更年期 胸 の 痛み。 更年期障害の症状で胸の痛みがある場合は注意が必要です!

胸の痛み・張り(乳房の痛み・動悸)|更年期(更年期障害)の症状

更年期 胸 の 痛み

先週、更年期障害の治療に関して書きましたが、今回もそれに関連したことを書きます。 特に閉経期前後の年齢の患者さんが多いように思います。 そして、そのほとんどで痛みの原因となる乳腺外科的な異常がありません。 治療が必要な乳腺外科的な病気により発生している痛みとすれば、ある程度進行した癌、または乳腺炎の可能性を考えますが、これらが存在するなら、マンモグラフィまたは超音波検査ですぐにわかります。 逆に2つの検査で原因となる病変がない場合、その痛みは少なくとも乳腺外科的な問題ではなく、それ以外の可能性を考えるほうが妥当です。 閉経期前後の年齢であれば、主に神経痛や筋肉痛など整形外科的な問題(積極的な治療が必要な症状ではないかもしれませんが)、あるいは更年期障害の不定愁訴の一症状である可能性を考えます。 更年期障害の不定愁訴には様々な症状があります。 主な症状として倦怠感、動悸、のぼせやほてり、腰痛、肩こり、頭痛、耳鳴り、手足の冷えの他、乳房や乳首(乳頭)の痛みも代表的な症状です。 当院の外来には、閉経期の患者さんで乳頭部のピリピリした痛みを訴えて受診される方が結構いらっしゃいます。 マンモグラフィや超音波検査をしても、それに関連したような異常所見が認められることはまずありません。 私が当院で診察をしているここ2年間で、乳房痛を訴えて受診された患者さんの中で、3人乳癌と診断した記憶がありますが、この3人とも乳がん検診を受けたことがなく、また痛みを訴える部位とはまったく違う部分に癌病変を発見しました。 おそらくたまたま検診を受けたら見つかったということだと思います。 もちろん、乳腺外科的な異常がないことを調べた上で、もしピリピリ感が気になるようであれば一度、産婦人科の先生に相談してみることをお勧めします。

次の

安静時でも細く長い胸の痛み…更年期以降の女性に多い「微小血管狭心症」

更年期 胸 の 痛み

このページの目次• 排卵期に胸の痛みの症状が出るの?排卵日はいつ? 排卵日はおおよそ、生理終了日から14日後頃のことを指します。 所謂、妊娠できる・しやすい日ですね。 「体調の変化」という面に於いて、男性に比べ女性の方が大変なのは、何も生理中のことだけではありません。 生理が終わると今度は、新しい卵子を作り出したり、その卵子を卵管へ排出したりと、常に変化しています。 その間、体内のホルモンバランスも変化します。 それに準じて体調や気分が良かったり優れなかったりと、表面的な部分にも影響してきます。 気持ちが沈んだり、逆に清清しい日があったり。 生理でないのに下腹部に重さを感じたり。 そんな症状の中に、胸の張りや痛みを感じる人も居ます。 胸の張りなんて、妊娠中の人しかならないと思っていた、と言う人も多いでしょう。 なので、妊娠の可能性がないときに胸に痛みを感じたりすると驚くかもしれませんね。 では、具体的にどういったことが原因なのでしょうか。 乳房全体が張る感じがして苦しい。 胸の内側が針で刺されたような、チクチクとした痛みがある。 乳首が摩擦に敏感になり、下着が擦れるだけでヒリヒリ痛い。 乳房全体が摩擦に敏感になり、衣服に触れるだけでザワザワする。 胸全体が、熱を持ったように熱い感じがする。 などが挙げられます。 あなたはどのようなタイプでしょうか。 いずれにしても生活している上で気になってしまい、何とかならないものかと思いますよね。 生理中にこのような症状が出る人も居ますが、生理が終わった排卵期にまで悩まされてはたまりませんよね。 根本的な原因が何なのか知ることで、これらの症状を緩和するためのヒントになるでしょうか。 次の項目で、痛みの原因について詳しく見ていきましょう。 体の変化とともにホルモンバランスも変わってきます。 排卵期〜黄体期には、「黄体ホルモン」が分泌されるので、胸の張り・痛みはこのホルモンが原因とされています。 実際のところ、卵子が排卵された後にこの黄体ホルモンの分泌量が増えます。 胸の痛みを感じているくらいであれば、既に排卵後である可能性が高いでしょう。 この黄体期は、妊娠を望むに当たってとても重要な時期です。 体温を上げたり、黄体ホルモンの分泌によって受精・着床がしやすい環境を作っているからです。 目には見えなくても、体の中ではこのように様々な準備が自然と行われているために、男性には理解しがたいような体の不調が表面化してきます。 胸の痛みや張り、腹の痛み、腰痛、頭痛、吐き気やめまい。 むくみが起こったり、便秘や肌荒れが起こることもあります。 またおりものの粘度が上がります。 これは、細菌を体内に入れないようにするしくみです。 このようなメカニズムであることはわかりましたが、これを緩和させることは出来るのでしょうか? 排卵期の胸の痛みを抑えるには? こういった症状は体の内側から起きるものですので、なかなか痛みに対して対策するのは難しそうですよね。 あなたの胸の違和感を少しでも緩和させる方法があるかもしれませんので、以下の方法を試してみてください。 ブラを替える、ゆるめる この時期だけでも、ワイヤーが入っていないものや、スポーツブラ、ブラトップなどに変えて胸の締め付けを緩めてみましょう。 血液やリンパの流れを良くすることで、改善されるかもしれません。 水分を小まめにとって体温を下げる この時期は体温を上げようとする「高温期」とも呼ばれます。 そのためただでさえ軽い脱水を起こしやすいので、水をこまめに飲んで脱水を防ぎ、体温の上がりすぎを抑えてみましょう。 ただしむくみが出ると余計にきついのと、体を冷やすのは良くないので、様子を見ながら。 納豆や豆乳の摂取を控える 大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。 普段は女性ホルモンの活発化のために積極的に取り入れていたとしても、黄体ホルモンが増えている今は控えた方が良いかもしれません。 ニプレスを貼る 乳首が下着に触れるとザワザワして痛い、気持ち悪いことがあるかもしれません。 そのときはニプレスや、即席で絆創膏を貼って、擦れ対策をしてみましょう。 黄体ホルモンの分泌が、決して「ホルモンの乱れ」ではなくても胸の痛みなどの症状は出るかもしれません。 それは致し方ないことです。 しかし、体全体のホルモンを整え、そのバランスを図ることができれば、体調不良も改善してくるのではないでしょうか。 どうしても普段の生活で、忙しくて自分だけではそこまで管理できない!と言う場合は、婦人科にかかって相談してみてもいいかもしれませんね。 現在妊娠を望んでいなければ、生理周期を整えたり生理痛を和らげるためにも使用されるピルを処方してもらうことで、体のリズムが整う可能性があります。 また市販薬でも、ホルモンバランスを整え、自律神経の過剰な働きを抑えたり、体を温めて体質改善に繋げるものがあります。 例えばそれは生薬やカルシウムを含むお薬だったり、漢方であったり。 薬剤師さんに相談して、自分の体に合うものを見つけましょう。 また、サプリでも効果的なものはあります。 葉酸はビタミンB郡が豊富で、妊娠を望んでいる女性にもオススメです。 またビタミンEや、プラセンタ、マカなどが含まれるものも良いでしょう。 今摂取しているサプリにプラスしてみるのはどうでしょうか。

