ジューシー 餃子 作り方。 餃子のレシピ(作り方)

パリパリジューシー餃子(ぎょうざ)レシピ&作り方【NHKあさイチ料理10月10日

ジューシー 餃子 作り方

2012年10月10日放送のNHKあさイチ!の解決ご飯のコーナーで料理研究家の高城順子さんが紹介していた失敗しない!パリパリジューシー餃子(ぎょうざ)レシピ&作り方です。 パリパリジューシー餃子レシピ 材料(分量2〜3人分)• 豚ひき肉 100g• キャベツ 200g• しょうが汁 小さじ2• にら 30g• 餃子の皮 1袋• サラダ油• しょうゆ 大さじ1• 紹興酒 大さじ2• 塩こしょう 各少々• 水が出たら、さらしに包んで水気を絞る。 手で握ったら崩れるくらいまで絞る。 200gが120gになるくらいが目安。 混ざったら、冷蔵庫などに入れてしばらく置いておく (3)皮を1枚手にとり、皮のまわりに指で水をつけ、中央に(3)の具(約大さじ1)をのせる。 餃子を並べ中火で餃子の底に焼き色がつくまで焼く。 キャベツは肉の2倍は絶対に必要 キャベツは白菜でもOK。 タネの中にオイスターソースや青じそなどを入れてアレンジする。

次の

【ジューシー餃子肉汁アップ!】餡に油揚げ!?レシピ(作り方)は?林修の今でしょ

ジューシー 餃子 作り方

2012年10月10日放送のNHKあさイチ!の解決ご飯のコーナーで料理研究家の高城順子さんが紹介していた失敗しない!パリパリジューシー餃子(ぎょうざ)レシピ&作り方です。 パリパリジューシー餃子レシピ 材料(分量2〜3人分)• 豚ひき肉 100g• キャベツ 200g• しょうが汁 小さじ2• にら 30g• 餃子の皮 1袋• サラダ油• しょうゆ 大さじ1• 紹興酒 大さじ2• 塩こしょう 各少々• 水が出たら、さらしに包んで水気を絞る。 手で握ったら崩れるくらいまで絞る。 200gが120gになるくらいが目安。 混ざったら、冷蔵庫などに入れてしばらく置いておく (3)皮を1枚手にとり、皮のまわりに指で水をつけ、中央に(3)の具(約大さじ1)をのせる。 餃子を並べ中火で餃子の底に焼き色がつくまで焼く。 キャベツは肉の2倍は絶対に必要 キャベツは白菜でもOK。 タネの中にオイスターソースや青じそなどを入れてアレンジする。

次の

【ヒルナンデス】ジューシートマト餃子の作り方(菰田欣也シェフ2020.6.8)

