アメトーーク 加地。 アルコ&ピースがテレ朝・加地Pに干された一方で、あの芸人は寵愛を受け大ブレイクの舞台裏|日刊サイゾー

アルコ&ピース平子はアメトーーク!出禁!?加地GPとの関係は!?ツイッターもやめた!?

アメトーーク 加地

アルコ&ピースのプロフィール 引用: 左: 平子 祐希 (ひらこ ゆうき) 生年月日:1978年12月4日 出身地:福島県 コンビの役割:ボケ担当 右: 酒井 健太 (さかい けんた) 生年月日:1983年10月29日 出身地:神奈川県 コンビの役割:ツッコミ担当 平子さんは1997年に 「ドントクライ」というコンビでデビューします。 しかし、すぐに解散してしまい、2004年に 「セクシーチョコレート」というコンビを組みましたが、2006年に解散。 その後はピン芸人として活動していました。 一方の酒井さんは2005年に 「ホトドギス」というトリオを結成しますが後に解散し、平子さんと同様にピン芸人として活動していました。 そして酒井さんから平子さんに声をかけて、2006年に アルコ&ピースを結成! 芸歴も年齢もかなり離れているコンビなので、けっこう珍しいと思います。 センスは認められていたのですが、なかなか結果に結びつきませんでした。 そんな中、 THE MANZAI 2011で決勝進出! そして翌年の THE MANZAI 2012で3位になり、一気に知名度が上がりました! 2013年には 笑っていいとも!の準レギュラー、 オールナイトニッポンのパーソナリティー、さらに キングオブコント2013決勝進出と大活躍! その後もテレビやラジオを中心に活動して、熱狂的なファンも多いお笑いコンビです。 平子がアメトーーク!出禁の真相は!? 平子さんがアメトーーク!出禁という噂がありました。 この件について、 ゴッドタンのプロデューサーである佐久間宣行さんのラジオに、 アメトーーク!の総合演出をされている加地倫三さんがゲスト出演し、事の真相を語りました。 事件が起きたのは、2016年に放送されたアメトーーク!の 猫舌芸人という回に平子さんが初出演された時のことです。 口の中の熱さを例えるのに、とても独特な分かりにくい表現を使い、全然ウケませんでした。 センスがある芸人が犯しそうなミスかなと思います。 その後もこの分かりにくい表現をしますが、当然ウケることもなく、収録を終えました。 そして収録後、 加地さんが平子さんに20分説教したとか! 加地さんは普段温厚らしいので、かなり珍しかったようです。 そしてこの猫舌芸人以来、平子さんはアメトーーク!に出演していません。 加地さんも NGに近いと言っていました。 また、後日アルコ&ピースのラジオで平子さんがこの件について語っていました。 周りの芸人が笑いを取っていて焦っていたそうです。 そして MCの宮迫さんにツッコんでもらうためにワザと分かりにくいボケをしたのですが、スルーされてしまい、引っ込みがつかなくなったようです。 最終的にはゲストの マギーさんにも噛みついてドン引きされてしまったと。 これが真相だそうですが、この部分を加地さんが語らなかったのは優しさだと言っていました。 最初にボタンを掛け違えてしまい、最後まで修正できなかったようですね。 スポンサーリンク ツイッターをやめたのはアメトーーク!の影響!? 平子さんは 2018年10月にTwitterとインスタグラムのアカウントを削除しました。 アメトーーク!の一件があったため、アメトーーク!の影響ではないかという噂がありましたが、 アメトーーク!に出演されたのは2016年なので全然時期が違います。 本当の理由は家族と過ごす時間を優先するためでした。 平子さんには 奥さんと息子さん、娘さんがいらっしゃいます。 奥さんとは今もラブラブですし、お子さんもまだ小さかったので大事な時間を過ごしたいと思ったのではないでしょうか。 とてもいい旦那さん、お父さんですね。 そして 2019年7月2日にTwitterを再開されました。 何か心境の変化があったのでしょうか。 「もっと売れたい芸人」で久しぶりのアメトーーク!出演! 遂に平子さんがアメトーーク!に出演! 約3年ぶりの出演です! しかも 「因縁の・・・」と入っています。 出禁の件も語ったのですが 後輩の千鳥に弄られまくりw 平子:憧れの芸人は渥美清さんです 大悟:本当ですか? 平子:本当ですよ! 大悟:え〜でも俺らよりちょっと上やから中学の時とか… 平子:まっちゃんまっちゃん!! 大悟:最初からそう言え わろた笑笑笑 — みたらし(砂) KsyakusyakuA5 最近は弄られてる平子さんを観るのが好きですw まとめ 今回はアルコ&ピース、そして平子さんについてまとめてみました。 平子さんのウザさが目立っていますが(笑)、THE MANZAIとキングオブコントで決勝に行っているだけあって、ネタもとても面白いですよ! 今度ネタの記事も書いてみたいと思います。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の

