けつ の あな 英語。 ケツの穴が小さい=セコイ?

「お尻」は英語で「hips」ヒップではないです。

けつ の あな 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 4• 研究社 新和英中辞典 2• Weblio Email例文集 67• Weblio英語基本例文集 1• 浜島書店 Catch a Wave 2• Eゲイト英和辞典 1• 英語論文検索例文集 2• 専門的な情報源• 日本語WordNet 6• コンピューター用語辞典 2• EDR日英対訳辞書 1• Tanaka Corpus 10• 日本法令外国語訳データベースシステム 1• FreeBSD 5• Gentoo Linux 5• PEAR 2• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 6• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 財務省 3• 特許庁 6• 特許庁 6945• 経済産業省 4• 厚生労働省 2• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Landor『カール・マルクス Interview』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Wells『タイムマシン』 1• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 3• Robert Louis Stevenson『宝島』 1• Melville Davisson Post『罪体』 6• 電網聖書• ペトロの第一の手紙 1• 使徒行伝 1• ヘブライ人への手紙 3• ヤコブからの手紙 2• マタイによる福音書 1.

次の

けつの穴の小さいやつって・・・

けつ の あな 英語

名称 [ ] 風穴は「ふうけつ」や「かざあな」などと読んだりするが、どちらでも間違いではない。 頃までは一般的に「かざあな」と呼ばれていたが、時代に入ると貯蔵風穴が全国各地に多数造られ、「ふうけつ」の語が広く定着した。 ただ、地域によっては明治時代以降も「かざあな」を使っている地名もある。 地域によっては伝聞などから「かざあな」と「ふうけつ」を形状や用途の違いで区別している場合もあるが、全国的に見れば統一的に定義づけて区別することは適切ではない。 実際、でもあるの読みとして「かわちふうけつ」と「かわちのかざあな」があるように、この定義にあてはまらない例が全国各地に数多く存在する。 概要 [ ] 風穴は比較的新しい時代の(台地、等)が広がる地域に見られる。 このタイプの世界の大規模な風穴としては、の洞穴()がある。 では周辺に多く存在し、著名なものとしてやがある。 (、等)のが原因の風穴もあり、これはやのウィンドケイブ(の北部)があげられる。 開口節理(割れ目が開いたもの)は周辺などにも風穴は多く認められ、凍結・融解によって岩が割れる現象などにより風穴は発生する。 ここでは、風穴に起因する永久凍土の報告がある。 また、地中の空洞が、高低差のある複数の開口部で地表と結ばれている場合にも風穴現象が起きやすい。 冬場、空洞内でが軽い温かく空気が上方の温風穴から吹き出し、その分、冷たい外気が下方の冷風穴から吸い込まれる。 が射さない空洞内の空気と岩盤は温度が上がりにくいため、になっても冷気が漏れ出る仕組みである。 自然の洞窟だけでなく、のような人工空洞でも起きる。 実際には日本の風穴は、溶岩トンネルによる風穴は、山麓や、、の猿穴、、、などのごく一部で指摘されているにすぎない。 日本の風穴の大半は、崖錐が崩落した岩屑や、岩塊斜面などの堆積物の隙間からできているものがほとんどである。 清水長正・澤田結基 編『日本の風穴』(2015年刊)ではこれを「崖錐型風穴」と名付けている。 