ゲームボーイ。 “早すぎた”VR機「バーチャルボーイ」の思い出をレトロゲームマニアが語る (1/2)

ゲームボーイギャラリー

ゲームボーイ

モンスターの育成や、モンスター同士を組み合わせて新しいモンスターを作る配合システムといったユニークな要素が楽しい作品となっています。 ドラクエ旧作からのモンスターが登場したり、旧作のイベントを意識した演出が取り入れられていたりと、 ドラクエファンならついニヤリとしてしまうような要素も満載。 もちろん、ドラクエに初めて触れる方にとっても楽しめる一作ですよ。 種類 ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ジャンル ロールプレイング シリーズ ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド 対応周辺機器 通信ケーブル このゲームの主人公のワリオは、基本的には不死身。 しかし、特定の敵や攻撃に当たると顔が膨らんだり、ペチャンコになったりといったリアクションを取ります。 このリアクションを活用してゲームを進めていく、というのが、このゲームのユニークな点だといえるでしょう。 単にワリオのリアクションが豊富なだけではなく、やり込み要素がたっぷりあるのも、アクションゲームファンには嬉しいポイント。 周回要素はありますが、ある程度やり込まないと入れない場所があったりと、 周回するたび新鮮な気持ちでプレイできるよう工夫されているのも嬉しいところです。 種類 ゲームボーイカラー専用ソフト ジャンル アクション シリーズ ワリオランド 対応周辺機器 - エム・ティー・オー 商品名 ファンタズム ポケットモンスター 銀 X エックス バイオニックコマンドー ゲームボーイウォーズ2 あにまるぶりーだー テトリス ソロモンズ倶楽部 GO! ヒッチハイク ポケットモンスター 赤 ポケットモンスター 金 ツインビーだ!! ポケットモンスター クリスタル 鬼忍降魔録ONI ドラゴンクエストIII そして伝説へ… ワリオランド3 不思議なオルゴール とっとこハム太郎2 ハムちゃんず大集合でちゅ スターオーシャン ブルースフィア ドクターマリオ ロックマンワールド2 ポケットモンスター 緑 香港 ゲームボーイウォーズTURBO 新日本プロレス闘魂三銃士 魔界塔士Sa・Ga スーパーマリオランド2 6つの金貨 ウィザードリィ外伝 I 星のカービィ2 アレイウェイ スーパーマリオランド3 ワリオランド ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド 星のカービィ From TV animation ONE PIECE 夢のルフィ海賊団誕生! テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン スーパードンキーコングGB ファミスタ ビートマニア GB ONI4 鬼神の血族 名探偵コナン からくり寺院殺人事件 メトロイド 2 KLAX ポケットモンスター ピカチュウ トップギアポケット スーパーチャイニーズランド2 パックマン ピンボール 66匹のワニ大行進 カービィのブロックボール ハリウッドピンボール 飛龍の拳外伝 こむぎちゃんのケーキをつくろう 特徴 敵キャラクターに憑依して戦うアクション! 2つの世界を股にかけた大冒険! ワイヤーフレームを用いた3D表現がスゴい! ワイヤーアクションがユニークなアクションゲーム ボリュームたっぷりのウォーシミュレーション! 動物を育てて大会で優勝を目指そう! 誰もが夢中になる落ち物パズルの王様 頭を使って楽しむアクションパズル ヒッチハイクをテーマにしたボードゲーム 通信ケーブルを使ったポケモンのやりとりや対戦が楽しい! 初代からポケモンの種類が大幅に増加 シューティングに不慣れでも楽しめる! 女性主人公がポケモンシリーズ初登場! ゲームボーイ初期のソフトながらも美しいグラフィックが特徴 ファミコン版より操作性がアップした移植作品! ワリオのリアクションを活用して攻略していこう やり込み要素豊富なアドベンチャーゲーム アドベンチャー要素も楽しめるRPG マリオがお医者さんになった異色作! ロックマン初心者におすすめ みんな大好きポケモンシリーズの原点 麻雀牌を用いたユニークなパズルゲーム 戦争を題材にした硬派なウォー・シミュレーションゲーム あの頃の人気格闘家の共演を楽しもう ゲームボーイ初のロールプレイングゲーム イージーモードがあり初心者にもやさしい! 携帯機になってより中毒性が高くなった「Wiz」 ゲームボーイでもコピー能力を楽しめる! シンプルでハマるブロック崩し! 悪役のはずのワリオが主役に! モンスターの育成や配合が楽しいドラクエ外伝! シンプルに楽しめる、星のカービィの原点! 自分で好きな航路を選べる自由度の高い作品 考えさせられる深いストーリーが魅力 しっかり描き込まれた美麗なドット絵に注目しよう ファミコンの大人気野球ゲームをゲームボーイでも! ゲームボーイならではのピコピコサウンドが楽しい! 今までのキャラクターがたくさん登場するONIシリーズオ... キャラクターを使い分けながら捜査を進めていこう ダークな世界観が魅力の名作アクション ポップな雰囲気が魅力の落ち物パズル! うしろをついてくるピカチュウがかわいい! 振動機能搭載で臨場感たっぷり! カンフーアクションで宇宙を冒険! 定番レトロゲームのゲームボーイ版! たくさんのワニが登場するユニークなピンボール! ボール姿のカービィがキュート! 豊富な台数のピンボールを楽しもう 一人プレイも、友達との対戦も楽しい! ゲームをプレイしながら料理の知識も得られる 最安値 種類 ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイカラー専用ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイカラー専用 ゲームボーイカラー専用ソフト ゲームボーイカラー専用ソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイカラー専用 ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイ/ゲームボーイカラー共通ソフト ゲームボーイソフト ゲームボーイカラー専用 ジャンル アクション ロールプレイング 3Dシューティング・戦略シミューレション アクション ウォーシミュレーションゲーム・リアルタイムストラテジー シミュレーション 落ち物パズル アクションパズル ボードゲーム ロールプレイング ロールプレイング シューティング ロールプレイング ロールプレイング ロールプレイング アクション おはなしアドベンチャー ロールプレイング 落ち物パズル アクション ロールプレイング パズル ウォーシミュレーションゲーム・リアルタイムストラテジー 格闘 ロールプレイング アクション ロールプレイング アクション ブロックくずし アクション ロールプレイング アクション シミュレーションRPG ロールプレイング アクション スポーツ リズムゲーム ロールプレイング 推理アドベンチャー アクション 落ち物パズル ロールプレイング レーシング アクション ドットイート コンピュータピンボール ボールアクション コンピュータ 格闘アクション シミュレーション シリーズ - ポケットモンスター X バイオニックコマンドー ファミコンウォーズ あにまるぶりーだー - ソロモンの鍵 - ポケットモンスター ポケットモンスター ツインビー ポケットモンスター ONI ドラゴンクエスト ワリオランド とっとこハム太郎 スターオーシャン ドクターマリオ ロックマンワールド ポケットモンスター - ファミコンウォーズ - サガ マリオランド ウィザードリィ 星のカービィ - マリオランド・ワリオランド ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド 星のカービィ ONE PIECE テイルズ・なりきりダンジョン スーパードンキーコング ファミスタ ビートマニア ONI 名探偵コナン メトロイド - ポケットモンスター トップギア スーパーチャイニーズ パックマン - 星のカービィ - 飛龍の拳 なかよしクッキング 対応周辺機器 - 通信ケーブル・ポケットプリンタ - - 通信ケーブル - 通信ケーブル - - 通信ケーブル 通信ケーブル・ポケットプリンタ 通信ケーブル 通信ケーブル・ポケットプリンタ・モバイルシステムGB - - - - - 通信ケーブル - 通信ケーブル - - 通信ケーブル - - 通信ケーブル - - - 通信ケーブル - - - - 通信ケーブル 通信ケーブル - - - 通信ケーブル 通信ケーブル・ポケットプリンタ 通信ケーブル - - 通信ケーブル - - 通信ケーブル - 商品リンク•