激戦日曜ゴールデン「日曜もアメトーーク!」加地GPインタビュー(ザテレビジョン)

アメトーーク 加地

同番組の演出・ゼネラルプロデューサーを務める加地倫三さんに、企画についてや現場の空気作りについて…お話を伺いました。 でも、スポーツだったら知識とマインドで押し切れる自信があったので、戦略として「スポーツ志望」と言って入社しました。 そして、スポーツ局に配属。 スポーツの仕事も楽しかったんですが、やはりバラエティ制作をやりたかったので、途中から異動願を出して、入社5年目で希望が叶って、バラエティに携わることになりました。 スポーツでは、実際の試合をテレビで流す時、カメラ割やアナウンサーへの指示出しなどに瞬時に対応する必要があります。 前もって予測しておかないと間に合わないこともあって、次にこういうことが起こり得るかなとか、先を読んで、自分の頭の中で引き出しの前の方に出しておくような…そういう反射神経、瞬発力はスポーツ局時代に身につけて、今のバラエティ制作でも発揮されていますね。 「お茶大好き芸人」でもいいですし「打ち合わせ大好き芸人」でもいいですし(笑)ただ、それを1時間見せることができるかどうかが大事なんですよね。 『アメトーーク!』は、2006年の秋から30分だった番組が1時間に拡大しました。 30分番組だと企画の切り口だけで成立するんですよ。 発想の切れ味、勢いだけで30分を乗り切って「おもしろかった!」で成立しますが、1時間番組の場合は、途中でだれてしまいます。 その、だれてくるところに前半よりさらにおもしろいものを持ってきて、最終的にどうやって終わるのか…その流れをしっかり固められないと、企画の実現には踏み切れません。 そんな中で『ガンダム芸人』は転機とも言えるものでした。 今でこそ、アニメやマンガの1つの作品だけで番組作りをしますが、2006年当時はそんなマニアックな狭い世界だけで1時間やるなんてあり得なかったので、「これが可能なら、かなりいろいろなことができる」と手応えを感じましたね。 この番組は何をやってもいいんだよ、という市民権を得るところまで辿りつくのが一番大変です。 例えば、最近収録した『今、バイクが熱い芸人』(5月8日放送)。 バイクが好きで楽しい!というのが何にも勝っているから、笑いを取らなきゃいけないとか、失敗したらどうしよう…というのもなくて、楽しい空気が出せるんです。 まずは、それをどう作り上げていくかが大事だと思います。 だから、出演者がその日の企画に不安を感じていたら、まずはその不安を取り除いて、安心させることを考えます。 あとは楽しい空気…ノリですよね。 収録前に、出演者陣が集まって話しているような、明るく楽しいノリのまま、そのままスッと本番を始めてみたりもします。 本番に入ってからの、お客さんの空気作りも大切だと思います。 もちろん前説も重要ですし、他にも例えばスタジオ内の温度とかも。 クーラーが効きすぎていて寒かったりすると、お客さんがだんだん笑わなくなることもあるので、その温度も気にしますね。 スタジオの空気が重いと芸人さんたちは自分のしゃべりがウケてないと感じて、段々と思い切ったボケをしなくなったりします。 あと収録が長くなると、お客さんもだれてくるので、そういう時は予定していた収録内容でも飛ばすこともあります。 雨上がり決死隊が登場した時の、「キャー!」の歓声で「今日は大丈夫だな」とか「今日はちょっと空気に気を付けないとダメだな」とか感覚で捕えられるほど、現場の空気は常に気にかけていますね。 出川(哲朗)さんは、一緒に飲んでいてもすごくおもしろいので、カメラを回してみようと思って、出川哲朗さんに半年くらい密着したんです。 それをどう作品として見せるかと考えた時に「情熱大陸」が好きだったので、そのパロディで「出川大陸」としてまとめました。 出川さんの天然のおもしろい部分を、これでドンと出せたかな、というのと、あと、初めて1本のネタで2週やり切れたんですよね。 このBlu-rayには、その歴史がたくさん詰まっていますね。 徳井(義実)くん(チュートリアル)に「『女の子大好き芸人』やりたいんだけど、どう思う?」って聞いたら「いいっすねぇ」って。 敢えて言っちゃうっていう。 ちょっと変わったことをやっても、変わっていると思われないでしょうし。 そんな中で、最近の方が奇をてらいすぎたり、変わったことをやろうと思いすぎないようにしています。 最近でいうと『家族オカシイ芸人』(2014年4月3日放送)のように、シンプルに芸人さんの話術が楽しめる企画は変わらず継続しています。 ドキュメンタリーテイストの企画などにも様々チャレンジしましたが、基本はトーク番組なので、そこを見失わないようにしないと番組がダメになってしまうと思います。 そういう原点回帰みたいなことは大事かなぁと思いますね。 これから、番組の制作などに携わる方に対しては、やっぱり「自分がおもしろいと思うこと」を大切にして欲しいですね。 「自分たちがおもしろいと思っているからやる」とだけ言うと誤解されますし、それはもちろん、いろいろな成功体験や番組が置かれている状況を冷静に分析しながらのことですが、基本は「自分たちがおもしろいと思わないことはやらない」ということだと思います。 仮に受け売りだったり、他でヒットした企画だから…とやるにしても、それを自分が本当におもしろいと思っているのなら、まだいいと思うんですよ。 うまく自分もアイディアを出せると思うので。 でも、おもしろいかどうか分からないけれど、ヒットしているからやった方がいい…と始めたとしても、結局おもしろいことは思いつかないと思うんですよね。 得意なことじゃないと、アイディアって出ないですし。 サッカーを嫌いな人がサッカーで企画って、そもそも思いつかないですよね。 だから「自分がおもしろいと思うのが基本」っていうのは、そういうことにも繋がるのだと思います。

