ユナイテッド バイアグラ。 ユナイテッドクリニックの評判/口コミ/噂の真相を探る!ED/AGA治療

シアリス

ユナイテッド バイアグラ

バイアグラの主成分である「」はもともと心臓の薬として開発されていましたが開発中にED改善効果が判明しED治療薬として研究開発がおこなわれていました。 ファイザー株式会社が1998年に初めてED治療薬として「バイアグラ」をアメリカで販売を開始、日本では1999年1月に販売承認され、1999年3月に販売開始となっております。 バイアグラは世界最初のED治療薬でPDE-5阻害剤に分類されます。 その名前は一般にも広く知られており、バイアグラ=ED治療薬と思われている方も多いのではないでしょうか。 日本以外では100mgまでの製剤が発売されていますが日本では50mgまでみとめられております。 また2014年には「バイアグラジェネリック」が発売されております。 バイアグラが低価格で服用できるようになりました。 バイアグラ、バイアグラジェネリックともにが主成分で効果・副作用も同じです。 25㎎製剤と50㎎製剤がありますが通常量は50㎎の製剤を服用します。 海外では100㎎まで服用しています。 (日本のみ50㎎まで承認されていますが日本以外のすべての国は100㎎まで承認されています。 )25㎎製剤は健康状態に問題のある方や65歳以上の方に初期投与することが殆どです。 添付文書上では「性行為の1時間前に服用すること」となっていますが個人差があります。 実際は服用後30分から1時間で効果が現れます。 バイアグラの効果は3~6時間程度持続します。 勃起の効果は性的刺激に反応して起こります。 服用したからといって性的な興奮がないと勃起しません。 また刺激がなくなれば元に戻ります。 初めて服用される方は「効果がある時間は勝手にずっと勃起しているのでは」と思われる方が多いようですがそのようなことはありませんのでご安心ください。 ED治療薬には精液を作る作用、性欲増進作用はありませんのでご注意ください。 また性感染症(STD)の予防効果もありませんので必要な場合は対策をとるようにしてください。 近年、年間ではシアリスが最も処方されていますが、累計ではバイアグラは最も世界で服用されているED治療薬です。 日本以外の国ではバイアグラ100mg錠が主流ですのでバイアグラ100mgとシアリス20mgが世界で多く処方されているED治療薬といえます。 バイアグラは多くの処方実績により高い安全性や効果が証明されています。 またバイアグラ(シルデナフィル)は早漏治療薬ダポキセチン(プリリジー等)と服用のタイミングが同じです。 そのためED・早漏合併例ではバイアグラとダポキセチンで治療することが多く、この組み合わせがED・早漏治療のスタンダードとなっています。 シルデナフィルとダポキセチンの合剤が多く存在しているのはそのためです。 ED治療薬はすべて食事の影響を受けます。 バイアグラも食事やアルコールの影響を受けやすい薬剤ですので、なるべく空腹で服用するようにしてください。 空腹であれば30分程度で効果が見られます。 お腹に食物が残っている状態で服用すると薬剤の吸収が悪化したり、遅延したりするため、効果発現が遅延したり、十分な効果が得られません。 どうしても食事をする場合には空腹時にバイアグラを服用しバイアグラを体内に吸収させてから食事をすると影響が少なく済みます。 やむを得ず食後に服用する場合にはなるべく油ものを控えること、食後2~3時間ほど間をあけてから服用するようにしてください。 また少量のアルコールはリラックス効果により性欲増進作用がありますが、アルコールはEDを引き起こす可能性がありますのでご注意ください。 バイアグラに限らず、ED治療薬を服用すると顔のほてりや目の充血・鼻づまりといった副作用が表れることがあります。 ED治療薬の副作用はアルコールを摂取したときのことをイメージしてください。 アルコールを摂取するとアルコールの作用により血管が拡張され、顔の血管の場合「ほてり」、目の血管の場合「目の充血」が出ますが、ED治療薬も同様です。 ED治療薬はすべて陰茎の血管を拡張させて陰茎の血流を増加させることによりEDを改善させますが、やはり他の部位の血管も拡張させます。 ED治療薬が顔の血管をさせると、「ほてり」、目の血管を拡張させると「目の充血」等が出ます。 作用時間も一時的なものです。 ED治療薬服用の70%でこれらの症状は見られません。 わかりやすくいうとアルコール摂取後しばらくするとポーッとほてりますが、ED薬服用後も同様で服用後しばらくするとポーッとほてりが出てきます。 アルコールがぬけていくとほてりが治まるようにED薬もほてりが治まります。 そのためED治療薬の選び方は副作用を気にして選ぶのではなく、自身の「ライフスタイルに合ったED治療薬」を服用することをお勧めいたします。 世界中で「ED治療の標準薬」としての地位を保っている優れた治療薬ですので、ぜひ1度は服用してみることをお勧めいたします。 バイアグラを服用してはいけない方 以下に該当される方はバイアグラ錠の服用はできません。 本剤の成分に対し過敏症の既往がある患者• 硝酸薬あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルヒド等)を投与中の患者• 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者• 重度の肝障害のある患者• 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある患者• 網膜色素変性症患者(網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害をもつ症例が少数認められる。 塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者 ご本人がED治療薬を服用してはいけないと勘違いしている方も時々いらっしゃいます。 服用可能かどうか御不明な点は気軽に医師に御相談ください。 バイアグラと併用してはいけない薬剤 通販や個人輸入などや医師の処方ではない他人にもらったバイアグラ等を服用することは危険です。 60%が偽造品であることが明らかになっています。 これは製薬会社の問題ではなく流通の際に偽造品が混入するためです。 偽造品は効果がないだけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。 特にシアリスの偽造品は死亡事故報告があります。 きちんとした流通路で正規の薬剤を入手できればいいのですが患者さま個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は困難です。 偽造品は近年、非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に困難です。 ユナイテッドクリニック上野・新橋・新宿・東京・大宮・名古屋・京都・福岡博多ではきちんとした流通路をもつ医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。

