ハスラー フルモデルチェンジ。 ハスラー|スズキ

【2020年1月20日】スズキ新型ハスラー フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日は?価格は?外観デザインは?

ハスラー フルモデルチェンジ

suzuki. 実はハスラーは2015年12月に改良をしてから、マイナーチェンジは行われていません。 2018年11月に「ワンダラー」という、特別仕様車を販売しました。 ハスラーのグレード「J」をベースにして、外観はメッキグリルにハスラーのアルファベットの、エンブレムをクロームメッキにしています ハスラーは現行ワゴンRに採用している、「ハーテクト」を改良するでしょう。 そして、S-ハイブリッドから「ストロングハイブリッド」に、変更されるのではないかとも予想します。 suzuki. なによりも、軽自動車ではハイブリッド先駆者なので、維持とプライドにかけてパワーアップすると思われます。 マニュアルトランスミッションは、廃止されることなく継続で搭載されるのではないでしょうか。 正直、ハスラーはアウトドア目的ですが、車を操る楽しさを味わいたい人もいるので廃止はないでしょう。 安全装備なども進化しハイビームアシストが、装備されるような気もします。 suzuki. 実は現在ハスラーは、「誤発進抑制機能」は前方のみです。 なので後方のご発信抑制機能が、備わる可能性は特大級でしょう。 suzuki. 日産・デイズのハイブリッドに対抗するために、 ハスラーは「ストロングハイブリッドシステム」搭載は間違いないように感じます。 昔のパターンなら4年に一度はモデルチェンジされましし、特別仕様車が出れば新型が出る合図だとも言われていました。 しかし、コンスタントに売れているので、下手にモデルチェンジをするとも思えません。 ワゴンRのモデルチェンジ傾向を見ても、初代から3代目までは外観は余り変化がありません。 当時バカ売れしていたワゴンRはテールランプを、少しデザインを変えたくらいでほぼ手を付けていませんでした。 そのような過去を見る限りでは、ハスラーも外観は大胆な変更はないという見方もあります。 suzuki. 今回のモデルチェンジは、 外観よりも中身で勝負というような気がします。 EKクロスを意識して、ハイブリッドに力を入れ燃費を上げてくると予想します。 suzuki. 基本的なパワートレインは変化ないでしょう。 「ストロングハイブリッドシステム」搭載で、燃費はどれくらい上がるか想像はできません。 スズキソリオを例にすれば、ハイブリッド無しで「20. suzuki. さらに、ハスラーのライバルである「EKクロス」も、ハイブリッドが搭載されています。 スペックを見てもEKクロスのモーターは、ハスラーに近いスペックとなっています。 なんとなく、負けず嫌いだと思われるスズキは、EKクロスに対抗するために、最新のハイブリッドシステムを搭載する可能性があります。 suzuki. 他にも安全装備を加えるとなると、もっと高くなる可能性もあります。 新しいハイブリッドシステムは、上級グレードのみの設定になり上級グレードの価格は、今よりも跳ね上がる可能性があります。 現在上級グレードが157万円なので180万円くらいは、値上がりしそうです。 suzuki. ちなみにハスラーのボディサイズは、「 全長3,395mm全幅1,475mm全高1,665mm」です。 軽自動車の規格サイズなので、これ以上は変更しないでしょう。 全高は制限がないのですが、高くするとは考えにくいです。 次に室内サイズですが、現在「全長2,160mm全幅1,295mm全高1,250mm」です。 アウトドアに出かけるシーンが多い車種なので、若干の変更はあるでしょう。 その場合は、ドアパネルを薄くしたりダッシュボードの位置を前にずらして、 内装の全長を長くするでしょう。 suzuki. しかし、圧倒的に多いのが2019年に、フルモデルチェンジをするという情報です。 私もハスラーが2019年にフルモデルチェンジされると予想しており、発売するのは12月ではないかと考えています。 その理由は、やはりEXクロスの存在が、関係していると考えられます。 なので、新システムのハイブリッドを早急に搭載し、発売を急ぐのではないかと予想します。 全軽自協のデータを参考にすると、2019年3月の新車販売台数はハスラーは、総合順位が「11位」でした。 ハスラーは販売台数も「6,018台」です。 総合順位「9位」の、EXクロスに負けています。 ちなみに、EXクロスの新車販売台数が「6,474台」です。 その事を考えれば、EXクロスの新車販売台数を抜くために、発売日が2019年12月なのではないかと予想します。 suzuki. 内装色は消滅するカラーが出てきたり、追加されるカラーがあったり入れ替えがあると考えられます。 性別的にどちらがよく買っているのかを統計し、内装色も改良すると予想します。 ボディカラーも入れ替えがあるような気がします。 フルモデルチェンジ後は、ハイブリッドシステムも新しくして、燃費も向上させるでしょう。 なんとなく、EKクロスを意識して安全装備などや、ハイブリッドに力を入れそうですね。 安全装備には、「誤発進抑制機能」がハスラーにはすでにあります。 しかし、前方のみ検知するだけの、安全装備でした。 suzuki. ハスラーに搭載されていない、ハイビームアシストも搭載される可能性があります。 ハイビームアシストに関しては、他の軽自動車も装備され始めているので、スズキとしては遅れをとる訳にはいかないでしょう。 ハスラーに関して正式な発表がない状態なので最新情報をチェックしながら、フルモデルチェンジを楽しみに待ちましょう。 個人的に、ハスラーに「AGS(オートギヤシフト)」が、採用されると運転が楽しくなりそうだと考えています。 「AGS(オートギヤシフト)」とは、MTとATのメリットを兼ね備えた、トランスミッションを言います。 クラッチとシフトの操作をコンピュータが制御し、MTのダイレクトな走りを実現する事が可能です。 誰もがMT車のダイレクトな走りを体感できるので、採用されると良いですね。 suzuki. のんびりドライブしながら美味いものを食べるのが好き。 新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 「この車、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど 悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザを ご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

