ドコモ 機種変更 必要なもの。 ドコモの機種変更に必要なもの/本人確認書類・NW暗証番号? 一番簡単な手続き方法を理解する

ご利用前の設定【スマートフォン】

ドコモ 機種変更 必要なもの

本人確認書類 ・運転免許証 ・マイナンバーカード のいずれか1点。 ・健康保険証 ・住民基本台帳カード などの場合は、補助書類として公共料金の領収書または住民票が必要です。 未成年の子どもと親が一緒に来店することが可能なら、その場で親権者同意書を記入することもできるので、未成年の子どもと親権者のお互いが本人確認書類を持って来店すれば機種変更ができます。 未成年の子どものみが来店して機種変更することも可能ですが、その場合は 「親権者の本人確認書類の原本」と「親権者同意書」を持参して来店する必要があります。 親権者の本人確認書類はコピーでは受け付けてもらえません。 必ず原本の提示が必要となってしまうため、保護者の中には原本を子どもに持たせたくないという人も多いと思います。 なので、契約者が未成年の場合は、 未成年者だけで機種変更はできますが、親権者も一緒に来店することをおすすめします。 ドコモショップで機種変更するなら来店予約がおすすめ 未成年の契約者がドコモショップで機種変更するなら、事前に が必要です。 来店予約をしておけば、待ち時間を短縮することができますし、スムーズに手続きをすすめることができますよ。 現在ドコモショップでは予約優先で案内をしています。 予約をしないで行くといつまでも待たされてしまいますし、混雑しているときは機種変更自体を断られてしまうこともあります。 来店予約の方法はとても簡単にできるので、手順についても紹介しておきます。 日時を選択 来店予約は翌日以降から予約することができます。 来店予約で指定した日時に必要書類を持って来店してください。 機種変更したい機種が決まっているなら商品予約を行ってから来店予約を 以上のように、ドコモショップの来店予約はとても簡単にネットから予約することができます。 機種変更したい機種がすでに決まっているという場合は、 機種を事前に予約しておくこともできます。 ドコモショップの在庫状況は店舗ごとに異なるので、せっかくお店に行ったのに希望の機種の在庫がなくなっていたら、 来店予約をしていてもその日に機種変更ができません。 入荷したらまた予約をしてお店に行かなくてはならないため、時間を無駄にしてしまいます。 まずは 機種変更したい機種を決めて、機種を予約してから来店予約を行いましょう。 商品の予約方法• 商品を検索して希望の機種を予約する 商品の予約をした後に店舗で在庫の確保ができると、入荷のお知らせメールが届きます。 メールが届いたら、先ほど紹介した来店予約の手順で予約を行ってください。 商品予約と来店予約の両方を行えば、指定した日に確実に希望の機種に機種変更することができますよ。 契約者が親で利用者が未成年の場合 契約者が親で、利用しているのが未成年だった場合は、オンラインショップやドコモショップ、家電量販店で機種変更が行えます。 契約者が親で利用者が未成年の場合、 オンラインショップで機種変更 ドコモショップで機種変更 のそれぞれで必要なものと機種変更の手順について解説していきます。 オンラインショップで機種変更する場合 で機種変更する場合は、 契約者である親がオンラインショップにアクセスして機種変更の手続きを行います。 