エモい 田舎。 田舎の夏へ 行ってきた。|dokubutu|note

エモい、の正体|shomin|note

エモい 田舎

1966年初夏。 高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。 今どき珍しい正統派アニメ。 1966年代という事でノスタルジーがとても感じられる作品。 特にジャズのセッション場面は作画にも力が入っており音楽もとても素晴らしい。 あるようでなかったジャズ作品。 学祭のステージで数分間に渡る長いジャムセッションシーンは圧巻の一言。 ジャズの醍醐味はインプロヴァイズドだと思うので、それを余す所なく発揮した件のシーンはアニメ史に残る名シーンです。 刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。 拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。 八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があ... とにかく声優さんの努力と才能が凄まじいです。 落語って究極の一人芝居なんだ!と衝撃を受けました。 複雑な人間関係を描くストーリーはほろ苦くも感動的で、嫌な役柄のキャラクターにもなんだか愛着が湧いてきます。 作画も背景美術も美しい!空気感と情緒のある大人のアニメでした。 落語に興味はなかったけど落語のシーンは結構笑えて、おもしろい!!って思えました。 でも実際の落語の動画、てみたけどそんなでも無かったかなぁ。 ならば、やはり声優さんたちや、キャラの魅力が素晴らしいということなんでしょう。 羽鳥チセは15歳の少女。 彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。 ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。 そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。 自然と寄り添い、悠久... でも、少女は実は短命で、魔法使いには何か裏の顔があり、と、王道を地で行くストーリーだ。 しかし王道らしく、しっかりしたテンポと作画、演出で魅せてくれる。 西洋ファンタジー版、「夏目友人帳」と形容するとしっくりくる気がします。 近年掃いて捨てるほど生み出されている、薄っぺらい世界観のラノベ作品などとは一線を画す作り込みで、故に物語に深みがあり、説得力があります。 ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。 それらを総じて「蟲」と呼ぶ。 それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。 生命とは、他をおびやかす... キャストは俳優と声優の両方が起用されているが、これもうまくいっている。 2005年の作品ということを考慮すれば映像の質は平均以上。 また、映像の芸術性も高い。 画面に映っている植物や人物が息づいている感じがします。 独特な空気感は思わず見入ってしまいます。 原作は読んだことがありませんが、原作に忠実に作ったとのこと。 本気でboxが欲しいと思いました。 物語は、淡々と進んでいくのだが、いつもはクールなギンコが時に見せる喜怒哀楽やナレーションの声もいい。 アニメを見て興味がわいて、単行本を買ってしまいました。 平凡な高校生である泉新一は、ある日突然地球に飛来してきた「パラサイト」の襲撃を受ける。 間一髪で脳への寄生は免れるが、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。 やや残忍なシーンも出てきますが、これをそのまま描いたのは立派だと思います。 最後の数回については、もう圧巻という感じで、主人公の新一の成長を感じられます。 アニメ化した本作は、その原作のエッセンスを丁寧に抽出して2クールにまとめ上げた。 原作の月刊のタイムスケールから、週刊のタイムスケールに変わって、物語がとても早回しになった気もするけれど、正直なところストーリーのほとんどを忘れていて、実に楽しく鑑賞することが出来た。 原作が大好きなのでアニメ化は凄く不安でした。 しかし『セイの確率』として視聴してみると、新一くんのビジュアルにも違和感なく楽しめました。 アニメはちょっと…と思っている人も試しに見て欲しいです。 最後まで見た時にきっと好きになれる作品だと思います。 かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。 その戦争が終結してから、約300年。 地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。 仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつ... 毎話毎話、しっかり引きがあって、それぞれのキャラクターの関係値と出来事の描写が視聴する者の心をしっかりつかんでいると思います。 ガンダムシリーズで毎週かかさず見たアニメはこれだけです!脚本が良い!キャラクターが良い!続編楽しみ過ぎるー! 満足度高かったです。 久々にガンダムシリーズを最後まで見ました。 内容は「死」が頻繁に出てきてかなりハードで泥臭かったですが、ストーリーがしっかりしていてキャラクターも魅力的で音楽もよかったので最後まで飽きることなく見ることができました。 