所得 証明 書 もらい 方。 京都市:所得証明書,課税証明書

所得証明書が必要になった!どうすればいい?【税理士監修】

所得 証明 書 もらい 方

お役所に行くのって、少し気が重いですよね!建物に入ると沢山の課に分かれていて、 自分はどの窓口に行って・どんな手続きをしたらいいのかがよく分かりません。 特に 所得証明書は、私にとっては何度申請しても苦手意識のある書類です。 「また役所に来なきゃ~!」 とならないように、今度こそ スマートな流れで・子供が騒ぎ始める前に所得証明書を発行するために、 発行に必要なものや手順をまとめました。 身分証明書 窓口に行く人の運転免許証、パスポートなど• お金 手数料• 委任状 本人以外が申請する場合で、本人と窓口に行く人の住民票の住所が違うとき 私は意外にお金を忘れます。 普段カード中心の生活なので、窓口で 「ハッ! 全然お金持っていない!!! 」 となったことが過去に何度も…。 身分証明書について 注意するのが、 窓 口に行く人の身分証明書だということ! 初めて所得証明書が必要になった時、私は誰の身分証明書が必要かわからず、夫の免許証をコピーして持って行ったこともありました。 『 顔写真』がついているものなら、1つでOKです。 顔写真つきの証明書を持っていない場合は、公的証明書が 2つ必要です。 例えば年金手帳、健康保険証、社員証、学生証などです。 お金について 所得証明書を発行するための手数料です。 300円の自治体が多いようです。 委任状について 誰かの代理で所得証明書をとりに行く時に必要です。 例外として、 申請する本人と 窓口に行く人の住民票の住所が同じであれば必要ありません。 委任状は各自治体のホームページからひな形を印刷することもできますが、 必要事項全てが記入されていれば、便せんなどに書いて提出してもOKです。 委任状の注意点• 基本的には申請する 本人が記入します。 申請する本人が記入できない場合は誰かが代理で書いても構いません。 その場合は、 申請する本人の印鑑の押印が必要です。 委任状の有効期限は作成日から 3ヶ月以内です。 委任状に記載しなければいけないこと• 代理人の住所・氏名• 代理人に 「権限を委任します」という文章。 例えば「代理人に、所得証明書の請求に関する権限を委任します。 委任事項(「所得証明書の請求」)など• 申請する本人の住所・氏名・生年月日・電話番号• 委任状を作成した 日付 以前は印鑑が必要だった気がします。 しかもシャチハタはダメだったような…。 いくつかの自治体に電話で確認してみました。 どの 自治体も印鑑は必要ないとのことでした。 でも、不安だし何回も区役所に行きたくない私は、念のためいつも自分と申請者本人の認印を持ち歩いています。 次に、発行の流れをご紹介します! マイナンバー制度ができてから、色々な方法で所得証明書の発行が受けられるようになりました。 ご自分に合った方法をご確認いただければと思います。 所得証明書 ~発行の流れを分かりやすく解説!~ どこに行けば、発行を受けることができるの?• 自治体の窓口 市役所・区役所・出張所・支所など• コンビニ どうしても窓口に行けない場合にも発行を受ける方法があるのは助かりますね。 この場合は、 事前にお住まいの自治体に電話で確認することをおすすめします。 理由は2つです。 郵送やコンビニでの発行の方法は自治体によって違います。 コンビニ発行ができない自治体もあります。 「必要な物をそろえて、窓口に行こう!」 ところが役所に行くと、 「窓口がありすぎてどこに行けばいいのかわからない! 」 ということってありますよね。 