剣の舞。 剣舞・詩舞・居合 佳洲館道場「美しすぎる刀剣の舞」レッスンについて

鴻門之会・剣の舞 現代語訳・書き下し文・読み方

剣の舞

吟詠は詩吟とも呼ばれ、邦楽の一つです。 漢詩、和歌のほかに俳句、新体詩、現代詩等どのような詩でも吟ずることができます。 ルーツは「古事記」や「日本書紀」の時代からと言われ、平安時代には朗詠が盛んになり、武士や僧侶にも漢詩や和歌を作る文化が広がりました。 漢詩を詠う朗吟が流行したのは江戸時代後期であり、現代の吟詠の母体となっています。 一方、剣詩舞は剣舞と詩舞の2つの舞踊があり、どちらも吟詠に合わせて舞う芸道です。 剣舞は武士道の精神を備え、帯刀や斬り方といった武道の型を芸術的に昇華させています。 詩舞は扇を持って舞うところが剣舞と異なります。 中国では3000年も前から、詩を吟じ舞う様子が記されていました。 奈良・平安時代に中国文化がもたらされたときに、詩舞も伝えられたと言われています。 沿革 設立 昭和35年4月 毎年の市民文化祭への参加をはじめ、栃木県吟剣詩舞道総連盟主催の県芸術祭、6月に開催される「しもつけの風」、東京武道館で行われる「全国吟剣詩舞道大会」、更には市内各地区公民館文化祭の参加等、活躍の場を広げてまいりました。 この間、昭和57年には足利市独自(他では例を見ない)の高年者コンクールを新設し、大勢の参加を得ました。 また平成3年には足利吟詠剣詩舞道連盟が主体となって、「両毛五市吟詠剣詩舞交流大会」(足利市、館林市、佐野市、太田市、桐生市)を開催、以後各地持ち回りで毎年開催しています。 設立からのあゆみ 設立当初少なかった活躍の場も、沿革に記したように年々広がりを見せ、その他の各種催しも多くなり会員一同忙しく過ごしております。 吟は、初め無伴奏で吟じることが多かったが、琴・尺八が付くようになり、続いてガイドテープなども制作され、吟詠専門の楽器等も開発されました。 ㈶日本吟剣詩舞振興会が設立されてからは、オーケストラによる伴奏が開発され、詩文の内容に合わせて、伴奏が選べる時代となりました。 昔の詩吟は「うなり」だと思われた時代から一新し、「正しい音程」「正しい日本語のアクセント」「伴奏曲との調和」が重要視され、音楽として吟詠が確立されて、非常に聞きやすく、吟じやすいものとなりました。 剣詩舞も、吟詠が音楽性豊かになると同様に、昔の「ばんから」のイメージを一新し、流麗に、優美に舞うものとなりました。 「名詩で心に栄養を」「発声で身体に健康を」モットーに練習にはげんでいます。 最近は趣味の多様化をはじめ、様々な要因で吟詠人口が減少していますが、市教育委員会生涯学習課の支援を得て「初めての吟詠」講座を平成26~27年度に開催しています。 近年の活動 平成17年 神刀無念凱山流流祖生誕百年祭(栃木県教育会館) 平成18年 文化協会主催の文化振興懇談会にて構成吟舞「月に憶う」披露(市民会館) 平成19年 小壮吟詠家コンクール全国決戦大会にて土澤美岳氏が3回目の入選(笹川記念館) 平成20年 国民文化祭いばらぎ2008全国吟剣詩舞道祭(常陸大宮市民文化センター) 平成21年 足利文化協会設立35周年記念功労者として関根峰月氏ら2名表彰 浅田秀鳳氏が市民文化賞を受賞 平成22年 日本コロムビア全国吟詠大会(中野サンプラザ) 平成23年 全日本漢詩大会栃木大会にて優秀作品を表彰式席上で吟詠(市民会館) 平成24年 第20回両毛五市吟詠剣詩舞交流大会を市民プラザで開催(当番市) 平成25年 文化協会主催の文化振興懇談会にて構成吟舞「富士山」披露(市民会館) 平成26年 足利文化協会設立40周年記念功労者として黒田秀月氏ら3名表彰 平成27年 東日本地区吟詠指導者研修会(東京 北とぴあ さくらホール) 平成28年 鎧年越し奉納吟詠(鑁阿寺)、第48回全国吟剣詩舞道大会(日本武道館) 平成29年 第25回両毛五市吟詠剣詩舞交流大会を市民プラザで開催(当番市) 加盟団体 天正流吟剣詩舞会 錦峰流吟詠会 峰月流吟道会 吟詠アカデミーガクヨウ 真正刀流剣詩舞月心会 秀風流吟詠会 祥水工流祥里会 州優流吟詠会 神正流明祥連合会 神正無辺流本部 神刀流神生館 揚晴流歌謡吟詠音楽学院 神正流吟脩会連合 神正流足利吟心興風会 令和元年度活動計画 4月14日 足利吟詠剣詩舞道連盟総会 東葉館 5月10日 両毛五市総会及び第1回実行委員会 東葉館 5月18日 文化協会まつり チャリティのつどい コムファースト 10月14日 足利市民文化祭吟詠剣詩舞の祭典 市民プラザ 11月24日 両毛五市吟詠剣詩舞交流大会 佐野市 12月 8日 足利吟詠剣詩舞道連盟懇親会 東葉館 その他 栃木県吟剣詩舞道総連盟 関連行事 基本情報 団体名 足利吟詠剣詩舞道連盟 代表者 田中 勝風 電話番号 0284-42-1060(武政方) 会員数 加入団体 14社中 135名 設立年月日 昭和35年4月 備考.

