アジア アロワナ 種類。 アロワナ【生きた化石】

アジアアロワナとは

アジア アロワナ 種類

アジアアロワナってどんな魚? 出典: 水槽内を堂々と周遊し、圧倒的な存在感を放つアロワナ。 特にアジアアロワナは体色が鮮やかで、迫力ある姿が見る人の目をより一層惹き付けます。 早速アジアアロワナの魅力についてお伝えしていきます。 特徴 アジアアロワナは肉食の大型魚で、品種によって赤や金などの、多様で鮮やかな体色を持ちます。 他のアロワナと比べ特に見た目が美しいことから、大型魚の中でもトップクラスの人気を誇っています。 また、アジアアロワナは古代魚としても知られており、その姿は1億年以上変わっていないと言われています。 分布(生息地・養殖地) 野性ではインドネシア、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアに広く分布しており、流れが緩慢で、緑豊かな自然に囲まれた河川上流部に生息しています。 養殖は東南アジア各国で行われていますが、特にマレーシアやインドネシアが盛んで、質の良いアジアアロワナを輩出することで有名な養殖場があります。 寿命 アジアアロワナの寿命は、野性では40年ほどと言われており、養殖場では30年ほど、水槽で飼育している場合では10~15年ほどと、いずれの状況下でも長寿の魚です。 水槽飼育下では10年を越えると長生きと言われています。 加えて、アジアアロワナは人間に慣れる魚ですので、愛着を持って長く付き合える魚と言えるでしょう。 価格・流通相場 アジアアロワナは、購入時点での大きさや色味などによっても大きく左右されますが、最低でも10万円、体色や体型によっては100万円を越える、とても高価な魚です。 珍しい品種では300万円以上の値段が付くこともあるようです。 アジアアロワナを購入する際は、よく吟味して元気な個体を選ぶようにしましょう。 アジアアロワナはワシントン条約(CITES)で保護されている 出典: アジアアロワナは元々食用でしたが、産卵・繁殖までに数年を要するため個体数が現象傾向にあったことに加え、鑑賞魚としての需要が高まったことから乱獲され、一時絶滅の危機に直面しました。 これを受けて、ワシントン条約の絶滅危惧種に指定され、現在では許可された養殖場からのみ輸出が可能で、輸出する際はアジアアロワナの体内にマイクロチップを埋め込むことが義務付けられています。 以上のことから、今日本で入手できるアジアアロワナは、国内外問わず養殖個体のみです。 最近では、養殖技術の進歩により、養殖したアジアアロワナを野生に戻す試みも行われています。 成長するに連れて、全身が鮮やかな赤に発色するのが特徴です。 発色の度合いは、水質や環境によって左右されます。 生息地が限られており、稀少であるため数十万円からと高値で取引されています。 体型は鯉型、頭部はフラットヘッドが特徴です。 赤さを更に追求したウルトラレッドと呼ばれる品種も存在します。 血紅龍も稀少な種であることに加え、紅龍よりも体色が鮮やかに出ることから、紅龍よりも高値で取引されることが多いようです。 辣辛紅龍は鯛型と呼ばれる体型で、頭部はスプーンヘッドと言い反っています。 スプーンヘッドより更に頭部が反っている、アッパーヘッドと呼ばれるものもいます。 辣辛紅龍も数十万円から取引されています。 体色は銀や白ですが、成長するに連れて、鱗に緑色の馬蹄模様が浮かび上がるのが特徴です。 アジアアロワナの中でも、普通の魚のような体型をしています。 「金龍」の名の通り、成長するに連れて全身が金色に発色します。 鱗の一部が緑や青に発色する品種もあります。 過背金龍は、アジアアロワナの中でもかなり高価な額で取引されており、数百円することも珍しくないようです。 黄龍に紅龍を掛け合わせたパンジャールレッドと呼ばれる種類もあり、こちらは体の後方3ヒレが、成長に伴い赤もしくは黄色になります。 青龍同様、馬蹄模様が現れるのも黄龍の特徴です。 青龍に次いで安価で取引されています。 紅尾金龍は比較的安価で手に入りやすいため、青龍や黄龍と同様、アジアアロワナの入門魚としておすすめです。 また、背中に鮮やかな青を発色します。 これらの特徴は、体長が40㎝を越えた辺りから出現し始めます。 アジアアロワナの中で唯一の別種として認定され、2012年に登録されたばかりの新しい品種です。 生息地が非常に限られており、流通量も少ないことから、数十万円からと高価です。 アジアアロワナの飼育方法 出典: アジアアロワナを飼育する上で気を付けたいことや、飼育のポイントについてまとめました。 飼育環境を適した状態に保つことで、病気にもかかりにくくなります。 是非参考にしてください。 水質は弱酸性~中性がアジアアロワナの飼育に適しています。 