千 と 千尋 の 神隠し 節子。 千と千尋の神隠しの都市伝説!!電車にまつわる話しが怖い件…節子やサツキ、メイも登場してるって本当!?

【都市伝説】千と千尋の神隠しに火垂るの墓の節子が登場していた?衝撃の裏設定でもう一度見たくなる!

千 と 千尋 の 神隠し 節子

スポンサーリンク 電車内にいる人は何で透けているの!? カオナシと一緒に電車に乗って移動するシーンなどがありますが、 他の乗客はみんな黒く半分透けてい影みたいになっているのが分かります。 顔も黒くなっていて目や口、鼻が描かれてなく、かなり不気味な雰囲気を醸し出していますね。。 実はあの世に行く人が電車に乗っている 乗客の色が黒いというのは、 この世に未練がなく生きる希望や未来がないからという理由だそうです。 そして途中で駅があるのは、自らの意志で生きる事を決めて あの世に行くのを止めた人のためにあるみたい。 帰りの電車がなく行きしかないのも、「もう戻ってこれないから」という意味なんですね。 映画を観ながら「電車内の乗客は何となくそういう人だよな・・」と感じていましたが、やはりそれに近い理由だったんですね。。 千尋が乗っていた電車のモデルは!? 映画内の電車と同じ車体は存在しないみたいですが、 海面上を走るシーンは、 伊勢湾台風後の名古屋鉄道常滑線をモチーフにしていると言われているだけあって、そっくりなんですね。 モノクロの写真が残っていました。 特に愛知県は浸水被害がひどく浸水した地域を通貨する時は、 海上に設置された仮の線路を走っていたんですね。 海水が取り除かれるまでは、 本当に海面の上を走っている様に見えたとか。 何と『節子』も千と千尋の神隠しに登場していたって本当!? 涙なしでは見れない名作戦争映画の 『火垂るの墓』ですが、劇中で愛らしい姿を見せてくれた節子が、千と千尋の神隠し内に登場しているというんですね! 問題のシーンは映画の終わり辺り100分30秒辺り〜になるのですが、 『水上の駅』の描かれているシーンで、1人でじっと立っている少女が節子という事なんですね。 この駅でお兄ちゃんを待っているとか。。 手元にDVDなどがある人は確認してみてください! ちょっと影が濃くて顔が確認出来ないのですが、言われてみれば確かにオカッパ頭やシルエットが、節子に見えますね。。 かなり不気味に見えます。。 w 宮﨑駿監督は、既に この世にいないという事を表現するためにあえて節子を登場させたのでしょうかね。。 火垂るの墓の監督は、宮﨑駿監督ではない しかし『火垂るの墓』は1988年に公開されているのですが、監督は宮﨑駿ではなく 高畑勲になっているんです。 「同じ監督の作品であればまだしも、 異なった監督が手がけている作品で同じキャラクターを登場させているというのは少し考えにくい」という意見もあるみたいです。 スポンサーリンク トトロのサツキとメイも登場してた!? 節子らしき人物が登場するのとは別シーンになるのですが、 『となりのトトロ』のサツキとメイも登場しているという都市伝説も存在するんですね。 電車内に乗客としてサツキとメイが座っているとか。 コレについては具体的な登場シーンは見つかってないです。。 さきほどの節子らしき少女はサツキだった!? 節子っぽく見える少女は、 実はサツキだったという説もあります。 確かに見た目ではオカッパ頭なので節子にも見えるのですが、水の上を走る電車というのは、 メイやサツキを乗せて水上を走っていた猫バスをイメージさせるという見方も出来ます。。 どちらかと言うと、サツキより幼いメイの方に見えるのは僕だけでしょうか?w あぁ、何かまたトトロを観たくなってきちゃいました! まとめ 宮﨑駿監督は、たまに他のジブリ作品と関連付けたりするのですが、どれも 都市伝説的な解釈とは言え実際に有り得そうなのがスゴい。。 絵に書いた様な右脳派。 ほぼ感覚だけで生きてます。 人気記事ランキング• みんな大好きな映画は家でまったり観るのもイ... どうもです、いろはすです。 僕は去年まで上下共に『ユニクロのヒートテック』を利用していたんですが、以前か... 2012年に販売していたシルキードライの2代目... さて今年もそろそろ冷え込みが厳しくなってきて、... どうもです、いろはすです。 タイトルの通り普段ほとんど運動をしない僕が、「このままでは体がナマリ過ぎて4... 千と千尋の神隠しでかなり重要なキャラクターとな... どうもです、いろはすです。 最近YouTubeで、学生時代に聴いていたような懐かしい曲を聴いてるので、無... 池袋にて格安で宿泊出来る施設を探していたんです... 「みんな大好きヒートテック!温かくてデメリット... どうもです、いろはすです。 最近気付いたら夕方になっている事が多く、そんな時はとりあえずベランダに出るん... Twitterもやってるよ!• アーカイブ• カテゴリー• 109• 112•