ドイツ・アイスラー記念病院に勤務する日本人医師・天馬賢三は、瀕死の重傷を負った双子の一人・ヨハンという名の少年の命を救う。 しかしそれは、同時に入院した市長の執刀を優先しろという病院幹部達の意志に背くものだった。 その市長の死によりテンマは政治的窮地に... とにかくスケールが大きく、展開も素晴らしい傑作である。 全74話なんて、今じゃとても作れないよね。 気合い入ってます。 マッドハウス、いい仕事してますねえ。 かなり長いですが、見て損はありません。 むしろ見るべし! 小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。 彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた「友人帳」を継いで以来、妖怪達に追われる日々。 自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返すことを決めた夏目は、さまざまな妖怪と出会... また、話の始まりと終わりに流れる主人公の語りにも注目。 妙にぐっと心を引き寄せられる感じがまたいい。 妖怪達の純粋さ、主人公夏目のひたむきさに、毎回心洗われます。 子供の頃に感じた懐かしいような、それでいて純粋だった気持ちを、このアニメを見るたびに思い出す事が出来ました。 ほっこりするような楽しいエピソードもあれば、少し儚くて悲しいエピソードもあります。 一話一話の起承転結がしっかりと作られていて、まるで短いアニメ映画を見ているようでした。 ナノハザードにより廃墟と化した地球。 人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。 西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒されていた。 地上世界からの謎のハッキング。 ハッキングの主は、フロンティア・セッターと名乗っ... 観てスッキリ、爽快になれる、良作だと思います。 根っこはかなりマニアックですが、そうでない方でもまったく違和感なく楽しめるはずです。 学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。 ある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催されることに。 大洗女子学園と知波単学園の混成チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チー... 作画は戦車がとても勇ましく描かれておりたくさんのミリタリーファンを魅了する作品となっており、ミリタリーファン以外の方も楽しめる演出並びにストーリになっています。 テレビアニメを見ても思ったことなのですが、このアニメは精巧なCGの戦車を動かすだけではありませんね。 個性を強調するように演出しています。 これは劇場版にも引き継がれ、より磨きがかかっていました。 ゆえに戦車戦も大変見応えのある内容でした。 戦車のディーゼルエンジンが奏でる駆動音。 巡航戦車や軽戦車のエンジンが奏でる甲高い駆動音。 ミリタリー好きにも絶対満足いただけます。 ていうか、観ている途中、ずっとにやけっぱなしでした! もう、凄い凄いの連続でした。 絶対、あと何度か観たい。 そう思わせるほどの完成度の高さです。 可愛い女の子がキャピキャピしてるだけってのもなぁ……という人にもすすめる事が出来ます!!!!!!! アイドルの売れてない時代、ライブ、売れてからの苦悩など見所がしっかりあります。 キャラクター個別の話もあっていい作品でした。 声優さんもキャラと合っているのはもちろん、曲での歌声まで合っていて良かったです。 【フェアリィ・ダンス編】《ソードアート・オンライン》に閉じ込められたキリトこと、桐ヶ谷和人は、ヒースクリフこと、茅場晶彦との死闘のすえ、現実世界へ生還を果たす。 同時にデスゲームを生き残った者たちも生還するものの、アスナをはじめ300人のプレイヤーた... これは、ゲームを題材にしたアニメである。 似ているが違う。 しかも前半はゲームの中で話が進み、結婚までする。 新鮮だった。 ただ見せ場となる所を、見せてない感じがする。 俺の中では今のところ余裕で一番好きなアニメです。 主人公が強いアニメが好きな方にオススメです。 後はダンジョン系アニメが好きな方にも、剣での戦闘アニメが好きな方にもオススメします。 最高だー! おもしろかった。 妹と兄の関係性も見えてよかったかな。 戦闘も盛り上がりもあったし種族同士の争いとかも面白かった。 ネオ・ジオン軍と地球連邦軍が戦火を交えた『シャアの反乱』から3年。 工業コロニーに住む少年バナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗る謎の少女と出会う。 戦争の火種となるビスト財団とネオ・ジオン残党軍『... これから始まっていくワクワク感がたまらなく味わえる作品だと思います。 映像がとても綺麗です。 新しいガンダムなので当然かと思われますが、ストーリーも映像も良く作りこまれていると思います。 MSが綺麗すぎて見とれてしまいます。 ファーストガンダムを見ていた世代やそれ以降の作品を見てきた人には、思わずニヤリとしてしまうような場面が散りばめられていて、ガンダム好きにはたまらない作品ですね。

