中央 日報 日本 語 版。 日本四國正中千年物語 迷你版豪華郵輪列車

中央政府は香港地区の感染状況を重視 要請に応じあらゆる支援の用意

中央 日報 日本 語 版

概要 [ ] 元々は、が創刊した系の夕刊紙であり、後に朝刊紙に転換。 同財閥系ということで、かつては (TBC:639キロヘルツ、89. 1メガヘルツ、第7チャンネル)も所有していたが、政権のにより、に廃局。 同局はに統合された。 この時の影響が未だにKBS内部ではありTBC出身者とKBS出身者とで親睦会程度のグループがある [ ]。 TBCが使用していた周波数は今はKBSが使用している(テレビ:KBS第2テレビジョン、ラジオ:KBS第2ラジオ、KBS第2FM)。 また少年雑誌『』も廃刊となった。 その後、に政権の規制緩和政策により、新聞社にもテレビ放送事業への参入が認められ、中央日報も、テレビの総合編成放送への参入をに申請した。 その結果、同年に、、と共に認められ、約31年ぶりにテレビ放送事業が再開される運びとなった。 また、中央日報が設立するテレビ新局・JTBCに日本のも全体の3. テレビ朝日の親会社であるは中央日報の競合紙であると提携している。 また、公式はが運営すると提携している。 論調 [ ] 論調としては旧三星系列ということもあり実利主義的またはエンターテインメントの色が濃く、トーンは世論の動向に左右されやすい。 、と合わせて「 朝・中・東」として保守系紙の代表格とされるが、実利主義、現実主義を標榜するだけに、朝鮮日報や東亜日報に比べて保守色は若干弱い。 そのため、中道左派・進歩派 の代表的新聞であると併読する人も多い。 支持率の低かったや政権では、政府に批判的な立場を取ることが多かった。 また、湖厳ホールなど文化事業にも積極的に取り組んでいることから文化面に強いという評判がある。 同社記者ら関係者によれば、現在ではからは分離しており、論調に影響は受けていないと語るが、記事や論調の傾向からは、実際には少なからずの影響を受けている。 なお、同社会長である会長は、サムソンの会長の夫人であるの実弟である。 対日関係については論説委員(大記者)の中でもを始め、が堪能なベテラン記者が多く、日本に厳しい意見が強い韓国新聞界にあっては、比較的日本に穏健な立場をとることが多いともされる。 しかし近年では、上記新聞以上に記者個人による主観的な対日批判を繰り返している。 また、竹島(韓国名 独島)問題でとりあえず地図をあれこれ公表してみるというのが一種の風物となっている。 「地図区域一覧図」 などは天気予報の天気図のような「地図区域」であるが、日本が1930年代に「(その行為の必要性自体に疑問符をつけざるをえない)韓国領と明記」という話になっている。 日本で論議を呼んだ記事 [ ] 「日本沈没」記事 [ ] に日本で発生した()の翌には、1面に「 日本沈没」という見出しと共に、に飲み込まれ壊滅した街の写真を掲載し、「」と比較した。 これに対し日本側の反発や韓国国内からも非難が殺到した結果、同年に「反省文」を掲載し、震災紙面を変更した。 「原爆は神の懲罰」問題 [ ] 2013年、中央日報のコラムニストのキム・ジン論説委員(記者)が安倍首相が視察の際に試乗したの機体番号が「731」だったことを韓国メディアが指摘していたことを受けて 、「丸太 の復讐を忘れたか」という挑発的な表題で「のはの懲だ」「原爆投下は旧のの生体実験に動員された犠牲者の復讐」と論評した。 これに対しては、で被害を被ったの市長やで被害を被ったの市長などが批判した ほか、被爆者にはやも含まれるため、一部の韓国メディアや識者からも批判が挙がった。 が中央日報に遺憾の意を伝えると、「社の意見ではない」と弁解した が、は「断じて許すことはできない」と批判した。 その後、くだんの記事についてインターネット配信記事は版のみが読めなくなり、母国の版向けには記事を読ませるという形で使い分けを行っている。 氏によると、韓国マスコミの対日報道は誤報と分かってもほぼ訂正されることはないという。 その後、記事を書いたキム・ジン論説委員は5月27日付の同紙で釈明記事を発表して、「(自身の伝えたかった)趣旨と異なり、日本の原爆被害者と遺族を含め、心に傷を負われた方に遺憾の意を表明します」と釈明し、遺憾の意を表明することを迫られた。 しかし新聞として、論説の撤回や謝罪といったことは行われていない。 