つくる 楽しみ。 つくる楽しみ

【楽天市場】生地:手芸材料の専門店 つくる楽しみ

つくる 楽しみ

仕事のときもプライベートで出かける日も、物の出し入れが便利なトートバッグを使うことが多いという、かわいさん。 ある日の打ち合わせで、かわいさんが持っていたお手製のバッグは、マチ幅を広く取った大きめサイズ。 資料の束と材料サンプルがしっかりと納まり、筆記具や携帯電話などはさっと取り出せる。 トートの「運ぶ」という意味以上に実用的なデザインに興味をそそられ、布使いや細部のつくりを聞きました。 メインの布は防水加工が施された麻で、底は別布を重ねて丈夫に。 内側には細々としたものを分けて入れられる仕切りポケットとキーストラップ、口には中身が不意に飛び出さないようボタンが付いていました。 「いつもバッグをつくるときは、持っていきたいものがあり、それがうまく入る形を考えます。 あわせて材料を選び、縫い方も工夫して、使い勝手がいいように仕上げます」 また、心ひかれる素材から、デザインを膨らませることもあるよう。 布は風合いを生かしたかったら一重で仕立てたり、薄手や柔らかいものは裏地を重ねて適度な張りを持たせたり。 テープやボタン、アップリケなど、「絶対好き!」と思うパーツを見つけたら、布やほかの材料とあれこれ組み合わせてみるとも。 「服には難しそうな色や柄が、バッグなら装いのアクセントにちょうどいい場合があります。 ちょっと甘すぎるかな、と思うモチーフでも、大人の遊びを表現できることも。 自分にとってのスタンダードを求めるなら手づくりしたほうが、すぐ、そして長く使えて愛着もわくのではないでしょうか」 自分好みのトートがなかなか見つからないという方は、ここで紹介する作品の素材選びやサイズ感、ディテールなどのアイデアを参考に。 ぜひ一度、ワードローブやライフスタイルにしっくりくる、バッグづくりにトライしてみてはいかがでしょう。 使いやすかったら、いまの気分や季節に合う素材でニューフェイスがプラスできるのも手づくりのおもしろさです。

次の

トートバッグを、好きな布やサイズでつくる楽しみ。アイデア次第でアレンジ自在|デザイナー・かわいきみ子さん

つくる 楽しみ

仕事のときもプライベートで出かける日も、物の出し入れが便利なトートバッグを使うことが多いという、かわいさん。 ある日の打ち合わせで、かわいさんが持っていたお手製のバッグは、マチ幅を広く取った大きめサイズ。 資料の束と材料サンプルがしっかりと納まり、筆記具や携帯電話などはさっと取り出せる。 トートの「運ぶ」という意味以上に実用的なデザインに興味をそそられ、布使いや細部のつくりを聞きました。 メインの布は防水加工が施された麻で、底は別布を重ねて丈夫に。 内側には細々としたものを分けて入れられる仕切りポケットとキーストラップ、口には中身が不意に飛び出さないようボタンが付いていました。 「いつもバッグをつくるときは、持っていきたいものがあり、それがうまく入る形を考えます。 あわせて材料を選び、縫い方も工夫して、使い勝手がいいように仕上げます」 また、心ひかれる素材から、デザインを膨らませることもあるよう。 布は風合いを生かしたかったら一重で仕立てたり、薄手や柔らかいものは裏地を重ねて適度な張りを持たせたり。 テープやボタン、アップリケなど、「絶対好き!」と思うパーツを見つけたら、布やほかの材料とあれこれ組み合わせてみるとも。 「服には難しそうな色や柄が、バッグなら装いのアクセントにちょうどいい場合があります。 ちょっと甘すぎるかな、と思うモチーフでも、大人の遊びを表現できることも。 自分にとってのスタンダードを求めるなら手づくりしたほうが、すぐ、そして長く使えて愛着もわくのではないでしょうか」 自分好みのトートがなかなか見つからないという方は、ここで紹介する作品の素材選びやサイズ感、ディテールなどのアイデアを参考に。 ぜひ一度、ワードローブやライフスタイルにしっくりくる、バッグづくりにトライしてみてはいかがでしょう。 使いやすかったら、いまの気分や季節に合う素材でニューフェイスがプラスできるのも手づくりのおもしろさです。

次の

Call Center Quality Measurement & Agent Engagement Solution

つくる 楽しみ

仕事のときもプライベートで出かける日も、物の出し入れが便利なトートバッグを使うことが多いという、かわいさん。 ある日の打ち合わせで、かわいさんが持っていたお手製のバッグは、マチ幅を広く取った大きめサイズ。 資料の束と材料サンプルがしっかりと納まり、筆記具や携帯電話などはさっと取り出せる。 トートの「運ぶ」という意味以上に実用的なデザインに興味をそそられ、布使いや細部のつくりを聞きました。 メインの布は防水加工が施された麻で、底は別布を重ねて丈夫に。 内側には細々としたものを分けて入れられる仕切りポケットとキーストラップ、口には中身が不意に飛び出さないようボタンが付いていました。 「いつもバッグをつくるときは、持っていきたいものがあり、それがうまく入る形を考えます。 あわせて材料を選び、縫い方も工夫して、使い勝手がいいように仕上げます」 また、心ひかれる素材から、デザインを膨らませることもあるよう。 布は風合いを生かしたかったら一重で仕立てたり、薄手や柔らかいものは裏地を重ねて適度な張りを持たせたり。 テープやボタン、アップリケなど、「絶対好き!」と思うパーツを見つけたら、布やほかの材料とあれこれ組み合わせてみるとも。 「服には難しそうな色や柄が、バッグなら装いのアクセントにちょうどいい場合があります。 ちょっと甘すぎるかな、と思うモチーフでも、大人の遊びを表現できることも。 自分にとってのスタンダードを求めるなら手づくりしたほうが、すぐ、そして長く使えて愛着もわくのではないでしょうか」 自分好みのトートがなかなか見つからないという方は、ここで紹介する作品の素材選びやサイズ感、ディテールなどのアイデアを参考に。 ぜひ一度、ワードローブやライフスタイルにしっくりくる、バッグづくりにトライしてみてはいかがでしょう。 使いやすかったら、いまの気分や季節に合う素材でニューフェイスがプラスできるのも手づくりのおもしろさです。

次の