次の

エモいとは?語源や由来と意味や使い方を考える!若者に関係ある?

エモい 田舎

[エモい]という言葉がこの2年くらいで急激に一般的になった。 流行語として広まって新言語として定着した気さえする。 自分たちも音楽制作の現場で 「もっとエモくしよう」 「xxxをxxxするだけでエモさが増した」 など、作っている最中も作り終えた後もエモいを基準にやり取りをすることが多々ある。 なんでもない日常生活で口にすることも増えた。 音楽のみならず、映画でも漫画でも舞台でも絵でも、あらゆるエンタメはエモ数値で作品の良し悪しが左右されるといっても過言ではなくなってるような。 実はエモいという言葉はライブシーンではかなり前から使われていて、12〜3年前に地元福岡の片田舎にあるライブハウスで初めてエモいという言葉を耳にした。 そのライブハウスはラウドロック系が盛んで12〜3年前というと、いわゆるエモコアやスクリーモが私の地元にも雪崩れ込んできた時期。 …個人的にはそのジャンルにどっぷりでも無かったし地元住みだったのでそれが全国的にスピード感としていかがなものだったのかは知る由もないけれど、あくまで地元のライブハウス界隈はそういう感じだった。 田舎の箱ですら誰もがエモいエモい言ってたんだから、都会はもっとその前から使ってたんじゃないのかなと思う。 ちなみにエモコアリテラシーの低い私がエモコアを知らない方にエモコアとはどのような音楽かを噛み砕きまくって説明すると バックの音が激しくて速い。 でもコード感はオシャレでフレーズはメロディアスかつ流麗。 その上でボーカルが感情的にシャウトしまくる。 そんな感じ。 私は地元バンドマン達の日々の会話を頼りに自分なりにエモいを「なんかグッとくる感じ」「どうしようもなく込み上げるもの」「心臓を掴まれるような感覚」みたいに捉えてた。 その当時すでに解釈が一周したような使い方までされていて、チャーハンがデカ盛りすぎてエモいだとか、誰かの妹が可愛いすぎてエモいだとか、そういう小ボケに使うくらい一部のコミュニティにはエモいが浸透していた。 エモい、を作りたいと皆思っていた。 そうなると答えなんかないはずのエモの記号化が始まる。 否応無しに叫んでしまったボーカリストのシャウトや、その時の演奏を解析して研究してそこに近づけていく。 そうやってエモがジャンルになる。 イケメンというジャンルができた。 サブカルもそう。 サブカルのイメージはファッションなんかでも完全に可視化されているけど、別にどんな見た目でもサブカルはサブカルでしかない。 そうやって具体的に定義されてジャンルになった。 時を経て、何がきっかけになったのかエモいは急に一般社会で当たり前に使われるようになった。 特に意味合いも変わりないまま。 私は新しい物が台頭してくるのは摂理だと思ってるし、そうじゃないと面白くないと感じてるタイプなのだけれど、エモに関しては物作りをする人間として気をつけていることがある。 それは、定義されたエモを記号的に盛り込みすぎないことだ。 当然、記号としてのエモの応酬みたいな曲を依頼されればそれを作るまでだけど、エモという感覚の性質上記号化しすぎるともはやエモくなくなるんじゃないかという疑念がある。 メロディ、コード進行、歌詞、構成、音選び、歌い方などなどで意識的に隅から隅までエモい風味に仕立てあげた楽曲は、果たしてエモいのか?というジレンマ。 以前X JAPANのLive映像を見てめちゃくちゃエモくなったことがある。 正直、ど真ん中世代でもないしファンというにはファンの方に怒られてしまいそうなくらいの知識しかないけれど、苦悩という苦悩を重ねて逆境を乗り越えてきたスーパーバンドの満身創痍のステージはやはり凄かった。 演奏していたのは「紅」と「X」だった。 ただ、そんなことは凌駕するくらいエモかったし、記号なんて簡単に凌駕してしまうのがエモいの本質なのだろう。 ハードパンチャー同士の壮絶な殴り合いのボクシングの試合を見た時みたいな、よくわからないけど押し寄せてくる感動があった。 全音楽ジャンルに共通して言えるのは、大体の場合1番エモいのはエモく作られた曲ではないということ。 バラードや、聴いてる人に直接訴えかけるような曲があってもだ。 来たる嵐の活動休止コンサートの最後の最後に歌って1番エモくなるのは間違いなくデビュー曲の『A・RA・SHI』じゃないかと思う。 それこそ理屈じゃない感動が押し寄せるはず。 結論、創作物はそこにあるストーリーや魂には勝てない。 ぜったいに勝てない。 戦争から帰ってきた父親の誕生日に子供たちが歌うHappy birthday to youに勝てるわけがない。 エモい、の正体はそれぞれの主観でしかない。 それぞれの中にそれぞれのタイミングでそれぞれのエモい、が在る。 ベンチに座っておにぎりを食べながら泣いてる人が居たとして、誰にも理由はわからないけどその人にはそのおにぎりを食べると泣けてくるストーリーがある。 それを「もっと感動できるエモエモストーリーにできますよー」ってイジってしまうような曲作りは個人的にはしたくない。 勘違いしてほしくないのは、私はこの記事で誰に苦言を呈したいわけでもない。 遠回しに嫌味を言ってるような箇所もない。 「エモいって結局なんなのか」という話題になったついでのメモです。 お付き合いありがとうございました。

