レゴ クラシック レシピ。 レゴクラシック トラックの作り方【自作オリジナルレシピ】

レゴクラシック【10715】レーシングモーターバイクの作り方とレシピ!

レゴ クラシック レシピ

レゴクラシックの10715の公式で作れるのは8種類 もともとあったレゴのパーツがだんだん少なくなってきて、種類を増やそうと探した結果 レゴクラシック アイデアパーツの10715にしました。 なんで少なくなってしまうのでしょうね。 子供がレゴに慣れてきて段々と大きな作品を作っていくからなのか、家じゅうのどこかのすき間からもぽろっと出てくるので、実際の数も減ってきているような気がします。 この10715を選んだ決め手は、 タイヤの種類があることと プラスチックのケースが付いていないことです。 最初に一つ持っているのでプラスチックのケースはもう要らなかったのです。 この10715は段ボール素材の黄色い箱の中に、大まかに色分けされたレゴのパーツが数袋になって入っていました。 レゴのプラスチックボックスも可愛いのですが、バラバラと収納が大変でしたが友人に教えてもらった レゴマットの収納袋は大活躍しています。 この収納袋は広げればマットになるし、終わったらギュッとひもを縛るだけで良いのでお片付けがラクになりました。 マットの外にレゴパーツが出ないようにして遊ぶようにしています。 それでもいくつかは飛び出てきますが、プラスチックのケースではまず最初にドバーっとひっくり返してから欲しいパーツを探していたので、子どもたちもこのレゴマットの方が遊びやすそうです。 それに小さなレゴを大人が踏んでしまう事故もだいぶ少なくなりました。 地味にすっごく痛いんですよね…。 レゴマットは必須です! そしてこの10715シリーズ。 パッケージには8種類の作品例が載っているのですが、箱の中の説明書にある作り方はその中で4種類しかありません。 残りの4種類を作り方を知りたければレゴの公式サイトを開くと確認できるはずなのですが…。 できない! モーターバイクの作り方を開きたいのに、開くと最初のページに戻ってしまうんです。 完成図だけ見ても大人の私もよく分からないし、なにより5歳の息子が説明書を見ながら自分で作りたがっているので、とにかく見つけてあげたい。 色々調べた結果、ようやくレゴの公式サイトで全種類の作り方が載っているページにたどり着くことができました! レゴクラシックの作り方10715篇!レシピ全種のダウンロードはこれ! レゴクラシック アイデアパーツ10715の全種類の作り方ダウンロードはです。 付属の説明書に載っているのは、 1. アイスクリーム屋さん 2. 犬とスケートボード 3. 馬車 4. 赤い車 の4種類です。 以下は付属の説明書には載っていないので各自でPDFをダウンロードしないと作り方が分かりません。 車いす(Wheelchair) 6. ガソリンスタンド(Gas Station) 7. 4WDキャンピングカー(Camping Trailer) 8. レーシングモーターバイク(Racing Motorcycle) スポンサーリンク レゴクラシックの作り方10715篇!レシピ全種のダウンロードを実践!のまとめ 息子が一番先に目についたのがキャンピングカーで、「これ作りたい!!!!」ということからこのレゴクラシック アイデアパーツの10715を購入することになったわけですが、作り方が説明書に載っていないとは思いませんでした。 でもちゃんと公式サイトに載っていたので良かったです。 ちなみに、スマホから検索した時は公式サイトからのPDFダウンロードがうまく出来なかったのですが、パソコンから同じページでやってみたら普通にダウンロードできていました! 私のスマホの容量が少なかったのが原因かもしれません。 もし同じくダウンロードできていない場合は、パソコンやタブレットから開きなおしてみてくださいね。 スマホやタブレットで見ながらでも5歳児はうまく一人で作っていましたよ! 何度も作る時に開く必要があるなら、まとめてプリントしてしまうか1枚ずつ画面保存をしておくと便利です。 とはいえ、お手本通りに作りたいのは最初の数日だけで、あとは元からあったレゴと全部まとめて好きなように思いついたものをどんどん作っていっています。 またしばらくしたら他のレゴアイデアパーツを増やしていこうと思います! スポンサーリンク.