窓口で発行を受ける時の流れをご紹介してみたいと思います! 発行窓口の場所は?書類を書くまでの流れは? 役所の入り口にある、受付の方に聞くのが一番です! 「所得証明書をとりに来たのですが、窓口はどこですか?」 私の住んでいる自治体の受付には、案内をする役目のスタッフさんが常駐してくれています。 窓口の案内や、書類の書き方もおしえてくれます。 これはありがたいサービスだといつも感じています。 書類を書くまでの流れは、このようになっています。 例えば東京都杉並区の場合は、受付窓口は「課税課区民係」だそうです。 書類に記入して窓口に持っていきます。 」となります。 発行するまで少し時間がかかります。 これで無事に所得証明書を受け取ることができました。 よくある質問をご紹介します。 窓口の受付時間帯は? A1. 午前8時半から午後5時くらいまでが多いようです。 自治体によっても違うようなので、不安な場合は電話等で確認することをおすすめします! 役所から離れた場所で仕事をしているなど、窓口が開いている時間帯に行くことができない方もいらっしゃると思います。 郵送やコンビニで発行を受ける場合は、ぜひ先ほどお話しした方法をご確認下さい! 所得証明書の有効期限は?発行すべき時期は? A3. 有効期限は 3ヶ月以内です。 所得証明書以外の公的書類も同様です。 お相手や使用用途によっては、3ヶ月以上経過した所得証明書でも構わないという場合もあると思います。 ここまでのお話しで、何度か「お住まいの自治体に確認することをおすすめします。 」とお話ししました。 最後に実際に自治体によって違いがあるという例をご紹介します! 所得証明書が必要になった時に不安なことがある場合は、ご自身のお住いの自治体を確認してみて下さいね。 事前の確認が、手間を省く一番の方法だと思います。 特にお子様と一緒に行動される方などは、役所での手続きはなるべく早く・少なくすませたいですよね。 すごくわかります! まとめ 大人になると、 所得証明書のような 公的証明書が必要になる機会が結構ありますよね! 一年の間に公的書類を何回申請しに役所に行っただろう?と数えると、結構な回数です。 そんな時は今回の記事を参考にしていただけると幸いです。 我が家は常に3人の子供と一緒に役所に出向いています。 家を出る準備から始まって、特に楽しいこともない場所に子供を連れて行き、時間を過ごすのは大変です! いつの日か、こんな手間がなくなることを願う今日この頃です。 例えばスマホにデータで送ってくれるとか、自動発行ロボットが家まで持って来てくれるとか…。 東京都では、 ・屋内・外問わずイベントの参加は控える ・平日はできるだけ自宅で仕事を行う ・週末の不要不急の外出を控える ・夜間の外出を控える の4つの行動を要請し、 緊急事態宣言が発令されました。 (2020年4月16日から全国に拡大) そのようななか、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似のサービスを再度調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・多数の人が手に取った商品を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 (人と2m以上離れることは非常に重要) 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、厳しい外出規制がかかったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