次の

服薬指導に活かせる!『エモいプレゼン』(松永俊彦・著)

エモい 田舎

1966年初夏。 高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。 今どき珍しい正統派アニメ。 1966年代という事でノスタルジーがとても感じられる作品。 特にジャズのセッション場面は作画にも力が入っており音楽もとても素晴らしい。 あるようでなかったジャズ作品。 学祭のステージで数分間に渡る長いジャムセッションシーンは圧巻の一言。 ジャズの醍醐味はインプロヴァイズドだと思うので、それを余す所なく発揮した件のシーンはアニメ史に残る名シーンです。 刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。 拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。 八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があ... とにかく声優さんの努力と才能が凄まじいです。 落語って究極の一人芝居なんだ!と衝撃を受けました。 複雑な人間関係を描くストーリーはほろ苦くも感動的で、嫌な役柄のキャラクターにもなんだか愛着が湧いてきます。 作画も背景美術も美しい!空気感と情緒のある大人のアニメでした。 落語に興味はなかったけど落語のシーンは結構笑えて、おもしろい!!って思えました。 でも実際の落語の動画、てみたけどそんなでも無かったかなぁ。 ならば、やはり声優さんたちや、キャラの魅力が素晴らしいということなんでしょう。 羽鳥チセは15歳の少女。 彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。 ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。 そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。 自然と寄り添い、悠久... でも、少女は実は短命で、魔法使いには何か裏の顔があり、と、王道を地で行くストーリーだ。 しかし王道らしく、しっかりしたテンポと作画、演出で魅せてくれる。 西洋ファンタジー版、「夏目友人帳」と形容するとしっくりくる気がします。 近年掃いて捨てるほど生み出されている、薄っぺらい世界観のラノベ作品などとは一線を画す作り込みで、故に物語に深みがあり、説得力があります。 ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。 それらを総じて「蟲」と呼ぶ。 それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。 生命とは、他をおびやかす... キャストは俳優と声優の両方が起用されているが、これもうまくいっている。 2005年の作品ということを考慮すれば映像の質は平均以上。 また、映像の芸術性も高い。 画面に映っている植物や人物が息づいている感じがします。 独特な空気感は思わず見入ってしまいます。 原作は読んだことがありませんが、原作に忠実に作ったとのこと。 本気でboxが欲しいと思いました。 物語は、淡々と進んでいくのだが、いつもはクールなギンコが時に見せる喜怒哀楽やナレーションの声もいい。 アニメを見て興味がわいて、単行本を買ってしまいました。 平凡な高校生である泉新一は、ある日突然地球に飛来してきた「パラサイト」の襲撃を受ける。 間一髪で脳への寄生は免れるが、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。 やや残忍なシーンも出てきますが、これをそのまま描いたのは立派だと思います。 最後の数回については、もう圧巻という感じで、主人公の新一の成長を感じられます。 アニメ化した本作は、その原作のエッセンスを丁寧に抽出して2クールにまとめ上げた。 原作の月刊のタイムスケールから、週刊のタイムスケールに変わって、物語がとても早回しになった気もするけれど、正直なところストーリーのほとんどを忘れていて、実に楽しく鑑賞することが出来た。 原作が大好きなのでアニメ化は凄く不安でした。 しかし『セイの確率』として視聴してみると、新一くんのビジュアルにも違和感なく楽しめました。 アニメはちょっと…と思っている人も試しに見て欲しいです。 最後まで見た時にきっと好きになれる作品だと思います。 かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。 その戦争が終結してから、約300年。 地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。 仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつ... 毎話毎話、しっかり引きがあって、それぞれのキャラクターの関係値と出来事の描写が視聴する者の心をしっかりつかんでいると思います。 ガンダムシリーズで毎週かかさず見たアニメはこれだけです!脚本が良い!キャラクターが良い!続編楽しみ過ぎるー! 満足度高かったです。 久々にガンダムシリーズを最後まで見ました。 内容は「死」が頻繁に出てきてかなりハードで泥臭かったですが、ストーリーがしっかりしていてキャラクターも魅力的で音楽もよかったので最後まで飽きることなく見ることができました。 