まぶた 腫れる 原因。 まぶたや口唇が腫れる蕁麻疹(じんましん)ー血管浮腫と、遺伝性血管浮腫という病気について徹底解説ー

まぶたのトラブル

まぶた 腫れる 原因

すぐに引く腫れは心配なし まぶたは皮膚が薄く簡単に腫れます。 過労や寝不足のほか、長時間泣いたという理由でもまぶたが腫れてむくんだ状態になります。 こうしたむくみによって腫れている場合、痛みもなく、その日のうちに引いて定期的におこるようなものでなければ問題はないでしょう。 しかし、いつまでも腫れたままの状態であれば病気を疑う必要があります。 また、虫刺されやケガなどで大きく腫れることもあります。 原因がはっきりしていて、それに対して治療もしているのであれば、改めて病院に行くべきか悩む必要はあまりありません。 美容的な処置には注意 まぶたは美容的な面で気にする人も多い場所です。 皮膚の薄さに反して、お化粧をしたり、接着剤のようなもので一時的にくっつけて二重まぶたにみせるアイプチなどをしたりするなど手が加えられやすい場所です。 そのため、化粧品などによるかぶれなどで腫れている可能性もあります。 もし、そうしたことが疑われる場合は一度、使用をやめて様子を見る必要があります。 ものもらいとアレルギーによる皮膚炎はまぶたが腫れる病気の代表 病気が原因でまぶたが腫れることも多くあります。 まぶた自体の病気としてよく知られているのは「ものもらい」です。 正式名は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)ですが、地域によって「めばちこ」などたくさんの呼び方があり、それだけ身近な病気といえます。 まぶたの縁が細菌などに感染しておこり、腫れて痛みがあります。 目にあるマイボーム腺という脂分を分泌する穴が目詰まりしておこるのが霰粒腫(さんりゅうしゅ)です。 通常は痛みませんが、炎症に細菌などが感染して痛みがでることもあります。 ほかにもヘルペスなどウイルスが目に炎症をおこしてまぶたを腫らすなど、目の病気にはまぶたが腫れるものが多くあります。 まぶたを腫らす原因のもう一つの代表は皮膚炎です。 まぶたの皮膚は薄いため、触れた物質に対してアレルギーをおこす「接触性皮膚炎」がほかよりもおこりやすい部位です。 化粧品や、時には使用している塗り薬が原因で皮膚炎になることもあります。 合わせてあらわれる目の症状に注意 まぶたの腫れ以外に症状があるのであれば注意する必要があります。 たとえば目が充血していたり、痛みやかゆみなどがあったりする場合です。 アデノウイルスによる感染性結膜炎が重くなるとまぶたが腫れます。 この場合、結膜とよばれるまぶたの裏側や目の端、白目の部分が赤く充血します。 感染性結膜炎はほかの人にうつることがあるため、感染が広がらないように注意しなければいけません。 またアレルギー性結膜炎の場合も充血がおこります。 危険な病気がまぶたの腫れに潜んでいることもあります。 眼球の周囲や頭蓋骨内で眼球がおさまっている眼窩(がんか)の内部に感染が広がる眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん)や、脳底部の血管が血栓によってふさがれる海面静脈洞血栓症などには注意しなければいけません。 