アドセンス 稼ぐ。 グーグルアドセンスで月100万円を個人で稼ぐ方法。たった1人、パソコン1台で100万は可能です。

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐには?

アドセンス 稼ぐ

このページの内容• グーグルアドセンスで稼ぐときの注意点・1記事あたりの文字数について それで、グーグルアドセンスに申し込む時 ブログの審査があるということでしたね。 審査を通すためには、1記事あたりの文字数は だいたい 500文字以上は必要でしょう。 できれば1000文字は書いておきたいところです。 まあこれには確たる基準があるわけではありませんが アフィリエイターの間に「なんとなく」 言い伝えられている基準です。 都市伝説かもしれませんが。 (笑 でも、従っておいたほうが無難です。 もちろん1000文字とかあればなお良いです。 記事の内容は、タイトルに合ったものにしなければなりませんが、 慣れないうちはそれほどこだわる必要もないでしょう。 とりあえず、1000文字を超えることを目標に書きます。 そして、 そういう記事が20記事を超えたら、 アドセンス登録してみるといいでしょう。 ただ最近は難しくなっていますので、 それでは審査にパスできない可能性もあります。 その場合は、とにかくブログを育てることに重点を移し、 アドセンスは「後回し」にしてしまうといいでしょう。 グーグルアドセンスに限らず…アクセス解析は必ずつける そうそう、大事なこととして、 グーグルアドセンスにかぎらず、アフィリエイトをする場合は アクセス解析は取り付けておきましょう。 前に、忍者ツールズを紹介しましたね。 これは、サイト訪問者がわかるだけでなく、 どんなキーワードでサイトに来たかもある程度わかります。 ですので、 どんなキーワードが必要とされているかもわかります。 あとは記事を増やしていくだけ さて、アドセンス用のブログは 基本的には記事を増やしていくだけです。 もちろん ただ増やすだけでなく、 有望なキーワードを選択し、それをタイトルにした 記事を増やしていきます。 できれば毎日更新していきます。 だから自分の詳しい分野や興味ある分野がいいんです。 書いていて苦痛にならない分野ですね。 グーグルアドセンスのためにいったい何ページ書けばいいの? グーグルアドセンスで稼ぐためにはどれくらい記事を増やせばいいのか? あなたはそう思ったかもしれません。 これ、実は大事なことです。 ページ数は多ければ多いほど、 そのブログはグーグル検索で評価されやすくなります。 ですのでできるだけ増やしていってほしいです。 もちろん1記事あたり500文字を超えるように書きます。 そして 最低でも100記事程度は書きたいところで、 理想を言えば500記事ということになります。 500記事というと「そんな無茶苦茶な…」と思うかもしれませんが、 成果が出始めると更新も楽しくなりますので 気がつけば超えていた、ということにもなります。 もちろん、短期では難しいですので 「将来的には」ということになりますけどね。 無料ブログのリスク ただ、無料ブログに1000記事も入れてしまうのは もったいないですね・・・。 というか危険です。 これは、 無料ブログの運営会社によって ブログを削除されることもあるからです。 もちろんまともなブログが 削除されることはめったにありませんが、 それでもリスクはゼロではありません。 やはり無料ブログで少しでも成果を出せることがわかったら、 自分のドメインを取り、サーバーを借りて、 そこにワードプレスなどでブログを作る方がいいです。 先に作った無料ブログは無駄になりません。 無料ブログの方から、独自ドメインブログの方へ リンクを張ってやれば、それはSEO的に役立ってくれます。 今回のまとめ ということでグーグルアドセンスで稼ぐ方法をまとめておきましょう。 記事タイトルには有望なキーワードを入れる。 アクセス解析はかならず使う。 ページ数は多いほどグーグル検索で評価されやすい。 本格的にページを増やしていくなら 無料ブログよりも独自ドメインブログのほうがおすすめ。 今回の内容で大事なところは、 文字数やページ数が多いほどグーグル検索で評価されやすい というところです。 これは アドセンスにかぎらず、 サイトを作るなら必ず意識しなければならないことです。 しかし、ただ記事を増やしていくよりも、 もっと評価されやすくなる工夫というものがあります。 少しの工夫を加えるだけで、 格段にグーグル検索などで評価されやすくなる方法です。 これについて、で詳しくお話ししています。 追記:ただページを増やせばいいの? って、そんなことはありません。 昔は「SEOは質より量」なんて言われていましたが、今は質のほうが大事です。 「質」というのは何かと言うと、 「訪問者の役に立っているかどうか?」 ということです。 つまり「訪問者目線」はいつも忘れてはならないということですね。 このことは、一記事内でも大事なことですし、別記事に誘導する際も大事なことです。 別記事への誘導がいかに大事化はこちらをご覧下さい。

