サックス 基本。 サックスの基本的な構造と楽器の性質

サックスのしまい方・お手入れ方法

サックス 基本

まずは、サックスの基本的な構造について大まかに確認をしておきましょう。 基本的な知識を押さえておくと上達も早くなるし、トラブルがあったときにも何かと役に立ちます。 管楽器 サックスは、管楽器に分類されます。 楽器にはたたいて音を出す打楽器、ギターのように弦を使って音を出す弦楽器などがあります。 その打楽器は音を出した瞬間に音が大きくなり、それからだんだん音が小さくなる減衰音に特徴があります。 管楽器は息を使って音を出すので、音のコントロールが自由自在にできます。 サックスは木管楽器 その管楽器は、金管楽器と木管楽器の二つに分類されます。 サックスは金属で作られていますが、木管楽器に分類されています。 金管楽器は1本の管の長さを変化させることによって音程を変える仕組みになっています。 木管楽器は管の中にあるトーンホールと言われる穴をふさぐことによって音程を変化させるものです。 縦笛を思い浮かべるとわかりやすいですがサックスもこの形状です。 唇の振動で音を出す楽器を金管楽器、唇の振動で音を出さない楽器を木管楽器と分類する立場もあります。 この場合、サックスはリードを振動させて音を出し、唇の振動で音を出さないので、木管楽器ということになり結局は同じですが。 金管楽器と木管楽器の区別は金属製か木製かという違いではなく、音を出す構造で分類されているということです。 またサックスは、上に説明したようにリードを振動させて音を増幅させて出すことになるので、1種類の音しか出すことはできません。 このタイプの楽器を単音楽器と呼び、鍵盤楽器や弦楽器のように音を重ねた和音を奏でることはできません。 サックスの成立 サックスはアドルフ・サックスという人物が1840年頃に作り上げました。 一般的にはサックスと呼ばれていますが、「サクソフォーン」というのが正式名称です。 開発当初は受け入れられず批判されることも多かったようですが、ジャズやクラシックに取り入れられるようになりました。 さまざまなメディアでも取り上げられるようになり、人気のある楽器で、縦笛と同じ運指でできる初心者でも取っつきやすい、親しみやすい楽器との立場を確立しました。 サックスのサイズ そのサックスにはいくつかのサイズがあります。• ソプラノサックス• アルトサックス• テナーサックス• バリトンサックス 大きさによってこの四つに分類がなされています。 ソプラノサックスよりもさらに高い音域のソプラニーノサックスや、バリトンサックスよりもさらに音の低いバスサックス・コントラバスサックスなども存在します。 アルトサックスから始めるのが無難かつ常識といったところでしょう。 移調楽器 管楽器は、管の長さを変化させることで音を出すので、サックスの大きさが異なれば、同じ運指で音を出そうとしても全く違う音が出ることになります。 そのため、それぞれの楽器において基本となる音程があります。 このように楽譜の音と実際に出る音が違う楽器は、移調楽器と呼ばれています。 管楽器はピアノのように音程が決まっているわけではありません。 そのため、ピアノなどで絶対音感を身につけた方にとっては違和感を感じることになりますが、実際に音を聞いてその音程に慣れてください。 慣れることが大切 意外とよくわかっていない木管楽器と金管楽器の違い。 そしてわかりにくい移調楽器の性質。 全くサックスに触れてこなかった人には、理解しにくい面もあるかもしれませんが、悩まないで、まずは練習して慣れることが大切ということです。 関連記事はこちら:• サックスという楽器は難しそうに見えるけど、初心者でも簡単に挑戦できます。 縦笛とほとんど同じ指使いで、誰でも楽しめるようになっています。 上達するためにはかなりの練習が必要になりますが、趣味的に行うのなら誰が挑戦してもほと・・・... アルトサックスを始めようと思っている。 すでにサックスをやっている。 その割には、意外と楽器の事って知りませんよね。 サックスって一体何なのでしょうか。 これを機会に冷静に分析してみると面白いかもしれません。 話のネタや教養、・・・... 超有名天才サックスプレーヤーの人たちがいます。 この人たちのようになれることはまずないでしょう。 しかし参考になる部分があります。 「サックスを練習しているけど何だかやる気がなくなってしまった」 「モチベーションアップを図り・・・... 一般的にサックスといえば、アルトサックスを指しているのが通常です。 その他にもサックスには様々な種類があるのでここで確認してみます。 ソプラニッシモ ピッコロサックスともいいます。 演奏される機会は滅多・・・... スポンサーリンク.

