トイプードル 成犬 可愛くない。 社交的は嘘!?トイプードルが噛む理由としつけ方

【マルプーの成犬は可愛くない?】

トイプードル 成犬 可愛くない

トイプードルの大きさは体重でなく体高で判断する JKCの定めたトイプードルの犬種標準がトイプードルのスタンダードサイズです *体高24cm~28cm(理想は25cm)。 -1cmまで許容される。 スクエア(体高=体長)を理想としているので、体高・体長25cmくらいというのが理想のトイプードルの体型となるわけです。 では、体重はどのくらいがサイズとして理想なのか?となるわけですが、おおよそ2~4キロとも言われています。 しかし、同じ体高のトイプーでも、骨太や、筋肉質であれば、見た目よりも重くなりますから一概に何キロが基準とは言えないわけです。 どの犬も我が家にとっては、可愛い家族であることは間違いありません。 同じ親から産まれてもサイズの違いは出るものです トイプードル花母さんの産んだ子犬たちは、成長後、2.5キロ~3キロ代・体高は28センチ以下のトイプードルが多いのですが、中には大きく成長したトイプードルもいます。 白トイプードルの小雪は、体高が37cm 現在は、食べても食べても太れないシニア犬になってしまい4. 6キロの体重ですが、一番体がガッチリとし、素敵な太ももの筋肉を持っていた時は、5. 8キロもあったのです。 しかし、小雪よりもも大きく育ったトイプードルの弟犬がいます。 体高は聞いたことがありませんが、体重は8キロになったそうです。 しっかりとした体つきのオスのトイプードルは、飼い主の家族の方に沢山可愛がってもらい、とてもおっとりとした成犬になりました。 同じ母犬と父犬の間で産まれても、体のサイズにバラつきは出るものです。 なぜ大きなサイズのトイプードルが増えたのか これは私にもあてはまりますが、トイプードルの人気が高まりだしたころ、自宅の愛犬に子犬を産ませトイプードルの子犬を望むご家庭に、お譲りする人が増えました。 一気に人気が高くなったことで乱繁殖が多くなったことが、大きなサイズのトイプードルが増えてしまった理由の一つと言われています。 もともと大きなサイズのプードルを時間をかけて、トイプードルのサイズまで持ってきたのですから、どんなに、交配時に気をつけても、ごくまれに大きなトイプードルが産まれるのだと、獣医さんから説明をされたこともあります。 ペットショップの「このこは成犬になっても大きくなりませんよ」は本当なの? 残念ながら、すべてが正しいとはいえません。 たまにペットショップで見る子犬達を見ていると、母犬と父犬の体重が書いてあり、子犬が成犬になった時の予想体重が、丁寧に書かれているショップもあります。 しかし、このうち何割かは、どうみても大きくなるだろうと予想できる子犬がいるのです。 ひどい時には、生後2~3か月の子犬を新しい飼い主さんにお渡しする際に、 「小型犬は4、5か月で成犬の大きさになるので、ドッグフードはできるだけ早く成犬用に切り替えてください」 「たくさん食べさせると、大きく育ってしまうので注意してくださいね」 などと説明を受け、生後4か月のトイプーに成犬用のドッグフードを買いにみえた飼い主さんがいました。 この飼い主さんには、子犬の時期の栄養が大切な事と、摂取カロリーや栄養素を減らして大きくさせない事は犬にとっては、犬にとって虐待に近い事を説明しました。 でも、どうしても愛犬を小さいままの姿でいてほしかったのでしょう 「それでも、成犬用のフードがいいです」と言われました。 この飼い主さんに、ドッグフードをお売りすることはしませんでしたので、その後、このおうちのトイプーがどのように成長したのか、母ちゃんには全くわかりません。 そして、ペットショップの店員さんを信じている飼い主さんに、犬を大きくさせないようにするための説明をした店員さんの気持ちもわかりません。 トイプーのサイズも個性の一つです 犬も人間と同じように、成長には個体差があるものです。 大きくっても、小さくっても、そのこが、持って生まれた成長をするのでしたら、成長を止めようとするは無理があるというものです。 どんな犬も家族になれば可愛いものです。 体の大きさも、そのこの個性なのですから。