次の

テレ朝・加地倫三GP、『アメトーーク!』『ロンハー』長寿番組で志願した環境変化の狙い

アメトーーク 加地

来歴 [ ] 出身。 を経て、 卒業。 での同期生にのがいる。 にからテレビ朝日へ新卒入社しスポーツ局配属となる。 以後4年間はスポーツ番組担当として『』ディレクター、『』総合演出等を経験した。 からは編成制作局に異動してバラエティ番組の制作に携わる。 バラエティでのADからディレクター時代にかけては『Q99』や『』を手掛け、と深いかかわりを持つ。 その後『ナイナイナ』のプロデューサーであったが『』もプロデュースすることになり、板橋に引っ張られる形で『ロンハー』を担当することになった。 当初、別の大型バラエティ番組と『ロンハー』とで加地のドラフトが行われたが、(現取締役編成制作局長)が間に入り、加地本人にその選択を任せたという。 には『』を放送開始。 『ロンハー』がスタッフとして呼ばれたものであるのに対し、『アメトーーク! 』は自ら立ち上げを担当した最初のレギュラー番組となる。 近年では『ロンハー』にてのプロポーズやの恋人企画などを演出、『アメトーーク! 』では従来になかったマニアックな切り口を浸透させた。 近年好調なテレビ朝日の旗手であり、日本のバラエティ番組をけん引する存在である、と評される。 社長からの信頼も厚く、「彼には好きにやらせてあげなさい」というバックアップがついているという。 7月からはゼネラルプロデューサーに昇格。 ただし昇格後も『ロンハー』や『アメトーーク』など一部の担当番組ではスタッフロール上"ゼネラルプロデューサー"と表記されていなかったが、4月からは全ての担当番組で"ゼネラルプロデューサー"と表記されている。 7月よりに昇格。 付で役員待遇に昇格。 人物 [ ] の大ファンであったり、のラジオ番組にも投稿をしていた元でもある。 のアナのファンでもあり、『』の『アメトーーク! とコラボレーーション』の回で『大橋アナ大好き芸人』が提案された時は「大好き」と発言している。 手法は、小学生のとき見ていた『』に影響される。 プロレスから「(起こっていることを的確に伝える)瞬発力、反射神経」を学んだと語り、それは演出・プロデューサーを務める『ロンドンハーツ』などのドッキリ企画で思わぬ方向に進んだときの迅速な判断、ジャッジする力に活かされているという。 『ロンドンハーツ』は日本PTA全国協議会が選ぶ「子供に見せたくない番組」で連続して1位になっているが、加地は「逆に個性がないと1位になれませんから。 2位とか3位が1番よくないと思います」と語っている。 『アメトーーク! 』を真似した番組が増えていることに、「流行に飛びつくばかりじゃなく、自ら考えていかないと業界が駄目になる」という危機感から苛立ちを感じると述べている。 なお佐久間とは交友関係も持っており、佐久間曰く「尊敬する先輩です。 お会いするとお笑いの話が沢山できるので飲みすぎてしまいます」と語っている。 自ら「ゼロから何かを生み出すクリエイターではない」と語る。 後輩にはいつも「俺は、天才肌じゃない。 秀才タイプで、ただ努力したらここまで来れた。 だから、誰でも努力すればこれくらいにはなれる。 ガンバレ」と言い聞かせている。 また、「饅頭職人タイプ」であると例え、「ちゃんとやんないと気が済まないんです。 それで儲けようとか、工場を広げていっぱい売ろうとかいう気はありません。 