生 牡蠣 処理。 スーパーの生牡蠣(生食用)の食べ方&下ごしらえの方法

生牡蠣を買ってきたのですが洗うのですか?

生 牡蠣 処理

海のミルクと呼ばれるほど豊富な栄養素がある牡蠣。 鍋に入れたり、殻付きのままで焼いたり、ソテーにしたりと様々な食べ方で楽しめますね!牡蠣好きであれば、生牡蠣も好んで食べる方が多いと思います。 私も生牡蠣が大好きです! しかし生牡蠣って海の近くへ行ったり、お寿司屋さんなどでしか食べれないと思っていませんか?実は スーパーなどでも生食用の生牡蠣は売っています。 「スーパーの生牡蠣って大丈夫?」 「本当に生で食べても大丈夫なの?」 「どうやって下ごしらえをすればいいの?」 と心配に思われる方は多いのではないでしょうか?スーパーで売っている生牡蠣であっても「生食用」と書かれていれば、他のお刺身と同じように生で食べることができます。 ただし、そのままだと汚れや臭みなどがある場合がありますので、簡単な下ごしらえをするのがお勧めです。 生牡蠣(生食用)の下ごしらえの方法 加熱用と生食用の違いと注意点 下ごしらえの前に「そもそも加熱用と生食用の違いって何?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。 簡単に言うと、 生食用は減菌処理・殺菌洗浄されたものです。 そのため、加熱用と比べると身が痩せたり水っぽくなっていることがあります。 しかし加熱用の牡蠣を生で食べる事は絶対にしてはいけません。 加熱用と記載されているものは必ず火を通すようにしてください。

次の

生牡蠣もらったけど、殻付きの処理や小さくならないように縮まない方法教えて!

生 牡蠣 処理

生食用と加熱用の違い スーパーなどで売ってる生牡蠣のむき身。 生食用と加熱用がありますよね。 違いは一体なんなのでしょうか?単に鮮度が良い悪いだけの違いではないのです。 生食用にしていい生牡蠣にはいくつか基準があり、その基準を満たしてる生牡蠣は生食用として出荷できます。 1つ目の基準は、牡蠣が採れる海域の大腸菌の数値が、保健所が定めた数値を満たした海域かどうか。 2つ目の基準は、滅菌処理した海水で2〜3日断食させてあるかどうか。 それ以外の一定の基準を満たした生牡蠣が加熱用ね生牡蠣となります。 よく、加熱用の生牡蠣のが美味しいって聞きますよね?それは、生食用の生牡蠣が、水質の綺麗な海域で採れたものである=栄養豊富な海域で採れた生牡蠣ではないからです。 栄養豊富な海域ではその分、雑菌も多いからです。 それに、断食させてるので、身が痩せ細りますよね。 なので、加熱用の生牡蠣のが美味しいと言われてるのです。 だからと言って、加熱用の生牡蠣を 生食しては絶対ダメですよ!必ず加熱してから食べて下さい。 生食用と加熱用、それぞれ適した食べ方で使い分けるようにしましょう。 下処理をして美味しく! さて、むき身の生牡蠣を食べる前に、下処理をしっかりしましょう。 正しい下処理をする事によって、生牡蠣の旨味を逃さずに、生牡蠣についてる汚れを落とし、身がぷりっぷりになります。 ここでは2つのやり方を紹介します。 まずは、大根おろしを使った下処理の仕方です。 ボウルにむき身を入れて、大根おろしを汁ごと入れる。 牡蠣を傷つけないように優しくもんで5分ほど置く。 そうすると、牡蠣の汚れがとれて、大根おろしが灰色になるので、水で流して下処理完了です。 次は片栗粉を使った下処理の仕方です。 ボウルにむき身を入れて、塩水で溶いた片栗粉を入れます。 後は大根おろしの時と一緒です。 生食用生牡蠣を使って 下処理をして、キレイになったぷりっぷりの生牡蠣を使ってたまにはお洒落に食べてみましょう。 オイスターシューターってご存知ですか?小さなショットグラスに色々な味付けをした生牡蠣を入れて食べる料理です。 簡単にお洒落に出来るので、牡蠣パーティーをする時などに作ってみて下さい。 ブラッディーマリー トマトジュースに、ウォッカ・レモン汁・ホースラディッシュ・ウスターソース・タバスコ・塩・こしょうを少しずつ入れて味付けして、牡蠣を入れたグラスに注いで完成です。 アルコール無しにしたかったらウォッカは入れなくていいです。 トッピングに、小さく角切りにしたトマトをのせてもいいですね。 ライムを絞ってもいいですね。 涼しげな一品です。 付属のもずく酢をかけて下さい。 練りウニを出汁で伸ばしたやつをとろろの上にかけてもいいですね。 加熱用生牡蠣を使って 次は加熱用の生牡蠣を使った料理です。 下処理の仕方は生食用と一緒です。 牡蠣の松前焼 昆布を適当な大きさに切って、酒に浸して戻します。 アルミホイルの上に、戻した昆布をのせ、その上に牡蠣をのせて、軽く塩をふって、ホイルで包みます。 250度のオーブンで6分〜7分焼きます。 そのままレモンやスダチを絞って食べてもいいし、もみじおろしとポン酢につけて食べてもいいです。 牡蠣の酒蒸し 鍋に牡蠣と季節の野菜を入れて、出汁 水にほんだしでもいいです 、酒、薄口醤油、塩を入れて牡蠣に火が通れば完成です。 酒は多めに入れて、薄口醤油は香りづけ程度、塩で味付けして下さい。 アクはとって下さいね。 皿に盛って、仕上げに白髪ねぎを添えてもいいです。 他にも、カキフライやグラタンや牡蠣鍋など、色々ありますね! まとめ いかがでしたでしょうか?生牡蠣の生食用と加熱用の違いは育った海域によるものだったんですね。 食べ方によって、生食用と加熱用を使い分けるといいですね。 ひと手間、下処理するだけで美味しくなるので、レシピと一緒に、是非参考にして下さい。