次の

バイアグラ|ED(勃起不全)の悩みならユナイテッドクリニック福岡博多院【医療法人社団淳康会・医療法人社団康英会】

ユナイテッド バイアグラ

バイアグラは一般名をといい、1998年にアメリカで販売が始まった世界で初めてのED治療薬(勃起不全治療薬)で、ホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害剤と呼ばれる薬です。 日本では1999年1月に承認、1999年3月にファイザー株式会社から発売されています。 バイアグラは一般にも広く認知されており、大変人気の高い薬剤で発売以来、世界中で2,000万人以上に処方されております。 バイアグラは日本での販売開始から15年が経過し2014年5月、医療用医薬品として国内での特許が切れたため多くのメーカーから後発医薬品(バイアグラジェネリック)が発売されるようになりました。 バイアグラ()処方 バイアグラ100mg錠が世界で最も処方されています。 バイアグラ(は世界で最も処方されているED治療薬です。 バイアグラはED治療薬として3つの剤型があります。 25mg錠、50mg錠、100mg錠です。 日本での一般的な用量は50mgですが、日本以外の殆どのほとんどすべての国では100mgまで承認されており、世界で最も処方実績があるのはこのバイアグラ100mg錠の話です。 バイアグラは100mgまでの有効性や安全性が確立しています。 日本でバイアグラ100mg錠が承認されなかったのは人種や体格差があるからではなく、バイアグラが初めてのED治療薬であったため、承認に慎重になったためと言われています。 日本で開発された脂質異常症薬の「メバロチン」も初めての「スタチン」に分類される作用機序の薬であったため高用量は承認されておりません。 実際、バイアグラ50mg錠で十分な効果が得られなかった症例に100mgでの服用を勧めているED専門クリニックの医師も多いそうです。 またバイアグラ25mg製剤は高齢の方や健康状態に不安のある方へ慎重投与する際に処方することがほとんどです。 バイアグラジェネリックが処方の主流へ 世界中でバイアグラジェネリックは販売されていましたが、日本でも2014年5月に日本での特許権が満了したため、数多くのジェネリックが承認されています。 バイアグラと全く同じ効果で、処方価格や購入費用が安いため、バイアグラ処方からバイアグラジェネリックの処方が主流となっています。 バイアグラと早漏薬は同時に服用しやすい EDの症状が出現すると3人に1人の割合で「早漏」を合併します。 「コントロールできないで射精してしまう時がある」「自身やパートナーが満足できない早さ」であれば早漏といえます。 早漏の場合、早漏治療薬の併用が必要です。 早漏治療には経口早漏治療薬ダポキセチン(プリリジー)が世界60カ国以上で承認・販売されています。 3~4倍の射精時間の延長が認められていますが、バイアグラとダポキセチンは飲みタイミングが一緒で服用しやすいため人気です。 一部の国ではこれらの合剤が発売されています。 まとめ• バイアグラはED治療薬で実績No. 通常は50mgだが、世界中のほとんどの国では100mgまでの有効性・安全性が確立している• バイアグラジェネリックの処方が主流• EDと早漏合併の場合はバイアグラと早漏治療薬を併用すると良い バイアグラ()の効能・効果 バイアグラは即効性で高いED改善効果があり、世界で一番服用されている もともとバイアグラは1990年代前半に、狭心症など心臓疾患の治療薬として研究、開発されていた経緯があります。 その臨床試験の最中に陰茎の勃起を促す効果が分かり、その後は勃起障害の治療薬として臨床試験が幾度と実施され、ED(イーディー・勃起不全)治療薬として誕生することとなりました。 バイアグラの作用機序として陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ血液量を増やすことによって勃起の持続力を促します。 