次の

トイプードル1歳が可愛くない

トイプードル 成犬 可愛くない

え~っ、トイプードルをお勧めできない人なんているの? トイプードルは、もっとも飼いやすい犬種のひとつとして、犬を飼いたい方にはお勧めの犬種です。 でも、トイプードルには、その可愛さと人気ゆえに2つの大きな問題があります。 可愛さだけを理由に飼おうとする人がいる問題• 人気No. 1犬種というトイプードルゆえのブリーディングの問題 要するに、可愛いがゆえに安易に飼ってしまう飼い主側の問題と、人気があるゆえに多くのブリーダーが存在し乱繁殖されてしまうというブリーダーの問題です。 ただし、ブリーダーの問題も途中で少し触れますが、ここでは主にトイプードルを飼おうとする人間の問題について考えたいと思います。 ペット・トライアングルも含めて、多くのサイトで、トイプードルは家庭犬、愛玩犬としてとても飼いやすい犬種だと書いています。 もちろん、トイプードルを飼うに際して注意すべきこともきちんと書いているサイトも多く、ペット・トライアングルでもそういったことは書いているつもりです。 私たちもトイプードルを飼っている飼い主であり、トイプードルが大好きな人間です。 だからこそ、そのかわいいトイプードルたちのためにも、こういった方、こういう場合には、トイプードルを飼うことをお勧めできない、ということをお伝えしておきたいと思います。 トイプードル、こんな方にはお勧めしません。 可愛いから、と衝動買いしてしまう人• どんなトイプードルもみんな飼いやすい犬だと思っている人• トイプードルはしつけをする必要がないと思っている人• 吠える犬は嫌だと思っている人• 犬は飼っても、犬の手入れはしたくない人• おしっこやウンチの片づけをするのは嫌だと思っている人• 犬にお金をかけたくない人• 室内で犬を飼いたくない人 上に書いたようなことにひとつでも該当するような人には、トイプードルをお勧めしません。 出来れば、飼うことを見直してほしいと思うのです。 これは、トイプードルのためだけではなく、トイプードルを飼ったためにストレスを感じるような飼い主さんをなくすためでもあります。 トイプードルはとてもかわいい犬だけど トイプードルの人気のポイントの第一は、やはりなんといってもぬいぐるみにような可愛い容姿だと思います。 きれいにカットされたトイプードルは、本当にぬいぐるみのようで、生きている犬という感覚から離れてしまいそうにもなります。 そんなトイプードルの子犬をペットショップで見て、抱っこして、思わず衝動的に飼いたくなってしまう、そんな気持ちもよくわかります。 でも、本当に犬が好きで、トイプードルが好きであれば、この衝動的に買いたくなったときに、その場でトイプードルを買ってしまうことはないと思うのです。 もし、本当にトイプードルが好きで飼いたいと思っている方は、トイプードルを飼うためにはどうしたらよいのか、またトイプードルはどんな犬なのか、トイプードルを迎えるとしたらどこから迎えるか、どんなトイプードルを迎えるか、いろいろと調べ、準備をするはずです。 トイプードルを飼おうというきっかけが、可愛いトイプードルをペットショップで見たから、というのはよくあることだと思います。 それをきっかけに、トイプードルを飼えるかということをよく考え、トイプードルについてよく調べ、準備をして飼おうとする方には、文句なくトイプードルをお勧めできます。 しかし、元々犬を飼うということを全く考えていなかった人が、ペットショップで見てとても可愛かったから、などの理由で衝動的にトイプードルを買うことだけは、絶対にやめて欲しいと思います。 これは、トイプードルに限ったことではありませんが、見た目も愛玩犬らしく可愛いトイプードルには特にありがちだと思うので、トイプードル大好き人間としては、あえて言いたいのです。 もし、犬を飼うための、物理的な、そして心の準備も全くしないで、そんな衝動買いをされてしまったら、飼われた犬も、そして飼った人も、不幸になってしまう確率がとても高くなってしまうことが容易に推測できます。 何でも衝動買いはしないほうが良いとは思いますが、ましてや生きている犬、命ある犬を、そんなふうには絶対に買ってほしくないと願います。 トイプードルは確かに飼い易い犬ですが トイプードルはどこのサイトや本をみても、とても飼い易い犬種、だと紹介されています。 だから、トイプードルという犬種であれば誰にでも飼える、トイプードルはしつけなんかしなくても全く問題なく飼える犬だ、と思っている方がもしかしたらいらっしゃるかもしれません。 確かにトイプードルは飼い易い犬種だと思います。 しつけなんかしなくても、問題ないトイプードルはいるでしょう。 でも同じトイプードルでも、人間と同様、1頭1頭のトイプードルがそれぞれ個性を持っています。 いろいろな性格のトイプードルがいるのです。 とても陽気で生まれつき誰にでも人懐っこいトイプードルももちろんたくさんいると思います。 でも、とてもシャイで人に慣れにくかったり、またもともとの気質が攻撃的なトイプードルも少なからずいるのです。 そういった生まれつき持っている気質、性格に加えて、どのようにブリーダーのところで育てられたか、また新しく迎えられたご家庭でどのように育てられるかで、その犬の、その後の性格は大きく変わってきます。 陽気で誰にでも人懐っこいトイプードルであれば、適切な飼い方・しつけ方をしてあげれば、問題なく飼う事ができると思いますが、それでもそんなトイプードルを好き勝手にさせるような飼い方で、まったくしつけをしなければ、そのトイプードルも問題行動を起こすようになる確率は高くなります。 