ひとり で 生き て いく。 女一人で生きていく、孤独を受け入れる

ひとりで生きる方法や覚悟!一人で生きていくには?

ひとり で 生き て いく

「一人で生きていく」と決意するきっかけ 「一人で生きていく」そう考える時には、誰しも何かきっかけがあります。 皆さんがどのような事をきっかけに、 一人で生きていく事を決意するのか・・・ そのきっかけとなる事柄を5つ紹介します。 いい人がいない• パートナーと別れた• 身寄りがなくなった• タイミングを逃した• 仕事が順調 1つずつ詳しく見ていきましょう。 結婚となれば尚更です。 自分が素敵だと思える人に巡り合えていたら、敢えて一人で生きていく事を決意する事は恐らくないでしょう。 「いい人がいない」なんて言えば、理想が高いからだと言われそうですが、自分の中で譲れない条件などは誰にでもあるものです。 でも実際に 一緒に過ごしてみると、合わない部分が見えてきます。 もちろん、欠点がない人なんていないし、自分にも欠点があるのだからお互い様ではあるけれど・・・。 それでもどうしても駄目な時ってあります。 また望んでいなくても、パートナーとのお別れは訪れるものです。 それはパートナーが先に亡くなってしまった時です。 それまでは一人で生きていく事を考えていなかったという方も、急にそんな別れがくることもあるのです。 どんな別れだとしても、パートナーとお別れした時に一人で生きていく事を決意する方が多いのです。 悲しさや寂しさをバネに、強く生きようと考えるのです。 パートナーと別れた時などもそうですが、ポジティブなきっかけよりもネガティブなきっかけでプラスに向かって進んでいく人は意外と多いのです。 人間とは弱いようでいて、強い生き物です。 その後は出産ラッシュ・・・。 そんな流れに乗らずに気が付いたら自分は一人、という事もあります。 人それぞれのタイミングがあるので、タイミングを逃すも何もないのですが、それでも周りの流れと言うのは気になるものですよね。 漠然と将来をイメージした時に、一人で生きていく事を決意する方もまた多いのです。 女性は特に、結婚や出産などがあると仕事での成功というのはなかなか難しくなります。 家庭を持つ幸せもありますし、仕事を極める幸せもあります。 どちらの幸せも手にする事が出来る人は極稀ではないでしょうか。 そんな時に仕事が順調に進んでいれば、一人で生きていく事を決意する女性がいるのは自然ではないでしょうか。 一人で生きていくメリット 一人で生きていくと一言で言っても、何だか不安要素が沢山浮かび上がってくるという方も多いのではないでしょうか。 でもそんな不安を拭い去って、もっと ポジティブに考えてみましょう! 一人で生きていくという事は、沢山の自由を手に入れる事が出来るんですよ。 一人で生きていく事のメリットを「自由」という観点から4つ紹介致します。 自分が稼いだお金を、自分の為に使う事が出来るのは大きなメリットではないでしょうか。 今の自分に使うのも、貯蓄して将来に備えるのも自分の自由です。 同じ年齢でも、結婚している女性と一人で生きている女性とでは、自分にかけられるお金が全然違います。 美容や自分の趣味にお金をかけられるので、若々しくいられるという人もいます。 また、経済的に余裕があるので心にも余裕を持てます。 自分の都合で好きなように時間を使うことが出来ます。 誰にも1日24時間平等に与えられますが、誰かと一緒に生活をするという事は、自分の自由になる時間が減ると言う事でもあります。 お互いに干渉し合わずと言っても、一人で生きていく事と比べるとかなりの差が出てきます。 自分の為に、自分の好きなタイミングで、自分の好きな事をするというのは、一人で生きていく上での大きなメリットと言えるでしょう。 それでも不倫などをしている人もいますが、それは大きな声で言えるような事ではありませんよね。 