵素の働きにより、タンパク質や皮脂を分解し古い角質や毛穴に詰まった角栓などをしっかり落とすのです。 ピーリングのように角質を強制的にはがすものでもないので、肌に負担をかけすぎず地肌に優しい処方のものが多いです。 肌の汚れを落として清潔にできれば、ターンオーバーも促され、美肌をキープすることができます。 ごわつきや黒ずみ、くすみもケアでき、をできにくくする作用も。 素肌の状態が悪いと感じている人や、メイクののりが悪いときは、肌に蓄積された汚れや皮脂が原因の可能性もあるので、しっかりお肌をケアすることが大切です。 大きく分けて2種類の酵素があるので、自分の肌悩みにあわせて使い分けるといいでしょう。 タンパク質分解酵素 肌に蓄積する古い角質や毛穴に詰まる角栓は、タンパク質で構成されるものです。 これらが溜まったまま放置してしまうと時間の経過とともに酸化し、黒くなってしまいます。 角栓のつまりなどが肌全体に広がると顔がくすんでメイクのりも悪くなり、きれいに仕上がりません。 このような肌のくすみの悩みを抱えている人は、タンパク質を分解する働きのある酵素が配合されたものを選びましょう。 パイナップルやパパイヤ、リンゴ由来の成分が含まれていると、タンパク質を分解することができるので、くすみケアに効果的です。 古い角質や角栓をオフすることで、肌のターンオーバーが正常になるため、トラブルが起きにくくなり、バリア機能も整って美しい素肌を保つことができます。 皮脂分解酵素 酵素洗顔料には、皮脂分解酵素が含まれているものもあります。 適度な皮脂であれば潤いを保持するために必要なのですが、皮脂が過剰に分泌されると肌の状態が悪くなり、トラブルが起こりやすくなります。 特にオイリー肌の人は肌の油分が多いので、確かなケアをして清潔な状態に保つことが大切です。 皮脂はタンパク質と結合することで角栓や黒ずみに変化してしまうため、蓄積すると肌が暗くなります。 皮脂分解酵素が含まれた洗顔料を使うと、オイリー肌の人でも過剰な皮脂を除去でき、健やかな肌をキープできます。 皮脂が多いとニキビを引き起こすこともあるので、酵素洗顔料で落としましょう。 皮脂分解成分はサンゴなど天然由来のため、界面活性剤の作用で落とす通常の洗顔料よりも優しくケアできます。 肌を過剰に洗浄してしまって負担をかけることもあるので、気をつける必要があります。 できるだけ素肌に優しいケアをするためには、きちんとスキンケアができるものを選ぶことが大切です。 そのためには保湿成分が配合されたものを選びましょう。 酵素洗顔後の素肌は乾燥しやすいため、乾燥肌や敏感肌の人は特に注意が必要です。 肌の汚れを落としたあとは肌の角層まで美容成分が浸透しやすいので、酵素洗顔に保湿成分が含まれていれば、すぐ肌に入り込んで潤いを与えてくれます。 酵素洗顔に含まれる保湿成分には、やなどがあるので、成分表をチェックしてみましょう。 酵素洗顔は基本的に水分がないため防腐剤も含まないものが多いですが、ほかの添加物を含んでいることがあり、注意が必要です。 敏感肌の人は特に、添加物が多いと肌に負担がかかりトラブルを起こすことがあります。 肌をきれいにするための洗顔料ですので、肌に負担がかからないものを選んでください。 また肌をこすると地肌がダメージを受けることがあるので、できるだけ泡立ちのいいものを選び、手が直接肌に触れずにケアできるものがよいです。 商品の紹介だけではデメリットをチェックしにくいので、口コミなどもチェックするといいでしょう。 それぞれのメリットやデメリットを比較し、自分が使って負担にならないものを選択しましょう。 パウダータイプ パウダータイプの酵素洗顔は、酵素を配合したものが粉状になっており、泡立てたものを肌にのせて汚れを落とします。 個包装されているものも多く、1回分の量がわかるため計測の手間がありません。 酵素洗顔のなかでメジャーなタイプなので、多くの商品から自分の好きなものを選べます。 パウダー状になっているため湿気や乾燥の影響を受けにくく、いつでも清潔に使用でき、洗面所やお風呂場に置いておけるのが魅力です。 デメリットは、粉状のため泡立ちが悪く、慣れが必要な点です。 泡立てネットを使えばある程度泡立ちますが、モコモコの泡で洗いたい方には適していません。 固形(石鹸)タイプ 固形タイプは基本的に石鹸として使うため、普段の洗顔を石鹸で行っている方は使いやすいでしょう。 石鹸タイプというだけあり、ネットに入れてこするとすぐに泡立ちます。 キメの細かい泡も作りやすく、濃密な泡で優しく素肌を洗いたい方におすすめです。 固形タイプは酵素洗顔としてはマイナーなため、扱っているお店が少ないです。 