次の

殻付き牡蠣をもらいました

生 牡蠣 処理

加熱用と生食用の違い 牡蠣鍋を作ろうと思って、スーパーなどに牡蠣を買いに行くと、牡蠣のむき身がパックになってるやつで、加熱用と生食用の二種類があると思います。 加熱用と生食用の違いは、その牡蠣がとれた海域の違いで、分けられます。 保健所が定めた規定を満たしている海域でとれた牡蠣を浄化槽で浄化した牡蠣が生食用となり、それ以外が加熱用となります。 よく、加熱用は鮮度が悪いとか、生食用は味が薄くなってるから加熱用の方がいいとか、色々言われていますが、そんなことはありません。 保健所が指定した海域とは、生活用水や排水が流れている海域で、水質検査をクリアし、水揚げしてそのまま食べられる海域のことを言います。 牡蠣は、海中にいるプランクトンを海水ごと吸い込んで食事をします。 その時に細菌やウイルスも一緒に取り込み、牡蠣の体内に蓄積されていきます。 特に、ノロウイルスは人の生活用水が海に流れ込んで、そのウイルスが牡蠣の体内に入り、その牡蠣を食べることによって食中毒をおこします。 ただ、生食用の牡蠣でも、検査に引っかからないわずかな細菌やウイルスがいる可能性があるので、かならずしも安全というわけにはいきません。 なので、牡蠣にあたるのが嫌だという人は、牡蠣鍋のように加熱して牡蠣を食べるほうがいいですね。 そこに水を入れて牡蠣を潰さないように牡蠣を洗って、牡蠣についた汚れをおとします。 汚れた水は流して、きれいな水を入れ2,3回すすぎます。 きれいになった牡蠣を、キッチンペーパーなどの上に置き水気を取ります。 そしたら、その牡蠣に片栗粉をまぶして、沸騰させたお湯で軽く湯通しし、氷水に入れます。 こうすることによって、雑味がなく、これ以上縮むことのない、ぷりっぷりな牡蠣になります! 絶品牡蠣鍋レシピ 生牡蠣の下処理が終わったら、牡蠣鍋を作りましょう!てっぱんは味噌鍋ですが、他にも色々あるので紹介します。 牡蠣は結構様々な味に合うので、お好みの味を試してみてください。 下処理した牡蠣と野菜を入れて煮込んだら完成!〆は、玉子でとじて雑炊か、刻んだネギを加えてラーメンにするのがオススメ。 塩ちゃんこスープは、鶏がらスープ・塩・薄口醬油・酒・みりん・味の素・ごま油・長ネギ・ショウガで作ります。 そこに、食材を入れてパルメザンチーズをかけて煮込んだら完成です。 弱火で5分煮立てたら醤油を加え、食材を入れて火を通したら完成。 〆は雑炊かうどんや蕎麦がオススメ! まとめ いかがでしたでしょうか?ちゃんとした下処理をして、 鍋を作ればぷりっぷりで美味しい牡蠣を味わうことができます。 色々と紹介したので、この中からお好みの鍋を見つけて、生牡蠣を使って作ってみてください!.

次の