次の

アドセンスで稼ぐコツはたったの3つ!!外注化せずに稼ぐ方法は難しくないよ!!

アドセンス 稼ぐ

登山をするとして、これから登る山の高さも知らずに山登りをしたらどんな装備をしたらいいか、どのくらい歩く必要があるのかもわからないよね。 それと同じ。 アドセンス収益とPVの目安を知ることは山の高さや難易度を知るのと同じだよ グーグルアドセンスの収入とPV数の関係を知ろう Google Adsenseとは、 『クリック報酬型のアフィリエイト』や 『広告収入』と言われます。 あなたのブログやサイトに掲載された広告をユーザーがクリックすることによって運営者のあなたに報酬が支払われるビジネスモデルです。 グーグルアドセンスで稼ぐ仕組みが分からない人、グーグルアドセンスの仕組みがよくわからない人は詳しく解説しているこちらの記事をご覧ください。 グーグルアドセンスの収入とPV数の関係を理解するには、まずアドセンス報酬の仕組みを理解する必要があります。 グーグルアドセンスの報酬の仕組みをおさらいすると、下の図のようにあなたは自分のブログを訪問してくれたユーザーが広告をクリックしてくれることによって収益を得ます。 その収益をあなたはGoogleから受け取っています。 あなたのブログに 広告を表示するのは、グーグルアドセンス。 その広告には多数の広告主が入札し、その中で 一番広告単価が高い広告主が選ばれ、あなたのブログにその広告主の 広告が表示されるわけです。 そして、広告主は、ブログユーザーが掲載された 広告をクリックし、 商品を購入したり、 サービスに申し込んでくれることが利益となるわけです。 これが グーグルアドセンスで報酬が発生する仕組みです。 ページRPMは1000PVごとの見積もり収益額なのでどのブログでも同じ比較ができます。 ページRPMが高いブログは収益率がいいと判断できるのです。 先ほど、アドセンス報酬の仕組みで、広告主の利益は ユーザーが商品を購入したり、 サービスを実際に申し込んで初めて発生すると説明しました。 ここで大事なのが、 ユーザーが広告をクリックしてくれるだけでは広告主の利益にはならないこと。 後日、購入に至る可能性がありますから。 クリックされるだけで広告主に広告費発生しますから、広告と画像を間違えた 誤クリック&自己クリックは問題外です。 アクセス数(PV数)• クリック数(ページCTR)• クリック単価 が影響してきます。 あなたのブログがごちゃまぜブログなのか、何かのテーマに特化した特化型ブログなのかにもよりますし、特化型ブログでもジャンルによって広告単価は全然違います。 トレンドアフィリエイトなどの現在流行の話題を取り上げる トレンドブログや、個人の趣味や興味のあることを綴る ごちゃまぜブログは特化型ブログに比べてクリック率やクリック単価が低い傾向にあります。 クリック率が低い原因は、ごちゃまぜブログは何かに深く悩んでいる読者ではなく、記事を流し読みするライトユーザーであることが大きいですね。 