一人で生きていくという事は、常に自由に恋愛が出来るという事です。 その時の ときめきや感情に、素直に従うことが出来るのです。 いつでも恋愛が出来るというのは、若さを保つ秘訣にもなります。 今まで紹介した一人で生きていく事のメリットである「お金の自由」「時間の自由」「恋愛の自由」全てに共通して言えるのは、どうするのかを自分で決める事が出来るというところです。 どんな仕事をするのか、誰と連絡をとるのか、どこに住むのか、何を食べるのか・・・。 縛られる事は一切なく、自分の好きなように選択をする事が出来るというのは、一人で生きていく事の最大のメリットと言えそうです。 一人で生きていくには? 一人で生きていく事の良さを知って頂けた所で、実際に どのようにして一人で生きていけば良いのか不安な方も多いでしょう。 一人で生きていく上で押さえておきたい、8つの方法を紹介致します。 住まいの確保• 自分の事は自分で• 手に職をつける• 貯金する• きちんと健康管理をする• 夢中になれる事を見つける• 行動力を身につける• コミュニケーション能力を高める 1つずつ詳しく見ていきましょう。 一人で生きていく時に、まずは 住まいを確保しましょう。 賃貸ではダメだという訳ではありませんが、自分が歳をとって働けなくなった時に、家賃が払えなくなってしまえば追い出されてしまいます。 出来る事ならば、家やマンションなどを若いうちに購入しておければ良いのではないでしょうか。 家賃を払って何も残らない賃貸よりも、月々のローンを払い自分の資産として残れば安心です。 料理をはじめ、掃除や家事全般は確実に出来るようにしておきましょう。 福利厚生のしっかりした会社で働く事も大切ですが、どんな場所でも生きていける様に、自分自身しっかりと 技術を身につけておきたいです。 資格をとっておいたり、語学力を身につけたりと、手に職をつけるには色んな方法がありますが、何より色んな知識を持っていたいですね。 一人で生きていくという事は、働けなくなった時にも自分自身を養っていけなくてはいけません。 収入は自分の稼ぎしかないのです。 なので稼いだお金は出来るだけ多く貯金しておきたいですね。 病気になったり、不摂生ばかりしていて体調を崩せば仕事が出来なくなり、仕事が出来なくなれば収入がなくなり、収入がなくなれば生活が出来なくなるのです。 一人で生きていくという事はそういう事なのです。 日頃の健康管理をしっかりする事で、 生活の基盤となる健康な体でいられるようにしましょう。 また、その夢中になれる事を通して かけがえのない仲間と出会う事もあるでしょう。 充実した生活をするには自分が輝ける、好きな事をするのが一番ではないでしょうか。 自分でどんどん行動していかなければならないのです。 一人で生きていくから、他人と関わらなくていいわけではありません。 一人で生きていく、その分自分から行動できる力を身につけていく必要があるのです。 結婚をしない分、 むしろ人とのコミュニケーションを大切に、人との縁を大切にしていきたいところです。 一人で生きていく時に必要な覚悟 さて、ここが一番重要な項目です。 一人で生きていくと決意した時に、ちゃんと 現実を見て覚悟を決めなければなりません。 これは覚悟しておきたい!という事を10個、紹介致します。 母親にはなれない• 家族を持たない• 死ぬ時は一人• 自分を支えるのは自分• 人生に責任を持つ• 自分を好きになる• 孤独に慣れる• ポジティブに考える• 情報や知識を得る• 臨機応変 1つずつ詳しく見ていきましょう。 ただ、母親にならないという事は現実的に考えて避けては通れない考えなので、ここでは敢えて「母親になれない」とさせていただきます。 女性だけの話ではないのですが、 一人で生きていくという事は子供を持たないという事です。 そこは、まず覚悟をするというかしっかりと踏まえた上で一人で生きていくかどうかを考えてみましょう。 