夏期に下方で冷風が吹き出す「冷風穴」がある一方、冬期には「冷風穴」が風の吸い込み口になり、山の上方で煙突のように温風が吹き出すことがある。 これを「温風穴」という。 冬期には冷風穴から冷えた外気が吸い込まれ、冷風穴に近い風穴内の岩石が著しく冷却される。 その蓄熱によって春から夏までの岩石の低温が維持され、そのため冷風穴から冷たい風が吹き出すと考えられる。 風穴植物 [ ] 風穴周辺には、風穴がつくる低温環境によって寒冷な植生帯に生育する植物が出現することがある。 風穴の植物が初めて記載されたのはや、によるによるものが最初で、そこでは標高200m程度のやの林の中にや、などの高山から亜高山帯の植物群落が見られる。 三好の調査により、(昭和元年)には「長走風穴高山植物群落」として、麓に次いで国のに指定された。 また、福島県のでは、オオタカネバラや、などからなる、やや規模が大きい植物群落があり、(昭和39年)に「中山風穴地特殊植物群落」として国のに指定されている。 風穴植物が天然記念物になっているのはこの2件のみである。 これらは、の植物の(待避地、退避地) という見解もある。 利用 [ ] 中期にあたる年間(-間)、稲核村(下の稲核村。 現・)のでは、風穴を利用した小屋を作って漬物保存に利用していた。 漬物は主に献上されていたという。 開口部が大きく有名な風穴は、一部で観光名所になっている。 日本では夏場でも付近が涼しいことから山地の住民に知られるようになった小さな風穴が全国に点在している。 これらは・などの保管用に加えて、にに使うの卵の保存に使用された。 風穴の上に建てられた「風穴小屋」は全国に少なくとも280カ所程度あった。 風穴小屋はが普及した中期以降、ほとんどは使われなくなったが、種子や酒などの保存用に再建・新設された例もある。 風穴の研究者や愛好者が集まる全国サミットが開かれているほか、その研究成果をまとめた清水長正・澤田結基 編『日本の風穴』が(平成27年)に刊行された。 ()は、「」の構成物件である。 富士山山麓の、、などの溶岩トンネルは、古くから観光用の洞窟として著名である。 北海道の遠軽や然別火山群、寒風山、秋田県湯沢の三関風穴、群馬県の荒船風穴、兵庫県の神鍋山、隠岐の岩倉、長崎県の雲仙岳では風穴がジオサイトになっており、ユニークな自然の価値が認められている。 秋田県のや宮城県の、佐賀県永野の風穴などは避暑のための公園として整備されている。 新潟県の、の、香川県のなどは、キャンプ場近辺のクールスポットとして注目されている。 また、現在も実用的な冷蔵倉庫として利用されている風穴が各地にある。 や、の見倉の風穴、の、のなどはいずれも集落近傍の風穴で、種や野菜、漬物や果実の貯蔵に利用されている。 長野県では、(平成4年)に農山漁村活性化集出荷施設として、風穴を生かした天然冷蔵倉庫が新設され、特産の蕎麦の実を保存している。 また、特に施設はないが、上高地岳沢の「天然クーラー」や双六岳登山ルートの蒲田川左俣林道沿いの「お助け風」、後方羊蹄山の比羅夫コース2合目の「風穴」などは、夏の登山シーズン中に登山者へ涼を供している。 養蚕業への利用の歴史 [ ] までは、大半のの品種は春の孵化から6月末の産卵まで、1年に1度の飼育しかできなかった。 当時はの芽吹きに合わせて卵を部屋の中で上下させたり、で暖めたり、冷たい所に置いたりして、慎重に温度管理を行い孵化の時期を桑の芽吹きに合わせて調節していた。 の南安曇地区では、江戸時代後期の年間(-間)にはすでに風穴にを保存して孵化を遅らせる手法があったことが記録されている。 の2年()には、輸出したものの過剰になって日本に返されていた蚕種のうちの(前田風穴)に保存しておいた分を、大遅霜で蚕が大被害を受けた際に取り出して飼育してみたところ、一定量のを得ることができた。 これが蚕種冷蔵の風穴利用の本格的な起源となったとされる。 (明治11年)には、風穴蚕種の製造が政府に許可され、風穴を利用した年間多回飼育が全国に広がっていった。 しかし、風穴を利用した蚕種貯蔵は時代には減少し、(昭和10年)にはほぼゼロになった。 