ランドローバー。 ランドローバーの中古車

【ランドローバーの歴史と名車】SUVピュアブランドは何が凄いのか?

ランドローバー

ランドローバーはもともとイギリスのメーカーであるローバー車の1モデルでしたが、1978年にオフロード車専用メーカーとして独立。 その後 ランドローバーはオフロードだけでなく高級SUVも手掛けるようになりました。 「砂漠のロールスロイス」と称されるほどオフロード性能と、高級車としての魅力を兼ね備えた車を産み出してきました。 しかし親会社の経営が芳しくない事態が続きランドローバーも親会社が度々変わることになり、その当時は会社が不安定なこともあり車の信頼性が落ちていた時期があります。 現在はインドのタタモーターズの傘下で順調な経営を行っています。 しかし輸入車はよく故障が多いとも言われており、ランドローバーの故障率の実態はどうなのでしょうか。 この記事ではランドローバーの故障率について解説していきます。 なおランドローバーの中でもディスカバリー3については、以下の記事で取り上げています。 車種の目星がついている方は、こちらをご覧ください。 ランドローバーの故障率 では早速ランドローバーの故障率を解説していきます。 ランドローバーの故障率 車の故障率についてはメーカーがデータを集めているものの一般には公開されていません。 しかしメーカーのデータ以外にも民間の調査会社や保険会社などが独自に車の故障率を調査しており、そちらのデータが参考になります。 今回は米国のJ. パワー社が調査している自動車耐久品質調査の英国市場での調査結果を参考にします。 2017年 英国自動車耐久品質調査 ランキング メーカー スコア 1 キア 83 2 ボルボ 83 3 シュコダ 89 4 スズキ 92 5 ヒュンダイ 97 6 トヨタ 105 7 ボクソール 108 8 プジョー 110 9 セアト 113 10 マツダ 117 業界平均 131 23 ランド ローバー 175 参考: この調査で故障率がもっとも少なかったのは韓国のキア自動車で、ボルボやシュコダといったイギリス以外のメーカーが上位です。 日本車も検討しており、スズキが4位、トヨタが6位となかなかの上位に位置しています。 しかしランドローバーはかなり下位の23位に沈んでおり、スコアも業界平均より悪い175となっています。 日本車が100点代のスコアに落ち着いているので、単純に考えてランドローバーは日本車の1. 7倍の故障率といえるでしょう。 日本車メーカーの故障率は以下の記事で詳しく解説しています。 こちらもぜひあわせてご参照ください。 ランドローバーは頑丈なのか? ランドローバーはオフロードも走行できる頑丈なクロスカントリー車なのですが、故障率が多いというのはどういうことなのでしょうか。 ランドローバーにはいくつかモデルがありますが、フラッグモデルのレンジローバーは確かにクロスカントリーSUVとして確かな性能を持っています。 頑丈なボディとパワフルなエンジン、それに組み合わされる4WDシステムによって、しっかりとした走破性があります。 しかし車の頑丈さと信頼性というのは似て非なるものであり、オフロードを走れる頑丈さがあっても長距離または長期間にわたって故障の少ない車にはならないのです。 車の信頼性はメーカーの長年の経験の蓄積と設計の考え方で決まってきますが、ランドローバーは一度の過大な入力に耐えうる頑丈な車の設計は一流であるものの、長い期間の耐久性をもたせることについては日本車に及びません。 さらに ランドローバーはイギリスの環境で設計されてきた車で世界各地の環境も考慮して設計されてはいるのですが、日本という国は車にとって結構過酷な環境であり高温多湿な環境はランドローバーでは適応しきれていないのです。 そのため走行距離が50,000kmを超える辺りからトラブルは増え始めるのですが、日本車なら80,000km~100,000kmまでノートラブルなことも珍しくありません。 (走行距離の寿命の詳細は以下の記事をご参照ください。 ) 中古のランドローバーの故障しやすさ ランドローバーは日本にも結構な台数が入っており、中古車市場にも結構な台数が出ています。 しかし中古車ですので走行距離が多い車もあり、そういったランドローバーはやはり故障が多い傾向にあります。 またランドローバーは国産車よりかなり高額な車で新車価格で10,000,000円を超えるものもあるのですが、中古車となると半額以下で売られているのも珍しくありません。 (安い理由の詳細は以下の記事をご参照ください。 ) それはランドローバーが故障が多いことも関係しており値段を下げないとなかなか売れないからなのですが、それを知らずに安いからとランドローバーの中古車に手を出すとトラブルばかりの車を買うことになるでしょう。 ランドローバーの中古車を買う際にはとにかく走行距離の少ない車、年式の新しい車を選ぶのが重要です。 ランドローバーオーナーの評判 ランドローバーの故障の多さは実際に乗ったことのあるオーナーさんの意見がいちばん参考になります。 Twitterにもランドローバーの故障についてのツイートがたくさん投稿されているので、いくつかご紹介しましょう。 ランドローバーは金食い虫 ランドローバーに乗っていたとき、異常のランプが付く時があったな、一番ランドローバーは壊れやすいと言われてたけど、何度も壊れて貯金が一気に無くなった😞 車検後の故障で20万もかかると言われて手放してしまった🚙 故障しやすい以外は満足度は高かったけど、お金がないと💰 — HIROYUKI casanova4649 この方は昔ランドローバーに乗られていたようですが、その故障の多さと維持費の高さに仕方なく手放されたようです。 ランドローバーに限らず輸入車は燃料代もかかり車検も高く何かと用要りな車なのですが、そこに加えて故障が多いとなると維持費は一気に膨らんでしまうでしょう。 車自体の満足度が高いだけに、維持費のことで手放さざるを得ないのは残念ですね。 なお他の輸入車の故障率は、以下の記事で詳しく解説しています。 こちらもあわせてご参照ください。 また修理から帰ってきてもまた故障が起こる辺り、信頼性が国産車とは雲泥の差があることの一例ですね。 とはいえ国産車でもこういった例がないわけではないのですが、レンジローバーのほうが確率は高いでしょう。 なおレンジローバーと日本車の違いは、以下の記事で詳しく解説しています。 興味があればあわせてご覧ください。 故障は多くても魅力も高い ランドローバーの魅力は計り知れない。 何度も故障には泣かされたが、まったくオーナーをやめる気はない。 — えぼし ebosi8180 こちらの方は長年ランドローバーを乗り継いでおられますが、故障はやはりかなり多かったようです。 それでもランドローバーがよいというのは筋金入りですね。 ランドローバーは信頼性こそ日本車に劣るものの、車の魅力としては国産車にはないものがたくさんあります。 ランドローバーほど力強さとラグジュアリーさが両立した車もなかなかありませんよね。 まずエンジン関係でいうと、オルタネータやエアコンコンプレッサ、スタータモーターなどがあげられ、電気系統のなかでは比較的負荷の大きなものばかりです。 国産車でもトラブルが起こりやすい場所ではあるのですが、ランドローバーの場合国産車よりはるかに早い時期にトラブルが起こり得ます。 50,000kmを超えると結構危険領域なのですが、もっと早く起こることも度々あります。 修理には部品交換が一般的ですが、輸入車なので部品は高く100,000円〜200,000円は考えておきましょう。 また 細かい電気系統部品も故障することがあり、さまざまなセンサー類からヒューズボックス、それらを繋ぐハーネス類の断線などなど、電気系統の故障箇所をあげるときりがありません。 トラブルがあると警告灯が点灯しますので、そうなったらすぐ点検に出しましょう。 そうしないと最悪車が自走できなくなってしまうこともランドローバーではよくあります。 