」と『』のとの対談の際に述べている。 」と評している。 は加地が『アメトーーク! 』において敢えて捨て企画を放送するところを「そこが彼の本当に恐ろしいところ。 プロデューサーとして突き抜けてる。 」と評している。 遠田はさらに、これらを番組戦略と捉え、捨て企画の放送について言及。 加地の著書「たくらむ技術」でのプロ野球の例えを受け、監督としてのの試合戦略になぞらえている。 即ち、豊富な戦力で全ての試合を勝ちに行くがために逆にシーズンを落としてしまうに対し、落合はレギュラー選手以外が出場する捨て試合を挟み、息切れすることなくシーズンを勝ち取る。 だが、番組制作者にとっては毎回の視聴率が命題であり、実際にこれを実行することは簡単ではないと言う。 この手法は巨人に対する中日の場合と同様、限られた予算の中、出演者のギャラにメリハリを付けることの必然から生まれたものでもある。 著書の中で加地はプロ野球では3勝2敗ペースなら優勝ラインであるとし、捨て企画を新たな実験とも捉え番組の先細りを防いでいるという。 こうした中、加地の起用により飛躍した出演者も多く、「加地の起用」=「売れる芸人」として、ヒット予測の取材も行われている。 ビジネスジャーナルはテレビ朝日による2012年度の時間帯視聴率2冠達成について取り上げ、およびの低迷とテレ朝躍進の分析を行った。 記事では過去の遺産を活かそうとするフジに対比させる形でテレ朝の新しい戦略を紹介し、そのキーパーソンとして、テレ朝社長とともに加地を挙げている。 50歳を超えた現在でも番組の資金管理やだけでなく、自ら演出や本来はADの業務である出しまで担当することもあり、に「あの年でカンペ出しまでやるのは加地さんと藤井さん(テレビ朝日制作部長の)と佐久間さん(の)位。 」と謂わしめたという。 スタジオのフロアでは佐久間宣行のように地べたに直接座るのではなく、小型の椅子に座りながらカンペを出しているが、これはの持病があるため。 身長は183cm。 担当番組 [ ] 現在 [ ] レギュラー• (総合演出・エグゼクティブプロデューサー)• (エグゼクティブプロデューサー) 特番• ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな(総合演出・ゼネラルプロデューサー)• (企画、以前は監修兼任)• (ゼネラルプロデューサー)• 出川とWHYガール(ゼネラルプロデューサー) 過去 [ ] レギュラー• (AD)• Q99(AD)• (ディレクター)• (プロデューサー・ディレクター)• (プロデューサー)• (チーフディレクター)• (ゼネラルプロデューサー)• (演出・プロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• (総合演出・ゼネラルプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー)• 山里亮太のナナ目線(ゼネラルプロデューサー)• 日本伝えばなし(ゼネラルプロデューサー)• 19の夜(エグゼクティブプロデューサー)• (ゼネラルプロデューサー) 特番• ・橋本真也SP(演出・プロデューサー)• (1998年、総合演出)• (演出・プロデューサー)• (演出・プロデューサー)• 流行りモノ乗っかりバラエティ ザキヤマが来るーッ!! (演出・プロデューサー)• (演出・プロデューサー)• (演出・プロデューサー)• (総合演出・ゼネラルプロデューサー)• 結婚できない司会者と嫁いる芸人たち• (演出・ゼネラルプロデューサー、以前は演出・プロデューサー)• 小杉と後藤と取扱注意芸人たち(2013年4月5日、演出・プロデューサー)• MONOテレビ(2013年6月14日、ゼネラルプロデューサー)• 芸能界特技王 究極7(2013年9月6日、ゼネラルプロデューサー)• (2014年2月1日、演出・ゼネラルプロデューサー)• 有吉ポンコツ隊(2014年4月11日、総合演出・ゼネラルプロデューサー)• 原田泰造の川を行く男(2014年9月20日、ゼネラルプロデューサー)• 穴をのぞくテレビ(2015年1月10日、ゼネラルプロデューサー)• 男のロマン道場(2016年7月21日、ゼネラルプロデューサー)• 世界むちゃブリ旅(2017年8月5日、ゼネラルプロデューサー)• ダンス—1グランプリ(2018年10月13日、エグゼクティブプロデューサー) 加地班 [ ]• 山岡重樹(『』、以前は『333 トリオさん』などを担当)• 朝倉健(『ロンドンハーツ』)• 藤城剛(『ロンドンハーツ』『』PD、以前は『333 トリオさん』などを担当)• 安孫子みどり(『アメトーーク! 』プロデューサー)• 小島健嗣(『ロンドンハーツ』ディレクター『』PD)• 尾形了(『ロンドンハーツ』『アメトーーク! 』ディレクター)• 蔵原聖二郎(『ロンドンハーツ』ディレクター『チェンジ3』PD、以前は『ショナイの話』などを担当)• 別府義崇(『アメトーーク! 山田俊介(『坂上忍の成長マン!! 』ディレクター、現在は班で『』『』などを担当) 出演 [ ] ラジオ番組 [ ]• () 2007年6月20日、2008年6月19日、2009年6月17日、『』とのコラボレーションとの為出演• ():2019年5月29日 テレビ番組 [ ]• () 他局ながら2011年2月26日のSPに出演。 のと共にののカレーを食べた。 連載 [ ]• ロンドンハーツ・スクープスコープ() 著書 [ ]• 『たくらむ技術(新潮新書)』加地倫三、、2012年12月。 脚注 [ ] []• 御影屋. 2005年. 「注目のお笑い、今年はどうなる? 『アメトーーク! 』トップ会談」」『』第14巻第5号、、2010年3月、 pp. 2019-7. マイナビニュース マイナビ. 2011年12月25日. 2019年7月21日閲覧。 2017年11月11日. 2019年7月21日閲覧。 ライター清水久美子 2012年1月28日. 2019年7月21日閲覧。 御影屋. 2005年. 御影屋. 2005年. 加地倫三『たくらむ技術』、2012年、196頁。 「「次世代ヒットメーカーはどいつだ? 121。 『東洋経済オンライン』2013年3月30日• 2014年1月20日. 2009年1月5日. MSN. 2009年6月. 御影屋. 2005年. 2009年10月26日. twitter. 2009年11月12日. ラリー遠田チャンネル. 2013年3月9日. 加地倫三『たくらむ技術』、2012年、69-75頁。 2012年1月2日. 2013年4月9日. 『』第9回放送。 関連項目 [ ]• 藤井智久• 外部リンク [ ]•

次の