それは自由である反面、家族との時間がないという事です。 自分の親や兄弟がいるから、と考えている方もいるかもしれませんが、多くの場合は自分よりも両親の方が先に亡くなります。 兄弟がいたとしても、兄弟は結婚して自分の家族を持つかもしれません。 そう考えた時、家族を持たないという事がどんっと目の前に立ちはだかると思いますが、 あなたはその覚悟が出来ますか? 覚悟や決意をその時の感情だけでしてしまうと、後悔する事になるので、しっかり時間をかけて考えてみましょう。 結婚をせずに一人で生きていくと言う事は、自分を看取ってくれる人がいない可能性が高いという事です。 でも、一人で生きていく事をリアルに考えると、やはり避けては通れない問題です。 死ぬ時は一人というのは、最悪の場合孤独死もあり得るという事なのです。 困った事が起こる事だってあります。 そんな問題に直面した時に、その問題を誰かに解決してもらおうという甘い考えは通用しません。 自分でその 問題に立ち向かう強さを持つ覚悟が必要です。 自分が挫けそうな時にも、そんな自分を励まし奮い立たせるくらいの気持ちを持ちたいものです。 一人で生きていくメリットである「自由」を手に入れる事は、必ずその選択に責任を持つという事なのです。 自分の人生を充実したものにするのも、寂しいものにするのも自分の責任の上にあるのです。 一人で生きていく上で自分こそが誰より自分の事を好きになって、大切にしていきたいですよね。 自分で自分を好きになるなんて、ナルシストで嫌だと思われる方もいるかもしれませんが、自分を好きにならなければ自分にとってのベストな人生を考えていくのは難しいです。 自分を好きになって、 自分の一番の味方が自分自身であればより良い選択をしていけるのではないでしょうか。 そんな孤独をイコール不幸だと思わない考え方や、孤独に慣れて上手に付き合っていけるようになる必要があります。 自分が一人でいたい時に一人でいられるという反面、一人でいたくない時にも一人で過ごさなければいけない事も多くあります。 そんな時に、その 孤独に寄り添ってどう過ごせるのか、想像してみましょう。 色んな物事に対して、前向きに捉えられるというのは一人で生きていくにあたり、とても重要な事です。 楽観的に生きていくというのとは違い、ポジティブに考えるという事は意識をするだけでどんな人でも取り組んでいけます。 ポジティブシンキングで生きていきたいですね。 一人で生きていくという事は、そういった難しい事や自分が苦手だと感じる事も自分で乗り越えなくてはいけません。 その為には色んな情報や知識を学ぶ事も必要です。 保険関係の手続きや役所関係の手続きなど、どんな事が必要になりそうなのか、 予め調べておくというのも良いでしょう。 どんな事が起きても、自分はこうだ!という軸を持っているのも良いでしょう。 しかし、物事によっては 自分の考えを見直して変える事もとても大切な事です。 例えば一人で生きていくと決意していたとして、それでも素敵な人が現れればその考えを貫くのが正しいのかどうか等、自分が幸せになれるように色んな可能性を模索していきましょう。 女性が一人で生きていくには 人間が一人で生きていくという事はとても不安が募ります。 女性一人ならなおさらです。 そんな状況の中で、一人で生きていく事を決意する女性が多くいるというのは、時代と共に考え方が変化してきた事、女性の立場が確率されてきた事も影響しているでしょう。 そう、物事は変化し続けるのです。 今回紹介したのは、あくまで今女性が一人で生きていく上で必要になるであろう覚悟や方法です。 一人であろうが二人であろうが、物事の変化に柔軟に対応していく事こそがこれからの人生には重要になってきます。 その時その時の「今」がどんな状況なのかを見極めて、自分にとってのベストな選択をしていきたいものです。 あなたの人生を豊かにするのは、あなた自身なのですから。

