アウトドアマン。 キャンプ&フィッシングの付録:アウトドアマンのアイテム!コーヒーメーカーやライト&ファン

「楽しく学んで」アウトドアマンが防災プログラム発案/神奈川

アウトドアマン

今人気の キャンプや バーベキューなどでみなさん何で 火をつけようと思っていますか? 焚火をやるにしてもバーベキューをやるにしても、肝心の火が中々上手くつかないと盛り上がらないものです。 そして簡単に火がつけられる!と思っていてもやってみると風が強くてなかなか火が付かなかったりすると、料理の時間も遅れて大変です。 スマートにかっこよく火をつけたいものですよね! そして、適当に ライターや チャッカマンを コンビニで購入して付けようとしても、風が強かったりすると意外と火って付きにくいですよね。 花火をやるときなどに痛感した人も多いと思います。 ここでは、確実に火がつけられるようにチャッカマンのおすすめを紹介していきたいと思います。 持っていると格好いい高級感のあふれるタイプや、安くて買いやすいものもあります。 そして、アイデアあふれる取り付けなどもあって、意外と奥が深いのがチャッカマンの世界です。 様々な視点からの選び方、そして商品の紹介を通して、ぴったりのチャッカマンが見つかると良いですね。 今人気のキャンプの焚火や、みんなで楽しくバーべキューを楽しみたいときにはチャッカマンの、 ガストーチタイプがおすすめです。 薪や炭に火がついてしまえばそこからは火は安定しますので、最初に薪や炭に付けるときにはガストーチのような高温で燃焼するものを利用して一気に火をつけてしまいましょう。 火起こしを一からしてとか、 ファイアスターターで火を起こすというのも恰好いいですが、それはあくまで上級者向けですね。 気軽にキャンプやバーベキューを楽しみたいみなさんにはこのようなガストーチタイプのチャッカマンがおすすめです。 サイズも小さいものが多く、持ち運びも簡単なのがさらに人気なポイントです。 また、使い捨てではなく ガス充填式のものも多く、 エコな使い方ができます。 花火をみんなで楽しもうと思うときには、チャッカマンが必需品ですね。 ライターとロウソクで大丈夫!と思っていても、海辺などでもみんなで花火をしようとするときには、風が強くてすぐに火が消えてしまうこともよくありますね。 ロウソクも風防があれば安定して火を保つことができるのですが、花火をやろうと思ってもなかなか風防まで準備するのは面倒くさいですよね。 そんなときはチャッカマンを複数買っておいて、何人かで火を花火に付けて、そこから火を分けていくのがおすすめです。 普通のタイプのチャッカマンであれば1つあたり100円前後で販売されています。 そして、大量に購入したい場合には、このあと紹介するセット販売がおすすめです。 コンビニや量販店では大量に買うときに在庫があるか分からないので、そういった心配のないネット購入を利用しましょう。 火をつけるところ伸びるので焚火を組んでから中の火を付けたいところに直接伸ばすことができます。 点火し辛い場所にも届きますし、手元から火が離れる設計になっているので、安全に火を点けることができます。 大きさもかなり小さく、収納時は小型で持ち運びも楽なのも嬉しいですね。 使い捨てタイプではなく、ガスを注入して繰り返し使うこともできます。 ガスは専用のものを買っても良いですが、市販のガスを買っても良いですね。 100均などにも売っているガスもあります。

次の

アウトドアマン必携ボトル『スタウトエア』新登場!

