座る と 腰 が 痛い 原因。 右の腰だけ痛い!腰痛が右側だけに起こる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

デスクワーク、座っているだけなのに腰が痛くなるのはなぜ?予防策をご紹介

座る と 腰 が 痛い 原因

それでは床に座るときにどのような座り方をすると、腰痛が出にくいのでしょう? ポイントは簡単に言えば骨盤を立てて腰の背骨のカーブを作ってあげることです。 床に座るときの体勢として多いのはあぐらや三角座りだと思いますが、これらの座り方は実際に行ってもらうとわかりやすいですが、どうしても骨盤が後ろに傾き腰が丸まりやすいために腰痛をすごく起こしやすいです。 足を前に投げ出した座り方も、壁などにもたれかからなければ腰が丸まってしまうため腰痛が出やすいです。 床に座る場合には正座で座ることが腰痛を出しにくい座り方だと言えます。 これも実際に正座をしていただくとわかりやすいですが、正座の場合骨盤を起こして腰を伸ばしやすいと思います。 そのため床に座っている時でも正座であれば腰のカーブが保ちやすいために腰痛が出にくいんです。 ただし正座でも腰を丸めて座ってしまうと腰痛がすぐに出てしまいますので それじゃあ正座に似た女性によく見かける横座りはどうなのか?というと、横座りでも確かに骨盤はまだ起こしやすいですが、体重がどちらか片側にかかりやすいため、それこそ骨盤の歪みを作ったり、上半身の重みを分散できずに片方の腰ばかりに負担がかかってしまうために腰痛が発症しやすくなってしまいます。 特にレントゲンなどで異常はないけれど、床に座ると腰が痛いとい腰痛持ちの方も少なくないでしょう。 そもそも知っておいてほしいのが、座るという行為は一見リラックスして腰に負担をかけてないように思えますが、実際には立っている時よりも腰にかかる負担は大きいんです。 さらに床に座ると骨盤が後ろに傾きやすく背骨のカーブが失われてしまうことが、腰痛を発症してしまう大きな原因となります。 他にも座ると腹筋がゆるんでしまうことも腰痛を発症しやすい原因となります。 なので腰のカーブを保ちやすい正座が床に座るときには腰痛を発症しにくい座り方になるんですが、なかなか長時間正座をしてられないという方も少なくないと思いますので、上記でお伝えした対策を参考にしていただければと思います。