所得証明書が必要になった!どうすればいい?【税理士監修】

所得 証明 書 もらい 方

「収入証明書」とは、読んで字のごとく「自身の収入を公的に証明する書類」のこと。 一般的には、前年1年間の所得が記載された「所得証明書」や、前年の所得をもとにその年の課税内容を記載した「課税(非課税)証明書」、さらにその両方を記載した「所得・課税(非課税)証明書」のことを指します。 そのほか、自営業や個人事業主の人であれば「確定申告書」、会社勤めの人であれば「源泉徴収票」や「給与支払証明書」なども収入証明書に含まれます。 ただし、「源泉徴収票」や「給与支払証明書」は会社ごとに発行されるものなので、年の途中で転職して勤務先が変わった人や、2つ以上の会社から給与の支払いを受けている人、副業などで給与以外の収入がある人にとっては、複数枚での証明が必要になってしまうケースもあり、十分な証明にならないことがあります。 それに対し、各市区町村が発行する「所得証明書」や「所得・課税証明書」は、1年間のすべての所得が支払元(勤務している企業など)に関係なく総額で記載されているので、1枚で前年の収入状況を証明できます。 また、収入がなかった場合には「非課税証明書」によって、無収入だったことを証明ができます。 ただ、市区町村によって各証明書の記載事項が異なるため、どのような内容の証明書が必要なのかを事前に確認してから申請するようにしましょう。 分からない場合は、窓口などに問い合わせれば教えてくれます。 このように、それぞれの収入証明書には記載されている内容に違いがあるため、「源泉徴収票だけで大丈夫」というところもあれば「所得・課税(非課税)証明書でなければダメ」というところもあるなど、提出先や手続き内容によって必要な収入証明書は異なります。 まずはなんのために収入証明書が必要なのかに応じて、どの書類が必要かを確認するのが、いざというときに二度手間にならないための得策です。 源泉徴収票だけで事足りるケースであれば、会社で発行されたものを提示するだけですみますが、「所得証明書」や「課税(非課税)証明書」、「所得・課税(非課税)証明書」が必要となった場合は、各自治体の役所にある税務課の窓口で発行してもらわなければなりません。 このときに気をつけたいのが、発行を願い出る窓口です。 申請はどこの税務課でもいいというわけではなく、「証明をしたい年度の1月1日」に住民登録をしていた市区町村のみでの発行となります。 例えば、2014年(平成26年)の1月~12月の所得を証明する「平成27年度の所得・課税(非課税)証明書」がほしい場合は、2015年(平成27年)の1月1日に住民登録をしていた市区町村の税務課となります。 証明書の年度と、実際に証明する年は同じではないのでご注意を。 窓口でも、申請する年度を間違えないよう確認するようにしましょう。 そのため、もし引越し先で「課税(非課税)証明書」や「所得・課税(非課税)証明書」が必要なことが分かった場合は、以前住んでいた地域へ申請しなければならないのです。 なにか用事のついでであればまだしも、わざわざ以前の住まいの近くまで書類を取りに行くのはちょっと面倒。 まして遠方へ引越した場合などは、それだけのために以前住んでいたところへ行くのは簡単なことではありませんよね。 そんなときは、以下の2つの方法で取り寄せることができます。 【代理人による申請】 親族など、代理人が本人に代わって窓口で申請することができます。 申請時には、窓口に行くことができる方の印鑑と身分が証明できるもののほか、手数料と、委任者本人が自署で作成した委任状が必要となります。 委任状には以下の内容をもれなく記載するようにしましょう。 厳密な書式はありませんが、記入事項などをまとめた見本をホームページに掲載している自治体もあるため、参考にしてもよいでしょう。 また、自治体によってはホームページから委任状や証明書の交付申請書をダウンロードできるところもあるので、それらを利用すれば簡単に作成できます。 代理人によって発行してもらった書類を郵送などで送ってもらえば、各市区町村役場へ直接出向くことなく、収入証明書を手にすることができます。 ただ、収入状況などプライバシーにかかわる内容が書かれている書類なので、代理人を頼む相手は慎重に選びましょう。 【郵便による申請】 代理人を立てなくても、以前住んでいた市区町村の税務課へ直接郵送での交付をお願いできる場合もあります。 その際は、以下の物をそろえて税務課へ送りましょう。 ・交付申請書(ホームページからダウンロードしたものをプリントアウトして、必要事項を記入・押印したもの) ・申請人の身分が証明できるものの写し ・手数料と同額の定額小為替 ・返信用封筒(申請人の住所、氏名を記載し、送料分の切手を貼り付けたもの) 証明書の交付申請書がホームページなどから入手できない場合は、「日付、申請人の住所・氏名・生年月日・昼間につながる電話番号、証明年度の1月1日の住所、必要な書類の年度・種類・通数、使用目的」を記入して押印したものを同封します。 書類が手元に届くまでには、投函してからおおよそ1~2週間ほどかかってしまいます。 急ぎでほしいときには、返信用封筒に赤字で「速達」と記入し、基本郵送料+280円分の切手を貼付しておくと、到着までの期間を短縮できます。 元の地域に代理人を頼める人がいないときや、書類のためだけに戻れないときには郵送による申請は助かりますね。 なお、ほとんどの市区町村で郵送での対応をしてくれますが、念のため、事前に依頼したい市区町村の窓口へ電話して、郵送での交付を受け付けているかを確認しておくと安心です。 また、必要書類についても確認しておけばさらにスムーズに申請ができます。 以上のように、一言で「収入証明書」といっても、その種類や入手方法はさまざま。 提出先が必要とする証明内容をきちんと示せるように、あらかじめしっかりと確認してから準備するようにしましょう。

