ゴルフ スイング 縦 振り。 ゴルフスイングと縦振り、横振り(アップライト、フラットなスイング軌道)

ゴルフスイングは肩の回転で腕が上がる

ゴルフ スイング 縦 振り

ドライバーとアイアンで動きは違う ゴルフでは「ドライバーは横、アイアンは縦振り」とよく言われます。 確かに軌道を見ると違っているように見えるかもしれません。 ただ、基本となっている動きはクラブが変わっても同じです。 最初に構えた角度に合わせてシャフトを上げていき、ほぼ同じ位置に打ち下ろしていきます。 あなたに最適な打ち方はどっち? どちらが正しいということはありません。 ゴルファーの体格や使うクラブによっても少しずつ、スイングの傾向は変わってきます。 たとえば同じ番手を使っても、身長が高いゴルファーはアドレスの時点で上半身の前傾が強くなるのでアップライトになりやすくなります。 逆に背が低いゴルファーは前傾の角度が小さくなるのでフラットになりやすくなります。 またドライバーのような長いものを使うとフラットになりやすく、ウェッジなど短い番手と使うと前傾が深くなるのでアップライトになりやすいという特徴もあります。 メリットとデメリット 縦振りは上から見たヘッドの軌道が楕円になります。 インパクトゾーンは長くなり、ボールの方向性がよくなるというメリットがあります。 ヘッドが高い位置から下りてくるので、遠心力を利用できるため、ゴルフで飛距離を出しやすいという特徴もあります。 しかしデメリットとしてスライスが出やすいということもあります。 トップが高めになるので、アウトサイドインになりやすく、フェースが開いて右に曲がりやすくなります。 それに対して、横に払う打ち方はゴルフの動作が安定しやすいことがメリットです。 体の軸を安定させて遠心力で振っていくので、体重移動を使う縦振りよりも動きがシンプルになっています。 再現性を高めやすく、軌道がブレにくいのも特徴です。 横から球打つので、ドライバーなど長いクラブを使ったときにも打ちやすくなります。 デメリットはインパクトゾーンが短いことで、左右へのミスが出やすい点があります。 フェースの開閉にシビアなので、どうしても真っすぐとらえるのが難しくなります。 またゴルフクラブの動きがコンパクトになるので、大きな力が生み出しにくく、飛距離がやや伸びづらい傾向があります。 アイアンを使うときに球との距離に注意しないと遠心力に負けてシャンクが出やすくなります。 構えるときの目安 どちらも間違いではありませんが、注意すべきなのは過剰にフラット、アップライトになってしまうことです。 目安としては背中のラインに対してシャフトが90度前後になるように構えることです。 後ろから見たときの、ベルトのラインとシャフトのラインがどうなっているかで角度がわかります。 もちろんゴルファーによって体の特徴や柔軟性が違うので、角度が違っているのは大きな問題ではありません。 しかし前傾が浅くなったり深くなったりしすぎるとゴルフではミスの原因になります。 ミスにつながる打ち方 前傾が浅すぎて棒立ちになってしまうと、過剰な縦振りになってしまいます。 軌道はアウトサイドインになり、トップやスライスが出やすくなります。 逆に前傾が深すぎて前かがみになってしまうと、シャフトが寝てしまい、軌道はインサイトアウトになります。 結果としてフックになったり、ダフリも出る原因になります。 すぐに効果が出る方法なのぜひチェックしてみてください。 理想的な動きを身につけるコツ 鏡を使う 過剰に縦振りや横に振る動きになっていないか鏡を使ってチェックしましょう。 ターゲット方向とは逆から見ると、どのくらい上半身が傾いているか、一目でわかります。 打ちっぱなしなどにある大きな鏡の前で構えてみるとよくわかります。 またスマホなどで、自分がどんな構え・動きをしているか撮影してみるものいいでしょう。 プロに診断してもらう なかなかスイングが安定しない…、自分で撮影してもどこを見てどこを改善すればいいのかわからない…そんな方は一度プロに診断してもらうのも上達への近道です。 自分がどんな振り方をしていて、どこに改善点があるのかをプロ目線で見てもらうことで、これまで気付かなかったミスの原因や改善法が明確になり、効果的に上達することができます。 本格的なレッスンはまだちょっと…という場合は、オンラインレッスンを受けてみるのもおすすめです。 自分で撮ったスイングをメールで送るだけのたった2ステップで、後日アマチュアのレッスンに特化した人気プロゴルファーからアドバイスが届きます。 上達のためのコツお教えします。

次の

ゴルフスイングは縦振りと横振りのどちらがいいと思いますか?

