郵便 どれくらい で 届く。 普通郵便の発送から届くまでの時間は?

定形外郵便の配達日数は何日くらいかかるのか?遅い場合の対応方法は?

郵便 どれくらい で 届く

スポンサーリンク ハガキの普通郵便で届く日数の目安 ハガキを郵便ポストに出す場合 基本的には普通郵便として扱われます。 そして、普通郵便の場合 相手に届く日数は翌日~翌々日が一般的です。 差し出したエリアと届け先のエリアが近ければ翌日に届きます。 しかし、差し出したエリアと届け先のエリアが 遠距離になれば翌々日になってしまうのです。 また、 普通郵便は日曜日・祝日は配達業務を行なっていません。 そのため、ハガキを普通郵便で出した場合 届くまで3日・4日かかってしまうケースもあるのです。 ハガキを普通郵便で出せば 基本的には翌日もしくは翌々日に届きますが 日曜日・祝日が重なれば届く日数は 3日・4日ほどかかる可能性があるので注意してください。 ハガキの速達郵便で届く日数の目安 ハガキは速達郵便でも出すことができます。 ハガキの表面部分の右上部分に 赤い線を引いて速達分の切手を貼れば ポストに投函しても速達郵便として扱ってくれます。 速達の場合も、届く日数は 基本的に翌日~翌々日です。 ただし、普通郵便よりも翌日に届くエリアが広くなったり 翌日の中でも午前中に届くようになったりします。 一般的には、速達郵便にすることで 半日~1日ほど早い日数で 届けることができるとされています。 しかも、速達郵便にすることで 日曜日・祝日も関係なく配達してくれるのです。 そのため、速達郵便は日曜日・祝日が重なっても 届く日数が延びることはなく 基本的に翌日もしくは翌々日に届くのです。 ハガキの届く日数の調べ方! ハガキの届く日数の調べ方は 郵便局のWebサイトから可能で 郵便局のWebサイト内にある を利用することでハガキの届く日数を調べることができます。 使い方は簡単で同ページの 「1.差出元の郵便番号」 「2.あて先の郵便番号」を正しく入力し 「検索開始」をクリックするだけです。 クリックすると郵便物の種類別の お届け日数が表示されるため ここからハガキのお届け日数をチェックすればいいのです。 ハガキの届く日数を調べたい場合には 郵便局のWebサイトを上手に利用してみてください。 ハガキの届く日数とポスト投函の注意点! ポストに投函した普通郵便のハガキは 翌日もしくは翌々日に届けられるのが一般的です。 しかし、ポストに投函する時間によっては もう1日必要なケースがあります。 実は、郵便局の窓口で 午後の差し出しと扱われるのは17時までとなっています。 17時を超えた場合翌日の午前扱いとなるのです。 そのため、ポストに投函した後に 集荷される時間によっては 翌日扱いになる可能性があります。 これを避けるためには ポストの集荷時間をチェックしておくか 郵便局の窓口でハガキを差し出すのがおすすめです。 スポンサーリンク まとめ ハガキを普通郵便として出した場合 基本的に翌日・翌々日に届きます。 しかし、日曜日・祝日は配達業務を行なっていないため 日曜日・祝日が重なれば3日・4日かかるケースもあるのです。 また、速達郵便にした場合も基本的に 翌日・翌々日に届きますが 日曜日・祝日も配達業務を行なっているので安心です。 さらに、基本的に速達郵便にすることで 半日~1日ほど届く日数が短縮されるとされています。 急ぎのハガキは速達郵便にするのがおすすめです。 今はインターネットが発達しているため e-mailが一般的になっていますが こうしたはがきを使った情報の伝達方法は 新鮮さがあっていいものですよね。 今回の情報を元に 届けたい日に合わせて郵送しましょう。 また、こちらでは郵便に関する 様々な情報をまとめていますので参考にしてください!.

次の

郵便の速達で届く日数は?土日の取り扱いはどうなるの!?