次の

椅子から立ち上がる時に痛い腰痛は何が原因?おすすめの対処法も紹介

座る と 腰 が 痛い 原因

梨状筋症候群はお尻にある梨状筋という筋肉が硬く緊張した状態になることで、近くを通る坐骨神経やその周囲の血管を圧迫し、お尻の痛みや足の痺れといった坐骨神経痛の症状を発症させてしまう傷病です。 座っているともちろんお尻は圧迫され続けることになるため、段々とお尻の筋肉は緊張し硬くなっていきます。 そしてその硬くなった梨状筋が神経を押さえたり、近くを走る血管を圧迫することで血液の巡りが悪くなり神経が刺激され痛みを出したり、圧迫された血管がつながる太ももから足にかけて老廃物がたまって痛みや痺れなどの症状が起こることがあるんです。 反対に立っている時というのは、梨状筋にそれほど負担がかからないため、痛みなく平気なことが多くなるんです。 もちろん梨状筋の緊張が強ければ立ってても痛みを感じることもありますし、短い時間は大丈夫でも段々と痛みを感じる方もいます 梨状筋症候群の時には腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と違い、腰痛は出ないといわれることがあります。 これは坐骨神経を圧迫したり、下肢への血管を圧迫している場所がお尻の部分であって、腰の部分では特に異常が起こっているわけではないからです。 ですが実際には、梨状筋症候群を発症させる人で腰痛持ちの方はかなり多いです。 これは梨状筋というのはお尻の筋肉であり、多くの場合梨状筋が硬く緊張すればその周りのお尻の筋肉も柔軟性が低下してしまい硬くなってしまっています。 そしてお尻の筋肉というのは、上半身の重たさを腰だけにかからないようにするためにクッションのような働きを担ったり、歩くとき等の床からの衝撃を腰に直接かけないように吸収するサスペンションのような働きも担っています。 そのお尻の筋肉が緊張し硬くなっているということは、それらの働きが低下してしまうため、日常生活で腰にかかる負担が増えてしまっています。 そのため腰の筋肉は疲労がたまり柔軟性が低下してしまっているため腰痛を起こしやすくなっているんです。 また座っている時も、お尻の筋肉で骨盤を支えられなくなることで姿勢が崩れてしまうため、段々と腰に痛みが出てくることが少なくありません。 このように梨状筋症候群自体が腰痛の原因ではないにしても、梨状筋症候群持ちの方は腰痛を一緒に起こすことが少なくないんです。 痛みや痺れがあるから安静にしている方がいいかな…と思われる方もいるかもしれませんが、梨状筋症候群の場合、過度の安静は逆効果になることが多いです。 安静にしてしまうと、梨状筋は動かないためさらに血液の巡りが悪くなり、痛みや痺れが悪化したり、いつまでたっても筋肉の緊張が緩まず痛みが続いてしまうことがあります。 なので無茶な運動をしてくださいとは言いませんが、少し大股で短い時間からでも構わないので歩くようにしてください。 またデスクワークなどで長時間座らないといけない時にも、座りっぱなしだとすぐに梨状筋が緊張し坐骨神経を刺激してしまうため、合間合間で立ち上がって周りをウロウロ歩いたり、同じ姿勢を続けないことが大切です。 また、冷やすよりも温めてあげるほうが血行が改善して痛みなどが楽になることが多いです。 ただし炎症が起こっている時には温めると痛みが増すこともあるので注意してください。 立つと楽だけど、座っていると腰やお尻から足にかけて痺れや痛みが出てくる…と悩んでいる人もいるでしょう。 その痛みや痺れの原因は梨状筋症候群かもしれません。 坐骨神経のそばにある梨状筋が緊張し硬くなることで、神経や血管を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こすことがあるんです。 この場合、レントゲンやMRIでは発見することが難しく、特に異常なしといわれてしまうこともあります。 そして梨状筋症候群の時には、お尻の筋肉が柔軟性をなくしてしまっていることで、日常生活で腰にかかる負担が増えてしまい腰痛を起こすことも少なくありません。 痛みがあるとどうしても安静にしたい気持ちもわかりますが、過剰な安静は症状を悪化させたり改善の妨げになってしまうため、体の状態を見ながら少しずつ歩くことを心がけてください。