バイアグラは即効性があり、EDをしっかりと改善させるため、後から、レビトラ、シアリス等が発売されても、シェアを維持し、現在でも世界で最も処方実績があるED治療薬です。 バイアグラの多面的効果 またバイアグラの有効成分であるはED治療以外にも効能・効果があり、国に難病指定されている「肺動脈性肺高血圧症」という病気の治療薬として日本の厚生労働省から認可され、「レバチオ」という名前で2008年4月より発売されています。 「レバチオ」は1日60mgのシルデナフィルを服用します。 「バイアグラが心肺機能を上げる」、「アンチエイジング効果がある」と言われているのは肺血管の血流を改善する働きがあるからです。 まとめ• バイアグラは陰茎の血管を拡張させ、陰茎の血流を改善することで勃起を補助する• バイアグラは即効性で高いED改善効果を誇る• バイアグラは心肺機能をあげる バイアグラ()の飲み方や服用方法 バイアグラは服用30分で効果が見られ、6時間効果が持続する 個人差はありますが、服用後30分~1時間で効果が発現し、3~6時間程度効果が持続します。 服用後の最高血中濃度到達時間は約30~90分後です。 バイアグラ服用後、性的刺激により勃起する バイアグラは性的刺激に反応することで生じる勃起を助ける薬剤です。 勃起そのものは性的刺激によって生じるので、性的刺激がない状態で効果を発揮することはありません。 初めて使用する方は「知らない間に勃起するのではないか?」と不安になる方もいらっしゃいますが、性的刺激が与えられなければ勃起はしません。 あくまで血流を改善し、勃起を促すためのものですのでご注意ください。 また、性欲増進や性感染症予防効果の効果はございません。 ED治療薬は「空腹時」に服用するのが基本 バイアグラなどホスホジエステラーゼ5(PDE-5)阻害剤はすべて食事・アルコールの影響を受けます。 バイアグラだけではなく、レビトラやシアリスも食後の服用だと思ったような効果が期待できません。 高い効果を求める際には空腹時に服用してください。 空腹時ならばおよそ30分程度で効果が表われます。 胃の中に食べ物がある状態で服用すると、薬剤を吸収する力が落ち、効果が出るまでに時間がかかります。 食事の必要がある際は空腹時に服用してバイアグラの成分を体に吸収させておけば、食事の影響は抑えられます。 食前約1時間前の服用を目安にしてください。 やむを得ず食後に服用する場合はなるべく脂っこいものをさけ、腹8分目くらいにおさえ、2時間程度の時間をあけてからの服用をお勧めします。 適度なお酒はOK また、適度の飲酒はアルコールによるリラックス作用により性欲の増加が期待できますが、過度な飲酒はバイアグラの効果を阻む恐れがあります。 過度な飲酒後に服用した際には、十分な効果を実感できない場合があることを念頭に、服用してください。 まとめ• バイアグラ等ED治療薬は「空腹時」に服用するのが基本• 食事をとる前にバイアグラを服用し体内に吸収させておく• 食後2時間程度あけてバイアグラを服用する• あっさりした食事でアルコールはたしなむ程度にする• 脂ものは避ける バイアグラ()が効かない時は 数回バイアグラを服用しても効果がない時は医師に相談ください。 バイアグラ()やレビトラ・シアリスなどED治療薬はすべて体調や食事・アルコールの影響を受け、効果にムラが見られることが統計今日明らかになっています。 特に初めてバイアグラ等を服用する場合、効果にムラが出やすいと言われています。 数回服用してもやはりバイアグラが効かない、効果がでにくい場合は「EDの程度が強い」「用量不足」「適切な服用をしていない」等が考えられます。 その際は再度医師とご相談ください。 まとめ• 数回バイアグラを服用しても効果がない時は医師にご相談ください。 バイアグラ()の副作用 アルコール摂取時に似た「火照り」等です。 60~70%以上の方は全く何の症状もありませんが、一部の方で副作用の症状が見られることがあります。 ED治療薬は同じ作用機序であるためほぼ同じ症状が出ます。 一時的なもので、しばらくすると自然焼失しますのでご安心ください。 バイアグラの効果が現れると同時に血管拡張作用によって「顔のほてり」「目の充血」が現れます。 