支払い方法を選択 オンラインショップで機種変更する場合は、受け取りをショップと自宅から選ぶことができます。 自宅を選択すればドコモショップに行く必要がないので、自宅で簡単に機種変更ができますよ。 初期設定などに不安があるなら、ドコモショップを指定して店頭で手続きを行うことも可能です。 ただし、オンラインショップで注文して ドコモショップ受け取りで初期設定などを申込む場合は、3,000円の手数料がかかってしまうので注意してください。 初期設定などに不安がある場合は、月額400円で利用できる「あんしん遠隔サポート」を利用することをおすすめします。 あんしん遠隔サポートでは、スマホの設定方法や使い方、外部機器との接続方法、アプリのダウンロード方法や使い方などスマホに関わる内容ならなんでも相談することができます。 遠隔で利用者の端末の画面を見ながら解説してくれるので、対面で解説されているかのように分かりやすく教えてもらえますよ。 店舗で機種変更する場合 店舗で機種変更する場合の必要書類については、 来 店 する人が契約者なのか、利用者である未成年なのかで必要書類が異なります。 契約者と一緒に来店する場合 契約者の本人確認書類 利用者の本人確認書類 使っている端末 契約者は来店せず、未成年だけが来店する場合 契約者の本人確認書類の原本 委任状 利用者の本人確認書類 使っている端末 契約者が未成年の子どもと一緒に来店する場合は、契約者の本人確認書類と利用者の本人確認書類があれば機種変更ができます。 契約者が来店できない場合は、 未成年者が「契約者の本人確認書類の原本」と「委任状」を持って来店しなくてはなりません。 この場合の契約者の本人確認書類も、契約者が未成年で親権者が同伴しない場合と同じで、 原本を持っていかなくてはなりません。 運転免許証などの大切な書類を持たせることになってしまうので、できるだけ契約者本人と一緒に手続きに行くようにした方が安心です。 委任状については、ドコモショップで貰うこともできますし、ドコモの公式サイトからダウンロードすることも可能です。 委任状は契約者本人が記入・捺印します。 ドコモショップで機種変更するなら、未成年者が契約者の場合で解説したように 必ず来店予約を行ってください。 機種が決まっているなら商品予約もしておきましょう。 ドコモで未成年が機種変更はできる 契約者が親で未成年の子どもが機種変更する場合• オンラインショップと店舗の両方で機種変更が可能• 未成年の子どもだけで店舗で機種変更する場合は、必ず「親(親権者)の本人確認書類の 原本」と「委任状」が必要 ドコモで未成年の子どもが機種変更することができるのか、その場合に必要なものややり方について解説してきました。 ドコモでは、 契約者が未成年なのか 契約者は親で利用者が未成年なのか で手続きできる場所や、必要書類が異なります。 いずれにしても、 未成年の子どもだけで店舗で機種変更をする場合は、 【親(親権者)の本人確認書類の原本】と【親権者同意書】または【委任状】が必要となります。 大切な本人確認書類を原本で預けなくてはならないため、未成年が機種変更する場合は、 できるだけ親と一緒に来店して機種変更することをおすすめします。 店舗で機種変更する場合は、商品予約や来店予約をして、解説してきた必要書類を必ず持参して店舗に行くようにしてくださいね。 必要書類が足りないとその日は手続きを行うことができません。 この記事を参考に、必要なものや手続きの流れを事前に確認しておくようにしましょう。

