エアコン ドライ と は。 エアコンの冷房とドライ(除湿)はどう使い分けたらいいの?|エネチェンジ

エアコンは冷房よりもドライ(除湿)運転にするとカビは生えてこない?

エアコン ドライ と は

エアコンのドライって効果ある?? エアコンをドライ運転にすると、室内の空気を吸い込み、空気を冷却するときに「結露」の作用で水分を逃がし、水分が除去された空気を室内に戻します。 これは「弱冷房除湿」という仕組みで、「冷房」運転と同じ状態です。 冷房運転を、つけたり止めたりしているのをイメージしてもらえると、わかりやすいかもしれません。 冷却した空気を室内に戻すので、ドライ運転にすると室内の温度が下がり、梅雨時期など室温がそれほど高くない場合は寒いと感じてしまうことがあります。 そこで、最近の高機能なエアコンのドライ運転では再熱除湿という仕組みを採用しています。 エアコンが室内の空気を吸い込み、空気を冷却することで水分を逃がし、水分が除去された空気を再度温めてから室内に戻します。 このため、弱冷房除湿より電気代はかかりますが、室温が下がることなく除湿ができます。 では、エアコンのドライ運転より除湿器の方が除湿機能に優れているのでしょうか? コンプレッサー式の除湿器はエアコンのドライ運転と仕組みは同じです。 ただし、除去した水分がタンクに溜まるので、ある程度溜まったら捨てないとなりません。 エアコンのドライ運転ではホースで室外に排出されるので手間がかかりません。 また、ドライ運転中は温度調節も制限されてしまうことがあります。 このようなことを踏まえると、どんな状況下でも除湿できるのはやはり除湿器で、エアコンのドライ機能より優れていると言えそうです。 エアコンのドライ機能が思ったよりも除湿してくれないと感じる場合は、設定温度を少し高めにして「冷房」運転にすることで、ジメジメ感がマシになる機種もありますよー エアコンのドライ機能は部屋を乾燥する? 洗濯物を室内干しすると一気に湿度が上がります。 では、除湿器を買うべき利点は一体何でしょう? 一番は、除湿器なら設置場所を移動させることが可能です。 エアコンが設置されている部屋で室内干しする場合は問題がありませんが、必ずしもそうとは限りません。 エアコンがない部屋で室内干しした場合でも、除湿器なら設置できます。 それから、メーカーや機種、稼働条件によるので一概には言えませんが、除湿器の方がエアコンより消費電力が低いと言われています。 さらに、高性能の除湿器には洗濯乾燥モードが搭載されていることがあり、除湿しつつ送風してくれるので、洗濯物をより早く乾かしてくれます。 エアコンのドライ機能では風力の調節ができず、弱い風しか出ないことが多いので、これは便利な機能です。 高性能なエアコンにもランドリー運転が搭載されていることがあり、これなら除湿しつつ強風を出して、洗濯物を素早く乾かします。 でも、除湿器は使わない時は保管場所が必要になりますし、エアコンの方が多機能ですから、どちらか一つ購入するなら断然エアコンですよね。

次の

エアコンのドライってどういう意味?乾燥させる?冷房との違いは?