次の

剣舞・詩舞・居合 佳洲館道場「美しすぎる刀剣の舞」レッスンについて

剣の舞

剣詩舞の衣装 吟剣詩舞は、演劇とは異なり、凝った衣装や化粧などで詩文の世界観を演出することはありません。 大道具や置き道具も使用せず、剣舞ではの他、たすきや鉢巻きを加えることにより、場面を演出します。 そして刀剣を持たず、扇を使用する詩舞では、日本舞踊と同様に舞扇を使用します。 装束は、吟詠者、演者とも和装の礼服や稽古着、紋付と袴などの正装を身に付けます。 和装の場合、男性の襦袢はグレーや薄茶色の物、白足袋着用、草履の鼻緒も白が望ましいとされていました。 また、大島紬(おおしまつむぎ)、紬などの着物は舞台には不適切とされ、季節にふさわしい素材、色、柄、帯を着用することが舞台上の作法とされています。 本来、吟剣詩舞は武士の教養に端を発するため、紋付、袴の着用が基本とされていました。 しかし、近代の戦争にまつわる詩文においては洋装、軍服姿、白いシャツにズボンの学生服などで剣舞を舞うことがありました。 現在でも、コンクールや大会では紋付、袴、稽古着など、特定の装束の着用が定められている場合があります。 なお、女性の演者が剣舞を舞う際には、男性用の着物、袴を着用します。 そして吟剣詩舞では、通常の着物より短い、膝丈位の長さの紋付がしばしば選ばれます。 力強く武術の形を披露するには、短めの方が動きやすく、表現の幅が広がります。 袴には、ズボンのように仕切りがある馬乗袴(うまのりばかま)や、仕切りのない行灯袴(あんどんばかま)の2種類があり、演者は詩文や舞の内容に即していずれかの袴を選び、着用します。 剣舞の演者は、和装の上に胴帯や刀帯といった帯を巻いて刀剣を携え、帯の結び方は流派や演目によって異なります。 男性、女性とも化粧を施すことは許されていますが、演劇のメイクのように演出されたものではなく、客前に立つ者としての一般的な化粧をして舞台に立ちます。 一方、詞章を詠ずる吟詠者の装束も和装での礼装、正装が基本とされていますが、洋装での吟詠も許されています。 その場合も式服、礼装であることが望まれます。 女性の吟詠者はほとんどが和装で舞台に立ちますが、詩文の内容に即した色調、柄の着物を身に付け、男性は紋付、袴の着用が主流となっています。 剣詩舞の小道具 吟剣詩舞の剣舞では打刀を主に使用しますが、詩文によっては脇指、薙刀、長巻、槍、二刀流など様々な日本刀が使用されます。 さらに、刀に加えて扇も併せて使用し、詩文の世界観、詩情を表現します。 また、丈(じょう)という長い木の棒を用いることもあり、戦闘の場面で槍などに見立てて使用し、緊迫感を演出します。 吟剣詩舞が誕生した最初期である明治20年頃には、舞に真剣が使用されることもあったようですが、基本的には模造刀、居合刀を使用します。 明治時代に、青少年の教科として吟剣詩舞が教えられる際には、白い柄の模造刀を使用するよう教本には記されています。 現代の吟剣詩舞で使用される模造刀には、多様な金属素材が用いられていて、演者は自分に合う重さや長さの模造刀を選びます。 