郵便 どれくらい で 届く

スポンサーリンク ハガキの普通郵便で届く日数の目安 ハガキを郵便ポストに出す場合 基本的には普通郵便として扱われます。 そして、普通郵便の場合 相手に届く日数は翌日~翌々日が一般的です。 差し出したエリアと届け先のエリアが近ければ翌日に届きます。 しかし、差し出したエリアと届け先のエリアが 遠距離になれば翌々日になってしまうのです。 また、 普通郵便は日曜日・祝日は配達業務を行なっていません。 そのため、ハガキを普通郵便で出した場合 届くまで3日・4日かかってしまうケースもあるのです。 ハガキを普通郵便で出せば 基本的には翌日もしくは翌々日に届きますが 日曜日・祝日が重なれば届く日数は 3日・4日ほどかかる可能性があるので注意してください。 ハガキの速達郵便で届く日数の目安 ハガキは速達郵便でも出すことができます。 ハガキの表面部分の右上部分に 赤い線を引いて速達分の切手を貼れば ポストに投函しても速達郵便として扱ってくれます。 速達の場合も、届く日数は 基本的に翌日~翌々日です。 ただし、普通郵便よりも翌日に届くエリアが広くなったり 翌日の中でも午前中に届くようになったりします。 一般的には、速達郵便にすることで 半日~1日ほど早い日数で 届けることができるとされています。 しかも、速達郵便にすることで 日曜日・祝日も関係なく配達してくれるのです。 そのため、速達郵便は日曜日・祝日が重なっても 届く日数が延びることはなく 基本的に翌日もしくは翌々日に届くのです。 ハガキの届く日数の調べ方! ハガキの届く日数の調べ方は 郵便局のWebサイトから可能で 郵便局のWebサイト内にある を利用することでハガキの届く日数を調べることができます。 使い方は簡単で同ページの 「1.差出元の郵便番号」 「2.あて先の郵便番号」を正しく入力し 「検索開始」をクリックするだけです。 クリックすると郵便物の種類別の お届け日数が表示されるため ここからハガキのお届け日数をチェックすればいいのです。 ハガキの届く日数を調べたい場合には 郵便局のWebサイトを上手に利用してみてください。 ハガキの届く日数とポスト投函の注意点! ポストに投函した普通郵便のハガキは 翌日もしくは翌々日に届けられるのが一般的です。 しかし、ポストに投函する時間によっては もう1日必要なケースがあります。 実は、郵便局の窓口で 午後の差し出しと扱われるのは17時までとなっています。 17時を超えた場合翌日の午前扱いとなるのです。 そのため、ポストに投函した後に 集荷される時間によっては 翌日扱いになる可能性があります。 これを避けるためには ポストの集荷時間をチェックしておくか 郵便局の窓口でハガキを差し出すのがおすすめです。 スポンサーリンク まとめ ハガキを普通郵便として出した場合 基本的に翌日・翌々日に届きます。 しかし、日曜日・祝日は配達業務を行なっていないため 日曜日・祝日が重なれば3日・4日かかるケースもあるのです。 また、速達郵便にした場合も基本的に 翌日・翌々日に届きますが 日曜日・祝日も配達業務を行なっているので安心です。 さらに、基本的に速達郵便にすることで 半日~1日ほど届く日数が短縮されるとされています。 急ぎのハガキは速達郵便にするのがおすすめです。 今はインターネットが発達しているため e-mailが一般的になっていますが こうしたはがきを使った情報の伝達方法は 新鮮さがあっていいものですよね。 今回の情報を元に 届けたい日に合わせて郵送しましょう。 また、こちらでは郵便に関する 様々な情報をまとめていますので参考にしてください!.

次の

郵便の速達で届く日数は?土日の取り扱いはどうなるの!?

