クレヨンしんちゃん 都市伝説。 クレヨンしんちゃんの都市伝説!怖すぎてトラウマ注意!

クレヨンしんちゃんのひろしの都市伝説にエリート説が!性転換や早稲田卒の噂も考察 | マジマジ情報局

クレヨンしんちゃん 都市伝説

もはや国民的アニメともいえる「クレヨンしんちゃん」には、ある悲しい秘話が隠されているというのだがご存知だろうか? 実は、主人公の「しんのすけ」は5才の時にすでに死んでしまっていたのだ。 妹の「ひまわり」がトラックにはねられそうになったのを助けようとし、命を落としてしまったのだ。 そのおかげで「ひまわり」は助かったのだが、「しんのすけ」の早すぎる死を母親の「みさえ」はとても悲しんだ。 そして、「しんのすけ」が愛用していた落書きノートに遺品のクレヨンで物語を描き始めたのだ。 物語の内容は、5才の「しんのすけ」がもし生きていたらと仮定して描いたマンガであった。 まさに、そのマンガこそが今日の「クレヨンしんちゃん」の原型であり、全ては「みさえ」の妄想なのである。 作中で「しんのすけ」がいつまでも5才であり続けるのは、事故を風化させたくないという「みさえ」の想いからだ。 都市伝説の解説 クレヨンは園児を連想させるワード もちろん、このような裏設定が存在するはずもなく、この「都市伝説」は単なる噂に過ぎません。 また、「クレヨンしんちゃん」の「クレヨン」にも深い意味はなく、単純に園児を連想させる言葉としてつけられているそうです。 その証拠に、「しんのすけ」が小学校に進学する話がテレビアニメで放送された際、タイトルが「えんぴつしんちゃん」となっていました。 ホラー系の話が放送されることも ちなみに、テレビアニメの「クレヨンしんちゃん」では年に数回、ホラー系の話が放送されることがあります。 ギャグが中心のアニメであるがゆえに視聴者からのインパクトが強く、反響も大きいようです。 当時、まだ幼かった私もトラウマとして記憶に残っています。 ご存知の方も多いとは思いますが、ここに詳細を載せておきます。 動画サイト等でぜひご覧下さい。 1997年8月8日放送「クレヨンホラー劇場」 ・呪いのフランス人形だゾ ・恐怖の幼稚園だゾ ・ユーレイにさそわれちゃったゾ 1999年8月13日放送「怖い話特集」 ・父ちゃんの怖い話だゾ ・本当に怖い呪いの人形の話だゾ ・なな子おねいさんとおばけ屋敷だゾ 2000年8月4日放送分 ・縮みゆくしんのすけ ・オラとオラの対決だゾ ・知らない誰かがいるゾ.