アウトドアマン

ジップ袋でご飯を炊く方法を教える小雀さん(右)=2月、県立城ケ島公園 突然の激しい揺れに、大津波。 自分たちが非日常として楽しんでいた自然が猛威を振るい、多くの人命を奪った。 3・11後、悩み続けたアウトドアマン2人は、自らのスキルを通じて災害に役立つ知恵を広く伝える「防災プログラム」を生み出した。 グツグツと煮立つ鍋の中から、おいしそうな匂いが漂う。 中身は米と同じ量だけ水を入れたジップ袋。 限られた資材で、ご飯を炊く体験だ。 「飲料水が貴重な時、沸騰させるのはお風呂の残り湯でもいいんです」。 スタッフが助言する。 鍋の前で待つこと15分。 ふっくらと炊きあがったご飯を頬張った小学1年生の女の子(7)は「おいしい」と歓声を上げた。 2月10日、県立城ケ島公園(三浦市)で開かれ、大勢でにぎわった体験型イベント「ステップキャンプ」。 ショップ経営など、ともにアウトドア業界に長く携わる寒川一さん(49)=横須賀市=と、小雀陣二さん(43)=鎌倉市=の姿があった。 2人こそが防災プログラムの発案者だ。 きっかけは、東日本大震災だった。 理不尽なまでの自然の脅威。 「あの日から自然との関わり方が分からなくなった。 どうすればいいのかと絶望感さえ抱いた」。 寒川さんは振り返る。 災害への備えが叫ばれる一方で、与えられた人生は自然と上手につきあい、楽しんでこそではないか。 答えが見つからない中、被災地で見た光景がヒントになった。 限られた物資しかない避難所生活は、心身両面で負担となっていた。 「適正な道具で快適に遊ぶアウトドアの知識があれば、少しは生きる支えになるんじゃないか」。 自分たちができるのは、やはりアウトドアだった。 昨年夏ごろから、防災プログラムの実現を模索してきた。 「楽しみながら備えていく」ことを目指した今年2月のイベントには、多くの関連企業も賛同した。 グッズメーカーの「スノーピーク」(新潟県)は会場内に大小10のテントを設置し、2枚重ねの布の間にたまった空気の層だけで保温性が高まることを示した。 ウエアメーカー「ゴールドウイン」(東京都)は、寒さに対する効果的な重ね着の仕方を紹介。 さらに、たき火の起こし方など、衣食住の基本となる技術が次々に披露された。 防災と銘打っても、堅苦しい雰囲気はなく、参加者には終始、笑顔があふれていた。 初めて大規模な防災プログラムを手掛けた寒川さんは手応えを感じていた。 「楽しければ記憶に残る。 それが有事にも生きたらいいし、多くの人が知識を身に付ければ、災害に強い国になるはずだ」 今後も城ケ島を拠点に定期的にイベントを開く。 16日には県立観音崎公園(横須賀市)で行う防災イベントに参加する。 詳細はホームページhttp://stepcamp.jp/ 【】.

次の

アウトドアマン必携ボトル『スタウトエア』新登場!

アウトドアマン

今人気の キャンプや バーベキューなどでみなさん何で 火をつけようと思っていますか? 焚火をやるにしてもバーベキューをやるにしても、肝心の火が中々上手くつかないと盛り上がらないものです。 そして簡単に火がつけられる!と思っていてもやってみると風が強くてなかなか火が付かなかったりすると、料理の時間も遅れて大変です。 スマートにかっこよく火をつけたいものですよね! そして、適当に ライターや チャッカマンを コンビニで購入して付けようとしても、風が強かったりすると意外と火って付きにくいですよね。 花火をやるときなどに痛感した人も多いと思います。 ここでは、確実に火がつけられるようにチャッカマンのおすすめを紹介していきたいと思います。 持っていると格好いい高級感のあふれるタイプや、安くて買いやすいものもあります。 そして、アイデアあふれる取り付けなどもあって、意外と奥が深いのがチャッカマンの世界です。 様々な視点からの選び方、そして商品の紹介を通して、ぴったりのチャッカマンが見つかると良いですね。 今人気のキャンプの焚火や、みんなで楽しくバーべキューを楽しみたいときにはチャッカマンの、 ガストーチタイプがおすすめです。 薪や炭に火がついてしまえばそこからは火は安定しますので、最初に薪や炭に付けるときにはガストーチのような高温で燃焼するものを利用して一気に火をつけてしまいましょう。 火起こしを一からしてとか、 ファイアスターターで火を起こすというのも恰好いいですが、それはあくまで上級者向けですね。 気軽にキャンプやバーベキューを楽しみたいみなさんにはこのようなガストーチタイプのチャッカマンがおすすめです。 サイズも小さいものが多く、持ち運びも簡単なのがさらに人気なポイントです。 また、使い捨てではなく ガス充填式のものも多く、 エコな使い方ができます。 花火をみんなで楽しもうと思うときには、チャッカマンが必需品ですね。 ライターとロウソクで大丈夫!と思っていても、海辺などでもみんなで花火をしようとするときには、風が強くてすぐに火が消えてしまうこともよくありますね。 ロウソクも風防があれば安定して火を保つことができるのですが、花火をやろうと思ってもなかなか風防まで準備するのは面倒くさいですよね。 そんなときはチャッカマンを複数買っておいて、何人かで火を花火に付けて、そこから火を分けていくのがおすすめです。 普通のタイプのチャッカマンであれば1つあたり100円前後で販売されています。 そして、大量に購入したい場合には、このあと紹介するセット販売がおすすめです。 コンビニや量販店では大量に買うときに在庫があるか分からないので、そういった心配のないネット購入を利用しましょう。 火をつけるところ伸びるので焚火を組んでから中の火を付けたいところに直接伸ばすことができます。 点火し辛い場所にも届きますし、手元から火が離れる設計になっているので、安全に火を点けることができます。 大きさもかなり小さく、収納時は小型で持ち運びも楽なのも嬉しいですね。 使い捨てタイプではなく、ガスを注入して繰り返し使うこともできます。 ガスは専用のものを買っても良いですが、市販のガスを買っても良いですね。 100均などにも売っているガスもあります。

次の