水槽サイズ・フィルター アジアアロワナは体が硬いため、ターンするのに幅が必要です。 長さ120㎝、幅60㎝以上の水槽が必須です。 ただし、幼魚から飼う場合は、セパレーターなどで水槽内を区切り、アジアアロワナの大きさに合わせた広さで飼育するようにしましょう。 フィルターは上部式や外部式などの、濾過能力の高いものがおすすめです。 アジアアロワナは水を汚しやすいため、併用するのも良いでしょう。 水槽は大型のためアクリル水槽がおすすめです。 レイアウト アジアアロワナは大型魚なので、泳ぐスペースを狭くしないよう、レイアウトはシンプルな方が良いでしょう。 流木や岩を使う場合は、アジアアロワナがケガをしないよう丸みのあるものを選び、アクセント程度の個数に留めましょう。 底砂は意見が分かれますが、掃除のしやすさからベアタンクが推奨される場合が多いようです。 餌 アジアアロワナには、コオロギやミルワーム、カエル、金魚、などの生き餌を与えます。 人工飼料ではカーニバルなどの肉食魚用の餌を使用しますが、餌付きにくい場合もあります。 栄養の偏りを防ぐためにも複数の餌を食べられた方が良いので、購入先でどのような餌を与えているか聞いてみると餌付けしやすいでしょう。 アジアアロワナの混泳相性 出典: 特に同種・近縁種において、以前は混泳不可と言われていましたが、最近では条件が揃えば混泳出来ると言われています。 ただし、アジアアロワナは縄張り意識が強い魚ですので、必ずしも上手くいくとは限らないということを覚えておきましょう。 それでは、混泳時のポイントについてお伝えします。 同種・近縁種との混泳相性 水質の変化に弱いブラックアロワナを除けば、アロワナ同士の混泳は可能と言われています。 2匹だと激しく争うため、必ず3匹以上で飼育し、個体の大きさは同じくらいに合わせましょう。 ただし、それでも多少のケンカは起こるため、見た目の美しさを重視するのであれば、単独で飼育しましょう。 混泳の場合は、こまめな水質管理も重要です。 他種との混泳相性 個体毎の相性にもよりますが、大型のシクリッドやエイなどが混泳相手とされることが多いです。 特に、生活圏が被らないエイなどの他種とは比較的混泳がしやすい傾向にあります。 生活圏がかぶると、アロワナ同士の混泳と同様に多少のケンカはよく起こりますので、相性をよく見極めて混泳を検討しましょう。 また、アジアアロワナは水を汚しやすいため、食べ残しを食べてくれる魚と混泳させるという考えもあります。 カラープロキロダスやセルフィンプレコは、アジアアロワナと比較的相性が良いようです。 ただし、カラープロキロダスは、お腹が空くと他の魚の体を舐めてしまうので、きちんと餌をあげて空腹状態にならないよう注意が必要です。 アジアアロワナの繁殖 アジアアロワナは、オスとメスの相性が良くないと繁殖しないため、まずは大型水槽に5~6匹以上で混泳させて様子を見ます。 ペアが出来たら隔離し産卵を待ちますが、飼育下では産卵しても孵化まで至らないことの方が多く、また、せっかく孵化しても早期に死んでしまうことが少なくないため、繁殖は非常に難しいようです。 アジアアロワナの病気 アロワナ特有の病気に「目垂れ」があります。 目垂れは、アロワナが底面の餌などを気にして下を見ることが多かったり、水槽に光が反射して眩しいことが原因で起こると言われています。 水槽内に残った生き餌や食べ残しはその都度取り除く、水面に目立つものを浮かべる、水槽の4面を黒にして光の反射を抑えるなどで目垂れの予防になります。 また、水槽の4面を黒にすることで、外部からの刺激でアロワナがびっくりすることを防いだり、品種によっては体色を鮮やかに引き出す効果もあります。 アロワナは比較的丈夫と言われていますが、白点病や松かさ病など、一般的な魚の病気にも注意しましょう。 アジアアロワナのおすすめ販売店・専門店 アジアアロワナを取り扱っている販売店や専門店は全国に点在していますが、中でも埼玉県にある「ラフレシア」というお店は自家繁殖にも力を入れており、繁殖に成功した個体を販売してくれる珍しいお店です。 また、販売するアジアアロワナを現地で直接買い付けしている点も、このお店の魅力です。 ラフレシアのHPは下記リンクの通りです。 アジアアロワナは変化を楽しめる魚 出典: アジアアロワナは鑑賞魚の中でも非常に高価で、飼育するための設備を揃えるためにも多額の投資が必要です。 しかし、長生きすることに加え、人に慣れて餌をおねだりするようになることなど、愛着を持って長く付き合える魚です。 また、幼魚からの飼育であれば、成長と共に変化する体色や模様を間近で見ることができます。 これはアジアアロワナを飼育する上で、最大の魅力かつ醍醐味ではないでしょうか。 アジアアロワナはバリエーションが豊富なので、是非自分の好みのアジアアロワナを育ててみてくださいね。