「」も参照 「対馬は昔から韓国の領土」の記事 [ ] 韓国人作家、イ・ウォンホ出した小説「千年恨、対馬」を取り上げ、が韓国領土で、日本の1000年侵奪史を忘れるべきでない、としている。 その他 [ ]• 2013年、韓国の窃盗団が日本で仏像を盗んで国内に持ち込んで拘束されたが、その後、日本人だから14世紀中に窃盗した物なのだろうという趣旨のキャンペーンの中心的存在となった。 ちなみにになって文明大名誉教授が論文を発表したというのが唯一の論拠である。 は「国際法の文化財返還要請に基づいて、速やかに返還を求めていきたい」と述べている。 なお、以降は仏像の記事に対してすっかり意欲を失っている。 9月27日になって劉震竜文化庁長官の仏像返還発言があったためで取り上げることになったが「日本側はすぐに返還するよう騒いでいる。 」「1370年ごろこの地域に出没した倭寇が強奪して行ったものと推定される」「くやしいが、浮石寺の仏像は不法搬出と見なされ日本に返すのが正しい。 」といった内容であった。 2013年11月6日、「【中央時評】大統領への手紙」という記事で「米国が経済的にシャム双生児の中国を包囲」しつつあることに不満を示し、「中国は米国の最大の債権国」「中国との関係で最も大きな難題があるとすれば、軍事的な課題ではない」「米国は歴史のヤマ場を迎える度に反戦で平和の転機を作り、1972年に歴史的な米中和解を実現させた」などと米中接近の説得を行った上で「(米中の)どちらか一方を(韓国が)選択しろというのは過酷な注文」だと訴えている。 ちなみに日本に関しては韓日中の国際分業で今のようにうまく過ごしたいとしている。 2014年7月14日付の「『1万台駐車場、朝7時から満杯』…観光客で混雑する」という記事が 、の記事を丸々盗用した上に登場する人物のコメントまで勝手に改変していたのではないか?という疑惑が持たれている。 2019年7月16日、大統領府首席秘書官がを通じて中央日報と朝鮮日報の日本語版見出しについて、「日本で嫌韓感情の高まりをあおる売国的タイトルを選んだ人間は誰か? 」と批判。 翌17日には、大統領府の記者会見では報道官が中央日報と朝鮮日報を名指し、日本語版サイトの記事で見出しを変えているケースがあることなどを指摘した。 脚注・出典 [ ] []• - 2010年12月31日• - 2010年12月31日• - 時事通信 2010年12月31日• - 中央日報 2011年1月3日• - 株式会社テレビ朝日 2011年1月4日• Leo Kim 2011年7月25日. Journal of Science Communication. BBC 2016年9月12日. 『中央日報』2011年12月27日1面より• 韓フルタイム ライブドアニュース 2011年3月11日. 2014年3月11日閲覧。 キム・ジン氏が「原爆投下は神の懲罰」というコラムを書く前、5月15日付の新聞にブルーインパルスの番号を指摘する報道があり、コラムはそれを受けてさらに安倍首相を批判の舌鋒を強めたもの。 のの被験者のことを指す。 [ ]、 [ ] 中央日報日本語版 2013年05月20日• 読売新聞 2013年5月23日• NHKニュース 日本放送協会. 2013年5月23日. の2013年5月23日時点におけるアーカイブ。 2013年5月25日閲覧。 チョン・ナムグ 2013年5月31日. ハンギョレ. 2014年3月11日閲覧。 2013年5月23日• 共同通信 2013年5月23日• 中央日報 2013年05月20日• 産経新聞 2013年5月25日• 日本経済新聞. 2013年5月27日. 2014年3月11日閲覧。 産経新聞 2013年5月23日• 聯合ニュース 2013年2月7日• 中央日報 2013年2月28日• NHK 2013年2月27日• 中央日報 2013年9月29日• 中央日報 2013年11月6日• 中央日報 2014年7月14日• 中央日報 2014年7月14日• 矢来町ぐるり(週刊新潮 2014年8月14・21日夏季特大号掲載) 2014年8月14日• 産経新聞 2019年7月17日. 2019年7月17日閲覧。 関連項目 [ ]• - 元• 外部リンク [ ]• (朝鮮語)• (日本語)• [ ] (日本語)• joongangilbo - (朝鮮語)• (中国語)• (朝鮮語)• [ ] (朝鮮語).