次の

レゴクラシック トラックの作り方【自作オリジナルレシピ】

レゴ クラシック レシピ

プラスエルの組みかえレシピは、Kindle Unlimited の読み放題サービスが便利です。 Kindle Unlimited キャンペーン Kindle Unlimited は、たくさんの本・コミック・雑誌や洋書を、様々な端末でいつでもどこでも、読み放題で楽しむことができるサービスです。 Kindle Unlimited は、今キャンペーン中。 Kindle Unlimited を初めて利用される方は、30日間の無料体験が可能です。 (期間終了後は月額980円となります) 30日間無料体験ができるので大変お得。 このチャンスに、ぜひAmazon Kindle Unlimited を始めてみてはいかがでしょうか? レゴ LEGO 2015-01-16• プラスエル レゴ 黄色のアイデアボックス 10698用組みかえレシピ 食べ物シリーズ5 まずはオレンジ、メロン、パイナップル、スイカ、お寿司を作ることができるこのレシピから。 レシピには、このようにパーツリストが付いていたので、先にパーツリスト通りブロックをひろってから組み立ててみました。 …が、この方法はお勧めできません。 パーツを探し出すだけでもかなり大変で時間を食ってしまうので、先にブロックを用意してからやるよりも、組み立て図を見ながらその都度ブロックを探して作っていった方が良さそうです。 iPadに映した組み立て図を見ながらブロックをくっつけていくちぇぶちゃん。 もちろん、まだ一人でブロックを探し出すのは難しいので• 私がブロックをピックアップして渡す• ちぇぶちゃんがくっつける という流れ作業で組み立てています。 画面を見ながらどんどんくっつけていきます。 時々パパもフォロー。 このフルーツのシリーズは簡単なので、小さい子どもでもちょっと頑張れば何とかなりそう。 まだレゴに慣れていないお子さんの場合は、ここからスタートするのがおすすめです。 おいしそうなスイカができました! メロンもよく出来てますね。 メロンを手に持って楽しそうなちぇぶちゃん。 サイズもいい感じ。 オレンジとパイナップルも素敵です。 これはお寿司。 この可愛らしさに、ちぇぶちゃんとママが大喜びしていました。 イクラ、ウニ、ねぎトロ、たまご、イカ、大トロといったところでしょうか? たまごとイカ、大トロは板にくっついていない(のせているだけ)ので、取り外しやすくなっています。 お寿司とフルーツを並べてみたところ。 ごっこ遊びの材料としてもピッタリです。 ちぇぶちゃんはすぐにママのところに「おすしができたよ~!」と嬉しそうに持っていてごっこ遊びを始めていました。 かわいいですね。 PlusL's Alternative Instruction For 10698, Foods 5: You can build the Foods 5 out of your own bricks! English Edition [Kindle版] プラスエル レゴ 黄色のアイデアボックス 10698用組みかえレシピ 食べ物シリーズ2 続いて、ポテトにチーズバーガー、おにぎりとオムライスを作ることができるセット。 ポテトは細長いブロック。 赤い箱が入れ物になっています。 ポテトのブロックはくっつけず、バラバラにして箱に入れています。 おにぎりセット。 おにぎり大好きなちぇぶちゃんも楽しそうにくっつけていました。 おにぎりは下の基礎板にのせているだけ。 さっと掴んでおいしく頂くことができます。 このハンバーガー(チーズバーガー?)は、チーズがトロッと溶け出している様子がよく表現されていますね。 そしてオムライス。 赤のブロックを使って表現されたケチャップが素晴らしいです。 PlusL's Alternative Instruction For 10698, Foods 2: You can build the Foods 2 out of your own bricks! English Edition [Kindle版] プラスエル レゴ 黄色のアイデアボックス 10698用組みかえレシピ 食べ物シリーズ3 食べ物シリーズ3です。 アイスクリームとお弁当を作ることができます。 後の一つはピザかな? お弁当とアイスはいいとして、一番右は………ピザですよね?下に流れる黄色いブロックがチーズだと思うのですがどうでしょう? 特にお気に入りのお弁当。 そして、大好きなアイスクリームもレゴで作ることができます。 ちぇぶちゃんは、デュプロのミッキーやミニー、グーフィーたちに食べさせてあげていました。 やさしいなあ。 PlusL's Alternative Instruction For 10698, Foods 3: You can build the Foods 3 out of your own bricks! English Edition [Kindle版] プラスエル レゴ 黄色のアイデアボックス 10698用組みかえレシピ 食べ物シリーズ4 食べ物シリーズ4です。 おだんごとケーキ、そしてなんとラーメンを作ることができます。 まずはおだんご。 シンプルな3色のおだんごで組み立ても簡単。 出来上がると例によってちぇぶちゃんはうれしそうに持ち歩いていました。 続いてケーキ。 おだんごよりも大きさが大きくなり、かなり難易度が上がっています。 ただ何といってもちぇぶちゃんの大好きなケーキ。 何が何でも完成させるぞという気合いを感じました。 使うブロックをその都度ピックアップして渡してあげれば、何とか組み立てることができると思います。 最後はラーメンです。 途中、ポッチ3つ分開けてブロックを付けるべきところを2つしか開けていなかったという場面がありました。 間違えたまま続けさせ、「あれ変だな!」と気づかせてから修正するという方法もあるかもしれませんが、今回は自分がリードして組み立てていきました。 あまり面倒くさくなってブロック遊びが嫌いになっては本末転倒なので…。 ブロックを積み重ねて少しずつどんぶりらしき形が出来上がってきました。 最後の仕上げでは、黄色の細長いパーツをこのように立てます。 これは何かというと… ラーメンの麺。 ラーメンを箸でつまんで、まさに食べようとしている情景が良く表現されています。 横から見るとけっこう深さがあって本当のラーメンのように見えます。 おだんご、ケーキ、ラーメンを並べてみました。 特にラーメンがちぇぶちゃんのお気に入り。 完成したときの笑顔が忘れられません。 PlusL's Alternative Instruction For 10698, Foods 4: You can build the Foods 4 out of your own bricks! English Edition [Kindle版].