決して頻繁におこる病気ではありませんが、失明や脳の障害につながることがあり、発見された場合は緊急に治療をする必要があります。 痛みなど、腫れ以外の症状がある場合やいつまでも腫れが続く場合は「まぶたの腫れ」とあまり軽く考えるのはよくありません。 いつまでも続く腫れは目が原因とは限らない まぶたの腫れは目に関係がないこともあります。 たとえば腎臓におこるネフローゼ症候群ではまぶたも含めた全身がむくむため、顔の雰囲気が変わります。 腎臓は問題があると、体にむくみをおこしやすい臓器です。 また、腎臓以外にも肝臓や心臓などの機能不全でむくみがおこりまぶたが腫れた状態になります。 甲状腺機能亢進症などは眼球が突出することでまぶたが腫れて見えるようなこともあれば、甲状腺機能低下症もまぶたを含め顔が腫れた状態になります。 ほかの臓器に問題がおこり、まぶたが腫れている場合は、まぶたに痛みやかゆみもなく、赤くなることもないのが特徴です。 また、足など体のほかの部分も同時にむくみます。 白目が腫れるのはアレルギーかも まぶたではなく白目が腫れることがあります。 アレルギー性結膜炎では、白目の部分がブヨブヨとしたゼリー状になる結膜浮腫(けつまくふしゅ)をおこすことがあります。 アレルギー性結膜炎にはいくつか種類がありますが、どれも白目やまぶたの裏側の結膜が充血して突起状になります。 腫れは時間がたつと引きますが、またアレルギーを引きおこす物質と接触すると、再び同じように腫れがおこります。 花粉やハウスダストによるアレルギーでは、小学生くらいの男の子に多くおこる春季カタルという強い症状をおこすものがあります。 ほかにもコンタクトレンズを不潔な状態で使用しているとおこりやすい巨大乳頭性結膜炎などもあります。 かゆみを感じてこするとさらに目を傷つける可能性もあります。 腫れたらどうする?原因不明の腫れは早めに病院へ まぶたにしか症状がなく短時間で腫れが消えた場合はもちろん病院へ行く必要はありません。 まぶたを蚊に刺されて腫れたというような場合も、原因ははっきりしており虫刺され薬を塗るという対処法もあるので、わざわざ病院に行く必要がありません。 しかし、まぶたのように簡単に変化がおこりやすい体の部位については、病院への受診を迷うかもしれません。 そういった場合、原因がわからず腫れているなら受診しましょう。 また、腫れ以外にも痛みやかゆみ、充血、ほかの体の部位におこるむくみなどの症状がある場合は受診する必要性が高いです。 まぶたの腫れは目立つので最初に気がつく場所でもあります。 もしまぶたが腫れた場合は、冷静にほかの異常がないか確認することも重要です。 眼科?皮膚科?症状にあわせて選ぼう まぶたが腫れて、もし、目に充血やかゆみがあるなら眼科に行きましょう。 ものもらいや結膜炎などは眼科で診療する病気です。 まぶたの表側の皮膚に炎症がある場合は皮膚科です。 目の部分をぶつけた場合は、目に異常がおきていないか確認するためにも眼科を受診しましょう。 もし全身にむくみがあるような場合は内科を受診します。 簡単な腫れなら温冷法 朝起きたらまぶたが腫れぼったいという場合は、温めたおしぼりと冷たいおしぼりを交互に何度かあててみましょう。 病気によるものでなければ、これで血流が良くなり腫れが引くかもしれません。 もしひかなければ眼科を受診しましょう。