次の

ひとりで生きる方法や覚悟!一人で生きていくには?

ひとり で 生き て いく

「一人で生きていく」と決意するきっかけ 「一人で生きていく」そう考える時には、誰しも何かきっかけがあります。 皆さんがどのような事をきっかけに、 一人で生きていく事を決意するのか・・・ そのきっかけとなる事柄を5つ紹介します。 いい人がいない• パートナーと別れた• 身寄りがなくなった• タイミングを逃した• 仕事が順調 1つずつ詳しく見ていきましょう。 結婚となれば尚更です。 自分が素敵だと思える人に巡り合えていたら、敢えて一人で生きていく事を決意する事は恐らくないでしょう。 「いい人がいない」なんて言えば、理想が高いからだと言われそうですが、自分の中で譲れない条件などは誰にでもあるものです。 でも実際に 一緒に過ごしてみると、合わない部分が見えてきます。 もちろん、欠点がない人なんていないし、自分にも欠点があるのだからお互い様ではあるけれど・・・。 それでもどうしても駄目な時ってあります。 また望んでいなくても、パートナーとのお別れは訪れるものです。 それはパートナーが先に亡くなってしまった時です。 それまでは一人で生きていく事を考えていなかったという方も、急にそんな別れがくることもあるのです。 どんな別れだとしても、パートナーとお別れした時に一人で生きていく事を決意する方が多いのです。 悲しさや寂しさをバネに、強く生きようと考えるのです。 パートナーと別れた時などもそうですが、ポジティブなきっかけよりもネガティブなきっかけでプラスに向かって進んでいく人は意外と多いのです。 人間とは弱いようでいて、強い生き物です。 その後は出産ラッシュ・・・。 そんな流れに乗らずに気が付いたら自分は一人、という事もあります。 人それぞれのタイミングがあるので、タイミングを逃すも何もないのですが、それでも周りの流れと言うのは気になるものですよね。 漠然と将来をイメージした時に、一人で生きていく事を決意する方もまた多いのです。 女性は特に、結婚や出産などがあると仕事での成功というのはなかなか難しくなります。 家庭を持つ幸せもありますし、仕事を極める幸せもあります。 どちらの幸せも手にする事が出来る人は極稀ではないでしょうか。 そんな時に仕事が順調に進んでいれば、一人で生きていく事を決意する女性がいるのは自然ではないでしょうか。 一人で生きていくメリット 一人で生きていくと一言で言っても、何だか不安要素が沢山浮かび上がってくるという方も多いのではないでしょうか。 でもそんな不安を拭い去って、もっと ポジティブに考えてみましょう! 一人で生きていくという事は、沢山の自由を手に入れる事が出来るんですよ。 一人で生きていく事のメリットを「自由」という観点から4つ紹介致します。 自分が稼いだお金を、自分の為に使う事が出来るのは大きなメリットではないでしょうか。 今の自分に使うのも、貯蓄して将来に備えるのも自分の自由です。 同じ年齢でも、結婚している女性と一人で生きている女性とでは、自分にかけられるお金が全然違います。 美容や自分の趣味にお金をかけられるので、若々しくいられるという人もいます。 また、経済的に余裕があるので心にも余裕を持てます。 自分の都合で好きなように時間を使うことが出来ます。 誰にも1日24時間平等に与えられますが、誰かと一緒に生活をするという事は、自分の自由になる時間が減ると言う事でもあります。 お互いに干渉し合わずと言っても、一人で生きていく事と比べるとかなりの差が出てきます。 自分の為に、自分の好きなタイミングで、自分の好きな事をするというのは、一人で生きていく上での大きなメリットと言えるでしょう。 それでも不倫などをしている人もいますが、それは大きな声で言えるような事ではありませんよね。 一人で生きていくという事は、常に自由に恋愛が出来るという事です。 その時の ときめきや感情に、素直に従うことが出来るのです。 いつでも恋愛が出来るというのは、若さを保つ秘訣にもなります。 今まで紹介した一人で生きていく事のメリットである「お金の自由」「時間の自由」「恋愛の自由」全てに共通して言えるのは、どうするのかを自分で決める事が出来るというところです。 どんな仕事をするのか、誰と連絡をとるのか、どこに住むのか、何を食べるのか・・・。 縛られる事は一切なく、自分の好きなように選択をする事が出来るというのは、一人で生きていく事の最大のメリットと言えそうです。 一人で生きていくには? 一人で生きていく事の良さを知って頂けた所で、実際に どのようにして一人で生きていけば良いのか不安な方も多いでしょう。 一人で生きていく上で押さえておきたい、8つの方法を紹介致します。 住まいの確保• 自分の事は自分で• 手に職をつける• 貯金する• きちんと健康管理をする• 夢中になれる事を見つける• 行動力を身につける• コミュニケーション能力を高める 1つずつ詳しく見ていきましょう。 一人で生きていく時に、まずは 住まいを確保しましょう。 賃貸ではダメだという訳ではありませんが、自分が歳をとって働けなくなった時に、家賃が払えなくなってしまえば追い出されてしまいます。 出来る事ならば、家やマンションなどを若いうちに購入しておければ良いのではないでしょうか。 家賃を払って何も残らない賃貸よりも、月々のローンを払い自分の資産として残れば安心です。 料理をはじめ、掃除や家事全般は確実に出来るようにしておきましょう。 福利厚生のしっかりした会社で働く事も大切ですが、どんな場所でも生きていける様に、自分自身しっかりと 技術を身につけておきたいです。 資格をとっておいたり、語学力を身につけたりと、手に職をつけるには色んな方法がありますが、何より色んな知識を持っていたいですね。 一人で生きていくという事は、働けなくなった時にも自分自身を養っていけなくてはいけません。 収入は自分の稼ぎしかないのです。 なので稼いだお金は出来るだけ多く貯金しておきたいですね。 病気になったり、不摂生ばかりしていて体調を崩せば仕事が出来なくなり、仕事が出来なくなれば収入がなくなり、収入がなくなれば生活が出来なくなるのです。 一人で生きていくという事はそういう事なのです。 日頃の健康管理をしっかりする事で、 生活の基盤となる健康な体でいられるようにしましょう。 また、その夢中になれる事を通して かけがえのない仲間と出会う事もあるでしょう。 充実した生活をするには自分が輝ける、好きな事をするのが一番ではないでしょうか。 自分でどんどん行動していかなければならないのです。 一人で生きていくから、他人と関わらなくていいわけではありません。 一人で生きていく、その分自分から行動できる力を身につけていく必要があるのです。 結婚をしない分、 むしろ人とのコミュニケーションを大切に、人との縁を大切にしていきたいところです。 一人で生きていく時に必要な覚悟 さて、ここが一番重要な項目です。 一人で生きていくと決意した時に、ちゃんと 現実を見て覚悟を決めなければなりません。 これは覚悟しておきたい!という事を10個、紹介致します。 母親にはなれない• 家族を持たない• 死ぬ時は一人• 自分を支えるのは自分• 人生に責任を持つ• 自分を好きになる• 孤独に慣れる• ポジティブに考える• 情報や知識を得る• 臨機応変 1つずつ詳しく見ていきましょう。 ただ、母親にならないという事は現実的に考えて避けては通れない考えなので、ここでは敢えて「母親になれない」とさせていただきます。 女性だけの話ではないのですが、 一人で生きていくという事は子供を持たないという事です。 そこは、まず覚悟をするというかしっかりと踏まえた上で一人で生きていくかどうかを考えてみましょう。 それは自由である反面、家族との時間がないという事です。 自分の親や兄弟がいるから、と考えている方もいるかもしれませんが、多くの場合は自分よりも両親の方が先に亡くなります。 兄弟がいたとしても、兄弟は結婚して自分の家族を持つかもしれません。 そう考えた時、家族を持たないという事がどんっと目の前に立ちはだかると思いますが、 あなたはその覚悟が出来ますか? 覚悟や決意をその時の感情だけでしてしまうと、後悔する事になるので、しっかり時間をかけて考えてみましょう。 結婚をせずに一人で生きていくと言う事は、自分を看取ってくれる人がいない可能性が高いという事です。 でも、一人で生きていく事をリアルに考えると、やはり避けては通れない問題です。 死ぬ時は一人というのは、最悪の場合孤独死もあり得るという事なのです。 困った事が起こる事だってあります。 そんな問題に直面した時に、その問題を誰かに解決してもらおうという甘い考えは通用しません。 自分でその 問題に立ち向かう強さを持つ覚悟が必要です。 自分が挫けそうな時にも、そんな自分を励まし奮い立たせるくらいの気持ちを持ちたいものです。 一人で生きていくメリットである「自由」を手に入れる事は、必ずその選択に責任を持つという事なのです。 自分の人生を充実したものにするのも、寂しいものにするのも自分の責任の上にあるのです。 一人で生きていく上で自分こそが誰より自分の事を好きになって、大切にしていきたいですよね。 自分で自分を好きになるなんて、ナルシストで嫌だと思われる方もいるかもしれませんが、自分を好きにならなければ自分にとってのベストな人生を考えていくのは難しいです。 自分を好きになって、 自分の一番の味方が自分自身であればより良い選択をしていけるのではないでしょうか。 そんな孤独をイコール不幸だと思わない考え方や、孤独に慣れて上手に付き合っていけるようになる必要があります。 自分が一人でいたい時に一人でいられるという反面、一人でいたくない時にも一人で過ごさなければいけない事も多くあります。 そんな時に、その 孤独に寄り添ってどう過ごせるのか、想像してみましょう。 色んな物事に対して、前向きに捉えられるというのは一人で生きていくにあたり、とても重要な事です。 楽観的に生きていくというのとは違い、ポジティブに考えるという事は意識をするだけでどんな人でも取り組んでいけます。 ポジティブシンキングで生きていきたいですね。 一人で生きていくという事は、そういった難しい事や自分が苦手だと感じる事も自分で乗り越えなくてはいけません。 その為には色んな情報や知識を学ぶ事も必要です。 保険関係の手続きや役所関係の手続きなど、どんな事が必要になりそうなのか、 予め調べておくというのも良いでしょう。 どんな事が起きても、自分はこうだ!という軸を持っているのも良いでしょう。 しかし、物事によっては 自分の考えを見直して変える事もとても大切な事です。 例えば一人で生きていくと決意していたとして、それでも素敵な人が現れればその考えを貫くのが正しいのかどうか等、自分が幸せになれるように色んな可能性を模索していきましょう。 女性が一人で生きていくには 人間が一人で生きていくという事はとても不安が募ります。 女性一人ならなおさらです。 そんな状況の中で、一人で生きていく事を決意する女性が多くいるというのは、時代と共に考え方が変化してきた事、女性の立場が確率されてきた事も影響しているでしょう。 そう、物事は変化し続けるのです。 今回紹介したのは、あくまで今女性が一人で生きていく上で必要になるであろう覚悟や方法です。 一人であろうが二人であろうが、物事の変化に柔軟に対応していく事こそがこれからの人生には重要になってきます。 その時その時の「今」がどんな状況なのかを見極めて、自分にとってのベストな選択をしていきたいものです。 あなたの人生を豊かにするのは、あなた自身なのですから。