記事の内容と表示される広告に関連性がないことが多いので。 月収30万円の1か月100万PVはすごい数字だけど、月収1万円の1か月33000PVなら1日1100人のお客様を集めれば達成できるよ! 目標月収と1日に達成すべきGoogleアドセンス収益を照らし合わせてみるともう少し達成までの道のりが見えてきます。 コツコツと地味な作業を実践したその先には明るい未来が待っている! アドセンス収益の目標月収 1日のアドセンス収益目安 月収1万円 333円 月収2万円 666円 月収3万円 1000円 月収4万円 1333円 月収5万円 1666円 月収6万円 2000円 月収7万円 2300円 月収8万円 2600円 月収9万円 3000円 月収10万円 3300円 月収20万円 6600円 月収30万円 1万円• アドセンス報酬の仕組みを理解するとアドセンス収益とPV数の関係がよくわかる• アドセンスで稼ぐにはアクセスを増やす=ページビューを増やすこと• アドセンス収益には、PV数・クリック率・クリック単価が関係するけど、あなたが努力で増やせるのはPV• アドセンスで月収10万円稼ぐには、1日3300PV集める• アドセンスで月収10万円稼ぐには特別なスキルやセンスはいらない• アドセンスで稼ぐにはしっかり読者に読まれる記事を書くことを実践するだけ これからアドセンスに挑戦する人、今アドセンスで稼ごうと挑戦中だけどなかなか稼げない人からすると、アドセンスで月収10万円は途方もないゴールに思うかもしれません。 私も、最初は 「アドセンスで月収10万円稼ぐにはセンスがいる」のだと思いました。 アドセンスで稼ぐには、コツコツと毎日続けて実践できること。 それが一番重要だった 当初はアドセンスで月収10万円を稼ぐなんてほど遠い目標に感じましたが、今は一切記事を書かず放置していても、月収10万円なんて軽く超えていきます。 何もしなくても、子供と遊んでいても、テレビを観ていても、家事をしていても、アドセンス収益の月収10万円なんて超えます。 そして、私はどこにでもいる普通の主婦で、パソコンは得意どころか苦手です。 そんな私でも、アドセンスで月収10万円を達成することができました。 一度達成しておしまいではなく、継続してアドセンスで稼ぎ、物販アフィリを併用してASPでも楽天アフィリエイトでもAmazonアソシエイトでも報酬を得ています。 専業主婦のお小遣い稼ぎとして在宅で月収10万円が毎月手に入ったら何に使いますか? 兼業サラリーマンの副業として月収に10万円毎月プラスされたら何が欲しいですか? 千愛 オーストラリア在住主婦アフィリエイター。 3人の子供を育てながらできる仕事を探していたらアフィリエイトに出会い、会社員並みのお給料を稼いでいます。 このブログでは、私と同じように子育てのスキマ時間を使いお小遣い稼ぎをしたい人に、アドセンスやブログで稼ぐためのノウハウをお届けしています。