次の

まぶたの腫れとかゆみが治らない!何科に行けばいいの!?

まぶた 腫れる 原因

Table of Contents• まぶたが腫れる原因とは 突然起こるまぶたの腫れは、日々の生活の中に原因が潜んでいる場合があります。 考えられる原因は下記のようなものがあるのですが、心当たりはありませんか? むくみ 塩分の多い食事を摂る、水分の過剰摂取、お酒の飲み過ぎなどでまぶたがむくんでしまうことがあります。 これは老廃物や水分を溜め込んでしまって排出されにくくなるため。 他にも低すぎる枕を使っていたり、うつ伏せで寝る癖がむくみに繋がることもあります。 ストレス また、ストレスや疲労が溜まると自律神経が乱れてしまうことで血行不良が起きてしまい、まぶたのむくみにつながることもあります。 睡眠不足もむくみの原因になりますので、きちんと体の声に耳を傾けて、休養を取ることが大切です。 かぶれ 目の周りの皮膚は薄くてデリケート。 さまざまな原因でまぶたがかぶれてしまい、腫れてしまうことがあります。 例えば肌に合わない化粧品やクレンジング剤、つけまつげの接着剤などが原因になることがあります。 一日の終わりにメイクを落とさずに寝てしまうこともかぶれにつながることがありますので、寝る前にはきちんとメイク落としをしましょう。 コンタクトレンズの誤った使い方 コンタクトレンズの使用方法は守っていますか? きちんと洗浄していないコンタクトレンズを使うなど、誤った使い方をした時に細菌に感染してしまい、目の周りが腫れてしまうことがあります。 正しい使い方を再度確認し、腫れが引くまではコンタクトレンズの使用を控えてください。 まぶたが腫れてしまう病気を知っておこう まぶたが腫れる原因はたくさんありますが、中には病気の可能性も。 考えられる病気について紹介します。 アレルギー デリケートな目の周りはアレルギー症状が出やすい部位。 食品やハウスダスト、花粉など、さまざまなものがアレルゲンとなり、腫れてしまうことがあります。 特に春は花粉症で悩んでいる人が非常に多いのですが、鼻水やくしゃみのほかにも皮膚炎の症状が起きることもあり、まぶたの腫れとかゆみで大変な思いをしている人もたくさんいます。 ただ、かゆみがひどいからと言ってまぶたを掻き続けていると、そこから細菌が入ってしまってものもらいなど別の症状を引き起こしてしまうことも。 涙囊炎(るいのうえん) 涙囊(涙の通り道)の中で菌が繁殖することにより炎症が起きるもの。 涙や目やにが増えることで涙囊を圧迫すると、膿が出てくるのが特徴ですが、症状が悪化すると涙囊の部分が赤く腫れ、痛む場合もあります。 炎症が広がった場合は内服薬や注射で薬を投与したり、注射針を使って膿を出すことが必要な場合もあります。 ものもらい(麦粒腫) 目の周りが腫れた時には「ものもらい」の可能性もあります。 ものもらいは「めばちこ」「めいぼ」といったように地域によってさまざまな呼び方をされています。 ものもらいはまぶたにある汗腺や脂腺に細菌が入ることで赤く腫れてしまうもの。 まばたきをすると痛かったり、充血したり、目がゴロゴロしたりといった症状も出てきます。 ひどくなると腫れや赤みが強くなり、より痛みを感じるように。 炎症さえ引けば数日で治るものがほとんど。 ただし中に膿を持ってしまっている場合には、病院で切開するか注射針を使って中の膿を出してあげることが必要です。 