とり むね レンジ。 あさイチしっとり鶏むね肉のレシピ2通り。電子レンジと煮る作り方。

あさイチしっとり鶏むね肉のレシピ2通り。電子レンジと煮る作り方。

とり むね レンジ

こんにちは、料理研究家のYuuです。 「よだれが出る」ほどおいしい「よだれ鶏」。 四川省でよく食べられている中華料理で、街の中華屋さんでも見かけるようになりましたね。 おいしさの秘密は、 香辛料や薬味がた~っぷり入った風味豊かな辛いソース。 これがとっても辛くて刺激的! まだまだ暑い日が続く今の季節にとくにぴったりです。 今回は、その「よだれ鶏」がより簡単、ヘルシー、コスパもよくできるよう、鶏むね肉で作ったしっとりレンジ蒸し鶏にしてみました。 それから、鶏肉の蒸し汁を使う名づけて「よだれダレ」(笑)がとっても万能! 野菜にかければモリモリいけますし、冷やし中華のタレにしても絶品。 ぜひぜひお気軽にお試しくださいね~。 Yuuの「よだれ鶏」 【材料】(2人分)• 鶏むね肉 1枚(300g)• 酒 大さじ2• 塩、砂糖 各小さじ1弱• 片栗粉 小さじ1• しょうが チューブ1~2cm (B)• 鶏肉の蒸し汁、しょうゆ、酢 各大さじ2• はちみつ、ラー油、ごま油、いり白ごま 各大さじ1• にんにく チューブ1~2cm 作り方 1. 鶏肉は皮をとって耐熱容器に入れ、フォークで数カ所穴をあける。 (A)をもみ込み15~30分おく。 もやしはたっぷりの水に入れて強火にかけ、沸騰したらザルにとって水気を切り、 きゅうりは千切りにする。 鶏肉が入った耐熱容器にふんわりラップをし、 電子レンジ600wで約4分加熱する。 そのまま庫内で5分置いて余熱で仕上げ、食べやすく切る。 器にもやしときゅうり敷き、3の鶏むね肉をのせる。 合わせた(B)をかける。 コスパもボリュームも抜群! 夏にぴったり、本当によだれが出るほどおいしい「よだれ鶏」、キンキンに冷えたビールもグイグイすすみます~。 コスパ抜群、鶏むね肉もしっとり柔らかく仕上がるのでぜひお試しくださいね。 ラー油を入れずに、その分ごま油を増やした「辛みなしバージョン」にしてもばっちりおいしい! タレはたっぷり仕上がるので、もやしときゅうりを多めに用意してビールを飲み続ける(笑)のもいいですし、冷蔵庫で保存して次の日の冷やし中華に使うのもおすすめですよ。

次の

加熱は一回! 電子レンジでできる、時短「照り焼きチキン」。【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