次の

おひとりさまブログ

ひとり で 生き て いく

【内容情報】(出版社より) 今では「ソロキャンプ」を世間に広めた人気YouTuberとしての印象が強い芸人、ヒロシ。 就職しない・結婚 しない・友達がいないなど、若い世代を中心に見られる生き方だが、まさに「一人で生きている」ヒロシが、 他人に乱されずに快適に一人で生きるために大切なことを語る。 ベストセラー『働き方1. 9』に続く第2弾! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 群れない、媚びない、期待しない。 絶望せずに生きる、独り身社会の処方箋。 つながらずに生きるのは、こんなにラクで素晴らしい! 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 人間関係は流動的なものと考える(昨日は友でも今日は他人/強くつながった人間関係を信じることは危険 ほか)/第2章 ひとりで生きられる場所に逃げる(置かれた場所で咲くのはしんどい/モテない人でも環境を変えたらモテる ほか)/第3章 ひとりで死ぬためのお金の話(月収4000万円でもお金は残らなかった/不安の行き着く先はお金 ほか)/第4章 人生がときめく、ひとりぼっちの暇潰し(まずはお金のかからない趣味を始めよう/ひとりで始められひとりでやめられる趣味を探す ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) ヒロシ 芸人兼ソロキャンプYouTuber。 1972年、熊本県出身。 本名、齊藤健一。 九州産業大学商学部商学科卒。 ピン芸人として「ヒロシです。 」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。 俳優としても映画に出演。 現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動を続けている。 また、2015年3月よりYouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。 自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。 チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年10月時点)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の