もし、シャイであったり、攻撃的な気質があるトイプードルであれば、よりしっかりとした飼育環境としつけを行わないと、何かと吠えたり、また咬むようになるトイプードルになってしまう確立がとても高くなるでしょう。 逆に言えば、シャイであったり、攻撃的な気質を持ったトイプードルでも適切な飼い方・しつけ方によって、問題なく飼えるようなトイプードルに育てていけるでしょう。 世の中には全くしつけをしなくても問題ないトイプードルもいるかもしれません。 トイプードル自身の資質が素晴らしく良いか、または、飼い主さんはしつけをしていないつもりでも、しっかりと日常的な犬との接し方が自然な形でしつけになっているということもあるようです。 でも、全くしつけをしなくても問題ないトイプードルは探して探せるものではありません。 もし、そんなトイプードルを飼ったのなら、それは宝くじが当たるのと同じ、とてもラッキーなことでしょう。 トイプードルでありさえすれば、しつけなんかしなくても問題ない犬になる、と思っている方にはトイプードルを飼わないでほしい、と願います。 この場合も、飼われたトイプードルも、トイプードルを飼った人も、両方が不幸になってしまう確率が高くなるでしょう。 トイプードルのブリーダーの問題 ただ、トイプードルの気質の問題は、ブリーダーの影響も少なくないと思われます。 トイプードルに限りませんが、人気のある犬種は、その人気にあやかる目的だけでその犬種を繁殖、販売しているブリーダーも少なくないでしょう。 その場合、生まれてくる子犬の質は全く考えずに、生まれる子犬の数、つまり量を増やすことだけを考えるブリーダーが多くなります。 本来の犬が好きで、あるいはその犬種が大好きで、ブリーダーになった方は、生まれてくる子犬の性格にもこだわります。 だから、交配するときにも、性格、気質の穏やかな犬を選び、攻撃的など性格的に問題ありそうな犬は交配に使いません。 しかし、量を求めるブリーダーは、性格などは全く考えずに、ひたすら子犬がたくさんうまれるようにどんな犬でも交配させます。 結果として、性格に問題のある犬が増えていくことになるのです。 現在最も人気のある犬種と言ってもよいトイプードルですから、この問題は避けて通れないでしょう。 だから、私たちも子犬のブリーダー直販を行うときは、ブリーダーがどんな考え方で犬を扱い、繁殖して、育てているのか、ということにもっともこだわるのです。 このように、もともとは飼いやすい気質のトイプードルも、いろいろな先天的あるいは後天的な影響で性格に問題が生じてきて、問題行動を起こすことがあるのです。 吠える、噛むという相談が最も多いのもトイプードル 実際に、ペット・トライアングルの実店舗であるラブドッグ店にもたくさんのトイプードルがきます。 ほとんどは問題ないのですが、中には、かなり吠え癖の強いトイプードル、トリミングで噛んでくるトイプードルもいます。 またしつけ相談で最も多いのがトイプードルの吠える、噛む、というトイプードルです。 人気犬種だけに、飼われている数も多く、そのためこういった問題行動を持つトイプードルの絶対数も多くなってしまいます。 トイプードルだから、しつけなんかしなくても大丈夫、なんてことはありません。 もしそう思っている方がいたら、トイプードルのためにも、トイプードルは飼わないでほしいと思います。 トイプードルは生きています ぬいぐるみみたいに可愛いけど、おもちゃではありません。 生きている犬ですから、吠えることもある、トイプードルだから吠えない、ということは決してないのです。 そして、当たり前ですが、生きているから、おしっこもウンチもします。 トイレトレーニングをしないで、室内に放し飼いにすれば、室内がおしっことウンチだらけになるかもしれません。 トイレトレーニングが出来ていても、おしっこを含んだペットシートの処理や、ウンチを取って捨てたりするのは飼い主さんの役目です。 もし、これに抵抗を持つ方は、トイプードルのみならず、犬、または動物を飼うことはやめた方が良いでしょう。 トイプードルはお金のかかる犬種です また、トイプードルはコンスタントにお金のかかる犬です。 子犬の価格が高いというだけでなく、トイプードルの場合、定期的なお手入れ、カットなど、トリミングが必須の犬種です。 もちろん、それを全て飼い主さん自身が行える場合は別ですが、通常は、トリミングショップで定期的に行うことになります。 また、その合間にも毎日ブラッシングなどを行うことが推奨されるので、家でのお手入れも必要です。 トイプードルは、ランニングコストがかかり、また普段のお手入れも必要な犬種なのです。 犬にお金をかけたくない、普段の手入れは面倒だからしたくない、という方にはトイプードルはお勧めできない犬種の筆頭となるでしょう。 そして、トイプードルは室内犬です。 あまりトイプードルを外で飼おうという方はいないとは思いますが、念のため。 本来の性格は、とても陽気で人懐っこく、しつけも入りやすい、ぬいぐるみのように可愛い容姿で、本当に犬が好きで、犬を飼いたい方にはもっともお勧めの犬種のがトイプードルです。 でも、だからこそ、いい加減な気持ちでは、トイプードルを飼ってほしくないのです。 これは、もちろん、トイプードルに限ったことではありませんが、可愛くて人気のトイプードルには特にありがちかと思うので、あえて、書いてみました。 そうだろう。 可愛いトイプードルだからこそ、こういう人には飼ってほしくないんだよ。