次の

ドコモ法人契約!手続きの流れと必要書類【お役立ち情報】

ドコモ 機種変更 必要なもの

今から購入する方は一度見てみてください。 ドコモ機種変更の事前準備と開通手続きに必要なもの オンラインショップでスマホ購入後、自宅受取にしている人は自宅で機種変更(開通)の手続きが必要。 ドコモショップで受け取りされる場合はこちらを参考にどうぞ。 関連 機種変更の手続きとはいってもセットの中にマニュアルも入っているので、特に事前に準備しておくものはありません。 ドコモのオンラインショップから送られてきた書類の一覧はこちらです。 その中で、機種変更の手続き(開通手続き)に使うのは• 「 まるわかりBOOK(ガイドブック)」• 「 ドコモUIMカード(カード)」• 「 商品受け取り後の設定について(ビラ)」 の3つ。 写真にはうつっていませんが、機種変更前後のスマホも必要です。 手続きの手順は「まるわかりBOOK」に書いてあるのですが、正直見にくい。 使いこなし情報とかはいらないからもうちょっとシンプルにまとめてほしいです。 どちらかといえば公式サイトの方がシンプルに機種変更のことだけ書かれています。 公式 この記事を見ながら、わからない部分だけ公式サイトを見ると比較的簡単にできます。 「ドコモUIMカード(カード)」、「商品受け取り後の設定について(ビラ)」は入っていない場合、不要です。 残りのこちらは内容物の一覧と説明書なので開通手続きの時は見ません。 事前に確認しておくとスムーズに機種変更できる項目 新しいスマホの設定をするために、いくつか確認しておきたいことがあります。 dアカウントとパスワード• ネットワーク暗証番号(4桁の数字)• Googleアカウントとパスワード(Androidスマホの人)• Icloudのパスワード(iPhoneの人)• 自宅のWi-Fiのパスワード(UIMカードが入っている人は必須)• LINEやFacebookのパスワード わからなくても問題ないですが、この辺りを把握していれば、サクサク進みます。 スマホ本体の設定【10分】 まずは 新しいスマホの本体設定が必要です。 機種変更後のスマホの電源を入れると画面に案内がでてきますので、指示に従って操作します。 言語は「日本語」にしますか?とかそんな感じなので難しくないです。 わからない部分や今は設定しなくてもいいと思った部分はスキップしても構いません。 主な部分だけ紹介します。 dアカウントの設定(スキップ可) dアカウントを設定します。 しておくとdポイントやドコモのサービスが使えます。 スキップしても問題ありません。 Googleアカウントの設定(スキップ可) スキップしてもいいですが、iPhone以外のAndroidスマホの場合、LINEなどのアプリをダウンロードするためにはGoogleアカウントを設定する必要があります。 開通手続きが終わった後でもいいので、早めに設定しておきましょう。 前のスマホのアカウントを忘れた人は新しく作っても問題ありません。 データの移行【10分】 データ移行には主に3つの方法があります。 ドコモデータコピー(ドコモのアプリ)を使う 2. microSDカードで移行 3. 店舗のデータ移行端末を使う(要来店) 機種によって違いますが、SDカードを入れられる機種であれば2が一番簡単です。 機種ごとのおすすめのデータ移行方法はドコモ公式サイトから調べられます。 公式 また、ドコモショップに行けるならデータ移行端末を利用するのも。 (セルフでデータ移行できる機械。 