次の

アロワナの飼育方法!人気の種類や混泳の相性、寿命はどのくらい?

アジア アロワナ 種類

[ スポンサードリンク ] アロワナの生態について アロワナの出現時期 現在親しまれているアロワナのなかで最も昔に地球上に出現したアロワナはアジアアロワナと呼ばれる種類のアロワナです。 このアロワナは、1億年ほどその姿、形態を変えていないといわれています。 ですから、出現時期は約1億年前になりますので、このアロワナが地球に出現したのは、恐竜が栄えていた白亜紀だということが予測されます。 因みに、よく販売されているシルバーアロワナは約5000年前に出現した、アロワナの中ではわりと新しい種類になります。 アロワナの形態的特長 古代魚であるアロワナの形態的な特徴として挙げられる部分は、やはり大きさでしょうか?口にしても、鱗にしても、基本的にアロワナは大きな体をしているため、その他の部位も大きい傾向にあります。 また、アロワナはその種、個体によって、鱗の色に違いがあり、それによってアロワナは人間によって非常に観賞価値の高い熱帯魚として親しまれています。 アロワナの生態的特長 現代においてアロワナが生息する場所として知られているのは、南アメリカのアマゾン川です。 アマゾン川といえば、ピラニアやワニといった獰猛な生き物が多く生息する場所です。 そんな中に生きるアロワナは、外敵から身を守るために、水上へと飛び出すほどのジャンプをします。 このアロワナの行動はとても特徴的であり、注目すべき部分です。 因みに、観賞魚として飼育している個体でもジャンプとして水槽から飛び出すことがあるので、飼育している方などはご注意ください。 アロワナの餌と捕食方法 巨大な体を持つアロワナ。 彼らの餌となるのは、プランクトンなどではなく、小魚やエビ、虫などです。 ですから、アロワナは肉食の魚となります。 写真などで見ていると、非常に温厚そうなアロワナですが、実際のところはなかなか獰猛な性質です。 餌に狙いを定めて、バクリと大きな口で食べてしまいます。 その姿を間近で見ると、とても印象的で迫力があります。 アロワナの繁殖方法 古代魚であることは兎も角として、アロワナはとても熱帯魚としては変わった繁殖方法をとるアロワナです。 なんと、アロワナは恋をするのです。 もちろん、人間のような恋をするわけではありませんが、オスメスの個体同士の相性が良くないと、繁殖をしないのです。 そのため、飼育下での繁殖は非常に難しく、個人でアロワナを繁殖させるのは相当の設備と運が必要となるでしょう。 また、アロワナは繁殖後に子育てを行うこともとても特徴的です。 子育てをするのは、オスです。 どうやって子育てをするかといえば、なんと口の中に卵もしくは、稚魚を入れて子育てをするのです。 こうすることによって、アロワナの稚魚たちは大きくなっていきます。 しかし、これも飼育環境化では難しく、オスが食べてしまうということもありうるそうです。 ですが、日本でアロワナの繁殖に成功している方もいます。 アロワナの飼い方 熱帯魚、観賞魚としてもよく知られているアロワナ。 もちろん、飼育は可能です。 シルバーアロワナにおいては、稚魚の状態だと値段も比較的に安価で販売されています。 もちろん、インテリアの一部分としてアロワナの購入を考えているのであれば、体色によって色々な種類のいるアジアアロワナがオススメです。 環境さえ整えてあげて、さらに混泳などをさけてあげることができれば、アロワナはそれほど飼育の難しい熱帯魚ではありません。 しかし、アロワナを飼育する上で注意して欲しい点は、大きさです。 稚魚の時は小さいのですが、アロワナはすぐに大きくなります。 100cmになるまでには時間はかかりますが、40〜60cm程度ならば半年前後でなる個体もいます。 ですので、大型の水槽を置ける場所がある家庭以外では、あまり飼育はおすすめできません。 アロワナの生息地域と見られる場所 ペットショップや水族館でも見ることができるアロワナですが、やはり一番アロワナを楽しむには、自宅で飼育するのが一番でしょう。 また、アロワナは南アメリカでは釣りを楽しむこともできます。 さらに、シンガポールでは、養殖を行っており、その様子を見ることもできます。 古代魚であるアロワナですが、現在ではどちらかというと、熱帯魚として馴染み深い魚と見られることの方が多いようです。 アロワナの種類 アロワナとして認識されているアロワナ目に属する熱帯魚は、5つの種類が確認されています。 そのうちのメジャーな3種類をご紹介します。 アジアアロワナ 現在、アロワナの代名詞となっているのがこのアロワナです。 野生種は乱獲などによって個体数が減り、絶滅危惧種に指定され、ワシントン条約の元、輸入などの取引が制限されている種類であります。 ですが、シンガポールなどで養殖によって販売されているアロワナはその限りではなく、日本へも輸入されています。 シルバーアロワナ 元祖アロワナの代名詞といえる熱帯魚です。 シルバーアロワナの稚魚は安価で販売されており、簡単に手に入れることができます。 また、南アメリカでは食用にされており、それなりに美味しいとのことです。 しかし、日本でアロワナを食べるとなると、若干可愛そうなので、やめた方が良いかと思います。 ブラックアロワナ アジアアロワナ、シルバーアロワナと比べて、あまり目立たないブラックアロワナです。 しかし、知る人ぞ知るアロワナともいえます。 ブラックアロワナは、どちらかというと神経質な気質の個体が多く、また稚魚の時期の水温変化、水質変化には弱いので、アロワナの飼育に馴れていない方は、成熟した個体を購入するか、購入を断念するのが無難でしょう。