次の

安静時に起こりやすい胸の痛み、それは微小血管狭心症かも?

更年期 胸 の 痛み

先日、性差医療(男女の様々な差異により発生する疾患や病態の差異を念頭において行う医療)の第一人者で循環器内科医でもある、天野恵子先生のテレビ番組が放映されていました。 その番組で「微小血管狭心症」という病気が取り上げられていました。 一般的には聞きなれない病名ですが、実際の医療現場では多くの方にその可能性がある疾患です。 特に更年期と言われる40代後半~50代前半の女性における胸の痛みの原因としても重要な疾患です。 微小血管狭心症とは 狭心症は心筋に血液を供給している冠動脈が狭くなり十分な血液が送れなくなった時に生じます。 これには従来、血管内に脂分が蓄積して物理的に狭くなる「労作性狭心症」と普段は血管に問題はないが発作時に血管が痙攣(収縮)して狭くなる「冠攣縮性狭心症」の2種類があります。 これらはニトログリセリンが有効なことが多いので、これまでニトログリセリンがきかない胸痛は狭心症ではないと考えられ、心臓神経症とか肋間神経痛などと診断されることもありました。 しかし狭心症としてニトログリセリンがききにくい微小血管狭心症の存在が知られています。 持続性に胸が苦しくなる狭心症の症状を訴える患者さんの中には、微小冠動脈が原因となっている方がいることが近年明らかになりつつあります。 その70%は女性が占めるといわれています。 発症する年齢は30代半ばから60代半ばで動脈硬化による狭心症に比べると若く、最も多いのは40代後半から50代前半の女性です。 この時期はエストロゲンが減少し始めるとともに人生においても様々な問題をかかえ心臓に限らず心身の不調を感じる時期とも重なっています。 微小血管狭心症の症状 微小血管狭心症では、大きな冠動脈の攣縮と異なり、典型的なみぞおちを中心とした短時間の胸部圧迫感ではなく、呼吸困難感、吐き気、胃痛などの消化器症状、背部痛、顎やのど、耳の後部などへの放散痛、動悸など多彩な不定愁訴であることが多く、その持続時間も数分ではなく数時間に及ぶこともあります。 冠攣縮狭心症と同じように喫煙、寒冷、精神的ストレスなどが誘因となることも知られています。 微小血管狭心症の診断 鑑別する病気としては心疾患としては不整脈、食道や胃などの消化器疾患、胸部の整形外科的疾患、心身症があります。 これらの疾患を除外しつつ、心臓カテーテル検査での冠攣縮誘発試験での所見が最低限必要とされていますが、まだ統一した確定診断のための診断基準は定められていません。 微小血管狭心症の治療 内服薬による薬物治療、禁煙などの生活指導が中心です。 血管拡張薬のなかのカルシウム拮抗剤が有効な場合が多いですが、他の薬剤が必要なこともあります。 症状により多剤併用を行うこともあります。 特に更年期を迎えた女性の方は体内ホルモン環境の変化に加え、社会的にも職場や子育て、家族間の問題などが同時に起こる時期でもあり総合的な対応が必要となります。 胸痛に限らず何らかの体調不良があるときにはご相談いただければと思います。

次の