ワーフリ オロチ。 ヒマナンのワーフリブログ

ヒマナンのワーフリブログ

ワーフリ オロチ

マルチボスバトル「オロチ」でのドロップ• オロチの体内より見つかった剣が、人の姿をもって霊体として顕現した姿のキャラクターである。 元ネタは名前通り日本神話の「天叢雲剣」。 武器であることの表現か、自らがダメージを出すわけではなく、このキャラのユニゾンまたはメインに配置したキャラクターの性能を数段階引き上げるスキルとアビリティで構成されている。 スキルを発動して様々なバフを得た後に強力な攻撃を叩き込むというワーフリの基本戦術において、バトル開始時にスキルゲージを配れるというのは大きな利点となる。 例外も多いが基本的に上記コンボを煮詰めて成立した編成が俗に言うワンパン編成である。 攻撃力アップの数値の大きさに目を引かれるが、特筆すべきは ブレイクダウン特攻の方だろう。 ワールドフリッパーのダメージ計算は各数値の乗算となっており、一つの項目を特化して伸ばすより、複数の項目を均等に伸ばした方が最終的なダメージが増加する。 アビリティ• たとえ時間が過ぎようとも、高い基礎攻撃力と強力なスキルのおかげで全く気にならない。 お爺ちゃんだから全力を出し続けるのが難しいのかもしれない。 これまた珍しい、伸ばすのが難しい項目の一つであるダウンさせやすさ。 ダメージ計算では使用されない項目であるが、間接的な火力増強ともいえるアビリティ。 上記はフィーバー中に真価を発揮し、ソロであれば 1~2 回敵にぶつかればブレイク・ダウン状態へと移行。 敵の行動を強制的に打ち切り、飛躍的にダメージを増やすことができる。 また自身のスキルによる特攻効果ともかみ合っており無駄がない。 メインキャラに編成時フィーバーする度、15秒間の浮遊効果。 恐らくアビリティ2を効率よく運用するために搭載されたアビリティ。 しかし、フィーバー軸で編成を組もうとした場合、アビリティ3が優秀なキャラは多いので、それらを差し置いてムラクモの浮遊を生かそうとするとそれなりに編成を考慮する必要がある。 パーティ編成 雑に配置しても仕事をこなせるため、スキル軸で特に一緒に使われることが多いキャラのみを記載する。 おすすめキャラ• メンバー ワンパン編成において基本となる開幕のスキル発動を手助けしてくれるキャラ。 ムラクモに足りないスキルダメージアップ効果も付与できてスキルパ編成に組み込むメンバーとして最良といえる。 メンバー ムラクモと同じ風属性というのもあり、リーダー特性のゲージ配布対象となるキャラ。 またスキルによる参戦者バフも良質であるため、スキル軸で火力を出そうとするなら真っ先に選択肢に上がる。 ユニゾン おそらく最もムラクモとセットで使われているキャラクター。 もともと驚異的火力を誇るスキルをムラクモによってさらに底上げすることにより、非有利属性の超級ボスすらも消し飛ばす凄まじい活躍を見せる。 おすすめ武器• 雫のペンダント 第一回トレジャーハントイベント報酬武器 ワンパン編成の性質上、複数の属性のキャラが使用されるため最大限に性能を活かすことができる。 基礎攻撃力が低いためアビリティソウルのみで運用がされることも多い。 トールの槌 雷崩壊武器 敵を麻痺にする必要があるが、別枠計算の麻痺特攻が装備によって獲得できるため、さらなる火力底上げが期待できる。 死皇の書 レシタール書 本人が装備するわけではなくシャススと組み合わせることにより、開幕からスキルが発動できるようになる。 超級レシタールで交換する武器のうち死皇の書が最優先とされる理由がこれのため。 リセマラ優先度 なし 無料で手に入るキャラであるため 取得するにはオロチをひたすら周回する必要がある。 ドロップのみでの完凸は非常に厳しいため、毎月のキャラ交換は忘れないようにしたい。 ワンパン編成等ではLv100であることが求められることが多いため、ドロップ狙いはあきらめて早々に破星結晶を使ってしまうのも手。 もしもガチャキャラだったとしたら、間違いなく何も考えずにこのキャラだけ引ければリセマラ終わってよしとされたであろう必須キャラ。 制作:クマの実 編集:たびー.