霰粒腫(さんりゅうしゅ) 「霰粒腫」とは、まぶたの深いところにある「マイボーム腺」が詰まってしまい、まぶたの中にしこりができてしまうものです。 初めのうちはゴロゴロしている感覚が気になるだけで痛みはありませんが、細菌感染を伴うと赤みや痛みが出てきます。 また、何度も炎症を繰り返していたり見た目が気になったりする場合は病院で切開する場合もあります。 この場合は早めに切開をしてしこりの中のものを出してしまった方が治りが早いと言われています。 病院の受診が必要な腫れはどんなものがあるか 腫れているだけではなく、腫れと一緒にしこりや赤み、かゆみなどが生じている場合は病院を受診しましょう。 また、目やにや充血がひどい場合も同様。 万が一ウイルスなどに感染している場合、放置すると感染を広げてしまう場合がありますので、早めの受診が必要です。 どんな検査をするの? 視力検査や細隙灯顕微鏡検査(角膜表面などを観察する)、眼圧検査、涙の量や質を調べる検査などさまざまな検査がありますが、症状によりおこなう検査が違います。 また、ウイルスなどへ感染していることが疑われる場合には、感染症の有無を調べる検査も行います。 まぶたの腫れを起こさないためにできること 突然起こるまぶたの腫れは困りもの。 できることなら腫れが起きないようにしたいですよね。 そのために、普段から気をつけておきたいことは下記の通り。 目をいじらない かゆみや腫れがあったときだけではなく、普段から目を必要以上にいじらない癖をつけましょう。 手にはさまざまなものが付着していますし、目をいじることで傷がついてしまってそこから腫れを引き起こすこともあります。 また、メイクを落とすときや洗顔の時にも、デリケートな目の周りは優しく洗ってください。 ゴシゴシこするのは厳禁。 規則正しい生活を送る 疲れやストレスを溜めることも、目の腫れにつながることがあります。 疲れは知らず知らずのうちにたまっていきますので、意識的に休息を取ることが必要です。 加えて、バランスのよい食生活も心がけてくださいね。 アレルゲンを取り除く 例えば花粉症の人であれば、極力花粉を吸い込まない・肌につかないように気をつけることで、目が腫れるのを抑えることができます。 外出する時には花粉がつきにくいコートを着たり、花粉を防ぐ専用のゴーグルやメガネをつけたりしてみましょう。 また、化粧品やクレンジング剤がアレルゲンとなっている場合もありますので、肌に違和感を感じたら使用を中止すること。 新しい化粧品を使う際にはパッチテストを行うことも大切です。 マッサージする習慣をつける 耳の後ろ、首すじ、肩にかけてのマッサージは目の周りにむくみが起こっている人に効果的な方法。 マッサージによって血液やリンパの流れが促されることで腫れがひきやすくなります。 マッサージの方法は指4本の腹で耳の後ろから鎖骨に向かって、上下にさするだけ。 あまり力を入れずに優しくさするだけで大丈夫です。 また、眉毛の内側のへこんでいる部分にある「欑竹(さんちく)」と呼ばれるツボを刺激するのも効果的です。 「大したことはない」という考えは禁物! まぶたの腫れの原因に、心当たりはあったでしょうか?大切なのは、たかがまぶたの腫れと思わずに、なかなか腫れが引かない、かゆみや痛みが出てきた、という場合にはいちど病院で診察を受けてみましょう。 また、腫れが引いても油断せず、目の周りに刺激を与えないような生活を心がけてくださいね。