これらは服用した方の多くに生じる副作用なので、効果の発現の合図として捉えてください。 その他の副作用として「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や、光に過敏になり色が変化して見えたりすることなどもあります。 頭痛などの副作用はレビトラが出やすいと言われています。 頭痛がひどい場合には、ロキソニン等の頭痛薬を使用されても問題ありませんのでバイアグラと一緒に使用してください。 ユナイテッドクリニック新橋院でもロキソニンを取り扱っておりますのでご相談ください。 まとめ• 副作用はお酒を飲んだ時のような「火照り」など• 症状は一時的で自然焼失するので過度な心配は不要 バイアグラ()の禁忌・併用禁忌薬 最近発症した脳梗塞・心筋梗塞の既往のある方、狭心症の薬を服用している一部の方は服用できません。 一部の方でバイアグラを服用できない場合があります。 バイアグラの添付文書などでご自身でも確認できます。 以下に該当される方はバイアグラ()の服用はできません。 本剤の成分に対し過敏症の既往がある患者• 硝酸薬あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルヒド等)を投与中の患者• 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者• 重度の肝障害のある患者• 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある患者• 網膜色素変性症患者(網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害をもつ症例が少数認められる。 塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者• 特に硝酸薬(飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など)を使っている方は、決してバイアグラを服用しないでください。 狭心症の発作の治療によく処方されるニトログリセリンを飲んでいる方、貼り薬を貼っている方、吸入している方などは、血圧が危険なレベルまで下がることがありますので、絶対にバイアグラを服用しないでください。 お使いのお薬の中に硝酸剤が含まれていないかどうかを確認するために、ご来院の際に は服用しているお薬の名前がわかるようにしてきてください。 禁忌や併用禁忌薬などのご不明な点や、御心配の方はお気軽にユナイテッドクリニック新橋院の医師にご相談ください。 まとめ ファイザー社は2016年10月に新しいタイプのED薬、「バイアグラODフィルム」を発売しました。 もちろんバイアグラですが、剤型が変わっており、フィルム状の珍しいタイプの薬剤です。 「バイアグラODフィルム」は25mgフィルムと50mgフィルムの2つの用量があります。 フィルムで薄いので財布などに収納でき持ち運びが便利になっています。 「水なしで服用」だが実際は水で飲んでください。 ユナイテッドクリニック新橋院ではバイアグラODフィルム50mgの処方を行っております。 フィルムを口腔内で溶かして服用します。 しかしバイアグラODフィルムの添付文書では「本剤は口腔内で溶解するが口腔粘膜から吸収されることはないため唾液または水で飲みこむこと」とされており、水で服用していただく方がよさそうです。 バイアグラODフィルムはバイアグラ(錠剤)より効きが悪い バイアグラとバイアグラODフィルムは成分が同じですが、フィルムの形状にしたことで少し効きが悪く、通常の錠剤のバイアグラよりも最高血中濃度に達する時間が少し遅くなっています。 つまりしっかり効果が出る時間が今までのバイアグラよりも少し遅めですので、今までのバイアグラより少し早く服用する必要があります。 バイアグラジェネリックも小銭入れなどに入るためバイアグラジェネリックの人気が高く、バイアグラODフィルムはあまり人気がありません。 まとめ.

