甲 本 ヒロト 兄弟。 甲本ヒロトの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や経歴

甲本ヒロト

甲 本 ヒロト 兄弟

甲本雅裕さんと 甲本ヒロトさんは ご兄弟で芸能界という華やかな舞台で活躍しています。 それぞれ、 俳優・ミュージシャンとして。 何故「実は」と付けたかと言うと、恐らく多くの人にとって 意外なことだろうと思ったからです。 まず甲本雅裕さんの方が おっとりとした雰囲気があり、 ヒロトさんの方が 感情を全開放したイメージがあると思います。 そして甲本雅裕さんの方が、 体型がしっかりしていて、 ヒロトさんの方は 細いです。 外面も性格面も、 かなり似ていないと思います。 しかしながら、両者に共通して言えることがあります。 それは、 感性が非常に優れているということです。 雅裕さんは役者として、実に幅広い役柄を演じることができます。 気弱な青年や真面目なサラリーマンから、 豪快な男や知能犯、やーさんまで。 これだけピンからキリまで演じることが出来る役者も、 なかなかいないのではないでしょうか。 名脇役として、これまで数々の作品に出演してきています。 一方のヒロトさんは、かつて 『THE BLUE HEARTS』、 『THE HIGH-LOWS』という若者に大人気のバンドのボーカルをしていました。 しかし彼の歌はお世辞にも上手とは言えないし、 そもそも上手く歌おうという気すら感じられません。 では何故、ヒロトさんが何故若者から絶大な支持を得たか。 それは、彼のその 開放感にあるのだろうと私は思います。 そのライブパフォーマンスは、エキセントリックであり、 服は全部脱ぐ、鼻はほじる、飛び跳ねまくる 等とまさに好き放題、というか 変人的なのです。 これは恐らく、自分の頭に最初に浮かんだ行動を 取ってるのだろうと感じます。 これぞまさに 「THE・感性」と言えるような、 心を剥き出しにした状態でライブをしているのだろうと思います。 それが、多くの若者達の心に響いたのでしょう。 あとエピソードとして、ヒロトさんは、 中学を卒業したら高校へ行かず、 すぐに 上京してロックローラーになろうと思ったそうです。 当時は今以上に学歴社会であったのにも拘わらずです。 当然、親からは猛反対されて結局高校へは行ったのですが 笑 とにかくお二人とも 心が自由である気がします。 なんかしがらみがなく、ひたすら 自分の好きなように生きている という印象ですね。 だから感覚が解き放たれていて、 感性が豊かで表現力があるのだろうと思います。 [感性と言えば、この人も凄そうです] Sponsored Link 韓国人? 甲本雅裕さんと甲本ヒロトさんのお二人が 韓国人であるのではないかと言われています。 別に韓国人であっても全然良いのですが、 その噂の真相について一応調べてみました。 これは、2005年に公開された映画 『リンダリンダリンダ』が発端となったと思います。 ブルーハーツの楽曲を文化祭ライブで演奏する目標に向かって ガールズバンドが青春するというストーリーなのですが、 その中でボーカルであって主人公なのが 韓国から来た留学生なのです。 この映画には甲本雅裕さんも出演していて、 ヒロトさんの方は直接関わっているわけではないのですが、 ブルーハーツの歌がテーマで、主題歌もブルーハーツです。 ですから、 「事実上の共演」であったわけなんですね。 その主役が韓国人であり、しかも甲本雅裕さんは もともと 「韓国人っぽい顔」と言われています。 これら数々の韓国を連想させる要素が絡まったことによって 甲本兄弟が韓国人であるというところに繋がったようです。 実際そうであったとしたら多分彼らなら 公表してるでしょうから、きっと違うと思いますね。 結婚は? 甲本雅裕さんはご 結婚をされていて、 現在 中学2年生になる娘さんがいます。 高校の頃の同級生であり、3月3日が結婚記念日だそうです。 お子さんはいないみたいです。 さらなる俳優的存在• Sponsored Link•

次の

松重豊と甲本ヒロトは大親友!衝撃の過去と関係に迫る!