次の

わかりにくいから解説!レゴクラシックの種類とその違い。レゴを一番安く買う方法も紹介

レゴ クラシック レシピ

小さくてカラフルなブロックを組み合わせて、乗り物から家、動物、食べ物、キャラクターまでさまざまなものを組み立てることができるレゴブロック。 中でも、子供の発想次第で色々なものを作ることができる「レゴクラシック」は、子供の想像力を高めてくれます。 そこで、レゴブロックで作る乗り物、簡単な家、動物、食べ物、キャラクターの作り方・組み立て方をご紹介します。 またレゴブロックのアイディアがわかる、おすすめレシピ本もあわせてチェックしましょう。 ブロックを自由に組み立てるレゴクラシックで子供の想像力を高めよう 子供の想像力が高まるレゴブロック 小さくてカラフルなブロックのパーツがたくさんある、レゴ。 電車や車、バイクなどの乗り物から、家や動物などのかわいらしいアイテムを作ったり、組み合わせ次第でたくさんの遊び方ができて、子供が夢中になって楽しめます。 その中でも、特に子供の独創性や想像力を伸ばしてくれるのが、「レゴクラシック」と呼ばれるシリーズです。 「レゴクラシック」とは? レゴクラシックとは、カラフルなロゴのパーツがどっさり入ったシリーズです。 レゴの中には、動物や乗り物など、できあがりのアイテムが決まっていて、それを目標にしてブロックを組み立てていくシリーズもたくさんあります。 一方で、レゴクラシックは、ブロックがたくさんセットになったものだけで、作るアイテムは子供の自由。 子供の豊かな想像力をどんどん膨らませて、作りたいものを自分の力で作っていくことができるのです。 またレゴクラシックには、目的別にいくつかの種類があるので、子供にあったレゴクラシックを選ぶところから始めてみましょう。 「ブロック ブロック ブロック 10717」 1500個のレゴのパーツが入った「ブロック ブロック ブロック 10717」。 帆船や家、城、電話、ゾウの親子など、さまざまなものが作れます。 車輪、目玉パーツなどの特殊パーツもセットになっているから、動物や乗り物の組み立てにも使えます。 今回は大人気の「レゴブロック」のご紹介です。 1歳半からの「レゴデュプロ」や「レゴディズニ... レゴブロックを作り方・組み立て方がわかるおすすめレシピ本 最後に、レゴブロックの作り方や組み立て方の基本から、さまざまなアイディアを研究したい子供のためにおすすめしたいレシピ本もご紹介しましょう。 自分だけでは思いもつかないレゴブロックのアイディアや、作り方のレシピがわかります。 「レゴレシピ いろんな車」 レゴ初心者の子供や、どうやってレゴを作っていけばいいかわからない親子にピッタリのレシピ本。 レースカー、オープンカー、ショベルカー、除雪車、ジープ、消防車など、100ピース未満の少ないレゴブロックで、40種類の車の作り方がわかります。

次の