次の

バイアグラ|ED(勃起不全)の悩みならユナイテッドクリニック名古屋駅前院【医療法人社団淳康会・医療法人社団康英会】

ユナイテッド バイアグラ

バイアグラ(成分名:シルデナフィル)が世に登場したのは1998年のこと。 開発したのはアメリカの製薬会社ファイザー社で、世界初のED治療薬ということで一気に知名度を高めました。 その結果、ED治療薬のパイオニアにして代名詞とも言えるポジションを獲得したのは皆さんよくご存じではないでしょうか。 現在、バイアグラの容量は25mg、50mg、100mgの3種類が流通していますが、このうち25mgについては、年齢や健康状態との兼ね合いで慎重な投与が必要な方に対して処方されることが殆どなので、一般的な成人男性の方ですと50mgが最低ラインということになります。 日本国内では承認されているのが50mgまでということもあり、最も一般的な容量と考えられがちですが、実は日本以外の国では100mgが通常容量として流通しています。 バイアグラ100mgの特徴 バイアグラ100mgのメリットは何といってもしっかりとした勃起力と硬さを得られることです。 当然のことですが、薬剤の効果は核となる有効成分の量が多いほど高くなります。 バイアグラの場合、もともと服用後すぐに効果を発揮してくれる即効性タイプの治療薬なので、1日(24時間)あたりの摂取上限である100mgを服用した際の効果は、全てのED治療薬の中でトップクラスとなります。 ED治療薬の中では最も歴史のある、言い換えれば最も古い薬剤でありながら未だに根強いファンが多数存在するのは、パイオニアとしての知名度やネームバリューと並んで、この効果の高さによる部分が大きいのではないでしょうか。 初めてED治療薬を服用される方に多いのですが、いきなり高容量の治療薬を服用することに抵抗のある方もいらっしゃるかと思います。 しかし、ED治療薬はムラの出やすい薬剤であるこがデータ上判明しており、最低でも5~6回程度は服用していただかないと精度の高い効果測定ができません。 原因としてはED治療薬を飲むことによる心理的負担(不安や緊張など)が生まれることや、単純に扱いに不慣れで飲むタイミングが適切でないなど様々なケースが考えられますが、ED治療薬の服用にあたってはこういったムラを考慮し、まずはしっかりとした効果が期待できる高容量の薬剤を試していただき、効果を実感していただくことが重要です。 バイアグラ100mgのジェネリック バイアグラはすでに特許が切れていることから、国内外を問わず多くのメーカーからバイアグラジェネリックが登場しています。 バイアグラ100mgも例外ではなく、アジャンタ・ファーマ社の「カマグラ」、マイラン社の「シルデナフィル100mg」など多くのメーカーから販売されています。 世界的に最もポピュラーな容量とあって流通量も多いのですが、日本国内では先発・ジェネリックを問わず、バイアグラ100mgが未承認のため流通していません。 バイアグラ100mgの飲み方と副作用 容量によって飲み方が変わることはありません。 行為の1時間~1時間半前を目安に服用していただきます。 ちなみに、バイアグラ100mgならではのメリットとして、多少であれば食事の影響を抑えられる(正確には効果が減退してしまっても最低限の効果が残る)ことがありますが、あくまでもおまけ程度に考えてください。 よく勘違いされがちですが、食事の影響を受けづらいと言われているシアリス(タダラフィル)であっても、度を過ぎれば効果は減退しますし、最悪の場合全く効果を発揮しません。 ED治療薬服用時の大原則「タイミングを合わせ、空腹かつ素面の状態で」は、バイアグラに限った話ではありません。 ED治療薬を服用すると顔のほてり、目の充血、鼻詰まり、頭痛、動悸などの副作用が出ることがあります。 なぜなら、副作用の有無は容量よりも相性によるところが大きいとされているからです。 そもそもED治療薬の副作用発症率自体もそこまで高いものではなく、概ね6割程度の方は大きな副作用なしで服用できますし、仮に副作用が起きたとしても重篤な症状が起きることはほぼありません。 ただし、シルデナフィルに過敏症の既往歴がある方やニトロ系に代表される併用禁忌薬を服用中の方などは、そもそもバイアグラの服用自体ができませんのでご注意ください。 インターネットでの薬剤購入は危険 このように非常に魅力的なバイアグラ100mgですが、既に説明した通り日本国内では流通していないため、入手までのハードルが高いという唯一にして最大の欠点があります。 こういった状況ではインターネット上での通信販売や個人輸入代行に頼りたくなりますが、それはあまりお勧めできません。 なぜならインターネット上で流通している薬剤には偽物が多く含まれており、一説によると約6割程度が偽造品だったとも言われているからです。 運よく正規品の薬剤を取り扱っているサイトを見つけたとしても、一般の方が独断でED治療薬の服用を判断すると思いもよらない健康被害を被りかねません。 ED治療薬はれっきとした薬剤であり、用法や容量を守らない服用はリスクしか生みません。 面倒がらずに医療機関に足を運び、必ず医師の診断を受けた上で服用するようにしましょう。 ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニック東京駅前院へ ユナイテッドクリニック東京駅前院では、ED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬プリリジー処方を最安値で出来るよう目指しています。 