甲 本 ヒロト 兄弟

プロフィール 名前:野沢 直子(のざわ なおこ) 本名:ナオコ・オークライヤー(ナオコ・オークライヤー) 生年月日:1963年3月29日(53歳) 出身地:東京都 血液型:B型 身長:158 cm 所属:よしもと・クリエイティブエージェンシー ・ 1983年:芸能界デビュー。 ・ 1989年:「夢で逢えたら」に出演。 ・ 1991年:芸能活動を休止。 ボブ・オークライヤーと結婚する。 ・ 1993年:第一子を出産。 ・ 1997年:第二氏を出産。 ・ 2001年:第三子を出産。 野沢直子のタトゥーがグロ過ぎてヤバイ!? 野沢直子さんは80年代後半に大ブレイクをした女芸人で、そのぶっとんだ発言や行動が人気でしたよね。 現在もそうした芸風は健在で、テレビに出演した際は常にその言動が注目されています。 そんな野沢さんなのですが、タトゥーがグロいということで話題になっているそうです。 野沢さんのタトゥーがグロいというのは、一体、どのようなことなのでしょうか。 そこで調べてみると、野沢さんは腕などにいくつかのタトゥーを入れていて、その中の一つであるキティちゃんのタトゥーがグロイと言われているそうです。 野沢さんのキティちゃんのタトゥーは以下の画像のものになるのですが、可愛らしいキティちゃんが血まみれになっていますよね。 かなり強烈なインパクトのあるキティちゃんのタトゥーなのですが、さすがにこれはグロくてヤバいですよね。 ちなみに、野沢さんはこのキティちゃんのタトゥーの他にも夫のボブ・オークランドさんの名前のボブというカタカナとバナナのタトゥーを腕に入れているそうです。 バナナのタトゥーは毎年結婚記念日になると一本づつ増やしていたそうなのですが、11年目に毎年タトゥーを入れるのが面倒になったので、入れるのを止めたのだとか。 さらに、この他にも右腕に小さなハートのタトゥーなども入っているそうなのですが、これだけ堂々とタトゥーを入れている姿を公開するのは野沢さんらしいですよね。 ただ、野沢さんの場合は腕に入れているバナナのタトゥーがかなりいびつな形をしているので、あまり評判が良くないのだとか。 スポンサーリンク さらに、タトゥーについても独自の考え方を持っていて、テレビ番組の「私の何がイケないの?」の中で江角マキコさんとRIKACOさんが 「タトゥーは後の人生で後悔をする」 という発言をしたことについて猛烈に反論をしたことがあるそうです。 江角さんとRIKACOさんのこうした発言に対して、 「私はタトゥーを入れてるけど後悔はしていない」 と野沢さんは反論をしているのですが、そうした野沢さんの反論を支持する声も多かったそうです。 さらに、野沢さんはその際にRIKACOさん自身のことも批判し、 「間を持っているわりには、面白くない。 」 「調子こいてる!」 とまで言ってしまったのだとか。 野沢さんなりにタトゥーについてはこだわりがあるので、そのようにヒートアップをしてしまったそうなのですが、この発言についても多くの人から支持されていたそうです。 スポンサーリンク 野沢直子と甲本ヒロトの驚きの過去とは!? 野沢直子さんは女芸人として様々な番組に出演をしていて、大活躍をしていましたよね。 80年代の女芸人の中では間違いなくトップクラスの活躍をしていたのですが、そんな野沢さんと人気ミュージシャンの甲本ヒロトさんとの過去が注目されているのだとか。 野沢さんと甲本さんの過去とはどのようなものであったのでしょうか。 そこで調べてみると、野沢さんと甲本さんは過去に交際をしていて、恋人同士だったのだとか。 野沢さんは、80年代後半から90年代前半まで何本もレギュラー番組を持つ売れっ子芸人でしたよね。 しかし、1991年に突然、 「冠番組なんかより世界を目指す」 ということを宣言し、国内の活動をすべて休止をしてニューヨークへと渡ってしまいました。 これには日本中が驚いたのですが、表向きは海外に挑戦するというものであったものの、実は甲本さんとの破局が原因だと言われているそうです。 野沢さんは活動休止をして渡米する前の年の秋ごろまで甲本さんと交際していて、甲本さんと破局をしたことから活動休止を決意したと言われているのだとか。 なので、野沢さんが91年に行った休養宣言会見の際には甲本さんとの関係についても質問が飛び、 「もう友達以下の関係ですね。 」 と甲本さんとの関係について答えていたこともあるそうです。 芸人とミュージシャンということで、一見すると接点がなさそうな二人なので交際していたことがあるというのは、まさに驚きの過去ですよね。 スポンサーリンク 甲本さんと別れたことで芸能活動を休止して海外に行ってしまうなど、甲本さんとの破局は野沢さんにとってかなり大きなショックだったことがわかるのですが、一方の甲本さんもブルーハーツ時代に発表した「ラブレター」という楽曲は野沢さんとの別れを歌ったものだと言われているそうです。 これについては諸説あるようなのですが、甲本さんにとっても野沢さんとの別れはかなりのショックだったのかもしれません。 ちなみに、甲本さんと交際していた野沢さんなのですが、かつて、ものまね芸人の春一番さんとも交際していたこともあったのだとか。 ミュージシャン、芸人と続けて交際するなど、女芸人でありながらも野沢さんはかなりモテてていたようです。 血まみれのキティちゃんのタトゥーがグロイと言われている野沢さんなのですが、人気ミュージシャンである甲本さんと交際をしていた過去があるなど、こうしたところはさすがトップの女芸人で、そんな野沢さんの魅力に惹かれる人が多かったことがわかりますよね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