しかし、詩文によっては刀を腰に差しながら、鞘から抜かないこともあります。 吟剣詩舞は武士の嗜みを起源とするものであるため、その身分を表現するために、鞘から抜かずとも演者は刀を腰に差し、舞扇などを使用して武士の舞を披露します。 刀剣ではなく扇を使用する詩舞でも、通常の扇より大ぶりな舞踊用の舞扇を使用します。 吟剣詩舞では、吟詠者や演者が持つ舞扇を、神楽や神事などで舞い手が持つ榊(さかき)や紙垂(しで)などと同様に「採り物(とりもの)」と呼ぶことがあります。 採り物とは、神に捧げ物をするときに用いる物のことを指します。 芸能は本来、神様への捧げ物であったため、この呼び方があてられました。 一方、吟詠者は和装の場合には併せて扇を携帯することが定められています。 男性は九寸、女性は七寸程度の扇を携えます。 持ち方にも作法があり、男性は扇の骨をまとめる釘の部分を押さえるように持ち、斜め下、45度の角度に向けて持つよう指導されます。 一方女性吟詠者は、扇を持つのではなく、帯に差して吟詠します。 帯への差し方も定められていて、左胸の下に差し、2~3cmほど扇の先が見えるよう差すことが奨められています。 以上のように、本来の吟剣詩舞には厳格な作法が定められていましたが、近年では歌舞伎や演劇と同様、演目の世界観を再現する衣装、演出のための化粧、カツラの着用、大道具の配置などを加えた大掛かりな演目も登場し、新たなファン、愛好者を獲得しています。 小道具の使用方法 吟剣詩舞では、限られた小道具だけを使用し、各道具には使用法が流派ごとに定められています。 剣詩舞では、武術の形に即して舞が構成されているため、戦闘場面には刀剣を使用します。 そして主人公の身上、雨や風などの自然を表現する詩文では、扇を使用します。 扇は傘や手綱、笛などに見立てられ、舞の中で使用されることもあります。 扇を何に見立て、どのように持ち、使用するのかは流派、詩文ごとに異なります。 このように、扇を使用した舞の形は「見立て振り」などと称されています。 また、扇には大きさや色、柄などが詩文ごとに決められている場合があります。 吟剣詩舞の詩文では、主人公の地位を扇の色や柄で表すことがあります。 地位の高い主人公の舞には金色の扇が使用され、地位の低い武者の舞には白地の扇を使用するなど、詩文の登場人物や内容によって使用される扇の色や柄が異なるのです。 扇の色や柄は、詩文の主人公の年齢や性別などによっても異なります。 演者は、その属する流派の作法や演者自身の感性に即して舞に使用する扇を選択します。 なかには、詩文の世界観に合わせて特製の扇を用意する演者もいて、小道具として重要視されています。 このように、吟剣詩舞では舞や吟詠の力量だけでなく、舞台上の作法、装束、使用する小物、使用方法などの詳細が詩文、流派に即して定められており、演者や吟詠者は礼節を第一とした上で、作法に則った豊かな表現を披露できるよう、日々研鑽を積んでいるのです。