次の

ワーフリ 風パ風コンボナーフ調整で運営に苦情殺到で炎上

ワーフリ オロチ

マルチボスバトル「オロチ」でのドロップ• オロチの体内より見つかった剣が、人の姿をもって霊体として顕現した姿のキャラクターである。 元ネタは名前通り日本神話の「天叢雲剣」。 武器であることの表現か、自らがダメージを出すわけではなく、このキャラのユニゾンまたはメインに配置したキャラクターの性能を数段階引き上げるスキルとアビリティで構成されている。 スキルを発動して様々なバフを得た後に強力な攻撃を叩き込むというワーフリの基本戦術において、バトル開始時にスキルゲージを配れるというのは大きな利点となる。 例外も多いが基本的に上記コンボを煮詰めて成立した編成が俗に言うワンパン編成である。 攻撃力アップの数値の大きさに目を引かれるが、特筆すべきは ブレイクダウン特攻の方だろう。 ワールドフリッパーのダメージ計算は各数値の乗算となっており、一つの項目を特化して伸ばすより、複数の項目を均等に伸ばした方が最終的なダメージが増加する。 アビリティ• たとえ時間が過ぎようとも、高い基礎攻撃力と強力なスキルのおかげで全く気にならない。 お爺ちゃんだから全力を出し続けるのが難しいのかもしれない。 これまた珍しい、伸ばすのが難しい項目の一つであるダウンさせやすさ。 ダメージ計算では使用されない項目であるが、間接的な火力増強ともいえるアビリティ。 上記はフィーバー中に真価を発揮し、ソロであれば 1~2 回敵にぶつかればブレイク・ダウン状態へと移行。 敵の行動を強制的に打ち切り、飛躍的にダメージを増やすことができる。 また自身のスキルによる特攻効果ともかみ合っており無駄がない。 メインキャラに編成時フィーバーする度、15秒間の浮遊効果。 恐らくアビリティ2を効率よく運用するために搭載されたアビリティ。 しかし、フィーバー軸で編成を組もうとした場合、アビリティ3が優秀なキャラは多いので、それらを差し置いてムラクモの浮遊を生かそうとするとそれなりに編成を考慮する必要がある。 パーティ編成 雑に配置しても仕事をこなせるため、スキル軸で特に一緒に使われることが多いキャラのみを記載する。 おすすめキャラ• メンバー ワンパン編成において基本となる開幕のスキル発動を手助けしてくれるキャラ。 ムラクモに足りないスキルダメージアップ効果も付与できてスキルパ編成に組み込むメンバーとして最良といえる。 メンバー ムラクモと同じ風属性というのもあり、リーダー特性のゲージ配布対象となるキャラ。 またスキルによる参戦者バフも良質であるため、スキル軸で火力を出そうとするなら真っ先に選択肢に上がる。 ユニゾン おそらく最もムラクモとセットで使われているキャラクター。 もともと驚異的火力を誇るスキルをムラクモによってさらに底上げすることにより、非有利属性の超級ボスすらも消し飛ばす凄まじい活躍を見せる。 おすすめ武器• 雫のペンダント 第一回トレジャーハントイベント報酬武器 ワンパン編成の性質上、複数の属性のキャラが使用されるため最大限に性能を活かすことができる。 基礎攻撃力が低いためアビリティソウルのみで運用がされることも多い。 トールの槌 雷崩壊武器 敵を麻痺にする必要があるが、別枠計算の麻痺特攻が装備によって獲得できるため、さらなる火力底上げが期待できる。 死皇の書 レシタール書 本人が装備するわけではなくシャススと組み合わせることにより、開幕からスキルが発動できるようになる。 超級レシタールで交換する武器のうち死皇の書が最優先とされる理由がこれのため。 リセマラ優先度 なし 無料で手に入るキャラであるため 取得するにはオロチをひたすら周回する必要がある。 ドロップのみでの完凸は非常に厳しいため、毎月のキャラ交換は忘れないようにしたい。 ワンパン編成等ではLv100であることが求められることが多いため、ドロップ狙いはあきらめて早々に破星結晶を使ってしまうのも手。 もしもガチャキャラだったとしたら、間違いなく何も考えずにこのキャラだけ引ければリセマラ終わってよしとされたであろう必須キャラ。 制作:クマの実 編集:たびー.