ゴルフ スイング 縦 振り

なぜ?縦振りが良い理由とは? ゴルフだけでなく純粋に横への動きよりも、縦の動きのほうが体の力を生み出せるからです。 例えば、直立した状態で3キロ程度の重いものを持っていたとします。 その状態から横に投げるのと、下に叩きつけるのとどちらが強い力が生み出せるでしょうか。 おそらく全員が「下に叩きつける」だと思います。 上下の力を使うときは、床を踏みつける力や重力の力を利用できるので強い力が引き出せます。 縦振りを習得するための練習法 クラブを縦に振る ゴルフクラブを逆手にもって左右に振る練習法です。 スイングが横軌道にならないように、出来るだけで縦に上げるイメージでバックスイングします。 手だけで上げないように、体全体を使いつつ縦を意識して上げてください。 イメージでは垂直に上げるイメージでも、実際は体は前傾しているので垂直には上がりません。 垂直に上げるイメージでバックスイングすれば、縦の動きの強いスイング軌道を描くことができます。 最初はゆっくりとした動きから初めて、慣れてきたらそのイメージでショットしてみてください。 ボールを後ろに転がす ボールを飛球線上に2つ並べます。 そこからテイクバックで後ろの ボールを後方にまっすぐ転がします。 まっすぐ転がせる=まっすぐクラブを引けている。 ということになります。 縦の動きをキープしたままテイクバックするために重要なポイントです。 ボールが斜めに転がった場合は、インサイド・アウトサイドの軌道が強いということになります。 ヘッドをマットに引っ掛ける 練習場のマットなどの溝がある部分にヘッドを引っ掛けて、まっすぐ引くイメージを養いましょう。 クラブを引くときには、 右わき腹を斜め上に引き上げるようにします。 体を使ってまっすぐ引く感覚を習得することができます。 溝や段差などがあれば実践できるので、自宅でも、狭いスペースでも行えます。 バックスイングがいまいちしっくりきていない方にはとてもおすすめです。

次の

ダウンスイングで縦振りの感覚を掴むためには?

ゴルフ スイング 縦 振り

流行りのドライバーを買ってみたものの全然打てない、という話をよく耳にします。 世界のトップ選手たちは軽く300ヤード以上かっ飛ばしているのに、自分が打つとつかまらず、右にフケたボールしか出ない…。 思い当たるフシがある方も多いかと思いますが、これには明らかな理由があります。 スイングが違うからです。 もう少し具体的に言うと、肩の動かし方が違います。 欧米で主流なのは肩を縦に動かすスイングです。 アドレスの前傾姿勢をキープしながら肩を縦に動かしてボールを打ち抜く。 世界の舞台で活躍しているのはそういうスイングタイプのゴルファーですし、その予備軍であるジュニアゴルファーの強者たちも肩を縦に動かします。 当然ながら、ツアーモデルはそういうスイングに合わせて造られているので、肩を横に回したがる日本人ゴルファーに合わなくて当然なのです。 ゴルフスイングにおいて、肩を縦に動かすとボールはつかまりますし、横に動かすとつかまりません。 つまり欧米のスイングはつかまる動きなので、つかまるクラブは必要ないのです。 それよりも、ハードヒットしてもひっかからず、スピン量の少ない棒球で飛んでいくドライバーが求められています。 そのため構えたときにほどよく右を向いていて、万が一ミスしてもフックボールにならないクラブの使用者が多くなります。 こういうクラブを、肩を横回転させるアマチュアが使ったらどうなるでしょうか? そう、「買ったけど右にしか行かないよ」ということになるのです。 そもそもなぜ日本人ゴルファーが肩を横に回してしまうかというと、「もっと肩を回せ!」と教わるからです。 最新のスイングを理解しているゴルフコーチならそんなことは言いませんが、会社の上司や先輩は「頭を動かすな!」「肩が回ってない!」が決まり文句ですし、ダウンスイングで右肩が下がると叱られたりするので、肩を水平回転させるゴルファーができ上がるのです。 もっとも肩を縦に回すのはけっこう大変な作業で、アマチュア、特に年配者にとっては至難の業です。 肩を縦に回して前傾角をキープするためには、側屈といって、左右のわき腹を伸び縮みさせないとできませんが、これは特別な練習を積んだゴルファーだけができるといっても過言ではなく、普通にゴルフを覚えた場合にはまずできません。 さらに、日本のゴルフ場はボールが浮く高麗芝が多いので、払い打ちでもそれなりにゴルフになります。 と、こういう理由で日本人の一般アマチュアの多くは肩を横に回転させてゴルフをするわけですね。 肩の回転角度は重要で、角度が浅いか深いかで技術が変わってきます。 たとえば角度の浅い横回転のスイングだと、ボールへの入射角が緩やかなので、インパクトで自然にフェースがスクエアに戻りますが、角度が深い縦回転のスイングは、ダウンスイングの軌道が鋭角で、意識的にフェースターンをしないとフェースがスクエアに戻りません。 その他にも、横回転は腕を上げ下げする動作が必要だったりと、技術が異なる点は多いので、2つのスイングを一緒に論じることはできません。 ですからレッスンを受ける際は、それがどちらのカテゴリーに属する技術なのかを知っておくことが大事です。 肩を縦に回転させたほうが結果的にゴルフが簡単になるので、頑張ってマスターすることをおススメしますが、最後にそのためのコツを紹介しておきましょう。 さきほども触れましたが、わき腹を伸び縮みさせるのです。 バックスイングでは左が縮んで右が伸びる、ダウンスイングでは右が縮んで左が伸びる。 この伸び縮み動作なしに前傾姿勢はキープできないことをお忘れなく。

次の