めまい 原因 男性。 めまいや立ちくらみが起こる7つの原因とは?対処法や危険なケースも紹介

めまいと吐き気は要注意!その原因や症状、可能性のある病気など

めまい 原因 男性

立つことによって一時的に脳の血流が減少する、つまり一種の脳貧血の状態になっておこります。 立ちくらみをおこす原因は、肉体的疲労、病後や空腹時、ふろ場などの高温多湿の環境などがあります。 体質的に立ちくらみになりやすい人は、普段から、急に立ち上がらないようにしましょう。 立ちくらみがしたら、慌てずその場に座って、症状がおさまるまで待ちましょう。 乗り物に酔う 中年くらいの方なら、乗り物で、気分が悪くなったという経験は少なからずあるでしょう。 寝不足、肉体疲労、二日酔い、風邪、お腹をこわしたなど、体の調子が悪いと乗り物酔いの引き金になります。 最初、生あくびや生つばがではじめ、頭重感などから、顔面そう白、手足の冷感、冷や汗、むかつき、フラフラ感と症状がすすみ、ついには吐いてしまいます。 乗り物酔いがクセになっている人は、乗る前には体調を整え、空腹や満腹の状態をさけ、乗車する30分前に酔い止めの薬を飲むようにしましょう。 横になっても治らない 高いビルから足の下をのぞいたときや、グルグル回転したあとなどに、めまいがするのは正常な体の反応です。 ところが、そんなことをしてないのに、突然めまいがはじまり、横になってもなかなか治らないようなときは、注意しましょう。 脳出血や脳こうそくが原因の可能性もあります。 脳出血は脳の動脈に穴があく病気で、脳こうそくは脳の動脈がつまる病気です。 どちらも、脳の一部が破壊される病気で、約半数の患者に回転感のあるめまいが起こるといわれています。 めまいのうちに、耳鼻咽喉科で検査をしたほうがいいでしょう。 そこでもはっきりしない時は脳外科でみてもらいましょう。 めまいが起こる訳 中高年になると、青年期に比べて、三半規管の働きが30%ぐらいおとろえるといわれています。 また、加齢による小脳の変化が起こるために、動いている物体を目で追う検査をすると、中高年の80%以上の人に問題がみられます。 その理由としては、視覚や聴覚などをつかさどる器官の働きがおとろえ、それによって平衡感覚のバランスが悪くなり、めまいがおこりやすくなるのです。 めまいの種類 めまいは、その症状から3つにわけられます。 ひとつは、真性めまいという、自分の体がグルグルとまわるような感じがするもの。 もうひとつは、平衡失調と呼ばれる、体のバランスがとりにくくなり、フラフラと不安定になるようなもの。 そして、頭や体がふわっと浮いた感じがして、立ちくらみする、仮性めまいです。 いずれにしても、脳に近いところで起こる症状なので、自分勝手に判断しないで、まずは耳鼻咽喉科の診断を受けるようにしましょう。 めまいの影にひそむ病気 めまいの再発を予防するには、心身のストレスをさけ、規則正しい生活を心がけることが大切です。 特に循環器系の異常は、めまいを引き起こす原因となりますので、高血圧、低血圧、動脈硬化などの病気を警戒しましょう。 そのほか、めまいを引き起こす病気には、内耳炎、前庭神経炎、脳卒中、脳腫瘍、、などがあります。 軽いめまいだからといって安易に考えないで耳鼻科の医師に相談しましょう。 場合によっては脳外科で検査をうけるようにしましょう。 このページはお役に立ちましたか? ソーシャルブックマークに追加.

次の

男性のめまいや立ちくらみとは?