郵便 どれくらい で 届く

まずそもそも 「持ち出し中」ってどういう意味なのでしょうか? なんとなく想像できると思いますが、「持ち出し中」の意味は 郵便物があなたの家の近くの郵便局から持ち出されて今あなたのポストに向かって配達中であることを示しています。 配送車や配達バイクに積んで配達中です。 ただし、配送車はたくさんの郵便物を積んでおり、すぐに届くと言うわけではありません。 個人的には 配達中と書いてくれた方がわかりやすい気がします。 ちなみにこの追跡サービス。 配送履歴のところに郵便物の「ステータス」が表示されます。 最初は送り主が郵便物を送った最寄りの郵便局に 「引受」という状態になります。 次にあなたの最寄りの郵便局に届くと 「到着」という状態になります。 中継地点の場合は 「通過」という状態になります。 そしてあたなの最寄りの郵便局に到着後にしばらくすると 「持ち出し中」という状態になります。 で、お届け先への配達が完了すると「持ち出し中」の表示が 「お届け先にお届け済み」という表示に変わります。 持ち出し中の表示 お届け完了後の表示 ちなみにお問い合わせ窓口局のところの郵便局のリンクをクリックするとその郵便局の電話番号と営業時間が表示されます。 郵便物が届くのが待ち遠しいときは「引受」のままなかなか変わらなかったり、「持ち出し中」になってからなかなか変わらなかったりするともどかしいですよね。 見ない方が精神衛生上いいかもしれません。 では追跡結果が「持ち出し中」になってから実際に郵便物やゆうパックが届くまでの時間はどれくらいなのでしょうか? 気になる人も多いと思います。 私の場合、朝の 6時40分頃に「持ち出し中」になってるのを確認しました。 そしてこれが「お届け先にお届け済み」に変わったのが 15時45分でした。 で、ポストを確認したらちゃんと届いてました。 ちなみにもっと早く届くんじゃないかと思って12時ごろと13時ごろに2回ポストを確認しに行ったんですがそのときは届いてませんでした。 朝6時40分だからさすがに午前中には届くんじゃないかと期待して待ってたんですが、だいぶ待たされました。 でもこれは普通のことのようで、基本的には 「持ち出し中」になったらその日中に届くけど、いつ届くかはわからず、朝「持ち出し中」になっても午後や夜になってから届くケースも普通にあるようです。 ちなみに郵便局の営業時間は夜21時までのところが多いので一番遅くても21〜22時くらいには届くでしょう。 ただし交通状況や悪天候などにより配達に遅れが出てその日中に届かないこともないこともないようで、その場合は翌日に回されます。 特にお中元・お歳暮・年末の時期は届くのが遅くなる傾向にあります。 また、配達日指定や時間帯指定がある者に関しては優先してその日中に届けるので指定のないものは後回しで翌日に回されやすい傾向にあります。 しかし「持ち出し中」になった=配達中なんだからすぐに届きそうなイメージがありますよね。 Yahoo! 知恵袋で質問してる人が多数いるんですが何時間も待たされてイライラしてる人が多いです。 なぜこんなに時間がかかるのでしょうか? 追跡結果が 「持ち出し中」になってから届くまでの時間が異常に長い理由を調べてみました。 答えは至極簡単なものでした。 その日配達するものをすべて午前中に持ち出し入力するから 郵便局では その日配達する郵便物すべてを午前中のうちに一斉に端末に「持ち出し中」入力をしてしまうそうです。 そして午前と午後で分けて午後の分は実際には持ち出しせずにロッカー等に保管しているそうです。 それなら午後の分は午後に入力してほしいですね。 ゆうパックやクリックポスト、アマゾンなどがさばるものは特にそうで、持ち出し中になってから届くまでが遅いようです。 すぐに届くイメージからなかなか届かないとイライラしてしまいがちですが、そういものと割り切った方がよさそうですね。 少しでも早く届けてもらうには? 「持ち出し中」になってる荷物を早く届けてもらう方法はあるのでしょうか? 一応あります。 持ち出し中となってる 郵便局に電話して問い合わせることで優先して配達してもらえます。 ただこれをお願いするのはちょっと図々しいような気がしますね。 時間帯指定してるわけでもないのに「早く届けてくれ」って。 どうしても早く届かないと困る場合は仕方ないのでお願いしてもいいと思いますがそうでない場合は我慢して大人しく待つのが大人の対応かと思います。 郵便を追跡して「持ち出し中」を見てそわそわするのはやめよう 関連ページ ゆうパックやゆうパケット、レターパック、クリックポストなどで荷物を追跡できる郵便局のサービスは便利です。 でも送り主から教えられた「お問い合わせ番号」を入力しても「お問い合わせ番号が見つかりません。 」と出てしまうケースがあります。 この原因はなんなのか、解決方法とともにお伝えします。 郵便物の追跡というサービスを使ったことはありますか? 実は使い方はとても簡単だしとっても便利です。 追跡サービスとは何なのか、使い方を初めての人向けにわかりやすくまとめてみたのでぜひ参考にしてください! 追跡番号があるので、郵便局の追跡サービスから確認してみると、ステータスには「転送」の文字が。 あまり見かけないステータスなので、どこに転送されているのか、本当に荷物が相手に届くのか不安に思いますよね。 そこで、郵便局の転送サービスで表示される「転送」の意味を調べてみました。

次の