次の

【楽天市場】剣の舞 アジサイ あじさい苗 2016開花苗:園芸百貨店何でも揃うこぼんさい

剣の舞

吟詠は詩吟とも呼ばれ、邦楽の一つです。 漢詩、和歌のほかに俳句、新体詩、現代詩等どのような詩でも吟ずることができます。 ルーツは「古事記」や「日本書紀」の時代からと言われ、平安時代には朗詠が盛んになり、武士や僧侶にも漢詩や和歌を作る文化が広がりました。 漢詩を詠う朗吟が流行したのは江戸時代後期であり、現代の吟詠の母体となっています。 一方、剣詩舞は剣舞と詩舞の2つの舞踊があり、どちらも吟詠に合わせて舞う芸道です。 剣舞は武士道の精神を備え、帯刀や斬り方といった武道の型を芸術的に昇華させています。 詩舞は扇を持って舞うところが剣舞と異なります。 中国では3000年も前から、詩を吟じ舞う様子が記されていました。 奈良・平安時代に中国文化がもたらされたときに、詩舞も伝えられたと言われています。 沿革 設立 昭和35年4月 毎年の市民文化祭への参加をはじめ、栃木県吟剣詩舞道総連盟主催の県芸術祭、6月に開催される「しもつけの風」、東京武道館で行われる「全国吟剣詩舞道大会」、更には市内各地区公民館文化祭の参加等、活躍の場を広げてまいりました。 この間、昭和57年には足利市独自(他では例を見ない)の高年者コンクールを新設し、大勢の参加を得ました。 また平成3年には足利吟詠剣詩舞道連盟が主体となって、「両毛五市吟詠剣詩舞交流大会」(足利市、館林市、佐野市、太田市、桐生市)を開催、以後各地持ち回りで毎年開催しています。 設立からのあゆみ 設立当初少なかった活躍の場も、沿革に記したように年々広がりを見せ、その他の各種催しも多くなり会員一同忙しく過ごしております。 吟は、初め無伴奏で吟じることが多かったが、琴・尺八が付くようになり、続いてガイドテープなども制作され、吟詠専門の楽器等も開発されました。 ㈶日本吟剣詩舞振興会が設立されてからは、オーケストラによる伴奏が開発され、詩文の内容に合わせて、伴奏が選べる時代となりました。 昔の詩吟は「うなり」だと思われた時代から一新し、「正しい音程」「正しい日本語のアクセント」「伴奏曲との調和」が重要視され、音楽として吟詠が確立されて、非常に聞きやすく、吟じやすいものとなりました。 剣詩舞も、吟詠が音楽性豊かになると同様に、昔の「ばんから」のイメージを一新し、流麗に、優美に舞うものとなりました。 「名詩で心に栄養を」「発声で身体に健康を」モットーに練習にはげんでいます。 最近は趣味の多様化をはじめ、様々な要因で吟詠人口が減少していますが、市教育委員会生涯学習課の支援を得て「初めての吟詠」講座を平成26~27年度に開催しています。 近年の活動 平成17年 神刀無念凱山流流祖生誕百年祭(栃木県教育会館) 平成18年 文化協会主催の文化振興懇談会にて構成吟舞「月に憶う」披露(市民会館) 平成19年 小壮吟詠家コンクール全国決戦大会にて土澤美岳氏が3回目の入選(笹川記念館) 平成20年 国民文化祭いばらぎ2008全国吟剣詩舞道祭(常陸大宮市民文化センター) 平成21年 足利文化協会設立35周年記念功労者として関根峰月氏ら2名表彰 浅田秀鳳氏が市民文化賞を受賞 平成22年 日本コロムビア全国吟詠大会(中野サンプラザ) 平成23年 全日本漢詩大会栃木大会にて優秀作品を表彰式席上で吟詠(市民会館) 平成24年 第20回両毛五市吟詠剣詩舞交流大会を市民プラザで開催(当番市) 平成25年 文化協会主催の文化振興懇談会にて構成吟舞「富士山」披露(市民会館) 平成26年 足利文化協会設立40周年記念功労者として黒田秀月氏ら3名表彰 平成27年 東日本地区吟詠指導者研修会(東京 北とぴあ さくらホール) 平成28年 鎧年越し奉納吟詠(鑁阿寺)、第48回全国吟剣詩舞道大会(日本武道館) 平成29年 第25回両毛五市吟詠剣詩舞交流大会を市民プラザで開催(当番市) 加盟団体 天正流吟剣詩舞会 錦峰流吟詠会 峰月流吟道会 吟詠アカデミーガクヨウ 真正刀流剣詩舞月心会 秀風流吟詠会 祥水工流祥里会 州優流吟詠会 神正流明祥連合会 神正無辺流本部 神刀流神生館 揚晴流歌謡吟詠音楽学院 神正流吟脩会連合 神正流足利吟心興風会 令和元年度活動計画 4月14日 足利吟詠剣詩舞道連盟総会 東葉館 5月10日 両毛五市総会及び第1回実行委員会 東葉館 5月18日 文化協会まつり チャリティのつどい コムファースト 10月14日 足利市民文化祭吟詠剣詩舞の祭典 市民プラザ 11月24日 両毛五市吟詠剣詩舞交流大会 佐野市 12月 8日 足利吟詠剣詩舞道連盟懇親会 東葉館 その他 栃木県吟剣詩舞道総連盟 関連行事 基本情報 団体名 足利吟詠剣詩舞道連盟 代表者 田中 勝風 電話番号 0284-42-1060(武政方) 会員数 加入団体 14社中 135名 設立年月日 昭和35年4月 備考.

次の