次の

小型犬のトイプードルの大きさが決まる時期や目安について

トイプードル 成犬 可愛くない

なんで「成犬の姿が可愛くない」と有名なのにマルプーは人気なんだろう? これには、 ペット業界の闇を感じますが、マルプーは元々、子犬の見た目が可愛いと話題になった事で繁殖数が増えていった犬種です。 つまり、多くの飼い主さんは犬を飼う際には子犬を選ぶ事が非常に多い為、成犬の姿はそもそも重要視されていないのです。 成犬が可愛いか可愛くないかは繁殖させるブリーダーにとってはあまり関係の無い事です。 子犬は売れてさえしまえば良い訳なので、成犬が可愛くなくても問題は無いという事ですね。 マルプーの成犬が可愛くない理由 それでは、ここからはマルプーの成犬が可愛くない具体的な理由を課一説していきます。 ただ、全てのマルプーの成犬がこの画像のマルプーのように可愛くなれるとは限りません。 マルプーの成犬を可愛く見せる為には基本的に他の犬種以上の努力が必要です。 顔つきはマスコットのような人形寄りの顔をしているので、そもそも犬っぽさが薄く、毛並が悪いとよりアンバランスになってしまうかと思います。 画像のトイプードルは胴長が強調されていますが、これはこれで可愛いです。 ただ、人によってはこの胴の長さがあまり好きになれないという方も多いでしょう。 飼い主の顔色を伺う マルプーの元の犬種であるマルチーズとトイプードルはかなり頭の良い犬である事から、当然マルプーも知能が高いとされています。 犬の頭が良いという事は基本的には、しつけのしやすさもあり良い事なのですが、それだけ飼い主の顔色を伺うような言動をする事も多いです。 従順と言えば従順なのですが、マルプーは叱られたくないが為にズル賢い行動をする事もあります。 それはマルプーが成犬へと成長していくうちに増えてくるので人によってはこれがマルプーの成犬が可愛くないと感じる要因となっているかもしれません。 可愛くないと感じたら もしマルプーの成犬が可愛くないと感じても、飼い主の方がしっかりと考えて対策をする事によって改善する事も多いです。 正しいしつけ マルプーの成犬が可愛くないのは性格的な部分でそう感じてしまっている可能性もありますので、適切なしつけをすれば マルプーの可愛くない所は改善できるかもしれません。 特に無駄吠えや噛み癖、トイレトレーニングは犬を飼う上でも必須なしつけになりますので、子犬のうちから正しいやり方でしつける事を心掛けましょう。 カットをする マルプーの成犬は他の犬には無い、独特な体のスタイルをしていますのでこれが可愛くないと感じる人も多いですが、これは逆にチャンスでもあります。 マルプーの成犬は他の犬には似合わないカットも似合う犬種ですので、可愛く被毛をカットしてあげましょう。 特に顔周辺の毛はカットをする事によってだいぶ印象が変わって見えますので、その子にあったカットができれば可愛くないと感じる事は無くなるかと思います。 詳しくは下の記事をご覧になってみて下さい。 犬のおしゃれは賛否両論ありますが、現代では犬がより暮らしやすくなるような機能性の高いおしゃれアイテムも沢山ありますので、マルプーの成犬につけてあげて下さい。 見た目が変わると飼い主自身がもっとマルプーの事を好きになれますよ。 最後に いかがでしたか? マルプーの成犬は可愛くないと言われている事は確かに多いですが、その辺はかなり個人差もありますし、 マルプーを子犬の時期から飼っていて愛着が湧いた飼い主なら、自分の愛犬を可愛くないと言う人はほとんどいませんね。 仮に他人がマルプーの成犬を見て可愛くないと感じても、重要なのは飼い主がどれだけマルプーの成犬の事を愛せるかどうかなので、可愛いか可愛くないかはあまり関係ありませんね。 人から何と言われようが、気に入ったら飼う。 飼い主としての責任を果たしてくれるのならそれでも良いのではないでしょうか? 以上、いぬさいとでした。

次の