めまい 原因 男性

自分や周囲(天井や壁など)がグルグル回って見えるめまいを回転性めまいといいます。 症状 自分の周囲や景色がグルグル回るように感じるめまいです。 吐き気を伴ったり、実際に嘔吐してしまうこともあります。 吐き気を伴う場合は、脳の病気ではないかと心配になります。 しかし、遊園地の遊具で回転したときに気持ち悪くなるのは、一過性の自然反射ですから、過度に心配することはありません。 耳鳴りや難聴を伴うこともある 回転性めまいには、「耳鳴りや難聴が伴わないタイプ」と「耳鳴りや難聴が伴うタイプ」があります。 それぞれに原因となる病気が違いますので、後述します。 命に危険が及ぶものではありあせん 回転性めまいは、激しくグルグル回るのでショックを受けるかもしれません。 しかし、耳に原因があって起こっているめまいは、命に関わるようなものではありません。 落ち着いて対処しましょう。 原因 回転性めまいは、多くは耳に原因があります。 耳の奥にある内耳には体のバランスを保つ機能があるので、内耳が障害されると回転性めまいを起こすことがあるのです。 内耳には、体の回転を感知する三半規管や重力を感知する耳石器があります。 そこから情報を得ると、前庭神経を通して脳へ伝えられます。 この過程で異常があると体のバランスが崩れてめまいを起こします。 前庭神経炎がめまいの原因となるのもこのためです。 検査 めまいが起きている最中は、眼球が律動的に動く(一定の規則で動く)「眼振」が起きていることが多く、この眼振を診ることで、三半規管の中の状態を推測できます。

次の

女性に多いめまいは3つ 意外な原因・対策をチェック 2ページ|シティリビングWeb

めまい 原因 男性

立つことによって一時的に脳の血流が減少する、つまり一種の脳貧血の状態になっておこります。 立ちくらみをおこす原因は、肉体的疲労、病後や空腹時、ふろ場などの高温多湿の環境などがあります。 体質的に立ちくらみになりやすい人は、普段から、急に立ち上がらないようにしましょう。 立ちくらみがしたら、慌てずその場に座って、症状がおさまるまで待ちましょう。 乗り物に酔う 中年くらいの方なら、乗り物で、気分が悪くなったという経験は少なからずあるでしょう。 寝不足、肉体疲労、二日酔い、風邪、お腹をこわしたなど、体の調子が悪いと乗り物酔いの引き金になります。 最初、生あくびや生つばがではじめ、頭重感などから、顔面そう白、手足の冷感、冷や汗、むかつき、フラフラ感と症状がすすみ、ついには吐いてしまいます。 乗り物酔いがクセになっている人は、乗る前には体調を整え、空腹や満腹の状態をさけ、乗車する30分前に酔い止めの薬を飲むようにしましょう。 横になっても治らない 高いビルから足の下をのぞいたときや、グルグル回転したあとなどに、めまいがするのは正常な体の反応です。 ところが、そんなことをしてないのに、突然めまいがはじまり、横になってもなかなか治らないようなときは、注意しましょう。 脳出血や脳こうそくが原因の可能性もあります。 脳出血は脳の動脈に穴があく病気で、脳こうそくは脳の動脈がつまる病気です。 どちらも、脳の一部が破壊される病気で、約半数の患者に回転感のあるめまいが起こるといわれています。 めまいのうちに、耳鼻咽喉科で検査をしたほうがいいでしょう。 そこでもはっきりしない時は脳外科でみてもらいましょう。 めまいが起こる訳 中高年になると、青年期に比べて、三半規管の働きが30%ぐらいおとろえるといわれています。 また、加齢による小脳の変化が起こるために、動いている物体を目で追う検査をすると、中高年の80%以上の人に問題がみられます。 その理由としては、視覚や聴覚などをつかさどる器官の働きがおとろえ、それによって平衡感覚のバランスが悪くなり、めまいがおこりやすくなるのです。 めまいの種類 めまいは、その症状から3つにわけられます。 ひとつは、真性めまいという、自分の体がグルグルとまわるような感じがするもの。 もうひとつは、平衡失調と呼ばれる、体のバランスがとりにくくなり、フラフラと不安定になるようなもの。 そして、頭や体がふわっと浮いた感じがして、立ちくらみする、仮性めまいです。 いずれにしても、脳に近いところで起こる症状なので、自分勝手に判断しないで、まずは耳鼻咽喉科の診断を受けるようにしましょう。 めまいの影にひそむ病気 めまいの再発を予防するには、心身のストレスをさけ、規則正しい生活を心がけることが大切です。 特に循環器系の異常は、めまいを引き起こす原因となりますので、高血圧、低血圧、動脈硬化などの病気を警戒しましょう。 そのほか、めまいを引き起こす病気には、内耳炎、前庭神経炎、脳卒中、脳腫瘍、、などがあります。 軽いめまいだからといって安易に考えないで耳鼻科の医師に相談しましょう。 場合によっては脳外科で検査をうけるようにしましょう。 このページはお役に立ちましたか? ソーシャルブックマークに追加.

次の