次の

スズキ・ハスラーがフルモデルチェンジへ、2代目モデルはタフさをアピール:燃費

ハスラー フルモデルチェンジ

新型ハスラー絶対に付けておきたいディーラーオプション 新開発の9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーション(パイオニア製)を是非付けておきたい。 7インチタイプの約1. 7倍大きく、高画質で大型の9インチHDディスプレイを採用。 斜めからの視認性も良く、運転席からも助手席からも見やすく操作しやすい。 「Apple CarPlay」「Android Auto」「SmartDeviceLink」にも対応。 エンジンを「660cc 直列3気筒エンジン」か「660cc 直列3気筒ターボエンジン」どちらかの選択と「2WD」か「4WD」の選択をする構成となっている。 「 ターボ車」をおすすめする理由は安全装備「車線逸脱抑制機能」「アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]」が付いていること。 長い間乗る車でこの二つの機能は日常生活で大きな差がでます。 「ターボ車」「NA車」かは乗り比べて体感して購入して欲しい。 9kW(2. 3kW(3.

次の

ハスラーのフルモデルチェンジはどこが変化した?

ハスラー フルモデルチェンジ

現行ハスラーのGターボ 新型ハスラーは現行モデルを色濃く踏襲しながら、中身を大幅にレベルアップしている。 プラットフォーム&エンジンなど基本コンポーネントは最新モデルであるスペーシアのようにオール新開発となるのがポイントだ。 新型ハスラーで、スズキが強調したいのはクオリティアップ、走行性、使い勝手の向上、安全対策強化などだろう。 まずエクステリアを見てほしい。 明らかにキープコンセプトで、どこが変わったの? と思えるレベル。 しかし、現行ハスラーと比べてみると、その違いがよくわかる。 フロントの丸目のヘッドライトも同じに見えるが、新型は現行よりも立っていて、ライト右側の四角い部分の形状も微妙に違う。 そのほか、ボンネット、グリルやバンパーのデザインを一新。 最も違うのはボディサイドだろう。 前後のサイドウインドウは四角くなり、現行ハスラーにはなかった、リアクオーターウインドウが追加されている。 リア回りもバンパーや灯火類のデザインが異なっている。 写真のスペーシアギアと、新型ハスラーのボディサイドのデザインがよく似ている。 パワートレインもNAとターボのマイルドハイブリッドとまったく同じ。 全長、全幅、ホイールベースはスペーシアギアとまったく同じ 全車マイルドハイブリッド! パワーユニットは現行型ではガソリンのNAとターボの2種類だったが、新型は直3、658ccのNAとモーターアシスト方式のマイルドハイブリッド、658㏄ターボとモーターアシスト方式のマイルドハイブリッドの2種類。 スペックは明らかにされていないが、新型ハスラーと同じ、NAとターボの2つにマイルドハイブリッドを組み合わせるスペーシアギアを見ると、658㏄NA+モーターが52ps/6. 1kgm+3. 1ps/5. 1kgm、658㏄ターボ+モーターが64ps/10. 0kgm+5. 1kgm。 このスペックから大きな変更はないだろう。 トランスミッションはNAのマイルドハイブリッドは5速MT&CVT、ターボのマイルドハイブリッドはCVTのみ。 いずれもFF&4WDの組み合わせとなる。 インテリアはエクステリア以上に大幅進化 ボディ同色のパネルでポップな現行ハスラーのインパネ エクステリア以上に進化した、といえるのがインテリアだ。 現行ハスラーのダッシュボードはボディ同色でポップな印象だったが、新型ハスラーのインパネには、Gショックの時計を思わせるオレンジ色のフレームを3つ配置。 タフで力強いインテリアデザインだ。 この3つのフレームは、左からコンソールボックス、大型モニター、そして一番右はスピードメーターを含むマルチインフォメーションディスプレイだ。 フロントシートはこれまでのベンチシートからセパレートシートに変更され、後席のスライド機構も足元からの操作に加え、ラゲッジルームからも前後にスライド操作ができるようになった。 新型ハスラーのラゲッジルーム。 