次の

座ると腰が痛い!そんな腰痛の原因と治療法まとめ|ヘルモア

座る と 腰 が 痛い 原因

椅子に座ると腰が痛いその原因は? 椅子や地べたに座っている時に腰が痛くなってきてどうにかしたいと思う時ってありますよね? 椅子に座っている時は腰に負荷が強くかかる場合もあるので、何点か気をつけることで痛みを感じなくていい生活に戻れます。 ずっと座っているだけで腰痛がでてくるなんて辛いですよね。 そんな腰痛も原因を理解して正しく対処すれば必ず治っていきますので普段から意識することがとても大切になります。 細かいことですが、プロである治療家も必ず気をつけている事なので、しっかりとつづけることで今後も腰痛を感じずに生活していけますので、もし現在あなたが腰痛で悩んでいるならぜひ意識してみてくださいね。 座っている状態で腰痛を感じる方は少なからずいると思うのですが、ただ座っているだけでも何かしらの原因があって痛みを誘発しています。 決して椅子に座っている場合だけでなく、地べたに座る場合でも痛みのでる原因がありますのでお話ししていきます。 その1 長時間の同じ姿勢 仕事や私生活で長時間座っていることはよくあると思います。 そういう時に時間の経過と共に徐々に腰痛を感じてくる場合があります。 座っている時に姿勢が悪い場合と良い場合の図ですが、姿勢が悪い場合は骨盤が倒れていますよね? こうなると、腰周りを支えている筋肉に負担が生じてくるので筋肉が硬くなり神経を圧迫して痛みに繋がってしまうんです。 そのため、長時間の同じ姿勢では筋肉が硬くなり痛みがでてくるということです。 その2 姿勢の悪さ こちらは 原因その1、長時間の同じ姿勢と繋がってきます。 姿勢の悪さがある場合は例え短時間でも座っていると痛みが生じやすいです。 この姿勢の悪さで長時間の座位姿勢が続く事で、更に悪い悪循環として腰痛がでてしまいます。 足を横に投げ出す様なお姉さん座りや偏った座り方や寝転がった姿勢でも背骨が歪んでいるのがわかります。 このように普段から何気なく行っている姿勢が痛みの原因になってしまうので、座っている時の姿勢や無意識に足を組んでいないかなど意識してくださいね。 その3 腰痛に対する認識の甘さ まさかの精神論です。 しかし、非常に重要なことですのでお伝えします。 当院に来院される患者さんにも多くみられるのが、腰痛に限らず痛みに対しての認識の甘さがあります。 少し痛いくらいだからそのままでいいや… 座っているだけだからこれ以上ひどくならないだろう… この繰り返しがどんどん症状を悪化させて、最終的には常に痛みが出て、ひどい時は足にしびれまで感じてきます。 腰痛にあまりなったことがない場合はついつい甘く見がちになりますが、放っておくと症状は悪化していくことが多くあるため重症化する前に治すことをおすすめします。 そのうち治ると思って放っておいた方が症状が悪化して来院するケースが多いためです。 椅子に座ると出る腰の痛みの対処する方法は? ここまで座っている時の腰痛の原因や考え方についてお話ししてきましたが、ただしく対処すれば症状はなくなっていきますので、対処法についてご説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 その1 適度に身体を動かす 長時間座っていると筋肉が緊張して症状を誘発してしまいますが、可能であれば定期的に体を動かしましょう。 例えばパソコンの前にずっと座っていると腰痛がでてくる場合、許される環境ならたまに立って歩いてみたり トイレに行くふりなど 、軽いストレッチを行ないましょう。 一番良くないのは、痛みがあるのにそのまま無理をしてその姿勢を行なった場合に症状が悪化することです。 まずそのような環境では症状が軽快に向うことは難しいので多少なりとも身体を動かす意識をしましょう。 その2 姿勢を整える 姿勢が悪いまま椅子に座っている、または椅子に座ると姿勢が悪くなってしまうクセがある時は意識して姿勢を直す必要があります。 姿勢の悪さがある上に長時間の同じ姿勢となると悪い相乗効果で悪化が進むので絶対に避けるべき環境になります。 しかし、なかなか姿勢を意識し続けるのは大変なので、例えば便利グッズを用いていい姿勢をつくると良いでしょう。 柔らかく肌ざわりが良いのでこのメーカーを気に入って使っていますが、どこのメーカーのものでもよいので使ってみてくださいね。 このような専用のクッションなどを使うことで腰にかかる負担を20%〜50%近く軽減することができるので使ったことがない人は使ってみましょう。 腰痛の予防だけでなく、姿勢が良くなりますので身体に合ったものを選ぶことで仕事もはかどりますからオススメです。 その3 筋力をつける 一番手間ですが、一番効果的であり将来的にも絶対やったほうが良い腰痛予防ですね。 特にお腹周りの体幹の筋肉である腸腰筋 ちょうようきん や腹横筋 ふくおうきん 、背中の体幹の筋肉である多裂筋 たれつきん を鍛えることで腰痛の予防や姿勢を美しく保つことができますので専用のトレーニングを行なってみましょう。 トレーニング方法は「ドローイン」や「プランク」というもがあります。 追伸 のぞみ整体院では 私一人で施術に携わらせていただいております。 そして毎月多くの患者様に通院していただいております。 その一方で柏市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。 それにも関わらず、 ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。 「このままで良いわけがない」 もしも、あなたが 「この痛みをなんとかしたい。 でも治らなかったらどうしよう…」 「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」 といった不安な気持ちを持っておられるのであれば… そんな時こそ、のぞみ整体院にお越しください。 あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。 私の技術はそんなあなたのためにあるのです。 のぞみ整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい! 腰痛を本気で根本から治したい方はこちらをクリック!.

次の