エアコン ドライ と は

冷房とドライ(除湿)の違いと正しい使い方 エアコンの冷房と除湿、その違いとはなんなのだろうか?どんな時に使い分ければいいのかを説明しよう。 冷房はもちろん部屋が暑いときに使う。 暑くてジメジメした梅雨時に、なんとなく節電になりそうな気がしてドライを使っていたとしたら、それは間違い。 冷房には気温を下げるとともに除湿効果もあるので、暑いときは冷房を使うのが正しい。 次にドライ(除湿)機能について。 ドライ機能にはさらにふたつのモードがある。 「 弱冷房除湿」と「 再熱除湿」だ。 冷房は空気を冷たくするので、その際に空中の水分は水滴化する。 そのため、冷房をかけると必ず空気は乾燥してしまう。 弱冷房除湿を使うと、除湿になるものの部屋の気温も少し下がる。 はっきり言って、弱い冷房をかけてる状態とほとんど何も変わらないといっていいだろう。 もし部屋にあるエアコンが古いものだと、弱冷房除湿機能しか備えていないかもしれない。 再熱除湿はエアコン内で部屋の空気を除湿した後に空気を温めてから排出するという、なんとも優しい機能を持っている。 この再熱除湿を使えば、部屋の気温を下げることなく除湿だけを行うことができる。 では、機能別の使い方をまとめてみよう。 室内が暑いと感じたら冷房を使う。 暑くないけどジメジメを解消したい梅雨の時期や、室内で洗濯物を干す、冬に結露をどうにかしたいなどの場合は再熱除湿を使おう。 弱冷房除湿については…弱い冷房をかけておけばいいので、 ほとんど存在意義はないッ!! 冷房と除湿はどっちが節電? では、冷房と除湿はどちらが節電になるだろうか? 先ほども説明した通り、冷房機能と除湿機能はまったく同じシステムで稼働している。 その次に普通の冷房。 ただし28度以上の気温設定であれば、弱冷房除湿と同等の消費電力になるだろう。 だって冷やして除湿した空気を、再度温めて部屋に戻しているのだから。 その分、電力を食うのは当然だろう。 まとめてみよう。 暑い夏のエアコン省エネ術 エアコンは稼働させてから部屋の気温を設定温度まで下げるときに、最も電力を消費する。 なので、まめに着けたり消したりすると、余計に電力を食ってしまう。 ジメジメして暑いときは、弱冷房除湿か28度程度の冷房をつけっぱなしにしておくのが最も効果的な節電になる。 それでも暑く感じてしまう場合は、扇風機やサーキュレーターを併用する。 そうすれば冷たい空気が部屋を循環して、少ない電力で快適に過ごせるはずだ。。 また、送風は「自動設定」が一番消費電力の節約になる。 もちろん、エアコンのフィルターがホコリまみれだと、余計に電力を食ってしまうので、夏が来る前に1年に1度くらいはサッと掃除しておこう。 弱冷房除湿か28度程度の冷房をつけっぱなしでOK!• 扇風機やサーキュレーターを併用しよう!• 送風は自動設定で!• エアコンのフィルターを掃除すれば節電効果アップ! 除湿と冷房の機能を使い分けて、快適な夏を過ごそう。 おすすめ記事:.

次の

除湿機とエアコンのドライを比較!洗濯物の部屋干しでの電気代は?