次の

インド、第2外国語から中国語を除いて韓国語採択…「国境衝突」で反中感情か

中央 日報 日本 語 版

中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室の報道官は26日「中央政府は最近香港地区における新型コロナウイルス感染症の感染状況を非常に重視し、香港同胞の生命の安全と身体の健康に非常に関心を寄せており、特区政府の要請に応じて、あらゆる必要な支援を随時行う」と述べた。 報道官は「新型コロナウイルスの感染が発生して以来、中央政府は常に香港地区の感染状況及び香港同胞の健康と安全に非常に関心を寄せており、大量のマスク及びその他防疫物資の香港地区への輸送を調整し、民生物資の供給確保に全力を挙げ、香港地区の焦眉の急を緩和するとともに、中国内陸部及び国外に滞在する香港人が香港地区に戻る手助けに力を入れてきた。 香港地区における感染の大幅な再拡大に対処するため、中央政府は香港地区のPCR検査能力の向上を支援し、臨時医療施設の建設に助力することを明確に表明した。 特区方面が必要としさえすれば、中央政府は医療物資、医療施設・機器などの面で力強く支援する。 中央指導部の指示に基づき、国家衛生健康委員会は7月24日に広東省・香港地区・マカオ地区の政府と特別テレビ会議を開き、技術交流とノウハウ共有を強化した」と説明。 「中央政府と内陸部同胞が香港地区の感染状況を気にかけている時、香港市民が中央政府の手助けの下で、感染拡大を迅速に源から断つことを待ち望んでいる時に、少数の香港人がこともあろうに無数の市民の生命の安危を顧みず、種々様々な奇怪な論調をぶち上げていることに、人々は驚愕している。 ある者はいわれなく『こうしたやり方は香港の法例と専門規則に符合しない』『内陸部の医療従事者は英語でコミュニケーションが取れない』と問題視しており、内陸部の同業者に対する傲慢と偏見に満ちている。 ある者にいたっては『内陸部の医療チームは香港人の遺伝子サンプルを内陸部に送る』『内陸部の機関の診断センターがウイルスをまいた可能性がある』とすら言っており、守るべき一線の全くないデマであり濡れ衣だ。 こうした論調に顕著な政治的企みがあることは明らかだ。 一部の者の目には、無数の市民の生命と健康は別に重要ではなく、政治的分離と自らの私利の保護こそが最も重要なのだ」とした。 報道官は「中央政府は引き続き香港地区の感染状況の推移を注視し、特区政府と緊密なコミュニケーションを保ち、特区の必要に応じてあらゆる必要な支援をさらに行う。 全社会が行政長官と特区政府の指導の下、心を一つにして感染症と闘い、共に困難を克服し、感染を防止し、抑制し、阻止するこの闘いに勝利することを希望する」と強調した。 香港特区の張建宗政務司司長は27日「香港地区には国家という後ろ盾がある。 林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官はすでに検査能力の強化への助けを望み、中央政府に要請を行った。 行政長官は中央政府に臨時医療施設の建設への助け、及び内陸部がワクチンの開発に成功した場合の香港地区への提供も希望した」と述べた。 (編集NA) 「人民網日本語版」2020年7月28日.

次の

[B!] 米シンクタンク研究員「もう日本との親善断つべき時」(中央日報日本語版)

中央 日報 日本 語 版

昨年末、日本で横領容疑などによって逮捕され、その後レバノンに極秘脱出した元ルノー・日産会長のカルロス・ゴーン氏が「ホームレス境遇」に陥った。 9日、日本メディアの日刊ゲンダイDIGITALは、今月4日にベイルート港で発生した大規模爆発でゴーン氏の現地の豪華邸宅も完全に破壊されたと伝えた。 彼は避難して、郊外に身を寄せているという。 ブラジル生まれのレバノン系であるゴーン氏はベイルートで幼少期を過ごした。 ゴーン氏の妻は5日、ブラジルメディアのインタビューで「家族は無事だが家が被害を受けた」と語っていたが、完全に破壊されたことが今回伝えられた。 ゴーン氏が、状況が悪化したレバノンから再脱出するのはさらに難しいというのが同メディアの分析だ。 イスラエル・シリア・トルコなどが地理的に近いが、戦争などの状況で脱出ルートとして適しているとはいえない。 トルコはすでにゴーン氏の日本脱出をほう助した一行7人を逮捕した。 同メディアは、今回のベイルート惨事でレバノン内の貧困層が急速に増加しながら、ゴーン氏のような特権層が憎悪の対象になることも否定できないと予想している。 ゴーン氏がレバノンで活路を見出すのは容易ではないということだ。

次の