パワートレインからの液体漏れ エンジンやトランスミッションにはさまざまなオイル、冷却水、エアー、燃料など多数の液体が使われており、それらを漏らさないシール構造が至るところにあります。 しかしランドローバーはシールから液体が漏れるトラブルも多く、エンジンオイル漏れや冷却水漏れは結構な頻度で発生します。 これらはシール部品やゴムホースなどの部品交換で対応できるのですが、そもそもの信頼性設計があまりよくないことが原因ですので再発することもよくあります。 部品交換にはものによりますが数万円から数十万円規模までさまざまです。 またオイル漏れ程度だと国産車でもあることなので放置する人も多いのですが、ランドローバーなどの信頼性の低い車の場合そのうちオイル漏れがひどくなって最悪エンジンが壊れてしまうこともあります。 また 漏れたオイルや冷却水、燃料などが発火すると車両火災に繋がりますので、決して放置してよいトラブルではありません。 とにかく定期的な点検が重要で、早期発見こそトラブルを必要以上に広げない方法です。 なお最新のレンジローバーなどにはBMW製のエンジンが載っていたりしてエンジン本体の信頼性は向上している場合もありますが、冷却ホースや燃料ホースなどはランドローバー独自のものなので信頼性はいままでどおりでしょう。 ちなみにBMW製エンジンについては、以下の記事で詳しく解説しています。 興味のある方はこちらもご覧ください。 エアサスの故障 エアサスペンションはサスペンションのバネ部分を空気で伸び縮みするシステムで、最高級車にも使われる最高の乗り心地を実現できます。 しかしサスペンション用にエアーポンプやそれ用の配管類、またエアサス本体も複雑で、走行距離が増えてくるとトラブルは増加傾向になります。 やはり50,000kmを超えた車には要注意です。 トラブルの内容もさまざまで、ポンプの故障、電気系の故障、配管からのエアー漏れなどもありますが、もっとも重大なのはエアサス本体からのエアー漏れで、エアサスを交換しなければならないので1台分で1,000,000円以上かかることも珍しくありません。 レンジローバーの高級車の乗り心地を実現する素晴らしい装備なのですが、長年乗っていると弱点にもなるポイントですね。 パワーウインドウ故障 これも電気系統の故障の一種ですが、パワーウインドウレギュレーターも故障しやすい部品です。 パワーウインドウレギュレーターは窓ガラスの上下を電動で行う部品で、パワーウインドウの中心システムです。 しかし経年劣化してくるとモーターなどが動かなくなり、窓ガラスが降りたまま上がってこなくなるトラブルに見舞われます。 走行中も窓が閉められなくなりますし、防犯上も最悪です。 修理はパワーウインドウレギュレーターの交換が必要になりますが、これも費用的に150,000円〜200,000円もかかる高額修理ですので、緊急に修理が必要にも関わらず非常に大きな出費となります。 ランドローバーの故障は頻度が多いのも大変なのですが、費用的にもかなり高額なことが多いですね。 ランドローバーは買っても大丈夫か? ランドローバーは輸入高級車の一角を形成する人気の高い車で、ベンツやBMWにはない価値観をもっているメーカーです。 高級車でありながら男らしい力強さもあり、男性だけでなく女性でも欲しがる人は多いです。 しかし夢を見て購入してもトラブルの多さに見舞われると夢は覚めてしまいますし、なによりせっかく買った車が足かせとなるのは悲しいものです。 車に余計な手間をかけたくない人は素直にランドローバーは避けて、国産車やベンツやBMWなど信頼性の高い輸入車にすることをおすすめします。 ベンツやBMWの信頼性の高さについては、以下の記事をご参照ください。 それでもランドローバーの魅力に魅せられてしまった場合には、なにかとトラブルが発生することをあらかじめ覚悟して修理費を積み立てておくなどするとよいでしょう。 維持費はかかりますが、それに見合う魅力があるのも確かです。