ジューシー 餃子 作り方

餃子をジューシーに仕上げる一工夫 餃子をジューシーに仕上げるにはどんな一工夫がいるのでしょうか。 タネにスープを入れる• 肉だけを先によく捏ねる• 野菜の下処理をきちんとする• タネに牛脂を入れる タネにスープを入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネにスープを入れることです。 鶏ガラスープの素をぬるま湯に溶かしたものでもいいですよ。 スープ以外にも、調味料の味付けによっては水を加えるレシピもあります。 タネに水分を多く含ませることで、噛んだ時にじゅわーっと肉汁の出る食感になります。 ひき肉だけを先によく捏ねる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 ひき肉と調味料だけを先によく捏ねることです。 ひき肉と調味料をボウルに入れて、粘りが出るまでよく錬り合わせます。 スープや水を加えているので柔らかいタネになりますが、それをしばらく冷蔵庫で寝かせると肉に水分が吸収されます。 包む直前に野菜を加えて混ぜるようにしましょう。 野菜の下処理をきちんとする 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 野菜の下処理です。 野菜はキャベツや白菜が中心になりますが、これらは水分を含んでいるのでそのまま使うとみずっぽいタネになってしまいます。 荒くみじん切りしたキャベツや白菜に塩をふり、10分ほどおいてから水気をよく絞ります。 こうすることで野菜の水分が抜け、タネと合わせた時にも味がなじみやすくなるんですよ。 ニラは水抜きは必要ないので、刻んですぐに混ぜ合わせてましょう。 ひき肉と野菜を混ぜすぎないように合わせ、すぐに包んでいくのがポイント。 タネに牛脂を入れる 餃子をジューシーに仕上げるコツは、 タネに牛脂を入れることです。 牛脂でなくても、脂を加えることでじゅわっと肉汁がほどよく脂をもって出てきますよ。 牛脂はスーパーによっては売っているところもありますし、お肉を買えばついてくるところもあります。 豚の背脂ミンチが売っていれば、豚ミンチと混ぜて使うのもいいですね。 牛脂は冷凍保存しておけるので、多めに手に入ったら冷凍庫で保存しましょう。 牛脂が手に入りにくい場合、ごま油を入れるレシピもあります。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピを大公開! 肉汁があふれ出るジューシーな餃子、食べたいですよね。 そんな餃子レシピを公開しましょう。 材料50~60個分:ひき肉300g、キャベツ400g、ニラ1束、しょうが・にんにく一片ずつ。 調味料:酒大1、醤油大1、オイスターソース大1、鶏ガラスープ 顆粒ならお湯で溶いて冷ましたもの 60cc~100cc、ごま油小2、塩コショウ適量。 まずはひき肉と調味料を 粘りが出るまでよく混ぜて、冷蔵庫で30分くらい寝かせておきます。 キャベツはみじん切りにし、塩を振って水抜きをします。 しょうが・にんににくはみじん切りorすりおろし、隠し味に砂糖を小1混ぜてもOK。 包む直前に寝かせておいた肉のタネと野菜を優しく混ぜます。 キャベツはよく絞って 包んだらすぐに焼いていきましょう! ジューシー&パリパリの餃子にするには焼き方がカギ 次に焼き方のポイントを見ていきましょう。 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる• 水ではなく熱湯を入れる• 最後に油をたらす 油をひかずにくっつかないフライパンに並べる ジューシー&パリパリ餃子にするには、 くっつかないフライパンで焼くのがポイントです。 フッ素樹脂加工やテフロン加工がおすすめ。 フライパンに 油をひかずに焼き始めます。 先に餃子を並べてから火をつけましょう。 鉄などの油が要るフライパンの場合は、先に油をひいてなじませておくと焼きやすくなります。 焼き目がついたら熱湯を入れる ジューシー&パリパリ餃子にするには、蒸す時に水ではなく 熱湯を入れるのがポイントです。 水を入れると温度が下がり、皮がふやふやの餃子になってしまうので注意しましょう。 最後に油をたらす ジューシー&パリパリ餃子にするには、 最後に油をたらすのがポイントです。 水分がほとんど飛んで、音が変わってきたら仕上げの合図。 フタをあけ、ごま油 もしくはサラダ油 をまわりからまわしかけてパリっとなるように焼き上げます。 肉汁あふれるジューシー餃子レシピ5選 それではいよいよ肉汁あふれる餃子レシピを紹介していきます。 スープがミソのジューシー餃子レシピ• プロの味!?ジューシー餃子レシピ• 白菜の浅漬けでジューシー餃子レシピ• ラム肉を使ったジューシー餃子レシピ• 定番の材料に鶏ガラスープ100cc 顆粒の場合お湯にといたもの を用意します。 ひき肉200gあたりの量ですので、たくさん作る場合は計算して増やして作りましょう。 先にひき肉と塩コショウ、そしてスープをよく混ぜ冷蔵庫で30分ほどねかせるのがコツです。 最初混ぜる時スープが多くて戸惑うかもしれませんが、混ぜているうちに お肉がスープを吸っていくので大丈夫ですよ。 粘りが出るまで混ぜましょう。 あとは野菜と混ぜて包んで焼くだけです。 材料は基本のレシピですが、酒はあれば紹興酒を使ってみるとよいですよ。 なければ普通の酒でOKです。 ひき肉と調味料、スープをよく混ぜたら最後に野菜を合わせます。 野菜を入れたらあまり捏ねすぎないように注意しましょう。 最後に 片栗粉でタネをコーティングするのがコツです。 タネの水分から皮を守ってくれます。 包んだらすぐに焼くようにしましょう。 餃子の定番野菜はキャベツとニラですが、 白菜の浅漬けを使っても美味しくなります。 ひき肉と調味料は初めによく混ぜます。 にんにくは使わず、しょうがのおろし汁を入れるのがポイント。 隠し味に砂糖を少しいれます。 白菜の浅漬けは、水にさらして辛くない程度に塩抜きしておきましょう。 タネに粘りがでたら、キャベツのかわりに粗微塵切りにした白菜の浅漬けを入れます。 ニラと長ネギも追加し、やさしく肉と混ぜ合わせましょう。 あとは包んで焼くだけです。 定番餃子も、少しの工夫で違った出来上がりになりますよ。 定番餃子は豚のひき肉を使いますが、 ラム肉でも旨味のつまったジューシーな餃子が出来ます。 材料は定番餃子と同じでですが、追加でパクチーかミントを少々用意しておくといいですね。 ラム肉の独特の臭みを消してくれる役割です。 ラム肉のひき肉はなかなかないので、薄切り肉やこま切れを買って包丁で刻むかフードプロセッサーで細かくしましょう。 あとは肉を調味料を先によく混ぜて寝かせるのは同じです。 ラム肉は 体を温める効果やアンチエイジングの効果があるので、冷え性の女性にもおすすめですよ。 ひき肉は鶏を使います。 鶏もも肉のミンチがジューシーさを出してくれるのでおすすめですよ。 他の材料は定番餃子のほぼ同じで、ニラは入れますがにんにくは使いません。 鶏ガラスープを先にひき肉に混ぜ込むのも同じ要領で行います。 スープをよくタネに含ませてから、野菜や小梅の刻んだもの、大葉を加えて包みます。 小梅と大葉でさっぱりなのに、もも肉の脂の旨味も感じられるレシピです。

次の