これは愛知県の小池弘三が(大正3年)に開発した人工孵化技術が全国に普及していいたためであった。 その技術というのは、蚕種をに浸し、越年状態に至った蚕種を強制的に孵化するというものである。 また、風穴は一般的に交通の不便な山中にあることが多く、明治時代からの利用が考えられていた。 すでに(明治41年)には冷蔵庫で保存した蚕種と、風穴で保存した蚕種に大きな違いが無いことが研究されていた。 なお、(平成23年)にが発生しての供給が極めて不安定な状況に陥った際には、がを実施したことで、養蚕業者は貴重な蚕の系統を電力に頼ることなく冷凍保存する必要に迫られ、前田風穴内での蚕種の保存が実施された。 風穴の一覧 [ ] 世界には数多くの風穴がある。 その中から特筆性が高いと思われるものを抜粋し、ここに記載する。 ただし、日本国外に関しては情報が不足している。 日本国内 [ ] の記載順は に準拠する。 ここでいう所在地は一般的な洞口(観光用洞口)の所在地。 と併せて保存区域に指定されているのは、と。 ここに挙げたもので、かつて貯蔵風穴として利用されていたのは、先駆たるを始め、、、、、、、、、、、、、、、、である。 このうち、入沢風穴と神鍋風穴は現在も天然冷蔵庫として利用されている。 ・清水長正は、日本国内で最も著名な風穴として、4年()の青木ヶ原溶岩流下時に形成された溶岩トンネルが風穴となった ・・を挙げている。 北海道• 武利風穴武利風穴 - 管内および(後期におけるモンベツ場所内)に所在。 上流域地下水系。 東北地方• ( てんぐもりのなつごおりやまかざあな) 天狗森国有林に所在。 県指定。 /によってが立ち上っている。 長走(江戸時代における長走村、幕藩体制下の奥州知行秋田郡長走村)に所在。 国指定天然記念物(『長走風穴高山植物群落』名義)。 関口 糸倉山7-2(羽後国関口村、幕藩体制下の奥州知行関口村および知行関口村)に所在。 市指定天然記念物。 かつての蚕種貯蔵風穴。 皆瀬川の風穴 - 秋田県の上流域に所在。 関口の風穴 - 秋田県の皆瀬川上流域に所在。 かつての蚕種貯蔵風穴。 ジャガラモガラ 貫津 (ぬくづ)(江戸時代における陸奥国貫津村、幕藩体制下の奥州知行貫津村)に所在。 雨呼山 (あまよばりやま)中腹の地下に開ける。 県指定。 湯野上 中山(江戸時代における陸奥国桜山村・中倉村、幕藩体制下の奥州知行桜山村・中倉村)に所在。 国指定天然記念物(『中山風穴地特殊植物群落』名義)。 関東地方• 大字南野牧 字屋敷甲10690(江戸時代における南西部)に所在。 国指定(『』名義)。 「」構成資産。 かつての蚕種貯蔵風穴。 (別名:吾妻風穴、栃窪風穴) 群馬県栃窪(江戸時代における吾妻郡栃窪村、幕藩体制下の栃窪村)に所在。 国指定史跡(『荒船・東谷風穴蚕種貯蔵所跡』名義)。 かつての蚕種貯蔵風穴。 中部地方• 荒島風穴 上庄(旧・荒島山 )に所在した。 越智風穴 福井県小川(旧・丹生郡小川村)に所在した。 異説では越前町大畑(旧・丹生郡大畑村)に所在した。 大谷風穴 福井県丹生郡越前町小川(旧・丹生郡小川村 )に所在した。 の洞口を見下ろす。 2068-1(江戸時代における西湖村地先、幕藩体制下の石和代官所西湖村地先)に所在。 国指定天然記念物。 かつての蚕種貯蔵風穴。 山梨県南都留郡富士河口湖町精進(江戸時代における甲斐国八代郡精進村、幕藩体制下の甲州御料市川代官所精進村)に所在。 国指定天然記念物。 かつての蚕種貯蔵風穴。 山梨県南都留郡(江戸時代における甲斐国成沢村・大嵐村、幕藩体制下の甲州御料石和代官所預成沢村・大嵐村)に所在。 国指定天然記念物。 傍陽(江戸時代におけるの上洗馬村か軽井沢村か曲尾村、幕藩体制下の知行の上洗馬村か軽井沢村か曲尾村)に所在。 長野県氷(江戸時代における信濃国大久保村、幕藩体制下の信州知行大久保村)に所在。 長野県入沢(江戸時代における信濃国佐久郡入沢村、幕藩体制下の信州知行入沢村)に所在。 市指定天然記念物。 