次の

ランドローバーのディーラー車検費用が高い!安い民間車検を賢く利用する方法まとめ

ランドローバー

「 」とは、1970年、当時ブリティッシュ・レイランド傘下の 「ランドローバー」から発売された四輪駆動の多目的車です。 オフロード車並みの悪路走破性や耐久性と、 並みの快適性の両立を目標に開発された、当時としてはまったく新しい概念の革新的な車で、のちのSUVのカテゴリーにも強い影響を与えたとされています。 高級SUV車 「レンジローバー」の発売開始後も、オフロード車としての 「ランドローバー」は1991年に「ディフェンダー」に改称されるまで並行して販売されており、このことが 「ランドローバー」と 「レンジローバー」が混同される一因になっているといえます。 「ランドローバー」…タタモーターズ傘下のイギリス自動車メーカー 「レンジローバー」…ランドローバーが発売する高級SUV車 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の

「ランドローバー」と「レンジローバー」の違いは?

ランドローバー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバー『ディフェンダー』新型の受注を4月9日より開始する。 新型ディフェンダーは、ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新し、現代にあったポップで洗練されたデザインと実用的な機能を新たに採用。 ひと目でディフェンダーとわかる初代の特徴的なシルエットを継承しつつ、高い走破性に加えてスマートかつ高機能な装備を搭載し、安全性も充実させた。 新型ディフェンダーは、軽量アルミニウムのモノコック構造による新アーキテクチャー「D7x」を採用し、ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造を実現。 従来のラダーフレーム構造と比較して3倍のねじり剛性を確保し、軽量化も達成している。 0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。 スタートストップや回生エネルギーの再利用など、最新テクノロジーをフルに採用している。 フルタイム4輪駆動(AWD)は、厳しい路面でも前後輪のトルク配分を調整して、安定した走りを提供。 路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどを自動制御するテレインレスポンス2は、7種類のモードを用意する。 電子制御エアサスペンション(90はオプション)は、標準高より40mm低い車高から、最大で標準車高+145mmまで設定でき、スムーズな乗り降りをサポートするほか、オフロード走破性を向上。 また、3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングにより水深を把握。 最大渡河水深900mmを実現する。 また、エマージェンシーブレーキやレーンキープアシスト、クルーズコントロール機能など、先進運転支援システム(ADAS)を装備するほか、最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」をジャガー・ランドローバーで初採用。 次世代タッチスクリーンは、より直観的かつユーザーフレンドリーで、使用頻度の高いタスクを簡単に操作できるなど、ほぼ瞬時に応答する。 AIがドライバーの好みのルートを学習し、ドライバーに合わせたルート案内をすることも可能だ。 フローリングは丈夫なラバー素材で汚れても清掃しやすく、アウトドアなどのお出かけにも安心。 またルーフの走行時積載重量は最大168kg、停車時は最大300kgとなっており、あらゆるアクティビティの荷物を積みこむことができる。 ボディタイプは3ドア(5人乗り)の「90(ナインティ)」、5ドア(5人乗りまたは3列目7人乗り)の「110(ワンテン)」の2種類を用意。 グレードはスタンダードモデルの「S」、「SE」、「HSE」のほか、製造開始から1年間限定の「ファーストエディション」を展開する。 また、170種類にもおよぶ豊富なアクセサリーから、目的や好みに合わせて装備を選択可能。 同時に厳選したオプションや機能を盛り込んだ4種類のアクセサリーパック「エクスプローラー」「アドベンチャー」「カントリー」「アーバン」も用意する。 価格は90が499万円から739万円、110が589万円から820万円。 また、スムーズな納車ができるよう、ジャガー・ランドローバー・ジャパンが厳選した装備を搭載した「キュレイテッドスペック」を国内向けに独自に用意する。 価格は、90ファブリックシート仕様が542万5000円より、90レザーシート仕様が690万円より、110ファブリックシート&5人シート仕様が630万3000円より、110ファブリックシート&7人シート仕様が683万7000円より、110レザーシート&7人シート仕様(パノラミックルーフ付)が843万3000円より。

次の