エアコン ドライ と は

エアコンの冷房と除湿 ドライ の違いは? エアコンの冷房と除湿 ドライ の違いはなんでしょう? 特に最近の除湿はメーカーや機種によって仕組みが違うので、よく理解しておくと快適に梅雨や夏を過ごせますよ。 ちなみに除湿とドライは同義で全く同じ機能です。 除湿 ドライ には2つの種類がある 除湿 ドライ のは次の2つの種類があります。 再熱除湿• 弱冷房除湿 最近は除湿というと「再熱除湿」のほうが一般的になりつつあります。 昔の古いエアコンの除湿は「弱冷房除湿」のみでした。 「弱冷房除湿」とは名前の通り冷房を弱くしただけのもので、冷房とあまり差はありませんでした。 最近のエアコンはというと、安い価格帯のモデルでない限り「再熱除湿機能」がついている機種が多いようです。 あまり安いエアコンを買うとこの「再熱除湿機能」は付いていないので、冷えすぎるのが苦手な人は購入時に確認しておいたほうが良いでしょう。 エアコンの再熱除湿機能とは?仕組みと電気代の比較 最近の除湿は「再熱除湿」が主流だと書きましたが、どんなものなんでしょう? 再熱除湿は暖房付き除湿? 「 再熱除湿」とは読んで字の如く、一度冷やした空気を再度温める除湿です。 最初に空気を冷やした時点で空気に含まれる湿気が取り除かれ、乾いて冷たくなった空気をヒーターを使ってもう一度温めています。 要するに冷房で冷やした空気をもう一度暖房で温め直しているわけですね。 再熱除湿のメリットとデメリット 「再熱除湿」は「弱冷房除湿」よりも湿度を下げられる上、室温も高くすることが出来るので、本来の除湿の目的を満たしているというのが最大のメリットだと言えます。 もともと除湿というのは、その名の通りジメジメの原因である湿度を下げることが目的です。 ところが湿度を下げようとすればどうしても温度は下げなくてはならず、相反するものでした。 反面、デメリットもあります。 それは、冷たい空気を作りつつ暖房で暖めなければならないという、全く逆のことを同時にやらないといけないので、どうしてもエアコンの構造が複雑になることがあります。 そして、もう1つのデメリットとして、どうしても電気代が余分にかかってしまうことが挙げられます。 「再熱除湿」は冷房と暖房を同時に使っているようなものなので、当然といえば当然かも知れませんね。 冷房と除湿 弱冷房 はどちらが乾燥する? 再熱除湿が主流になってきたとはいえ、まだまだ弱冷房除湿のエアコンもたくさんあります。 では、冷房と昔からある除湿はどちらがより除湿能力が高いでしょうか? 結論を先にいうと冷房のほうが除湿能力は高いです。 除湿という名前なのにもかかわらず、除湿のほうが除湿しないんですよね。 ただ、冷房運転だと梅雨の季節などのように気温がそれほど高くないときに除湿しようとしても、湿度が下がる前に温度設定で止まってしまうので温度に関係なく動く除湿運転があるわけです。 エアコンの冷房と除湿 弱冷房 の原理や仕組みとは? 先ほど書いたように、 冷房と除湿 弱冷房 は原理も仕組みも同じです。 違いは強く冷やすか弱く冷やすかだけ。 冷やす原理としては、まず室外機の中に入っている圧縮機 コンプレッサー で冷媒を圧縮して、圧縮した冷媒を液体の状態で室内機に送ります。 そして、室内機にある蒸発器で液体の冷媒を膨張気化させて、その気化熱で熱交換器を冷やして冷気を作り出すというものです。 これは、 汗が蒸発して気化するときに熱を奪って体を 冷やすのと同じ原理です。 エアコンの冷房と除湿の電気代と効果の違いとは? 運転モードの種類をまとめると、「冷房」「除湿 弱冷房 」「再熱除湿」の3つに分けられます。 わかりやすく言い換えると、 冷房 =強冷房 除湿 弱冷房除湿 =弱冷房 除湿 再熱除湿 =強冷房+暖房 と言い換えてもいいかもしれません。 上のように言い換えると、どれが電気代が一番かかるか想像しやすいのではないでしょうか。 この3つの中で、 一番電気代がかからないのは弱冷房除湿です。 そして、意外なことに電気代がかからないイメージの除湿 再熱除湿 運転のほうが、冷房運転よりも電気代が多くかかるのです。 古いエアコンで再熱除湿がついているエアコンの中には、再加熱が電気ヒーターでされているものもあるので、さらに電気代がかかっている可能性もあります。 電気代が多くかかる順番に並べると、 除湿 再熱除湿 > 冷房 > 除湿 弱冷房 となります。 ただ、メーカーや機種によって呼び名が違うので、詳しくは説明書を読むことをお勧めします。 各メーカーの再熱除湿の代表的な呼び名は以下のとおりです。 除湿やドライなどを使って洗濯物を部屋の中に干す場合と、部屋干し運転やランドリー運転などの機能を使う場合とでは、どちらがよく乾くのでしょうか? 機種によって運転の仕方が変わるので、ひとくくりには言えないことを前提にお話しすると、やはり専用の部屋干し運転やランドリー運転のほうが洗濯物を乾かすのには適しています。 ただし、ほとんどの機種は 部屋干し運転やランドリー運転時は、外出して人がいないことを前提にしています。 なので、夏場は冷房が効きすぎたり、冬場は暖房が効きすぎたりして、少なくとも 在宅している人が快適に過ごせる環境ではなくなる可能性が高いです。 洗濯物が早く乾くことを最優先にした運転モードだという事です。 なので、在宅中に洗濯物を干したい場合は、部屋干し運転やランドリー運転にはしないで、冷房運転や除湿運転にするほうがお勧めなんです。 最近はエアコンと一口に言っても、たくさんの付加機能がついているものが出回っています。 暑がりなのか寒がりなのかなど、エアコン購入時には自分の使用状況を想定して選ぶことで、さらに快適でお得に過ごすことができます。 説明書などもよく読むことで、思ってもみなかった自分にあった機能があって重宝することもあるかも。 自動運転だけだと電気代を無駄に使っていたり、なんてこともあるので、この機会にいろいろな機能を試してみるといいかもしれませんよ。 最後まで読んでいただき有難うございました。 この記事が参考になったら嬉しいです。

次の