長野県村松 字本山1372-8(江戸時代における信濃国村松郷、幕藩体制下の信州知行村松郷)に所在。 村指定史跡。 かつての蚕種貯蔵風穴。 長野県(江戸時代における信濃国稲核村、幕藩体制下の信州知行稲核村)に所在。 かつての蚕種貯蔵風穴。 小野の風穴 丹生川町小野(江戸時代における小八賀郷小野村、幕藩体制下の小野村)に所在。 市指定天然記念物。 かつての蚕種貯蔵風穴。 岐阜県萩原町古関地内(江戸時代における飛騨国内)に所在。 かつての蚕種貯蔵風穴。 有穂風穴 岐阜県八幡町有穂(江戸時代におけるの小久須見村か歩岐村か在原村、幕藩体制下の知行の小久須見村か歩岐村か在原村)に所在。 かつての蚕種貯蔵風穴。 外神2180(江戸時代における万野原、幕藩体制下の万野原)に所在。 国指定天然記念物。 静岡県駒門69(江戸時代における駿河国富士郡内、幕藩体制下の駿州御料内)に所在。 国指定天然記念物。 大字(江戸時代における古戸村、幕藩体制下の知行古戸村)に所在。 藤原町篠立(江戸時代における篠立村、知行篠立村)に所在。 県指定天然記念物。 の東と西で河内風穴と繋がっているという言い伝え()がある。 近畿地方 /第1層にある大空間の高い位置から、洞内と観光洞洞口(外光が差し込む左上)を望む。 河内宮前(江戸時代における犬上郡河内村、幕藩体制下の知行河内村)に所在。 の地下に開ける。 上流域地下水系。 現在調査された限りで、総延長距離において全国第4位の大洞窟。 第2種特別地域。 県指定天然記念物。 「」選定物件。 かつての蚕種貯蔵風穴。 滋賀県犬上郡多賀町佐目(江戸時代における近江国犬上郡佐目村、幕藩体制下の江州彦根藩知行佐目村)に所在。 上流域地下水系。 (別名:神鍋山風穴) 日高町栗栖野(江戸時代における内)に所在。 の主峰たる神鍋山の地下に開ける。 かつての蚕種貯蔵風穴。 中国地方• (別名:岩倉風穴 ) 布施地(江戸時代における布施村地先、幕藩体制下の布施村地先)に所在。 島のであるの東山腹下に開ける。 特別地域。 入口は秋芳洞の洞口で秋芳町秋吉1237-245(江戸時代における秋吉村、幕藩体制下の知行秋吉村)に所在。 国指定。 指定地域。 笠山風穴 山口県越ケ浜 (江戸時代における長門国越ヶ浜浦、幕藩体制下の長州山口藩知行越ヶ浜浦)に所在。 山麓の周辺の地下に開ける。 四国地方• 西分(江戸時代における、幕藩体制下の知行西分村)に所在。 大成風穴群( おおなるふうけつぐん) 大成(江戸時代における内)に所在。 かつての蚕種貯蔵風穴。 九州地方• - 若木町 大字永野(江戸時代における永野村、幕藩体制下の知行永野村)に所在。 普賢岳 北の風穴 - に所在。 かつての蚕種貯蔵風穴。 普賢岳 西の風穴 - 長崎県雲仙市に所在。 日本国外 [ ]• の洞穴 - ホットスプリングス近郊に所在。 のウィンドケイブ 北中部(領)ムル山域に所在。 ディア・ケイブ、ラング・ケイブ、ウィンド・ケイブ、クリアウォーター・ケイブと連なる洞窟の一部分。 地形以外の風穴 [ ] かざあな [ ] では、「風の吹き通る穴や隙間、破れ穴など」をで「 かざあな」といい、では「 風穴」と書く。 「かざあな」というをもつ日本語の、これが第1義か、もしくは最も基本的な語義の一つである。 また、「換気・通風のために壁などに開けた穴」も、同じように読み書きする。 加えて、隠喩(。 表現の一種)として、に生まれたむなしさを「風(嬉しくない風)が吹き通る、かざあな」に譬えて「かざあな(風穴)」という。 さらには、後述する「風穴を開ける」の転用として、「心に風穴が開く」とか、「心に開いた風穴」、「心にぽっかりと開いた穴をむなしい風が通り抜ける」などといった表現がある。 風穴を開ける [ ] 日本語では、刺突やによって人の胴体(や)に開けられた穴を上述の意味での「かざあな(風穴)」に譬えたうえで、そのような穴を開けることを「 風穴を開ける」という。 ここから転じて、を想起させる文句として昔から慣用されてきた表現に、「 どてっぱらに風穴をあけてやる( 土手っ腹に風穴を開けてやる)」がある。 