次の

ファンは閲覧注意!クレヨンしんちゃんの裏設定を暴いてみた

クレヨンしんちゃん 都市伝説

臼井先生の顔が無い? これは都市伝説ではなく事実なのだが、彼は 顔写真が無い人だ。 そもそもあらゆる場所で顔を写されることを拒否してきた。 お葬式でさえ顔写真無しで行われた。 ニュースでもいわゆる「面取り」(ニュースの人物の顔写真を確保すること)が出来なくて高校の卒業アルバムの写真を使っていたくらいだ。 ところが顔出し嫌いとは正反対に、 声を出すとかキャラとして出演するとかはよくなさっていた。 カラオケの場面で歌を歌ったり、クレヨンしんちゃんの映画にキャラとして出演するときは、必ず野原一家に殴られるというギャグのパターンを作っていたりした。 これは臼井先生が ギャグのラジオ番組が好きだったことと関係していると思われる。 クレヨンしんちゃんの登場人物が笑わないワケ これこそ臼井先生の顔出し嫌いとリンクすると思う。 都市伝説には「クレヨンしんちゃんは 笑わない」という記事がある。 クレヨンしんちゃんは正面からの笑い顔を描かれることはなく、後ろから ニヤッとした顔を描写されるだけだという。 ところが、これはしんちゃんに限ったことではなかったのだ。 主要な登場人物はすべて正面から笑う描写より、後ろからニヤッとした様子が描写される方が圧倒的に多いのだ。 そこで都市伝説的に推理してみた。 記念写真等はすべて「ハイ、笑って!」と言われて撮影されるものだが、臼井先生は 自分の笑い顔にコンプレックスがあったのかもしれない。 だから正面からの笑い顔を描くことが出来ないのではないだろうか? しかし結婚もなさっていて二人の娘さんにも恵まれているので、不細工な方ではなかったはずだ。 Web上の写真はご本人かどうか確認する手段が無いので何とも言えないが。 荒船山での事故が都市伝説に 臼井先生は、 一人で山に登るのがお好きだったようだ。 これは、やはり一人になりたいということがあるのだろうが、都市伝説的推理としては「自分を鍛える」「苦しい坂を超える」という目的もあったのだろうと考えている。 登山を修行のように考えていたということがあったように思う。 滑落事故でお亡くなりになった荒船山も、 ずっと登ってみたい山だったとのこと。 Sponsored Link 実はこの山は「修験道」(山を信仰し山で修業する宗教)の道場がある場所だ。 そしてこの先は都市伝説になってしまうのだが、荒船山は臼井先生が滑落死するまでは死者が出なかったそうだ。 ところが先生の死後、数人が滑落死していて今では注意書きの立て札まで用意されている。 まさに都市伝説となってしまったわけだ。 「艫(とも)の岩」と呼ばれる展望台の崖際から下を覗き込んだ人の話では「吸い込まれそうになって怖かった。 何日か怖い夢を見た。 」ということだった。 呼ばれたとは言いたくないが、なんとも言い難い話だ。 都市伝説でも 事故・自殺両方の説があるが、いったい何があったのだろう? 作者の死後、ナゼ連載出来た? 臼井先生は原稿を間に合わせることにはたいへん真面目な人柄で、あらかじめ入稿してあった分で 死後も連載を続けることが出来た。 それどころか遺稿も発見され、さらに連載を伸ばすことが出来たのだ。 そして現在は元のアシスタントの方々がUYスタジオを存続させ、合作でクレヨンしんちゃんの連載を継続している。 名義も「 臼井義人とUYスタジオ」だ。 筆者もその昔、大変楽しませてもらった作品だけにどうか今後も末長く続けていただきたい。 クレヨンしんちゃん・劇場版の行方は 元々クレヨンしんちゃんの 映画は臼井先生の原作ではなかった。 しかも脚本も作られず、いきなり絵コンテを描き始めるという凄い進行だったそうだ。 むしろ臼井先生がクレヨンしんちゃん劇場版をもとに漫画化することさえあったらしい。 だから劇場版はこの先も ずっと作られ続けていくことだろう。 クレヨンしんちゃんの都市伝説記事を書き始めた時には、作者の臼井先生に関してこんなに色々書けるとは思っていなかった。 素晴らしい方だったが、宗教に関する噂もありここに書けないことも多い。 興味がある方は調べてみると良いだろう。

