座右の銘 明鏡止水。 私たちが駆けつけます!スタッフ紹介|福岡市の水漏れ・つまり・修理工事はすみき~る株式会社へ|【トイレ・お風呂・洗面所・台所・蛇口】

私たちが駆けつけます!スタッフ紹介|福岡市の水漏れ・つまり・修理工事はすみき~る株式会社へ|【トイレ・お風呂・洗面所・台所・蛇口】

座右の銘 明鏡止水

「明鏡止水」の意味と語源 それではまず意味と語源についてご紹介していきます。 「明鏡止水」の意味 先に読み方を確認しましょう。 「明鏡止水」は 「めいきょうしすい」と読みます。 漢検5級レベルの四字熟語になります。 それでは意味を確認しましょう。 「明鏡止水」とは「邪念がなく、静かに澄んだ心境」という意味になります。 心が澄んでいて、静かに落ち着いていることを指しています。 「明鏡止水」の語源 それでは語源を見てみましょう。 「明鏡」とは「曇りのない鏡」• 「止水」とは「流れを止め、静かにたたえている水」 「明鏡止水」については、漢文「淮南子(えなんじ)-俶真(しゅくしん)訓」に記されています 「人の流沫(りゅうまつ)に鑑(かんが)みる莫(な)くして止水に鑑みるは、其の静かなるを以(もっ)てなり。 形を生鉄(せいてつ)に窺(うかが)ふ莫くして明鏡に窺ふは、其の易(たひ)らかなるを似てなり」 意味は以下の通りです。 「人が流れる水を鏡にしないで止まっている水を鏡にするのは、それが静かであるため。 人が粗鉄に姿をうつさず明鏡にうつすのは、それが平らかであるためだ。 」 要するに、静かで平らかなものは、本性をそのまま表すものだということを言っている文になります。 「明鏡止水」の英語と類義語 それでは次に英語と類義語についてご紹介していきます。 「明鏡止水」の英語 「明鏡止水」を英語に訳すとどうなるでしょうか。 【例文】• He became calm and clear in his heart. (彼は明鏡止水の境地に至る)• The mind of calm and clear without any doubt at all. (明鏡止水) 例文2つとも「落ち着く」という意味の「calm」と、「綺麗」という意味の「clear」を使って「明鏡止水」を表現しています。 邪念を「evil thought」や「distracting thought」と表現するのもいいと思います。 「明鏡止水」の類義語 次に類義語をみてみましょう。 心頭滅却(しんとうめっきゃく)• 則天去私(そくてんきょし)• 大悟徹底(たいごてってい)• 無想無念(むそうむねん) 「心頭滅却」とは「心の動きを止めて、何も考えない、悟りの境地に至ること」、「則天去私」とは「自然の道理に従い、私心を捨て去ること。 自我を去って自然の中に物事を見極めること」、「大悟徹底」とは「仏教で迷妄を打破して真理を悟得し、全く疑念がなくなること」 「無想無念」とは「無我の境に入って何も思わないこと。 何の考えもないこと、思慮のないこと」という意味になります。 全て私利私欲を捨て何もないことを表す言葉になります。 「無想無念」は「何の考えもない」という少しネガティブな側面を持つ言葉なので気を付けて使ってください。 「則天去私」の記事はこちらをご覧ください。

次の

面白い座右の銘一覧!クスッて笑える言葉を紹介!

座右の銘 明鏡止水

明鏡の意味は以下の通りです。 曇りのない鏡• 優れた手本。 またはその様を表す。 正直で質朴なこと、またはその人。 はっきりしてくもりのないこと、事柄が明らかなこと。 「みょうきょう」「めいけい」と読むこともありますが、一般的には「めいきょう」と読むことが多いですね。 「名鏡」と誤用されることが多いので注意して下さい。 明鏡の由来は『 荘子・ 徳充符(とくじゅうふ)』の申徒嘉のことば「鏡明らかなれば、すなわち塵垢止まらず。 止まるはすなわち明らかならず。 久しく賢人とおれば、すなわち過ちなし。 」が由来とされています。 「 曇りのない鏡のような心境で、物事の内面を見ると本質が見える」と説いたことばです。

次の

私たちが駆けつけます!スタッフ紹介|福岡市の水漏れ・つまり・修理工事はすみき~る株式会社へ|【トイレ・お風呂・洗面所・台所・蛇口】

座右の銘 明鏡止水

「モットー」とは? 「モットー」とは 「普段からそのようにしようと意識して心がけている目標」であり、 「自分の目的意識・価値観・行動基準と関係している標語的な言葉」の意味があるのです。 「座右の銘」とは? 「座右の銘 ざゆうのめい 」とは、 「ことわざ・四字熟語・名言など、感銘を受けたり共感したりして普段から教訓や戒め 励まし にしている言葉」の意味を持っています。 「座右の銘」というのは 「普段から心に留めて忘れないようにしている標語的な言葉」で、 「急がば回れ・明鏡止水・冷静沈着」などの既存の四字熟語やことわざを挙げることが多くなっています。 「座右の銘」の原義は、 「座っている場所のそば近くに書き記しておいて、自らの戒め・教訓にする言葉 文句 」にあります。 「モットー」と「座右の銘」の違い! 「モットー」と 「座右の銘」の違いを、分かりやすく解説します。 「モットー」も 「座右の銘」も 「普段から意識している言葉」の意味を持っていますが、 「モットー」は 「自分自身で考えたり決めたりした標語的な言葉」としての意味合いが強くなっています。 「座右の銘」というのは 「感銘を受けていつも心に留めている標語的な言葉」ですが、 「モットー」と比べると 「既存の四字熟語・ことわざ・偉人や英雄の言葉」などが多いという違いを指摘できます。 例えば、 「私のモットーは偏見を持たずに人と接することです」とは言えますが、 「私の座右の銘は偏見を持たずに人と接することです」とは通常言わないのです。 この場合、 「私の座右の銘は、公明正大 情けは人の為ならず です」といった四字熟語 ことわざ に変えると、自然で適切な表現になります。 まとめ 「モットー」と 「座右の銘」の違いを詳細に説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「モットー」という言葉は、 「普段から意識している標語的な言葉・自分の目的意識 価値観 と関係する言葉」を意味しています。 「座右の銘」というのは、 「ことわざ・四字熟語など感銘を受けて普段から教訓にしている言葉」の意味を持っています。 「モットー」と 「座右の銘」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

次の