「土手っ腹」は「腹」「腹部」のである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , p. 296. 2019年10月4日閲覧。 , p. , p. , p. , pp. 18-19. , pp. 42-50. 139. , pp. 126, 130, 134. , p. 134. , p. 126. , pp. 123, 128, 134-136. 128, 137. 128, 139. 『信濃毎日新聞』2013年9月22日号 [ ]• [ ]• , pp. 128, 137-139. , p. 128. 2019年10月4日閲覧。 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年10月9日閲覧。 コトバンク. 2019年10月9日閲覧。 コトバンク. 2019年10月9日閲覧。 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年10月9日閲覧。 コトバンク. 2019年10月9日閲覧。 三省堂『大辞林』第3版. コトバンク. 2019年10月9日閲覧。 コトバンク. 2019年10月4日閲覧。 コトバンク. 2019年10月10日閲覧。 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

「お尻」は英語で「hips」ヒップではないです。

けつ の あな 英語

公開日: 2018. 17 更新日: 2018. 17 「洞穴(どうけつ)」と「洞窟(ほらあな・どうくつ)」の違いと使い分け 「洞穴」「洞窟」という言葉をご存知でしょうか。 「洞穴を見つける」「洞窟を探検する」といったように使います。 では、「洞穴」「洞窟」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 この2つの言葉は、ニュースや小説などにおいて見聞きすることが多い言葉です。 聞いたことある人がほとんどかと思いますが、意外と意味を知らないということがあります。 正しく使うためには、意味についてしっかりと知っておく必要があります。 そこで今回は「洞穴」と「洞窟(ほらあな・どうくつ)」の使い分けについて解説していきます。 正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「洞穴(どうけつ)」「洞窟(ほらあな)」「洞窟(どうくつ)」の違い 洞穴(どうけつ)・・・崖・岩・大木などにできた、中が空っぽで深くくぼんでいるところ 洞窟(ほらあな)・・・崖・岩・大木などにできた、中が空っぽで深くくぼんでいるところ 洞窟(どうくつ)・・・崖・岩石などにできた、中が空っぽで深くくぼんでいるところ 「洞穴」「洞窟」「洞窟」は人が入ることができる、通ることができるほどの大きさの空間を表しています。 3つとも同じ意味を表していますが、ややニュアンスが異なります。 「洞窟(どうくつ)」は、人が住居もしくは物置きとして利用している場合に使うことが多いです。 洞穴全般を「洞窟(どうくつ)」と表すことができます。 また、「洞穴」と「洞窟(ほらあな)」は意味は同じですが、 「洞穴(どうけつ)」の方が堅い言い方となります。 日常会話では「洞窟(ほらあな)」を使うことが多いです。 「洞穴」でも「洞窟」でも意味は同じですが、文化庁では「洞穴」で統一しています。 「洞窟」の「窟」には「人が暮らすために作った穴」という意味が含まれているからです。 どちらを使うか迷ったときは、「洞窟」ではなく「洞穴」を使うのが良いです。 「洞穴(どうけつ)」の意味と使い方 「洞穴」の意味は「 崖・岩・大木などにできた、中が何もないくぼんだところ」です。 「洞」は音読みで「ドウ・トウ」、訓読みで「ほら」と読みます。 「洞」は「筒形に抜けてある空間」を意味します。 「穴」は音読みで「ケツ」、訓読みで「あな」と読みます。 