次の

所得を証明する書類とは?パートや主婦も気になる課税証明書を解説

所得 証明 書 もらい 方

「収入証明書」とは、読んで字のごとく「自身の収入を公的に証明する書類」のこと。 一般的には、前年1年間の所得が記載された「所得証明書」や、前年の所得をもとにその年の課税内容を記載した「課税(非課税)証明書」、さらにその両方を記載した「所得・課税(非課税)証明書」のことを指します。 そのほか、自営業や個人事業主の人であれば「確定申告書」、会社勤めの人であれば「源泉徴収票」や「給与支払証明書」なども収入証明書に含まれます。 ただし、「源泉徴収票」や「給与支払証明書」は会社ごとに発行されるものなので、年の途中で転職して勤務先が変わった人や、2つ以上の会社から給与の支払いを受けている人、副業などで給与以外の収入がある人にとっては、複数枚での証明が必要になってしまうケースもあり、十分な証明にならないことがあります。 それに対し、各市区町村が発行する「所得証明書」や「所得・課税証明書」は、1年間のすべての所得が支払元(勤務している企業など)に関係なく総額で記載されているので、1枚で前年の収入状況を証明できます。 また、収入がなかった場合には「非課税証明書」によって、無収入だったことを証明ができます。 ただ、市区町村によって各証明書の記載事項が異なるため、どのような内容の証明書が必要なのかを事前に確認してから申請するようにしましょう。 分からない場合は、窓口などに問い合わせれば教えてくれます。 このように、それぞれの収入証明書には記載されている内容に違いがあるため、「源泉徴収票だけで大丈夫」というところもあれば「所得・課税(非課税)証明書でなければダメ」というところもあるなど、提出先や手続き内容によって必要な収入証明書は異なります。 まずはなんのために収入証明書が必要なのかに応じて、どの書類が必要かを確認するのが、いざというときに二度手間にならないための得策です。 源泉徴収票だけで事足りるケースであれば、会社で発行されたものを提示するだけですみますが、「所得証明書」や「課税(非課税)証明書」、「所得・課税(非課税)証明書」が必要となった場合は、各自治体の役所にある税務課の窓口で発行してもらわなければなりません。 このときに気をつけたいのが、発行を願い出る窓口です。 申請はどこの税務課でもいいというわけではなく、「証明をしたい年度の1月1日」に住民登録をしていた市区町村のみでの発行となります。 例えば、2014年(平成26年)の1月~12月の所得を証明する「平成27年度の所得・課税(非課税)証明書」がほしい場合は、2015年(平成27年)の1月1日に住民登録をしていた市区町村の税務課となります。 証明書の年度と、実際に証明する年は同じではないのでご注意を。 窓口でも、申請する年度を間違えないよう確認するようにしましょう。 そのため、もし引越し先で「課税(非課税)証明書」や「所得・課税(非課税)証明書」が必要なことが分かった場合は、以前住んでいた地域へ申請しなければならないのです。 なにか用事のついでであればまだしも、わざわざ以前の住まいの近くまで書類を取りに行くのはちょっと面倒。 まして遠方へ引越した場合などは、それだけのために以前住んでいたところへ行くのは簡単なことではありませんよね。 そんなときは、以下の2つの方法で取り寄せることができます。 【代理人による申請】 親族など、代理人が本人に代わって窓口で申請することができます。 申請時には、窓口に行くことができる方の印鑑と身分が証明できるもののほか、手数料と、委任者本人が自署で作成した委任状が必要となります。 委任状には以下の内容をもれなく記載するようにしましょう。 厳密な書式はありませんが、記入事項などをまとめた見本をホームページに掲載している自治体もあるため、参考にしてもよいでしょう。 また、自治体によってはホームページから委任状や証明書の交付申請書をダウンロードできるところもあるので、それらを利用すれば簡単に作成できます。 代理人によって発行してもらった書類を郵送などで送ってもらえば、各市区町村役場へ直接出向くことなく、収入証明書を手にすることができます。 ただ、収入状況などプライバシーにかかわる内容が書かれている書類なので、代理人を頼む相手は慎重に選びましょう。 【郵便による申請】 代理人を立てなくても、以前住んでいた市区町村の税務課へ直接郵送での交付をお願いできる場合もあります。 その際は、以下の物をそろえて税務課へ送りましょう。 ・交付申請書(ホームページからダウンロードしたものをプリントアウトして、必要事項を記入・押印したもの) ・申請人の身分が証明できるものの写し ・手数料と同額の定額小為替 ・返信用封筒(申請人の住所、氏名を記載し、送料分の切手を貼り付けたもの) 証明書の交付申請書がホームページなどから入手できない場合は、「日付、申請人の住所・氏名・生年月日・昼間につながる電話番号、証明年度の1月1日の住所、必要な書類の年度・種類・通数、使用目的」を記入して押印したものを同封します。 書類が手元に届くまでには、投函してからおおよそ1~2週間ほどかかってしまいます。 急ぎでほしいときには、返信用封筒に赤字で「速達」と記入し、基本郵送料+280円分の切手を貼付しておくと、到着までの期間を短縮できます。 元の地域に代理人を頼める人がいないときや、書類のためだけに戻れないときには郵送による申請は助かりますね。 なお、ほとんどの市区町村で郵送での対応をしてくれますが、念のため、事前に依頼したい市区町村の窓口へ電話して、郵送での交付を受け付けているかを確認しておくと安心です。 また、必要書類についても確認しておけばさらにスムーズに申請ができます。 以上のように、一言で「収入証明書」といっても、その種類や入手方法はさまざま。 提出先が必要とする証明内容をきちんと示せるように、あらかじめしっかりと確認してから準備するようにしましょう。

次の