フォト ショップ レタッチ。 人物写真のレタッチ方法

超超超基礎レタッチ技術を学んでPhotoshopを使いこなせ!

フォト ショップ レタッチ

法令線や目の下の影、目尻のシワなどは「 コピースタンプツール」で薄くします。 「 コピースタンプツール」は、画像の一部分を別の場所に複製することができる機能です。 これを利用して、シワや影の部分に肌の他の部分を重ねて目立たくなくします。 あくまで自然に見えるよう、消しすぎに注意して進めましょう。 「 コピースタンプツール」で、肌のコピーしたい部分をOption(Alt)キーを押しながらクリックしたあと、法令線や目の下の影をマウスでなぞります。 これで、目立たくなくしたい部分にコピーした部分がペーストされます。 5-3 「 ブラシツール」で肌のなめらかにしたい部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。 こうすることで、「 ぼかし(ガウス)フィルター」が適用されてなめらかになっている部分を、徐々に表示させることができます。 「 塗り:白」に設定した「 ブラシツール」で、肌の滑らかにしたい部分をマウスでなぞります。 このとき、手順3と同様に、画面上部のオプションバーで「 不透明度」、「 流量」、「 ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつなめらかにしましょう。 Xキーで「 ブラシツール」の「 塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。 6-2 「 ブラシツール」でハイライトを入れたい部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。 こうすることで、「 トーンカーブ」が適用されて明るくなっている部分を、徐々に表示させることができます。 「 塗り:白」に設定した「 ブラシツール」で、明るくしたい部分をマウスでなぞります。 このとき、手順4と同様に、画面上部のオプションバーで「 不透明度」、「 流量」、「 ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつ明るくしましょう。 こうすることで、表情がパッと明るくなったように見せることができます。 Xキーで「 ブラシツール」の「 塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。 7-2 「 ブラシツール」で歯の部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。 こうすることで、「 色相・彩度」が適用されて白くなっている部分を、徐々に表示させることができます。 「 塗り:白」に設定した「 ブラシツール」で、歯の部分をマウスでなぞります。 このとき、手順5と同様に、画面上部のオプションバーで「 不透明度」、「 流量」、「 ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつ白くしましょう。 Xキーで「 ブラシツール」の「 塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。 8-2 「 ブラシツール」で黒目部分をなぞり、前の工程で適用したマスクの強さを薄めます。 こうすることで、「 トーンカーブ」が適用されて明るくなっている部分を、徐々に表示させることができます。 「 塗り:白」に設定した「 ブラシツール」で、黒目部分をマウスでなぞります。 このとき、手順5と同様に、画面上部のオプションバーで「 不透明度」、「 流量」、「 ブラシの硬さ」を低めに設定して、塗り重ねるように少しずつ明るくしましょう。 瞳の光が反射している部分を特に明るくすることで、いっそう輝いたようにみせることができます。 Xキーで「 ブラシツール」の「 塗り」を黒に切り替えてなぞれば、やりすぎた部分を戻すこともできます。 Photoshopの強力な変形機能に「 パペットワープ」があります。 「パペットワープ」は、その名の通り、操り人形のように被写体の手足を伸ばしたり曲げたりすることができる機能です。 これを利用して、姿勢を変更するだけでなく髪や服などに動きをつけて躍動感のある写真に加工することもできます。 「 パペットワープ」は、アプリケーションメニューの「 編集/ パペットワープ」で適用することができます。 きれいに加工するためには、あらかじめ被写体を切り抜いておくことをおすすめします。 「 パペットワープ」を適用すると、メッシュが表示されます。 このメッシュは、画面上部のオプションバーの「 密度」で増減させることができます。 メッシュ上をクリックすると、ピンが打ち込まれます。 ピンが打ち込まれた箇所は固定され、動かなくなります。

次の

すごいぞフォトショップ!レタッチ、写真加工の最新チュートリアル、つくり方42個まとめ

フォト ショップ レタッチ

レタッチの設計 風景写真の補正では暗めに光を際立たせる ダイナミックな明暗を再現するポイントは、「光と陰」のバランスである。 パターンとしては、「暗い中に明るい部分を作る」「明るい中に暗い部分を作る」の2通りがあり、どちらに仕上げるかで印象は大きく異なってくる。 風景写真の場合、前者の「暗めの露出で明るい領域」を作る補正が向いている。 要するに、「光」を印象的に見せる補正だ。 これにより、静寂の中にもダイナミックな印象を演出することができるようになる。 反対に、「陰」を感じさせたいのなら、「明るめの露出で暗い領域」を作るように補正すると効果的だ。 どちらにしても作業は同じで、ポイントとなる光や陰の部分を意識して、その部分に対してもっとも効果的な仕上がりになる補正を施していく。 作例の場合なら、「空や水面の明るさ」を印象付けたいので、まずはその範囲に対して適切な露出補正を施す。 そして、その他の範囲を相対的に暗めに補正すればダイナミックな明暗が再現できる。 このように、「必要な範囲」に対して「適量の補正」を施していくことが大切で、そのためには「調整レイヤー」や「レイヤーマスク」の使い方が重要になってくる。 また、ブラシの形状や不透明度など、考えることはたくさんある。 それでも、部分的な補正が上手に扱えるようになれば作品のクオリティーは向上するので、挑戦してみる価値は大きいはずである。 たとえば「青にマゼンタを足す」などの補正が行なえる。 色に深みを出すような補正に効果的で、プリントを意識した仕上がりを目指すなら、使いこなしたい機能のひとつ。 「相対値」と「絶対値」の違いは、前者は効きがマイルドで、後者は強めの補正が行なえると覚えておけばOK。 つまり、シアン(水色)とブルーに対して「シアン」と「マゼンタ」を足すことで、青に深みを出している。 青系の色以外は影響を受けないので、作例ではレイヤーマスクを使った部分補正は不要。 補正前の状態 「特定色域の選択」で補正.