店員さんにやってもらうより待ち時間短そうでした) ドコモUIMカード(SIMカード)の差し替え【5分】 次にUIMカードの差し替えをします。 ドコモオンラインショップの内容物にUIMカードが入っていたかどうかによって手順が異なるので当てはまる項で手順を確認してください。 ドコモUIMカードというのはスマホで通話とか4G通信をするために必要なカードです。 電話できるスマホならどのスマホにも入っていて、一般的にはSIMカードと呼ばれています。 SIMカードのサイズが変わると新しく送られてくることが多いです。 UIMカードが入っている場合 UIMカード(SIMカード)が入っている場合はSIMカードが新しくなります。 今まで使っていた機種は触らなくて(SIMカードは入れたままで)問題ありません。 UIMカードを台紙から外します。 取り外し方法が書いてありますが、結構簡単に取れます。 使うのはICチップが入っている小さいカードなので紛失に注意。 機種変更した新しいスマホにUIMカードを入れます。 AQUOSsenseの場合、SIMトレーにmicroSDも入れる場所があります。 microSDはSIMカードを入れるときに一緒に入れました。 UIMカードが入っていない場合(開通手続き不要) UIMカードが入っていない場合、機種変更前のスマホに入っているUIMカードを使います。 機種変更後のスマホに入れ替えましょう。 UIMカードが変わらない場合は開通手続きも不要。 入れ替えれば新しいスマホが使えます。 今まで使っていたスマホにUIMカードを入れ替えれば今までのスマホを使えます。 ドコモオンラインで開通手続き(セットにUIMカードが入っていた人のみ)【5分】 UIMカードが新しくなった人は開通手続きが必要です。 手続きの方法はウェブと電話の2通り。 どちらも24時間対応です。 パソコンかスマホから開通手続き(dアカウントが必要) 「商品受け取り後の設定について(ビラ)」のQRコードを読み取ると、ドコモの手続き画面に入ります。 QRコード読み取りが難しい場合は直接ドコモオンラインショップのHPへ。 マイページから手続きできます。 ログインしていない場合は、dアカウントの情報をいれてログインします。 マイページにはいれたら、「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック。 開通前の確認事項が出てくるので、確認して、注文を確定するボタンを押してください。 (開通手続きが完了するというだけで、何かを買うわけではありません) こちらの画面が出てきたら 開通手続きは完了です。 電話で開通手続き(暗証番号が必要) 電話で開通することもできます。 電話番号:(局番なし)1580(通話料無料) 機種変更後のスマホからしかかかりません。 暗証番号を入れて音声ガイダンスに従うと手続きが完了します。 開通手続きが終わると機種変更完了です! 開通手続きが終わって 新しいスマホで電話できるようになったら開通手続き完了です。 私の場合は開通手続き後、すぐに新しいスマホで電話がつながりました。 念のため、開通手続き後に新しいスマホは一度再起動しておきましょう。 (ネットにつながらないことがあるため) ドコモの開通手続き自体は簡単です。 スマホは徐々に設定を ドコモの開通手続き自体はマイページから簡単にできます。 自分で機種変更をしたことがない人は、スマホの初期設定とデータの移行に時間がかかります。 1時間くらいは時間に余裕を見ておきましょう。 とはいってもドコモショップの待ち時間よりは早く機種変更できるので、ぜひ頑張ってみてください。 ドコモオンライン公式ショップはこちら.