種類も少なく、好みの使用感のものを見つけづらい点もデメリット。 また、湿気に弱いため、脱衣所や風呂場など湿気の多いところに置いていると溶けてぬるついたり、雑菌が繁殖しやすくなります。 乾燥にも耐性がなく、品質が悪くなることも。 固形石鹸タイプを使う場合は、使用後にしっかりと乾燥させ、湿気の少ない場所に保管しましょう。 パウダータイプの酵素洗顔は1回分ごとに個包装されているものが多く、コンパクトなため、持ち歩きが容易で旅行などでも役立ちます。 個包装タイプは1回分ずつ使えるため、品質が劣化しにくいのもうれしいポイントです。 泡立ちを重視するかは人によって異なるので、パウダータイプか固形タイプかは好みで選びましょう。 また、酵素洗顔には香りつきのものもあれば無香料のものもあるので、自分が快適に使用できるものを選んでみてください。 酵素洗顔の価格帯 酵素洗顔は安いものだと400円程度で販売されており、家族など多人数で使いたい場合にはリーズナブルなものがよいでしょう。 高い酵素洗顔は4,000円ほどします。 酵素洗顔おすすめ人気ランキングTOP15 ここまで酵素洗顔の選び方について解説してきましたが、種類が多く何を選んだらいいのかわからないという人もいますよね。 ここからはおすすめの商品を15個厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 15位 ピゥ パウダーウォッシュ ホワイト Amazonの情報を掲載しています ドラッグストアなどでも購入できるミノンのこの商品は、保湿もできるのが大きな魅力です。 肌に負担をかけない処方になっており、敏感肌の人でも使用できます。 使うだけで肌のごわつきやくすみをケアして、余分な角質を除去し、きれいな素肌に。 9種類の保潤アミノ酸と2種類の清透アミノ酸を配合しているため、効率的なスキンケアが可能です。 保潤アミノ酸は肌をしっとりと潤してバリア機能を補助し、外部の刺激から肌を守ります。 清透アミノ酸はキメやハリ、つや感を出して肌の状態を整えてくれます。 香料や着色料、アルコール、パラベン、不使用で地肌に負担をかけにくく、アレルギーテストやパッチテストも実施済みです。 Amazonの情報を掲載しています 肌に蓄積した古い角質や黒ずみをすっきり落として、素肌を明るく仕上げることができるルナチュラの酵素洗顔。 デコボコ肌や毛穴づまり、くすみの原因となる古い角質に酵素の泡がくっつくいて、優しくしっかり落とせます。 ピーリング作用があり、洗い上がりはツルツルとした触り心地のいい肌に。 泡立ちがよく泡を肌にのせて10秒ほどパックすれば、毛穴に詰まった頑固な皮脂汚れなどをさらに落とすことができます。 必要な皮脂はきちんと残っているため、洗い上がりはしっとりとしていてつっぱらず、敏感肌の人でも使用可能です。 パラベンやアルコール、オイル、着色料を使用せず、地肌への優しさにこだわった一品。 フェリーチェシトラスの爽やかな香りがついており、かわいいパッケージの商品です。 Amazonの情報を掲載しています 肌極のこの商品は、プロテアーゼというタンパク質分解酵素を配合しているので、肌の黒ずみやざらつき、古い角質の蓄積によるくすみをケアしてきれいな素肌に導いてくれます。 洗い上がりはすっきりしていて透明感もアップ、メイクのりもよくなります。 皮脂クリア成分としてシリカやラウロイルグルタミン酸Naも含まれており、オイリー肌の人や肌荒れ、ニキビで悩んでいる人にもよいです。 保湿成分として天然のコメ由来成分が配合されているため、洗い上がりは突っ張らずにしっとりとしています。 着色料は無配合なので肌に負担をかけにくく、敏感肌で地肌への刺激が気になるという方でもお使いいただけます。 Amazonの情報を掲載しています この商品のポイントは3種類の酵素パウダーを配合していることです。 パパイン酵素とリンゴ酸、あずき微粒パウダーという天然由来成分を配合し、肌に負担をかけることなく洗い上げます。 洗浄成分のパパイン酵素は、肌に蓄積した余分な角質を除去してなめらかな素肌に。 角質クリア成分のリンゴ酸は、余分な角質を取り除いて肌を柔軟に仕上げます。 あずき微粒パウダーはスクラブ剤のため、毛穴汚れを落として、ザラザラした荒れた肌や黒ずみによいです。 リンゴ幹細胞エキスやリンゴ果実水、リンゴ果実エキスを保湿成分として配合しているので、洗い上がりはしっとりしています。 香料や鉱物油、着色料、合成界面活性剤、パラベン、アルコールは不使用なので、デリケートな肌質の人も使用可能です。 