次の

アジアアロワナ

アジア アロワナ 種類

紅龍の発色について 幼魚の頃は、まだ全体的に赤くありません。 成長するにつれて、赤くなっていきます。 販売されている紅龍の幼魚は、昔と比べると、大半が全体的に赤くなるようですが、赤の濃度や範囲はその紅龍によって異なります。 また、発色(色揚げ)の時期も様々です。 では、将来的に真っ赤になる紅龍を飼いたい場合は、お店で何を基準に紅龍の幼魚を選べば良いのでしょうか。 紅龍の幼魚を選ぶポイント 将来的に、全体的に赤みが濃くなる可能性を持った紅龍の特徴です。 胸鰭(ムナビレ)の色は透明や黄色ではなく赤みを帯びていて、背鰭(せびれ)尾鰭(おびれ)臀鰭(しりびれ)も、付け根まで赤い紅龍がいいですね。 また、髭は黒っぽく、唇は茶色か赤で、地肌は少し黒ずんでいます。 幼魚を選ぶ際ですが、店内の照明や、水槽の色など環境によって、見え方が異なります。 じっくり観察してくださいね。 スポンサードリンク 鱗を発色する方法は? 太陽の光や照明を当てたり、ph値を5. 0強などの低めに設定します。 海老やザリガニなどの甲殻類に含まれる アスタキサンチンも、紅龍がより鮮やかな赤になります。 また、 黒く囲った水槽で育てることも、発色に効果があると言われています。 しかし、太陽の光を当てたりph値を下げることはアロワナの健康を害したり(火傷やphショック等)、ストレスに繋がる場合があります。 また、餌なども種類豊富に与えた方がアロワナの健康に良いと言われています。 発色を促すのであれば、アロワナの様子を見ながら行いましょう。 まとめ 紅龍の発色についてお話ししました。 濃い赤の紅龍も素晴らしいですが、紅白タイプと呼ばれる紅龍も美しいです。 紅白タイプの紅龍は、水槽を黒色で囲んでしまうと、せっかくの紅白が黒ずんでしまう場合があるので、気をつけてくださいね。 スポンサードリンク.

次の