次の

千と千尋の神隠し

千 と 千尋 の 神隠し 節子

本編の一番最初の方で危うい道を車で勢いよく飛ばして行く描写が見られます。 渡ったのは 三途の川であったということを意味します。 それから廃墟らしき場所の先にというのは、説明しようのない街が有り、神々をもてなすために必要な用意がなされていました。 現実の世界においては、実体化それた神を見る事は、出来ないということなので、これが 霊の世界だと言われています。 その根拠としまして、千尋の体が透けるといった感じの描写もあったと思います。 」 前文で、千尋の体が透けるというような描写が見られるといった話しをしましたが、日本ではかねてから、 体が透けるのは、あの世に行き掛かっているって事にとられることも考えられます。 ですから、千と千尋の神隠しの本編の千尋が電車に乗る場面を思い出してみてください。 乗客については誰もが、体が透き通っている感じというわけです。 そして、線路が往復ではなしに片道であるのは、 「あの世への片道切符」。 死後で向かうところが途中の駅で降りることだそうです。 この電車のモデルは小田急電鉄と相模鉄道であるとされていますが、駅で往復の電車がすれ違う構造なのです。 まさにそれがこの発言 清太と節子の幽霊を使っているけれど、気の毒な事にこの体験を繰り返すしかないです。 こんなふうだと全く意味が分からない発言ですよね。 それなのに 「火垂るの墓」には、清太と節子の幽霊のような姿は出てこないのです。 見たところ、 節子の幽霊は、 「千と千尋の神隠し」の劇中で浮かんでいるようです。 問題の場面は物語のラスト。 水上の駅の局面で、節子とされる少女がじっとこちらを見ているのです。 物語では、それに関して触れておりません。 ですが、 節子にその少女が、そっくりであるという事から、 先に命を落とされた節子が、最期は駅で命を落としてしまう兄を待っているかも知れないのです? と考えられています。 ここで高畑監督の意味深発言が理解できる事になります。 」 物語が終結したその後、 ハクは約束通りに「八つ裂き」とされていたのです。 ハクが 「八つ裂き」にされたとなっているのは 物語の最後で、千尋が現実の世界に帰り、振りかえるタイミングです。 千尋の髪ゴムが瞬間光るわけですが、それこそがハクの涙を表わしているとされています。 「決まり事は守らなければいけない」というような、 「千と千尋の神隠し」の概念によりハクは運命を受け入れたのだそうです。

次の

【隠された謎】千と千尋の神隠し徹底考察!プヨプヨ料理の正体とは?【千と千尋の神隠】

千 と 千尋 の 神隠し 節子

ここがポイント!• 千尋たち一家は事故に遭っていた? 千と千尋の神隠しは、車で走っていると道に迷ってしまうと言うのが始まりである。 父親が突然スピードを上げてトンネルに向かって車を走らせる。 映画では「 不思議の世界に迷い込む」という設定になっている。 しかし都市伝説では事故に遭って、 瀕死の状態になっているというのだ。 Sponsored Link 作中でトンネルを抜けて不思議の世界に入った時に、既に身体が透けて消えそうになっているのだ。 人は死ぬ時に 三途の川を渡ると言う説がある… そして千と千尋の神隠しの冒頭シーンの後で、気になる場面がある。 車で三途の川の様な場所を渡るシーンがあるのだ。 これを見ると、トンネルを抜ける途中で事故に遭ったと考えてもおかしくない。 また、日中こそ違和感のない普通の景色だが夜になるとトンネルの先に川ができる。 これは 現世と死後の世界が、はっきり分かれている風にも感じられる。 よく瀕死の状態は、意識がもうろうとして夢の様なものを見るとも聞く。 自分がそんな危険な状態というのを分からない人もいるのだ。 そのため、 一家が事故に遭遇していたという都市伝説が生まれたのだろう。 電車の乗客はナゼ真っ黒なのか? 後半になると千尋が電車に乗るシーンがあるが、中の乗客は 真っ黒で透き通っている。 これは何故かという疑問…都市伝説ではこう噂されている。 黒いのは 生きることに希望を失っているという現れ。 途中に駅が存在するが、自殺を踏みとどめる人はそこで降りるという。 外の景色はとても綺麗なのに、車内は真っ黒く異常な乗客ばかり。 Sponsored Link 「この世に未練がない人たちの集まり」と言われるのも納得がいく。 またこの場面で都市伝説となっているのが、ジブリシリーズ「火垂るの墓」の 節子が登場するという話。 「水の駅」でホームから電車を見つめる女の子がいるが、それが節子だという都市伝説だ。 これは 亡くなってからも兄を待っているとされる。 ハクは人間界で千尋に出会っていた!? ハクが千尋を元の世界に戻そうとトンネルまで連れて行くシーンがある。 ただしハクは湯婆婆のルールに従わなくてはならない…「 八つ裂き」にされるという悲しい運命を受け入れているのだ。 千尋と別れ際に手を話す時に、名残惜しい気持ちが伝わる描写もある。 だが、宮崎駿氏がこれに対し「 二人の永遠の別れ」を意味すると明かしている。 しかし、 ハクは千尋と再び会う約束をした。 これについて都市伝説では次のように言われる。 あの後、湯婆婆の手により殺されて魂のみになったが、都市伝説では「 人間界に行く」という風に考えられている。 現に千尋が過去に川で溺れたとき、彼によって助けられたと気付くシーンがある。 もしかすると、ハクは 川の守り神に生まれ変わって彼女を見守っているのかもしれない。 一言メモ 千と千尋の神隠しの都市伝説は全て正しいとは限らず、噂レベルのものもある。 とは言え、最後の別れのシーンはやはり涙を誘う。 トンネルを抜けるとそれまでの記憶は全て消え去ってしまうが、この構成は切なすぎて反則レベルだ。 その後も記憶を失わずにハクと巡り合う事ができたらと思わず願ってしまう。

次の