ある 日 突然 9 キロ 痩せ た。 ある日突然9キロ痩せた。診断名:統合失調症 3巻を無料で読む方法!漫画村じゃなくてもタダで読める!?|無料で漫画を読む方法

ある日突然9キロ痩せた。診断名:統合失調症

ある 日 突然 9 キロ 痩せ た

4人の方が「参考になった」と投票しています。 勉強になります。 私の知っている統合失調症の方は、ちょっと違いました。 めちゃくちゃ食べます。 足りない足りない、と。 けど、痩せてました。 かなりの量を食べても。。 男性でしたね。 色々な精神疾患の一番ツラい病気である、との認識でした。 うつ病から進行したら統合失調症になったり、他の精神疾患がひどくなったりしたら統合失調症になるとばかり思ってました。。 保険の営業をしていたので、そんな方との関わりがあったので…。 いきなり、なる事もある病気なんだ!とビックリしました。 しかも症状をしっかり把握していてすごいです。 知り合いでは統合失調症に認知症まであるのかな?って言うひどい状態で、治る見込みがなく入院してます。。 だから、この作者さんのように詳しく自分の事を把握できるのはめちゃくちゃ凄いなと勉強になりました。 興味本意でも、知らない人は読んでみて損はないと感じました。 確かに絵は微妙ですが。 笑 逆に統合失調症で、マンガで伝えるって本当に凄いんです。 たくさんの方に読んでいただきたいと思いました。

次の

ある日突然9キロ痩せた。診断名:統合失調症 3巻を無料で読む方法!漫画村じゃなくてもタダで読める!?|無料で漫画を読む方法

ある 日 突然 9 キロ 痩せ た

『ある日突然9キロ痩せた。 』の見どころ 今回紹介する 『ある日突然9キロ痩せた。 特に重い責任を背負って頑張っている全ての人が読んでおいた方がイイ作品だと思います。 【ネタバレ】 この物語の主人公は著者であり漫画家でもある 千里晶子 (せんりしょうこ)さんです。 ある日の深夜、以前から痛みがあった 股関節と 右足のかかとに耐えられない激痛が走り、 自分で 救急車を呼ぶことを決意した晶子。 「もしもし…死にそうなんですけど…」 悲痛な言葉でそう訴える晶子の言葉に、あくまで事務的で冷静に対応する救急隊員であった(汗) そのほか、晶子が 119番してから病院に搬送されるまでの件 (くだり)は、 実際に一人で救急車を呼んだ人間にしか分からない苦労と驚きと切なさが描かれていました。 {絶対なにもないはずがない!} そう思っていた。 なんたって、救急車で運ばれる前に気づいた時点で自分の体はメチャメチャ痩せていたんだから・・・ しかし・・・ 病院側のいう事には逆らえず、晶子はまず実家の母親へ連絡を入れてから、 一人でタクシーを呼んで自宅へと帰りました。 その間、少しはましになっていたとはいえ股関節の痛みとかかとの激痛は続いていました。 一体自分の体はどうなっているんだろう・・・? 翌日、痛みをこらえながら一夜を明かした晶子のもとに、 娘のことを心配した 両親が名古屋から駆けつけてくれました。 さらに… そのまま実家へと強制送還。 実家に帰ってすぐに地元の総合病院で 精密検査を受けた晶子。 なぜ…一週間ほどで9キロも痩せてしまったのか理由が分かった! まだまだ様々な体の痛みや精神障害が彼女を苦しめていたが、 病名が分かることでその疾患の対処や治療が可能になるから希望も持てる。 ただ・・・ 病院や医師が患者たちにこういう態度をとらなければいけなくなった背景には、 我々患者側が作り出したとされるさまざまな原因があるのでしょう! 一概に病院側だけを責められないのが実情です。 まるしーが求めているのはまさにこういうリアルな内容なのです。 人の体験談ほど面白くて確かな情報はありません。

次の

ある日突然9キロ痩せた。診断名:統合失調症 1巻(千里唱子) : 女の子のヒミツ

ある 日 突然 9 キロ 痩せ た

5 0 ちんぷい 終わり方が唐突でお粗末だと評価されている方がいらっしゃいますが、それこそが、この病気の本質なのではないでしょうか。 私には当事者の方からの発信という事で、とても興味深く読む事が出来ました。 もちろん続編が出版されたら読みたいと思います。 (絵柄も可愛らしく読みやすかったです。 )「頑張って!」という言葉は不用意に使うべきではないと云われるようになって久しいですが日本人にとって「頑張って」という言葉は「あなたの事を応援しているよ。 」「あなたの頑張りが報われますように。 」という祈りに近い言葉だと最近教わりました。 なので敢えて使わせていただきます。 病気を克服できていないからでしょうか。 終わり方があまりにもお粗末のような気がします。 余裕があるのなら、もっと丁寧な心理描写が欲しかったし、ご両親や先生などの第三者の意見があると、より良かったような気がします。 ちなみに、統合失調症になった親戚は、よくなるまで何十年とかかりました。 働けるようになったわけではありません。 普通に生活できるようになるまでに何十年とかかったのです。 鬱よりも大変な病気だと思います。 作者さんには焦らず、治療に専念してもらいたいです。 「ある日、突然・・・」というタイトルだったので「どういうこと??寝て起きたらやせてたのか?」って思いましたが、多少は予兆があったみたいです。 一人暮らししているとあんな感じなのかな・・・それにしても多少は気が付きそうなもんだけどなぁって感じでした。 ご両親も優しそうですし、実家近くの病院で病名も分かって良かったです。 こういうエッセイ漫画があると、予備知識を得る事ができ、悪化する前に何かしらの対処ができるかもしれないので有難いです。 星は値段込みの評価です。 2020-02-06 3185578 1 1 yaCq-a-v2 rfvq-yuko-v2.

次の