次の

ドコモ機種変更のタイミングは4つ!知らないと大損する1つの事

ドコモ 機種変更 必要なもの

2019年10月12日 土 ~ 他社スマホからドコモに乗り換える方 MNP が対象の割引キャンペーンです。 乗り換え時に対象機種を購入すると、 最大20,000円も端末代金から割引を受けることができます。 対象機種は、最新のiPhone SE 第2世代 〜キッズケータイまで幅広いです。 乗り換えだけでiPhoneが2万円も安く購入できるなんて、かなりお得ですよね。 は、対象機種を購入してドコモスマホを安くゲットしましょう。 下取りプログラム 2014年12月1日 月 から実施されているしてもらえるサービスです。 iPhoneやiPadをはじめ、ドコモのAndroidTMスマホやタブレット、ドコモ ケータイの、ほぼ全機種が下取り可能です。 【適用条件】• 携帯電話機などの購入時に、使用していた端末を下取りに出す• dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブに加入している ドコモの機種変更方法・必要なもの ここからは、実際の。 ドコモの機種変更は、大きく分けて 「かんたんお手続きを使う方法」と「かんたんお手続きを使わない方法」の2つです。 かんたんお手続きを使えば、ネットで手続きをしたことがない方も簡単に機種変更できるので、ぜひ試してみてください! かんたんお手続きで機種変更する 「かんたんお手続き」とは、機種変更の手続きが簡単にできる新システムです。 これまでは、機種変更時に料金プランやオプション選択も同時に行う必要がありました。 今回のかんたんお手続きでは先に端末だけ購入し、後からプランやオプションを選ぶことができます。 自分で料金プランを選ぶのが心配な方は、店頭受け取り時にプランの相談が可能です。 通常の購入手続き同様にポイントを端末購入に充てることもでき、新端末の購入は発売日の3日前から手続きができます。 カートに入れると「かんたんお手続き」で進めるかどうか聞かれるので、「かんたんお手続き」を選択します。 電話番号• スマホおかえしプログラムの申し込み有無• 支払い回数• 勤務先名• dポイントの利用有無• 下取りプログラムの申し込み有無• コードを入力して先に進んでください。 「かんたんお手続き以外で機種変更する」を見ていただくとわかりますが、手続きページ自体もぎゅっと短縮されていて短く感じます。 かんたんお手続きなら、初心者の方でも手軽にネットで機種変更できるかと思います。 かんたんお手続き以外で機種変更する 「かんたんお手続き」を使わない機種変更方法をまとめました。 既にドコモで契約中の方は必ずdアカウントを持っているので、ID・PWを入力して先に進みます。 ドコモには機種変更すべきタイミングのようなものはあるのでしょうか? 結論から言うと、 キャンペーンや端末の値下がりしているタイミングが買い替え時です。 というのも、乗り換えや解約と違い、機種変更には違約金のようなものがないからです。 そのため、極論いつ機種変更しても損するということはありません。 ただ、時期によって端末が安く購入できるタイミングがあるので、その時を狙って機種変更するのがおすすめです。 新機種にSDカードを入れる• 「ドコモバックアップ」アプリを立ち上げる• 「microSDカードへ保存」>「復元」• 「データ取得中」の表示が消え「復元するデータを選択してください」に変わってから「最新データを選択」をタップ• 「復元開始」をタップ• 店頭で機種変更する場合と比較しながら、どちらがお得か見ていきましょう。 手数料が完全無料 ドコモオンラインショップでは、店頭購入時にかかる手数料がかかりません。 手数料は、店舗からドコモ本社に機種変更の契約をするための人件費ということになります。 事務手数料として、2,000~3,000円がかかります。 ドコモオンラインショップでの機種変更では、手数料が完全無料です。 ドコモオンラインショップには土地代や人件費がかからないため、店舗運営に必要な経費を大幅にカットできます。 数千円でも安く機種変更できるなら、ドコモオンラインショップがお得です。 待ち時間がない 店舗で機種変更の手続きをしようとすると、2~3時間待たされることも珍しくありません。 自分の順番がくるまで2~3時間、手続きに1時間かかったとすると、3~4時間も店舗で時間を潰すことになります。 ドコモオンラインショップで機種変更の手続きをすれば、店舗への移動時間も待ち時間もありません。 スタッフによる長い説明を聞く必要もないため、手続きの時間自体も短縮できます。 24時間好きなタイミングで手続きできるので、わざわざ休日を使う必要もなく、平日の仕事終わりに申し込むことも可能です。 品揃えや在庫が豊富 iPhoneのような人気機種の発売日には、店舗前に長蛇の列ができているのを見たことがある方も多いでしょう。 せっかく店舗に並んでも、店舗の在庫スペースには限りがあるため、購入できないこともしばしばです。 しかし、ドコモオンラインショップを使えば、わざわざ店頭に並ばなくても、発売日当日に自宅に届くよう予約することもできます。 既存の機種の購入であっても、基本的に店舗よりもオンラインショップの方が在庫は豊富です。 1度機種変更すれと2年は使う方が多いので、ドコモオンラインショップで納得のいく端末を購入しましょう。 送料無料で受取場所が選べる&最短2日でお届け ドコモオンラインショップでは、2,750円以上で送料無料になります。 端末を購入すれば少なくとも2,500円以上はかかるので、基本送料はかからないと思っていいでしょう。 受取先は店舗と自宅どちらかを選ぶことができます。 携帯の初期設定が不安な方は、店舗受取で店員さんに相談するのがおすすめです。 利用最低単位などは存在せず、1ポイント単位から使用可能となっています。 さらに、 での支払いならポイント2倍に! ぜひ利用してください。 ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンがある 実は、ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンもあるのです。 店頭では確認できないため、定期的にドコモオンラインショップを確認して、自分にとってお得なキャンペーンがないか確認してみましょう。 ドコモオンラインショップで現在行われているキャンペーンについて、次項でまとめていきたいと思います。

次の