Amazonの情報を掲載しています オルビスのこの商品は、通常の洗顔では落としきれない毛穴に詰まった角栓まで分解して除去します。 タンパク質と皮脂を、それぞれ分解する2つの酵素を配合。 水を含ませて泡立てると濃密な泡が発生するので、毛穴に詰まった汚れまでしっかり吸着して洗い流せます。 コラーゲンやヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスの3種類の保湿成分を配合しており、なめらかで潤いのある素肌に。 しっかり汚れを落としながら、洗い上がりはしっとりすべすべで使い心地もよいです。 油分や香料、着色料を含まないので地肌に負担をかけず、優しく洗い上げるのもうれしいポイント。 爽やかなブルーのパッケージで、おしゃれな雰囲気を楽しめます。 Amazonの情報を掲載しています 雑誌やメディアでも取り上げられているこの商品は、カネボウ化粧品の酵素洗顔です。 毛穴詰まりを引き起こす角質の原因となる、古いタンパク質を分解するプロテアーゼと、ニキビの原因になる過剰な皮脂を分解するリパーゼが含まれており、洗うと素肌をなめらかな状態にしてくれます。 洗浄成分にはアミノ酸系の成分を使用しており、地肌に負担をかけることなく優しく洗えます。 洗い上がりは、毛穴がキュッと引き締まって目立たなくなり、キメの細かい美肌に。 顔と手を濡らし、1回分の洗顔パウダーに少量の水を加えて混ぜることで、きめ細かく濃密な泡が作れ、手と肌が直接触れることなく優しく洗えます。 保湿成分として豆乳発酵エキスを含んでおり、突っ張らずにしっとりと仕上がるので使用感もよく、便利な個包装タイプなので、衛生的に使い続けられます。 Amazonの情報を掲載しています この商品は100%米ぬか酵素で作られている洗顔クレンジング剤です。 米ぬかと小麦ふすまのみを使用しているので添加物もなく、肌に優しいケアができます。 有益微生物から構成された酵素なので、界面活性剤で落とすクレンジング剤よりも肌をきちんと洗いあげます。 化学薬品を使用していないので肌はもちろん、環境にも優しい酵素洗顔です。 適量を手にとって水を加えるとトロトロになり、洗顔はもちろん、クレンジングも一緒に行えます。 ナチュラルメイク程度であればしっかり落とすことができるので、W洗顔が面倒という方にもおすすめ。 有益微生物が働くことでメイクや皮脂をしっかりと分解して落とせますし、流したあともその場にとどまるので、水や水道管をきれいにできます。 こんな方におすすめ• スキンケア用品の添加物が気になる• 環境にも配慮したい• 洗浄力があるため、使用頻度には気をつけなければなりません。 基本的に酵素洗顔は商品によって適した使用頻度があります。 3日に1回程度が一般的ですが、はじめて使う場合や肌がデリケートな場合には週1回を目安に使うといいでしょう。 毎日使用できるとしているものもありますが、まずは肌の反応を見るために頻度を抑えて使用しましょう。 肌質や肌の状態などによってアイテムとの相性もありますので、まずはパッチテストなどを行い、肌が荒れないかどうか確かめてから使用し、量や頻度を調整することが大切です。 保湿成分などが含まれていて肌をしっとりさせるものもありますが、それでもアフターケアを怠ってはいけません。 酵素洗顔をしたあとの素肌は、汚れや古い角質が落ちてデリケートな状態になっているので、こするなどの刺激を与えるのは厳禁です。 洗顔後には化粧水や乳液、美容液などの基礎化粧品を使って保湿しましょう。 酵素洗顔を終えると素肌の汚れがかなり落ちるので、基礎化粧品の浸透も高まり、効率的なスキンケアが可能です。 時間がないときにはオールインワン化粧品でもいいので保湿ケアは怠らず、肌をいたわりましょう。 これは天然由来成分を豊富に含んでいるものでも同様なので、必ず肌の状態をチェックしてから使用してください。 皮脂分解成分などが入っているものは肌荒れやニキビをケアすることもできますが、ニキビができている状態で使用するのは控えましょう。 生理前も肌が敏感な状態になっているので、使用しない方が無難です。 さらに酵素洗顔に含まれるパパインやパイン、精油、オーガニック成分にアレルギーがある場合は、反応する可能性があるので、購入前に成分をしっかりチェックしなければなりません。 もし使用中にトラブルが起きてしまった場合には、すぐに使用を中止して、皮膚科などを受診してください。 Amazon&楽天の洗顔パウダー人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の

泡洗顔の人気おすすめランキング7選【ヤラセなし本気レビュー】

酵素洗顔おすすめはこれだ!