ドイツ・アイスラー記念病院に勤務する日本人医師・天馬賢三は、瀕死の重傷を負った双子の一人・ヨハンという名の少年の命を救う。 しかしそれは、同時に入院した市長の執刀を優先しろという病院幹部達の意志に背くものだった。 その市長の死によりテンマは政治的窮地に... とにかくスケールが大きく、展開も素晴らしい傑作である。 全74話なんて、今じゃとても作れないよね。 気合い入ってます。 マッドハウス、いい仕事してますねえ。 かなり長いですが、見て損はありません。 むしろ見るべし! 小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。 彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた「友人帳」を継いで以来、妖怪達に追われる日々。 自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返すことを決めた夏目は、さまざまな妖怪と出会... また、話の始まりと終わりに流れる主人公の語りにも注目。 妙にぐっと心を引き寄せられる感じがまたいい。 妖怪達の純粋さ、主人公夏目のひたむきさに、毎回心洗われます。 子供の頃に感じた懐かしいような、それでいて純粋だった気持ちを、このアニメを見るたびに思い出す事が出来ました。 ほっこりするような楽しいエピソードもあれば、少し儚くて悲しいエピソードもあります。 一話一話の起承転結がしっかりと作られていて、まるで短いアニメ映画を見ているようでした。 ナノハザードにより廃墟と化した地球。 人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。 西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒されていた。 地上世界からの謎のハッキング。 ハッキングの主は、フロンティア・セッターと名乗っ... 観てスッキリ、爽快になれる、良作だと思います。 根っこはかなりマニアックですが、そうでない方でもまったく違和感なく楽しめるはずです。 学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。 ある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催されることに。 大洗女子学園と知波単学園の混成チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チー... 作画は戦車がとても勇ましく描かれておりたくさんのミリタリーファンを魅了する作品となっており、ミリタリーファン以外の方も楽しめる演出並びにストーリになっています。 テレビアニメを見ても思ったことなのですが、このアニメは精巧なCGの戦車を動かすだけではありませんね。 個性を強調するように演出しています。 これは劇場版にも引き継がれ、より磨きがかかっていました。 ゆえに戦車戦も大変見応えのある内容でした。 戦車のディーゼルエンジンが奏でる駆動音。 巡航戦車や軽戦車のエンジンが奏でる甲高い駆動音。 ミリタリー好きにも絶対満足いただけます。 ていうか、観ている途中、ずっとにやけっぱなしでした! もう、凄い凄いの連続でした。 絶対、あと何度か観たい。 そう思わせるほどの完成度の高さです。 可愛い女の子がキャピキャピしてるだけってのもなぁ……という人にもすすめる事が出来ます!!!!!!! アイドルの売れてない時代、ライブ、売れてからの苦悩など見所がしっかりあります。 キャラクター個別の話もあっていい作品でした。 声優さんもキャラと合っているのはもちろん、曲での歌声まで合っていて良かったです。 【フェアリィ・ダンス編】《ソードアート・オンライン》に閉じ込められたキリトこと、桐ヶ谷和人は、ヒースクリフこと、茅場晶彦との死闘のすえ、現実世界へ生還を果たす。 同時にデスゲームを生き残った者たちも生還するものの、アスナをはじめ300人のプレイヤーた... これは、ゲームを題材にしたアニメである。 似ているが違う。 しかも前半はゲームの中で話が進み、結婚までする。 新鮮だった。 ただ見せ場となる所を、見せてない感じがする。 俺の中では今のところ余裕で一番好きなアニメです。 主人公が強いアニメが好きな方にオススメです。 後はダンジョン系アニメが好きな方にも、剣での戦闘アニメが好きな方にもオススメします。 最高だー! おもしろかった。 妹と兄の関係性も見えてよかったかな。 戦闘も盛り上がりもあったし種族同士の争いとかも面白かった。 ネオ・ジオン軍と地球連邦軍が戦火を交えた『シャアの反乱』から3年。 工業コロニーに住む少年バナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗る謎の少女と出会う。 戦争の火種となるビスト財団とネオ・ジオン残党軍『... これから始まっていくワクワク感がたまらなく味わえる作品だと思います。 映像がとても綺麗です。 新しいガンダムなので当然かと思われますが、ストーリーも映像も良く作りこまれていると思います。 MSが綺麗すぎて見とれてしまいます。 ファーストガンダムを見ていた世代やそれ以降の作品を見てきた人には、思わずニヤリとしてしまうような場面が散りばめられていて、ガンダム好きにはたまらない作品ですね。

次の