とり むね レンジ

大人気のしっとりやわらか蒸し鶏のレンジだけで作れるバージョンです。 ジップロックコンテナーで調理してそのまま保存できます。 3つのポイントをおさえることでレンジでもやわらかく仕上がります。 調理時間:30分(漬けておく時間も含みます)冷蔵保存:4日 人数:3人分• 鶏ムネ肉 1枚(300~330g)• 砂糖 小さじ1• 片栗粉 小さじ1• 酒 大さじ1• 鶏ムネ肉を横長に置き、写真のように1センチ幅に切る。 厚い部分は1センチ幅に切った後、幅2センチほどに細長く切る。 ムネ肉を耐熱容器に入れ、砂糖と塩を入れ手でもみこむ。 次に片栗粉を入れ、手でなじませ、酒を入れて全体を混ぜる。 ふんわりラップをかぶせ室温に5分置いておく。 ふんわりラップをかぶせたまま500wの電子レンジで3分加熱する。 3分後、下から上にかきだすようにかきまぜる。 再度ふんわりラップをかぶせ、500wで1分30秒加熱する。 表面がほんの少しピンク色という程度なら、ぴっちりラップをかけレンジの中に5分ほど置いておき余熱で火を通してできあがり。 赤っぽい部分が3割程度ある場合は追加で30秒ずつ加熱し、表面がほんの少しピンク色の状態になったら加熱をやめレンジ内に5分置いてできあがり。 ポイント1 繊維を断つように細長く切る。 観音開きにするよりもムネ肉の繊維が切れるので柔らかい食感になり、加熱後に箸だけで簡単にほぐれます。 また、細長く切ることで表面積が広がり全体に均一に熱が通りやすくなります。 加熱後に切らずにそのまま食べられるメリットもあります。 ポイント2 余熱で完全に火を通す。 加熱した後、レンジ内に5分置いて余熱で火を通すことで加熱しすぎによるパサつきを防げます。 加熱直後、表面がほんの少しピンク色、という程度なら5分の余熱で火が通ります。 加熱直後、赤っぽい部分が3割以上ある場合は追加で30秒加熱してください。 ポイント3 砂糖、塩、片栗粉、酒を表面にまぶす。 砂糖、塩、片栗粉には保水効果があるのでもみこんで10分置いておくことでしっとりやわらかい食感になります。 電子レンジについて レンジの出力は他のレシピでは600wに統一していますが、このレシピでは500wです。 500wよりも低出力な機能は搭載していないレンジがあるため一般的な500wにしています。 電子レンジは丸皿が回転するターンテーブル型と回らないフラット型の2種類ありますが、ターンテーブル型は上から、フラット型は下から火が通ります。 途中で下から上にかきだすようにかきまぜることで加熱ムラが防げます。 電子レンジはマイクロ波で水を振動させ発熱させます。 豆腐の水切りにレンジを使うように、レンジで加熱すると食品中の水分が外に出ていきやすいです。 加熱前に砂糖、塩、片栗粉をまぶすことにより肉汁の流出を減らし、しっとりジューシーに仕上がります。 サラダチキンのアレンジレシピ ポン酢とオリーブオイルは相性バツグン!あっさりで美味しいです。 「つくりおき食堂の超簡単レシピ」大好評発売中です! つくりおき食堂のレシピ本がネットで予約開始になりました。 未公開レシピ多数ですのでご覧いただけたら嬉しいです。 なんと電子ブックつきです。 紙版をご購入いただくと電子版がもれなくついてきます。 忙しいけど料理がしたい、時間がないけど家族に手作りのご飯を食べてもらいたい、と思っている方々に少しでもお役に立てたら嬉しいです。 長年思い描いていた出版の夢が叶ったのはブログを見てくださっているみなさまのお陰です。 本当にありがとうございます。 これからもお役に立てるレシピを発信できるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP50はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

レンジで6分♪簡単ヘルシー鶏むね肉のよだれ鶏

とり むね レンジ

冷蔵庫収納家の福田かずみです。 今日は、冷蔵庫に置いておきたい作りおきおかず。 しかも、とっても簡単!3つのルールを守るだけでパサつく胸肉がし~っとり^^ 驚くほど簡単で美味しい蒸し鶏のつくり方です! 『レンジ蒸し鶏』 しっとり仕上げる3っのルールと一緒にお伝えします。 ルールの「なぜ?」についての説明は末尾に記しています。 長くなるので、興味のある方だけ読んでくださいね。 作り方 【ルールその1】お肉は、冷蔵庫から出し室温に戻しておく。 【ルールその2】皮を下側にする。 【ルールその3】フタはすぐに開けない!・・・冷めるまでそのままね! レンジの機種により、加熱時間は異なります。 表面から見て、生でしたら新聞紙で包んで冷ましてください。 余熱時間が長くなり、追加加熱をしなくてもしっとりと仕上がります。 ルールを守って、美味しいレンジ蒸し鶏を作ってみてくださいね。 せっかく美味しくできた作りおきおかずがロスになってはもったいないですね。 最後まで美味しくいただけますように。 このように、作りおきおかずの棚を決めます。 ぴったりと収まる保存容器があると良いですね。 お肉は急激な温度変化が苦手です。 パサつきの原因になってしまいますね。 では、どのくらいの時間だしておけばいいの?? 室温は、季節によっても違いますね。 冷蔵庫から出したての冷え冷えではなく 触ってみて、ほんのり冷たい感じです。 【ルールその2】皮を下側にする。 電子レンジには、加熱ムラがあり下から火が通り始めます。 必要以上の加熱によるパサつきを皮に守ってもらいます。 同じく離水 お肉の繊維と水分が離れてしまう も始まります。 みなさんも、ぜひ美味しい蒸し鶏を作ってくださいね! *こちらの記事は、2014年3月26日に投稿したものに追記したものになります。

次の