甲本ヒロト病気・薬とは?弟はアノ俳優!現在は?結婚や子供は?

甲 本 ヒロト 兄弟

もくじ• 現在の 活動は? 先記したとおり 現在は「ザ・クロマニヨンズ」というバンドで 活動されています。 ただ、甲本さんの歌い回しは独特なものがありますから、バンドは違いますが個人的には「THE BLUE HEARTS」で 活動してた頃と彼の表現の仕方は何も変わっていないと思います。 ブルーハーツの頃からのファンと、ザ・クロマニヨンズからのファン、幅広い年齢層のファンに愛されていますね。 結婚や子供は? これもいろいろな噂が飛び交っているようですが、実際 結婚はされてるようですね。 その 結婚のお相手は高校時代の同級生とか。 お嫁さんが、一般人ということで、ほとんど情報がありません。 2005年頃結婚したという話が見られます。 子供はいらっしゃらないという話がネットで多く見られますが、確証には至りません。 突然、2世ロッカーとして登場しないかと、ひそかに期待しております…。 私生活まで、ロッカー的な生活なのかはわかりませんが、奥さまはロッカーに心の安らぎを与えているのでしょうね。 今回はここまでです。 これからも、甲本ヒロトさんの活躍を期待しています。 次の記事もおたのしみに! クロマニヨンズファンさん、コメントありがとうございます。 当記事により、大変不快な思いをされたようで、申し訳ありませんでした。 できる限りの訂正を行っています。 この記事を書いた頃は、甲本さんと合わせて「障害」というキーワードでも多く検索されていました。 このため、題名および記事にいたしました。 「病気」については、活動に影響のあるような一般的な「病気」ととらえていただければと思います。 そして、「障害」については、世にいう「障害者」という方々に対して、個人的に何か卑下するような気持ちを持っているわけではありません。 「障害」というマイナスな言葉が使われていることに問題があるのだと思います。 個人的に「障害」ではなく、「能力」の違いがあると思っています。 しかし、世間では精神面での違いや、身体的な違いから差別があることは否定できません。 自身が高校生の頃、目の悪い同年代の方に地下鉄の席を譲ろうと声をかけました。 すると「いつも、誰かが譲ってくれるとは限らないので、座りません」と言われました。 その後、空いた席に二人で並び、少々の雑談をさせてもらいました。 その話の中で、「将来的に盲導犬と歩くことは考えているのか?」という質問をしたところ、 「犬連れで入れない所もあるので、全く考えていない」と言われました。 」というと 「私たち、一切そんなシール見えません」といわれました。 高校生であったこともあり、この言葉は衝撃的でした。 本人は生まれつき目が見えなかったので、見えないことに不便と思わないという趣旨の話もされていました。 もちろん、大変なことも多いのだと思います。 しかし、それは私の目線だったのだと、当事者にとっては「障害」と思っていないのだと…。 不慮の事故により、人生の途中で障害者となったかたでも、オリンピックに出場し、 多くの方に喜びと感動をもたらせてくれる方もいます。 長くなりました。 「病気」や「障害」の文章、誤解を与え、不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。 今後も、差別的な発言は厳重に注意し、読んで楽しめる記事を多く作成できるよう努めたいと思います。 貴重なお時間をもって、当ブログにコメント頂きありがとうございました。 今回のコメント、大きな気づきを頂いたと感謝しております。 またぜひ、お立ち寄りくださいませ。 追記)私は、ブルーハーツの「青空」という曲が数ある名曲の中でも、一番心が打たれた曲です。 思春期には心の大きな支えとなった曲でもあります。 自身の作品が多くの人の人生に影響を与えているなんて、本当に素晴らしい人物だと思います。

次の