そいつらを一気に分解して、明るくクリアでつるっとした肌にしてくれるのがたんぱく質分解酵素。 毛穴に詰まっている皮脂を分解してくれるのが、皮脂分解酵素。 本日紹介するオバジとスイサイはもちろんどっちの酵素も配合していますよ。 手のひらに1回分(1カプセル)のパウダーをとり、少量の水かぬるま湯でよく泡立てて洗顔します。 簡単そうに見えますよね? でも 案外難しいんですよ。 なんと言っても、酵素洗顔パウダーってパウダーなんですよ!(当たり前) なので、私がおすすめするのがこちら! 「ふわふわ酵素洗顔」(安易なネーミング) 要は酵素洗顔パウダーだけだと泡立たないから、 泡立つ洗顔料を一緒に使って酵素入りの泡洗顔をする!というだけです。 使うのは写真にある通り、これだけ!• ヘアバンド(写真はエチュードハウスのネコミミヘアバンド)• 洗顔ネット (どこでも売ってる普通の洗顔ネット)• 専科のパーフェクトホイップ (泡立つ洗顔なら何でも大丈夫。 酵素洗顔パウダー 専科のパーフェクトホイップを使っているのは安くて泡立ちが良いから。 ドラックストアで買えて値段も500円くらいなのにここまで良い泡がでる洗顔料ってそんなにない気が・・・。 なので、泡立ちが良くて安い洗顔料を探している人にはこれがおすすめ。 私はいつもこれくらい使っています。 少し多めに使っている! そこに酵素パウダーを投入! そして、普通に泡立てます。 ものの15秒くらいでこうなります。 すごい・・・! もう片手に収まりません。 そしてこれくらいで十分なので顔にのせて2~3分放置。 こすりません。 ただ、泡を顔にまんべんなくのせるだけで大丈夫です。 そして洗い流すとびっくりするくらいつるつるに! 驚いたのが、 手も結構つるつるになります。 酵素洗顔は肌の角質や油分をきれいさっぱり落として、お肌をぴかぴかにしてくれるのですが、 お肌の角質や油分は肌を守ってくれる役割も果たしているのです。 もちろん古くなった角質を残したままにしておくのは、肌トラブルの原因になってしまうのですが、 毎日酵素洗顔をして角質や油分を落としてしまうと、 肌が角質のない防御力ゼロの状態になってしまい少しの刺激で荒れたり、乾燥しやすくなってしまいます。 まずは 週に2~3回くらいで試してみるのがおすすめ。 また、中には毎日使えるタイプの酵素洗顔もあるので、表示をきちんと読んでから使いましょう! 本日紹介するオバジとスイサイの酵素パウダーは毎日使ってもOK。 ですが、 乾燥肌、敏感肌の人は注意して使いましょう! オバジC 酵素洗顔パウダー オバジC 酵素洗顔パウダー• ピュアビタミンCと酵素をダブルで配合• 毛穴の黒ずみ、角栓、ざらつきに効果的• 毎日使えるスペシャルケア洗顔• 田中みな実さん愛用で話題に! まずは酵素洗顔パウダーの定番商品のオバジC 酵素洗顔パウダー! 田中みな実さんが使っているということで、話題となりSNSでも頻繁に見かけるようになりました。 私が初めて購入した酵素洗顔パウダーもこれ。 なんと言っても最大の特徴は ビタミンC アスコルビン酸 が配合されているという事! オバジはビタミンCに強くて、美容液などもめちゃくちゃ人気です。 また、ヒメフウロエキス、アスコフィルムノドスムエキスなどの うるおい成分配合で、乾燥から肌を守ってくれます。 粉はかなり細かい! 片栗粉とまではいかないけれど、パンケーキミックスくらいの細かさはあるかもしれない…。 スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュN• 2つの酵素&アミノ酸系洗浄成分配合• 洗顔後に使う化粧水がなじみやすい• アクアモイスチャー成分で肌をしっかりと保湿• 湿気や高温に強い特殊なコーティングをしている• 毎日使えるタイプ つづいてスイサイのビューティクリア パウダーウォッシュN。 