次の

ワーフリ 崩壊域(深層域)オート

ワーフリ オロチ

マルチボスバトル「オロチ」でのドロップ• オロチの体内より見つかった剣が、人の姿をもって霊体として顕現した姿のキャラクターである。 元ネタは名前通り日本神話の「天叢雲剣」。 武器であることの表現か、自らがダメージを出すわけではなく、このキャラのユニゾンまたはメインに配置したキャラクターの性能を数段階引き上げるスキルとアビリティで構成されている。 スキルを発動して様々なバフを得た後に強力な攻撃を叩き込むというワーフリの基本戦術において、バトル開始時にスキルゲージを配れるというのは大きな利点となる。 例外も多いが基本的に上記コンボを煮詰めて成立した編成が俗に言うワンパン編成である。 攻撃力アップの数値の大きさに目を引かれるが、特筆すべきは ブレイクダウン特攻の方だろう。 ワールドフリッパーのダメージ計算は各数値の乗算となっており、一つの項目を特化して伸ばすより、複数の項目を均等に伸ばした方が最終的なダメージが増加する。 アビリティ• たとえ時間が過ぎようとも、高い基礎攻撃力と強力なスキルのおかげで全く気にならない。 お爺ちゃんだから全力を出し続けるのが難しいのかもしれない。 これまた珍しい、伸ばすのが難しい項目の一つであるダウンさせやすさ。 ダメージ計算では使用されない項目であるが、間接的な火力増強ともいえるアビリティ。 上記はフィーバー中に真価を発揮し、ソロであれば 1~2 回敵にぶつかればブレイク・ダウン状態へと移行。 敵の行動を強制的に打ち切り、飛躍的にダメージを増やすことができる。 また自身のスキルによる特攻効果ともかみ合っており無駄がない。 メインキャラに編成時フィーバーする度、15秒間の浮遊効果。 恐らくアビリティ2を効率よく運用するために搭載されたアビリティ。 しかし、フィーバー軸で編成を組もうとした場合、アビリティ3が優秀なキャラは多いので、それらを差し置いてムラクモの浮遊を生かそうとするとそれなりに編成を考慮する必要がある。 パーティ編成 雑に配置しても仕事をこなせるため、スキル軸で特に一緒に使われることが多いキャラのみを記載する。 おすすめキャラ• メンバー ワンパン編成において基本となる開幕のスキル発動を手助けしてくれるキャラ。 ムラクモに足りないスキルダメージアップ効果も付与できてスキルパ編成に組み込むメンバーとして最良といえる。 メンバー ムラクモと同じ風属性というのもあり、リーダー特性のゲージ配布対象となるキャラ。 またスキルによる参戦者バフも良質であるため、スキル軸で火力を出そうとするなら真っ先に選択肢に上がる。 ユニゾン おそらく最もムラクモとセットで使われているキャラクター。 もともと驚異的火力を誇るスキルをムラクモによってさらに底上げすることにより、非有利属性の超級ボスすらも消し飛ばす凄まじい活躍を見せる。 おすすめ武器• 雫のペンダント 第一回トレジャーハントイベント報酬武器 ワンパン編成の性質上、複数の属性のキャラが使用されるため最大限に性能を活かすことができる。 基礎攻撃力が低いためアビリティソウルのみで運用がされることも多い。 トールの槌 雷崩壊武器 敵を麻痺にする必要があるが、別枠計算の麻痺特攻が装備によって獲得できるため、さらなる火力底上げが期待できる。 死皇の書 レシタール書 本人が装備するわけではなくシャススと組み合わせることにより、開幕からスキルが発動できるようになる。 超級レシタールで交換する武器のうち死皇の書が最優先とされる理由がこれのため。 リセマラ優先度 なし 無料で手に入るキャラであるため 取得するにはオロチをひたすら周回する必要がある。 ドロップのみでの完凸は非常に厳しいため、毎月のキャラ交換は忘れないようにしたい。 ワンパン編成等ではLv100であることが求められることが多いため、ドロップ狙いはあきらめて早々に破星結晶を使ってしまうのも手。 もしもガチャキャラだったとしたら、間違いなく何も考えずにこのキャラだけ引ければリセマラ終わってよしとされたであろう必須キャラ。 制作:クマの実 編集:たびー.

次の