次の

クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃん 都市伝説

しんのすけは、ひまわりを助けるためにトラックにひかれて亡くなる。 息子を亡くしたショックから、みさえは物語を描き始める。 しんのすけの遺品のノートとクレヨンで綴られる物語。 それが、「クレヨンしんちゃん」である。 「クレヨンしんちゃん」は、全て母・みさえの妄想によるものだという都市伝説。 タイトルの「クレヨン」は遺品のクレヨンを使っていることから来ているという説ですね。 本当は? 「クレヨンしんちゃん」というタイトルから端を発しているともいえる上記の都市伝説。 ですが、クレヨンの由来については、双葉社が正式に発表しているようです。 ネットで調べたところ、「幼稚園児を連想させるものだから」「語呂が良いから」「特に深い意味はない」などの情報がありました。 深読みすると、意味深な「クレヨンしんちゃん」というタイトル。 ですが、シンプルに考えるとなんてことない由来だったようです。 また、「主人公が実は死んでいた」「全ては妄想」という都市伝説は国民的アニメにはあるあるです。 ドラえもん、サザエさんにも同様の都市伝説は存在します。 野原家の飼い犬・シロに関する都市伝説ですね。 都市伝説の内容 捨て犬だったシロをしんのすけが拾ってきたというのは公式設定です。 都市伝説では、シロが元々の飼い主に捨てられた理由は「ガンだから」とされています。 重い病気にかかったことで、面倒になったのか、捨てられてしまったという内容です。 本当は? シロが捨てられた本当の理由は、「飼い主が病気にかかったから」。 これは、原作でも明記されています。 シロはボルシチという犬から生まれて、3匹の兄弟と暮らしていました。 シロの元々の飼い主一家の父が、犬に触れると呼吸困難や不整脈になるという「突発性犬アレルギー(架空の病気です)」を患い、犬が飼えなくなります。 飼い主一家は犬の里親を探しますが、シロとボルシチの引き取り手がどうしても見つかりません。 そこで、仕方なく保健所に連れていくことにします。 その姿を可哀想に思った飼い主の娘は、シロを保健所から連れ出して段ボールに入れて道に放置します。 それをしんのすけが見つけて、野原家で飼うことになります。 このエピソードが存在することから、上記のような「ガンだから捨てられた」という都市伝説は全くの嘘ということになります。 ただ、公式設定もかなり切ないですよね。 保健所に行ったボルシチのその後を想うと悲しくなります。 作品内に社会問題を入れることのある臼井氏は、捨て犬の問題を「クレヨンしんちゃん」の物語内に組み込んだのかもしれませんね(これは私の想像ですが)。 二人の馴れ初めに関する都市伝説ですね。 都市伝説の内容 結婚する前のみさえは、実は声優。 自宅で役の練習をしていたところ、いやらしいシーンの声が外に漏れてしまいます。 その声を偶然聞いていたのがひろし。 この出来事がきっかけで、ひろしはみさえをストーキングするようになり、後にみさえと結婚することになりました。 本当は? なぜストーカーから結婚相手になったのか…。 色々とツッコみどころのある都市伝説ですよね。 この都市伝説も公式の設定で否定することが出来ます。 まず、みさえが結婚する前の職業。 声優ではなく、小山田物産という会社のOLでした。 次にひろしとの出会い。 都市伝説ではストーキングがきっかけ、とありますが実際にはみさえが落としたハンカチをひろしが届けたことが出会いのきっかけになっています。 ちなみに、ひろしからみさえへのプロポーズの設定は二つ存在します。 一つ目は、夕暮れ時に浜辺でプロポーズ(1995年9月11日放送「プロポーズ記念日だゾ」より)。 二つ目は、北千住駅のホームでプロポーズ(1998年10月10日放送「母ちゃんといれかわっちゃったゾ2」より)。 クレヨンしんちゃんの作者である、臼井氏に関する都市伝説です。 作者の遺書は存在せず、そもそも不慮の事故で亡くなられています。 都市伝説の内容 2009年に不慮の事故で亡くなられた臼井儀人氏。 多くのファン、人々に衝撃を与えました。 放映中の国民的アニメの作者の訃報ということもあって、連日大々的に報道されました。 その報道の前後でネット上に遺書とされる画像が出回り始めます。 真っ赤な背景に歪んだ文字。 そして歪んだしんのすけの横顔のような絵が書かれています。 画像の下部には、赤い文字で「ごめんねおらもう」という言葉が記載されています。 この不気味な画像が、臼井氏の遺書なのではないかという憶測が流れ出します。 画像が出回ったのが訃報の出る前だったことから、噂はどんどん広がっていきました。 本当は? 都市伝説化している「ごめんおらもう」の画像ですが、第三者がイタズラで制作したものと判明しています。 画像の作者とみられる方が名乗り出ては、自らのブログで事の真相を語っています。 自作のフェイク画像が出回ったことについて釈明をしてはいますが、一部茶化すようなエントリを書いていることから、コメント欄には作者を非難する声が多く書き込まれました。 イタズラで作った画像が、訃報のタイミングと偶然重なったことで拡散。 それが都市伝説化したというのが真相のようです。 スポンサーリンク.

次の