次の

ブログ収入(アドセンス)だけで、月10万を稼ぐ、その具体的な方法とは

アドセンス 稼ぐ

今回はアドセンスで全く稼げていない人向けに 月5万円稼ぐために知っておきたいノウハウをまとめました! 当サイトはアドセンスの掲載をしばらく前にやめましたが、前は 月収15万円ほどをGoogleアドセンスで稼いでいました。 アフィリエイト収益全体だと 月に400万前後を稼いでいます。 (ちなみに収益は以下の記事で公開しています) 今回は アドセンスで稼ぐためのノウハウをまとめてみたので、ブログでちょっとしたお小遣いが欲しい!という人はぜひ参考にしてみてください。 ちなみに アドセンス関連のノウハウは以下でもまとめています。 1)まずはCTR・CPCを知ること まずは、以下の単位を頭に入れちゃいましょう。 つまり、 毎日1000PV稼げれば1ヶ月9000円になる計算ですね。 サイトテーマによってクリック単価は大きく変わるので、CPCの上げ方については以下の記事も併せてお読み下さいませ。 まずは 月いくら稼ぐのか・どれくらいのPVが必要なのか、どれくらいの記事を増やしたらいいのかをしっかりとアクセス解析を見ながら考えてみましょう。 2)広告に完全マッチしたページは効果的! ウェブサイトをしばらく運営していると 「いつもこの種類の広告が表示されるな」という広告があるはずです。 広告内容とコンテンツが完全にマッチすると、 クリック率を飛躍的に上げることが可能です。 自分のサイトでよく見る広告があるのならば 広告に合わせたページを作成することで、ロングテールと同時にクリック率を上げることも可能です。 この3つはGoogleAdsecseの主力のバナーなので、なるべくはこの3つを使っておいた方がいいでしょう。 4)バナーの背景色はブログデザインに合わせる バナーの背景色と サイトの背景色はなるべくなら同系統にすべきです。 同色にすることによってバナーが浮かず、クリックしてくれるユーザーを少しだけ増やすことが可能です。 5)記事の間にうまく掲載してクリック率を上げること。 記事中にうまくアドセンスを入れることで、クリック率を少しだけ上げることができます。 ただし、あまり露骨にやりすぎるとユーザービリティが落ちるので注意。 ちなみに クリック率の上げ方は以下の記事でもまとめているので参考まで。 6)しっかりと成果の解析をする。 ウェブサイトによってどんな広告タイプが成果を上げるのかは分かりません。 2週間単位で考えて広告デザインを変更したり、広告位置を変えて 最も平均クリック数の高い配置にすることが大事です。 7)ロングテールか、単発アクセスを稼ぐのか。 たくさん記事が作れるジャンルを狙って、ロングテール記事(長い文章のコンテンツ)を作り、 1日5000円を稼ぐサイトを1個作りたいのか。 ライバルのいないニッチなジャンルを狙って、 1日500円を稼ぐサイトを10個作りたいのかを考えましょう。 一番よくないのは 検索数の少ない浅いキーワードにこだわって、長い時間をかけて記事数を増やす作業です。 8)チャネル設定は大事! チャネル設定を全ページにして収益をしっかり解析しましょう。 もし、クリック単価・クリック率の高いページがあるのであれば、そのページに誘導するだけでも成果を大きく向上させられます。 特に PV数が大きなサイトはこれだけで成果額がかなり上がることも多いですよ。 9)テキストリンクの色は青にすべき。 GoogleAdsecseではリンク色やデザインカラーを変更できますが、基本色である青にしておいた方が統計的にクリック率は上がるそうです。 「リンクが青色=クリックできる」のは誰にでも分かりやすいですし、基本的にクリックしてくれるユーザーレベルに合わせたカラーにするべきです。 ただし、ウェブサイト全体のリンク色を変えている場合は、自分のサイトと同じ色にした方がクリック率が上がる場合も多いです。 10)最もクリックされる所に掲載しよう。 基本的には左上から右下にかけて、広告の注目度は落ちていくようになっています。 効果の高いアドセンスの掲載位置として 記事前・記事の間・記事直下がオススメです。 11)フォントサイズは合わせること。 ブログとアドセンスのフォントサイズはなるべく同じにしましょう。 これだけでも 広告感を弱くすることができるので、無駄なクリック率の低下を防ぐことができます。 12)玄人向けのサイトの場合は広告を目立たせてもOK。 サイトの利用者がほとんどリピーターの場合や、ターゲットがパソコンにかなり詳しい場合は、逆に広告を目立たせた方がクリック率が上がります。 慣れている人はデフォルト色の広告は目に入りにくいので、しっかりと惹きつけて誘導した方が効果が高くなるでしょう。 13)ダメそうな広告はフィルタリングしよう。 中にはブログ内容に合わないような広告や サイトイメージを下げるような広告が表示されることもあります。 そんな時はブロックオプションから 広告をブロックするのも大事です。 14)アドセンス狩り・アボセンス対策をしよう。 勝手に自分のアドセンスタグを使って掲示板などに貼り付けられたりすると、規約違反として アドセンスを停止させられるなどの危険もあります。 そのため 「許可サイト」を自分のサイトだけに設定して 掲示板や他のサイトに掲載されないようにしておいた方がいいでしょう。 アドセンス狩りされないための対策法は以下でもまとめているのでぜひ。

次の