当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方を致しております。 思い悩む前にお気軽にご来院ください。 ご相談のみでも構いません。 ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いもしており、様々な悩みに対応できます。 アクセス良好 ユナイテッドクリニック東京駅前院はJR東京駅八重洲中央口から徒歩3分で受診でき、非常にアクセス良好です。 JR東京駅(八重洲中央口)を出たら左折していただき、「DAIMARU」のビルを左手側に見つつビル沿いに直進してください。 道なりに進むと右手側に横断歩道が見えてきますので、渡ってから再度左折し直進、右手側の「富士そば」を通り過ぎつつ数十メートル進むと、1階に「博多うどんそば」が入っているMTエステートビルに到着します。 2Fが当院になりますので、「博多うどんそば」の隣にある階段を上り、エレベーターを使い2Fにお上がりください。 また、八重洲北口をご利用いただければ徒歩2分、八重洲地下街16番出口をご利用いただくと「富士そば」の目の前に出てきますので、そのまま直進し徒歩1分で到着となります。 住所は東京都中央区八重洲1-4-20 MTエステートビル2階となりますが、分からないようでしたら電話などでもご案内させていただきます。 丸の内・内幸町・有楽町・霞が関・永田町・隼町・平河町・麹町・紀尾井町・日比谷公園・千代田・皇居外苑・北の丸公園・九段南・九段北・富士見・飯田橋・一ツ橋・神田・内神田・外神田・鍛冶町・岩本町・明石町・入船・勝どき・京橋・銀座・新川・新富・月島・築地・佃・豊海町・日本橋・八丁堀・浜離宮庭園・晴海・湊・八重洲など、近辺にお住いの方はユナイテッドクリニック東京駅前院をご利用ください。 また、千葉・埼玉・栃木、群馬など関東地方の方も御来院されています。 東京駅乗り入れ各路線 JR東日本(八重洲中央口) 東海道本線・山手線・京浜東北線・横須賀線・総武本線・京葉線・中央線・中央本線・上野東京ライン 徒歩3分 JR東日本(八重洲北口) 東海道本線・山手線・京浜東北線・横須賀線・総武本線・京葉線・中央線・中央本線・上野東京ライン 徒歩2分 JR東日本(八重洲地下街16番出口) 東海道本線・山手線・京浜東北線・横須賀線・総武本線・京葉線・中央線・中央本線・上野東京ライン 徒歩1分 地下鉄 東京メトロ丸ノ内線 徒歩3分 新幹線 東北新幹線・上越新幹線・北陸新幹線・東海道新幹線 徒歩3分 処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮 ユナイテッドクリニック東京駅前院は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。 格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。 またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずにご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。 上野院・新橋院・大宮院・福岡博多院・名古屋駅前院・京都四条烏丸院・新宿南口院・東京駅前院へお越しください。 ユナイテッドクリニック各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。 上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にファミリーマートが入った早稲田ビルヂング8階) TEL:03-6231-6472 新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅そば、1階にファミリーマートのリプロ階) TEL:03-6264-6480 大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3軒目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239 福岡博多院 JR博多駅博多口そば 西21出口 徒歩0分(1階にゴルフショップが入ったヤシマ博多駅前ビル6階) TEL:092-260-7170 名古屋駅前院 JR名古屋駅サンロードS2・S3番出口から徒歩0分。 マルイト名古屋ビルB1F TEL:052-564-5800 京都四条烏丸院 市営地下鉄四条駅 or 阪急京都線烏丸駅徒歩0分 エム・カーザビル4階 401号室 TEL:075-746-6411 新宿南口院 新宿駅南口徒歩0分 共新ビル5F TEL:03-6304-5283 また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院・東京駅前院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。 ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。 記事監修.

次の