ラゲッジルームからリアシートのスライド機構の調整が行えるようになった グレード展開は現行モデルに設定している特別仕様車のタフワイルド、ワンダラーを廃止するが、東京モーターショーに展示されるバーミリオンオレンジ車体色のカスタマイズ仕様、 日常でアウトドアスタイルを楽しむ「アーバンアウトドアスタイル」もラインアップされる見込み。 現行ハスラーのボディカラーの単色、2トーンの2本立ては踏襲するが、現行モデルでは2トーンが90%の販売構成比だから、次期型でも2トーンカラーは用意されるだろう。 装備面は安全対策を含め大幅な充実強化を図る。 ヘッドランプは現行モデルではLEDの装備がなくオプションでも選べなかったが、次期型では標準装備グレードの設定やオプションの両方を選べるようになる。 東京モーターショーに出展される新型ハスラーコンセプト・アーバンアウトドアスタイル。 バーミリオンオレンジをベースに、カモフラージュ調サイドデカール、モノグラム調ルーフラッピング、マットガンメタのアクセントカラー、マッドフラップ、オレンジ/ガンメタのホイールなど、気軽にアウトドアを楽しんでいる、都会に住むアウトドア志向のユーザー層をターゲットにしている スズキの軽初のACC搭載 先進安全運転支援システムは現行モデルと同じ「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されるが、3つの新たな機能が加わる。 一つ目は夜間の歩行者機能検知機能、2つ目は後退時ブレーキサポートの搭載、3つ目はターボ車限定となるが、アダプティブクルーズコントロール(ACC)がスズキの軽自動車として初めて搭載される。 このACCは全車速タイプではあるものの、パーキングブレーキは既存のフット式を採用。 ACCに、車線逸脱抑制機能も備わる。 価格は140万円前後がスタートか?! 現行ハスラーはNAのAが112万900~124万円。 NAのGが121万9900~152万200円。 Gターボが143万5500~160万8200円。 NAのJが151万2500~168万5200円。 Jターボが160万8200~178万900円となっている。 価格はマイルドハイブリッドが全車設定となるので、現行モデルと単純に比較はできないが5万円程度のアップとなり、約130万~180万円(2WD/4WD)の価格帯になりそうだ。 ここで、現行ハスラーを振り返ってみよう。 発売から絶好調のスタートを切った。 当初、月販3000台程度の計画であったのが、2014年1月の販売台数は6237台でスタートして、2月は5368台といったん後退したが、3月7150台、4月7144台、5月6482台、6月7909台、そして7月には歴代最高の1万406台とついに1万台の大台を突破した。 その後2015年3月には1万2377台、2017年3月には1万240台と1万台の大台を3回も上回っている。 2019年8月までの累計新車販売台数は46万444台で月平均6771台となっている。 ピーク時には納期が1年待ちにも達していた。 SUVジャンルでこれほどヒットしたモデルはほかに見当たらない。 この46万台強が2代目の代替え母体になるわけだから、新型も大ヒット間違いなしだろう。 ただ非公式な情報は流れています。 年末で現行モデル発売後6年が経過する現時点でフルモデルチェンジしてもおかしくはない時期です。 現行ハスラーはまだ普通に生産、販売を続けており、グレード、ボディカラー、装備するオプションパーツの制限はまだありません。 現行ハスラーは、見積書を作成し、オーダーすると1カ月半くらいでの納車されます」。 2ヵ月くらい前になると、グレード、ボディカラー、オプションが限定されたりするのでおおよそわかります。 これまでのケースをみると、東京モーターショーでプロトタイプ車を参考出品すると、直後に発売されるので、12月に発売するのは間違いないと思います。 プラットフォームが新しくなり、インパネの質感が上がり、室内の使い勝手がよくなり、安全装備も充実するので、現行ハスラー以上に大ヒットするかもしれません」。 1ps/1000rpm 6. 1kgm/4000rpm+5. 1ps/1000rpm 10. 0kgm/3000rpm+5. 1kgm/100rpm.

次の