次の

まぶたがカサカサ乾燥して皮がむける!かゆみ・腫れの原因とケアの方法

まぶた 腫れる 原因

先日の登山の翌朝目が覚めて洗顔すべく洗面台の前に立つと両まぶたが腫れて別人になっていました。 以前にも何度かあって亡くなった父親も疲れるとまぶたが腫れると言っていた記憶があるので遺伝なのかもしれません。 登山では十分な水分補給が必要ですが今の時期(冬期)それほど汗をかかないので0. 7リットルの水ボトルとコンビニで買ってきた温かいお茶 500ml で済ませています。 それでも下山後意識的に水分補給しています。 下山後〜就寝まで最低1リットル程度の水を飲んでいるのではないでしょうか。 その理由は下山後はほとんど尿意はなく帰宅してからトイレに行くと毎回色の濃い尿が出て来るからです。 これは明らかに水分不足の症状です。 翌朝まぶたが腫れたのはその水分過多だったのでしょうか。 まぶたが腫れた理由 寝相の問題 まぶたが腫れる朝というのはほとんど顔が横向きよりもうつ伏せに近い状態で寝ていたようです。 目が覚めると枕の端から落ちそうな感じで斜め下を向いています。 重力により水分が顔に集まってまぶたが腫れたのでしょうか。 それにしては顔の他の部分は全く腫れていません。 登山の後遺症か よく登山でむくむという人がいますが、私の場合も上りの途中でどういうわけかだんだん手の指がむくんで白っぽくなってくるときがあります。 登山でむくむ理由はよくネットにも書かれていますがその代表的な理由は下記の通りです。 ・ 長時間トイレに行かなくので水分が体に溜まる ・汗をかいて脱水状態になりこれ以上水分を逃がさないために体は水分を溜めようとする ・筋肉疲労により筋肉が硬化(収縮)し、血液やリンパの流れが悪くなる ・ ザックや伸縮性タイツなどで体が締め付けられて血液やリンパの流れが悪くなる 血液やリンパは老廃物や水分を運びますのでその流れが悪くなると体内に水分が溜まるのです。 特にリンパは心臓のようなポンプ機能はなく筋肉の収縮によって流れるので筋肉が硬化してはその機能は低下します。 私の場合は軽度の「脱水状態」になるのでしょう。 特に夏山では水分補給が発汗に追いついていない時があります。 登山前にも水分を補給するようにしているのですが十分ではないようです。 それでも下山すると自然と当日中にむくみはなくなってきますので翌日まぶただけむくむというのはどうもおかしな話です。 夜のアルコール摂取のせいか 一年中毎晩アルコールを飲んでいいます。 アルコールは利尿作用があるのでアルコール摂取後意識的に水も飲んでいます。 このせいで水分過多となって翌朝にまぶたがむくむのでしょうか。 考えてみると夜が一番水分を摂取しています。 それでは毎朝まぶたがむくむことになりますが、毎朝まぶたが腫れるわけではないのでこれまたおかしな話です。 塩分の取りすぎか 塩分を摂りすぎるとよく体がむくむと言いますが、これは体が血中の塩分濃度を一定に保とうとするからです。 そのため過剰に塩分(ナトリウム)を摂取すると濃度を一定に保つために血中に水分を溜め込もうとします。 血中に溜め込んだ水分はパンパンになって血管の外に浸み出して細胞間に溜まってむくみとなるのです。 これが日常的になると血管がパンパンの状態になって常時血管内の圧力が高くなってしまいます。 これが高血圧です。 高血圧は血管壁も損傷してしまいます。 しかし、わたしは日常的に塩分は控えめにしているのでどうもこれが原因とも考えられません。 調味料では塩、醤油はほとんど使わず、味噌は減塩味噌です。 加工食品もサバの水煮缶のみでこれには塩分は含まれていますが毎日1缶のみの摂取ですので過剰に塩分を摂取しているとはとても思えません。 ちなみにサバの水煮缶の中には塩分不使用という缶詰もあります。 腎臓機能低下か 出典:Kyowa Kirin 先述の血中の塩分調整は腎臓で行われます。 腎臓は血液をフィルターにかけて老廃物を「尿」として排出する働きをしています。 実は私が気になっているのがこの腎臓です。 もともと腎臓に問題があったのか毎晩のアルコール摂取が原因なのか腎機能が低下しているのではないかと疑っています。 病気によるむくみでは、心臓、肝臓、腎臓、甲状腺異常などがありますが、腎臓の機能が低下してくるとまぶたの腫れが出やすいのです。 もちろん肝臓もアルコールで損傷しやすい筆頭で体がむくむこともあるのですが「 腎臓が一番まぶたがむくみやすい」のです。 腎機能が低下すると血管の老廃物のフィルター(糸球体)に障害が出てきて体内に余分な水分や塩分を溜め込んでしまいます。 これがむくみとなるのです。 私は昔むかし学生時代に血尿になったことがあり病院で調べてもらったのですが原因は不明でした。 しかし、この腎臓のフィルターに障害が起こると「血尿」することがあるのです。 クッシング症候群か クッシング症候群とは筋トレの大敵であるコルチゾールの過剰分泌で起こる症状で顔のむくみやニキビの原因となります。 コルチゾールは別名ストレスホルモンと言われ筋肉合成を促進するテストステロン(男性ホルモン)の分泌を抑制してしまいます。 したがって過度の筋トレや運動をするとストレスホルモンが過剰に分泌する可能性が高くなります。 登山でもこのストレスホルモンが過剰に分泌したのでしょうか。 そういえば以前頭皮にニキビができたことがありますね。 あれはストレスのせいだったのか。 これも全く否定はできませんが、週3の筋トレと週1程度の登山で体にコルチゾールが過剰分泌するほどのストレスが溜まるようでは情けない話です。 まとめ まぶたが腫れた日は少しだけ腫れが引いただけでしたが、2日目には元に戻ってきました。 しかし、よく考えると最近まぶたが腫れ気味な気がします。 以前は逆にまぶたに張りがなくなって水分がなくなって「ああ老化してきたな」と思ったくらいでした。 やはり夜の水分(アルコール+水)過多、過労による内臓機能の低下が重なったのでしょうか。 したがって夕方までに十分な水分補給をして、夜の水分は控えめにするつもりです。 注)アイキャッチ画像のサッカーの本田選手も目の手術後のせい?でまぶたが腫れてきました。 病気によって眼球が飛び出してきたという人もいます。

次の