「穴」は「あな」を意味します。 岩や崖にできた中がからになっている部分、周りよりも低くへこんでいる場所を表します。 人工的にできた穴ではなく、自然にできた穴を指します。 「洞穴」は人が住めるほど大きな穴から、小動物が掘った程度の小さな穴まで幅広く表します。 例えば、「お宝を見つけるため、洞穴へ行く」「洞穴の中を探検してみる」といったように使います。 洞穴の中にはコウモリが生息していることが多くて、大きな動物は基本的にいません。 洞穴の中に生息する生物は「洞穴生物」と呼ばれています。 例文 ・珍しい動物がいたので追ったが、洞穴の中へ姿を消してしまった。 ・お宝を探しに洞穴に来たが、結局何も見つからないまま夜が過ぎてしまった。 ・面白いことがありそうと期待して洞穴を探検したが、特に何もなかった。 ・有名な探検団がある洞穴の中で、宝箱を発見したことがテレビで報道された。 ・嵐が近づいてきたせいか、雨あしが強くなってきたので一旦洞穴の中で休憩する。 ・洞穴の中は寒くて薄暗いから、上着と懐中電灯は絶対に持っていった方が良い。 「洞窟(ほらあな)」の意味と使い方 「洞窟」の意味は「 崖・岩・大木などにできた、中が何もないくぼんだところ」です。 「洞」は音読みで「ドウ・トウ」、訓読みで「ほら」と読みます。 「洞」は「筒形に抜けてある空間」を意味します。 「窟」は音読みで「クツ」、訓読みで「いわや・ほらあな」と読みます。 「窟」は「空間、自然にできたあな」を意味します。 「窟」一字でも「ほらあな」と読むことができます。 また「洞穴」と書いて、「ほらあな」と読むこともできます。 今現在は「洞窟」と表しますが、元々は「洞(ほら)」と言っていました。 「洞」は古めかしい表現なので、今はほとんど使われていません。 「洞窟」は「洞穴」と同様、 岩や崖にできた中がからになっている部分、周りよりも低くへこんでいる場所を表します。 崖や岩以外にも、大木や朽木の穴も「洞窟」と表現します。 例文 ・たくさんの洞窟ができているあの場所には、いつも多くの人が見に来る。 ・洞窟に入るときは、足が滑らないように慎重に入るようにしてね。 ・だいぶ距離があるからボートやカヌーを使って、あの洞窟まで行くことにしよう。 ・洞窟の中は思っていたよりも暗い上に広くて、途中で迷ってしまった。 ・君は洞窟で暮らすことが夢だと言っているけれど、絶対に無理だからやめた方が良い。 ・警察に長い間追われていたが、身を隠すために洞窟へ入ることにした。 「洞窟(どうくつ)」の意味と使い方 「洞窟」の意味は「 崖・岩石などにできた、中が何もなくて深くくぼんだところ」です。 「洞」は音読みで「ドウ・トウ」、訓読みで「ほら」と読みます。 「洞」は「筒形に抜けてある空間」を意味します。 「窟」は音読みで「クツ」、訓読みで「いわや」と読みます。 「窟」は「空間、自然にできたあな」を意味します。 地下にある深い空間がある場所、入口よりも奥行きがある空間を表します。 奥よりも入り口付近の方が大きい場合は「岩陰」と呼びます。 だいたい人が入ることができるほどの空間を表していて、「洞窟」は そこを住居や物置きとして利用している場合に使うことが多いです。 ただ、「洞窟」は「崖や岩の穴」を表しているので、「大木の穴」を表す場合は使いません。 「洞窟」は形や形作っている岩石によって、区別されています。 例えば、洞窟の種類には「溶食洞窟」「侵食洞窟」「構造洞窟」「火山洞窟」「海底洞窟」などがあります。 例文 ・秘密の洞窟を探すために友人たちと旅にでたが、そう簡単には見つからない。 ・洞窟に閉じ込められている人を救助するために、たくさんの人が協力してくれた。 ・ある洞窟は、高齢のおじいちゃんが住んでいることで話題となっている。 ・先日、洞窟の中で数年間そこで生活していたとされる子供の骨が発見された。 ・閉じ込められる可能性が大きいから、遊び半分で洞窟探検をしたらダメだよ。 ・彼は洞窟の形や質に関しての研究を進めているから、詳しいことを知っているよ。

次の