次の

【初心者必読】サックスを始める前に押さえておきたい基本知識と練習方法【入門編】

サックス 基本

スポンサーリンク サックスに初めて触れるという入門者のあなたに、守ってほしいポイントを書きます。 ここに書くこと以外にも色々あるでしょうが、意外と経験者でもやってなかったりすることがあります。 是非これを読んだあなたに実行してもらうことでより効率的に練習ができるでしょう。 サックスを大事に長持ちさせることができます。 なぜなら息をいれたときに抵抗を感じることで空気を出す感覚を感じやすいからです。 いきなり楽器をフルセットで吹こうとしても音が出にくいので、ネックに取り付けて 音だしをします。 時間的には少しで良いでしょう。 その時に以前記事にした(口に入れる角度)などを徐々に参考にしてみてください。 また、ネックを握って上から押し付けたりすると、曲がってしまうので注意しましょう。 円筒形の断面が楕円形になってしまい空気の通りが変わってしまいます。 (口に入れて唾液で湿らせたりもしますが) 乾燥していると充分に振動しないからです。 上留めと下留めのリガチャがあるので間違える可能性があります。 そんなとき、ネジが右にくるようにすることを覚えていると間違えることは無い。 逆に締めるとリードの振動に影響がある。 口に近い方のネジはネック側ほどには締めないようにする。 もちろんリガチャ、マウスピース、リードは全て大事に扱いましょう。 リガチャの変形を防ぐためです。 もちろん使わなくなったリードを使ってくださいね。 それでは次回もこの入門者の基本のキのテーマで続きを書きます。 それではまた。

次の

サックス入門者に守ってほしい基本中の基本①

サックス 基本

タンギングをする際は、舌の先端もしくは先端に近い面部分でリードに触れます。 舌の動きに意識を向けにくい方は、あらかじめ上記どちらかの部位をリードに触れた状態を基本とし、音の始まりや区切りたい部分で「舌をリードから離す」動きを意識すると、動かしやすくなります。 また、音を区切る際には「タタタタ」や「トゥトゥトゥトゥ」と頭の中でイメージすると、舌の動きが良くなります。 タンギングを必要とする場面は大きく分けて「音の始まり」「中間(音と音を分ける)」「音の終わり」の3箇所です。 上達するにつれて、より高度なタンギングテクニックを学ぶようになりますが、まずはアルトサックスの入門として、上記の3箇所で無意識にタンギングができるまで練習を重ねましょう。 タンギングの目的や舌の使い方を理解していても、上手に音が区切れないと悩む初心者の方は、楽器に吹き込む息に問題がある場合がほとんどです。 音を区切ろうとするあまり、息の量に強弱を付けてしまうと、かえってタンギングがしづらくなるので注意しましょう。 まずは、十分な息を一定量で吹き込み、鳴り続ける音にほんの僅かな瞬間だけ蓋をするイメージでタンギングをしてみましょう。 息の圧力に促されて、自然と綺麗なタンギングができるようになります。 また、舌の動きに意識が向きすぎて、舌に余計な力が入ると、綺麗なタンギングはできません。 あくまで、息を一瞬遮るだけのものとして舌を動かしてください。 それらを意識しながら、メトロノームのテンポに合わせて16分音符の速さで練習を繰り返せば、徐々にタンギング技術は上達します。 テンポ80程度から始めて、自分の技術に合わせたテンポアップをしていきましょう。

次の