洗顔後に使う化粧水がなじみやすいのも特徴。 また、保湿成分をリニューアルして、 ヒアルロン酸やアクアグルコシドを配合!潤い効果がアップしました。 オバジとスイサイ徹底比較 ここからが本題。 酵素パウダーはオバジとスイサイが売れ筋商品で、 cosmeでも常に上位を独占しているアイテム。 見た目も値段も似ているのでどっちを買うか悩む方も多いと思います。 ということで、どちらも買って比較してみました。 この表を見ながら比較してみてください! 値段 オバジは0. スイサイは0. スイサイのほうが安い! ちなみにスイサイのお試しサイズの15個入り900円だと1つあたりの値段は60円なのでオバジと一緒になります。 ネットで買う場合はサイトによって対象金額差ありますのでご注意を。 毎日使う人にとっては少しでも安いほうがありがたいですよね。 泡立ち パウダー洗顔料って酵素系に限らず泡立ちが良くない。 この2つもやっぱりそこまで泡立ちは良くないのですが、日々進化してる感じ。 2年前から使い続けているんだけど、 どんどん泡立ちが良くなっている気がします。 特にスイサイ! リニューアル前はオバジよりも泡立ちが悪かった気がするんですけど、今やオバジを抜ています。 スイサイを指だけで泡立てるとこうなりました。 洗顔ネットを使うとここまで泡立ちます。 つづいて、オバジCを指だけで泡立てるとこうなります。 ほぼ泡立たない…。 洗顔ネットを使うとこうなります。 洗い上りの使用感 スイサイは洗い上りが少し肌が すべすべしっとり!といった感じ。 その一方で、オバジは明らかに つるつるきゅっきゅ!って感じ。 (擬音ばっかり…) あとは、オバジは洗い上りに肌が明るくなったように感じました。 ビタミンC配合なだけあるのかも。 まあ、これは私の感想なので人によって感じ方は違うかもしれないです…。 空けやすさ どちらも小さいカプセルに入っているパウダーです。 オバジは空けるところに 凸凹が付いていて空けやすい! 一方でスイサイはオバジに比べると若干空けにくいような気がしました。 注目成分 オバジは先ほども紹介したように ビタミンCが入っているのが最強の特徴。 一方で、 スイサイはアミノ酸系洗浄成分なので、肌が弱い方でも使いやすい処方となっています。 口コミ それぞれの口コミを調べてみました。 オバジC 酵素洗顔パウダーの口コミ まずは、オバジ。 アットコスメの評価は4. 可もなく不可もなく、特に効果を感じていませんが続けて使うことで何か変わればいいなと思います。 口コミを調べてみると 驚くほどオバジとは内容が違いました。 オバジは、「これ最高ー!」みたいな絶賛する口コミと「最悪!荒れた!」みたいな結構ディスってる口コミが多い一方で、スイサイは 良くも悪くもそこまで評価が割れない。 良い口コミは 「毎日使える気がする」「敏感肌でもつ空ける」 「肌のざらつきが改善された」というもの。 悪い?口コミは 「変化なし」 「可もなく不可もなく」と言ったもの。 極端に悪い口コミが少ない一方で 「特に効果を感じない」という口コミが多かったです! やっぱり肌へ優しい処方にこだわっている一方で、効果を感じにくいのかもしれないですね。 あと、 「毛穴に効果を感じない」と言うのも多かったです。 どんな人におすすめ? オバジは少々刺激は強めだけど、しっかりと効果を出したい人や、くすみが気になる人におすすめ。 スイサイは超絶敏感肌で肌に優しい、もしくは毎日使っても荒れにくい酵素パウダーを探している人におすすめ。

次の