次の

『あなたが伝えたかった花火』を描くレタッチ術。フォトショップで比較明合成

フォト ショップ レタッチ

商品写真をレタッチ フォトショップビギナーズ編 〜3ステップで商品画像をきれいに〜 コーヒーカップの商品画像。 こうして見ると、「そのまま」商品自体の画像です。 実はこの画像も、Photoshopでレタッチをして整えています。 カメラマンが商品画像をお届けする際には、どの画像も必ずレタッチをしています。 撮影したままの商品画像は、実際の商品とは明るさや色合いが微妙に違うことが多いのです。 インスタグラムやSNSなどでは、セピア色に変えたり、回りを暗くしたりと印象に残るレタッチをしているのを見かけます。 もちろん、目をひくような商品画像も大切です。 けれども販売の際に大切なことは、できるかぎり商品そのものの色合いを忠実に見せることです。 お届け後に「思ったものと違う」ということがないようにすること、これが商品写真をレタッチする大きな目的です。 UTSUSUでは商品画像の補正でPhotoshopを これからきちんと覚えたい、もしくは、あまり得意ではない方向けにを開いています。 Photoshopをマスターするのではなく、商品画像の補正にこれだけは覚えたい機能に絞ってPhotoshopを学習します。 ・レタッチ前に、撮影した商品画像を効率よく選別し、ファイルの名前を一括で変換すること。 ・画像を開くところから、必要な形式に保存すること。 保存した画像の管理の仕方 ・商品画像の補正に、これだけは覚えたい機能に絞ったレタッチ方法。 既にPhotoshopを使われている方でも、どの補正から始めますか?と尋ねると、使い慣れていない方ほど補正の手順があいまいで効率が悪いのです。 さて、話だけだと、なんだか難しそうだぞ、と思われるかもしれません。 そこで、今日はから「3ステップで商品画像をきれいに」をお見せします! あ、意外とPhotoshopでの補正ができちゃうかも、と感じてもらえたらうれしいです。 3ステップで商品画像をきれいに! 撮影したままの画像 撮影してカメラで見たときには良かったような、、、。 パソコンに取り込んで見ると「暗い」。 これ、よくあることなんです。 撮影しているときには、その時の環境や光で明るく見えるのです。 パソコンに取り込んで落ち着いて見ると暗い。 でももっと気になることは、商品の色合いです。 比べてみると(左が撮影したまま、右が完成) 実際の商品と色合いが大きく異なっています。 よくある修正として2点! 1、明るさを直したい 2、色合いを直したい ステップ1、レベル補正で全体の明るさを整える! さっそくPhotoshopを使って修正してみましょう。 画像データがここにおさまるように それぞれの三角を青い線までスライドさせます。 できましたか?これで明るさ全体が調整されます。 ステップ2、トーンカーブを使って明るさを細かく調整! レベル補正で明るさ全体を整えたら、実際の商品の明るさになるようトーンカーブで細かい調整をします。 これで、明るさの調整が完成です! ステップ3、色相・彩度を調整して実際の商品の色に合わせる! ここまでで、最初の画像と比べてみると 左側、右側、明るさは調整できました。 けれどもまだ色合いが同じではありません。 選ぶとパネルが出てくるので、パネルの中の「マスター」から修正したい色「イエロー」を選択します。 イエローを選択したら、「色相」の値を実際の商品の色合いにに近くなるまで変えます。 今回はイエローの色彩を-12変えました。 色合いが合ったら、先ほど「色相・彩度」を選んだ最初に出てきた「マスター」を選択して、「色相」の値を変えながら全体の微妙な調整をします。 実際の商品と比べてみると 左と右、同じになりました。 たった3ステップでここまできれいに整います。 Photoshopでは、Photoshop Elements、Photoshop CS(以前のバージョン)、Photoshop CC、どのシリーズでもこの機能があります。 まずはこの3ステップにチャレンジしてみましょう。 <商品画像をレタッチすること> 商品画像をレタッチすることは、できるかぎり商品そのものの色合いを忠実に見せる意味があり、購入後のトラブルを防ぐということでは、お客様への安心につながります。 ここまでの3ステップを是非試してみてください。 フォトショップ初心者のための商品写真の修正講座を開催します。 フォトショップは持っているけれど、あまり使っていないという方、お気軽にご参加下さい。 お申し込みはストアカサイトにて。

次の