次の

ゲームボーイのゲームタイトル一覧

ゲームボーイ

ゲームボーイ ソフト名 発売日 カートリッジ の分類 ゲーム ジャンル NINTENDO POWER 2001. 11 ゴルフゲーム 2001. 21 おはなしアドベンチャー 2001. 27 アクション アドベンチャー 2001. 27 アクション アドベンチャー 2001. 21 アクション 2000. 14 RPG 2000. 21 かくれんぼバトルRPG 2000. 1 テニスゲーム 2000. 21 なぞベンチャー 2000. 21 アクションパズル 2000. 8 なかよし発見ソフト 2000. 1 アクション 専用 2000. 21 アクション 2000. 1 アクション 専用 2000. 21 トレーディングカード 2000. 28 アクション 1999. 21 RPG 1999. 10 ゴルフ 1999. 14 アクション 1999. 8 アクション 1998. 18 トレーディングカード 1998. 12 アクション アドベンチャー 1998. 21 パズル 1998. 21 アクション 1998. 12 RPG 1997. 27 アクション 1997. 1 アクション 1997. 25 アクションパズル 1996. 23 アクション 1996. 26 アクションパズル 1996. 19 パズル 1996. 15 RPG 1996. 21 アクションパズル 1996. 27 RPG 1996. 27 RPG 1995. 14 アクション 1995. 27 アクション 1995. 21 アクション 1995. 14 パズル 1994. 14 アクションパズル 1994. 14 アクション 1994. 21 アクション 1993. 27 アクション 1993. 6 アクション アドベンチャー 1992. 21 アクションパズル 1992. 21 アクション 1992. 14 アクションRPG 1992. 29 アクション 1992. 27 アクション 1992. 21 アクション 1991. 14 アクションパズル 1991. 21 シミュレーション 1990. 9 レース 1990. 23 シミュレーション 1990. 27 アクションパズル 1990. 13 アクション 1990. 26 シューティング 1989. 28 スポーツ 1989. 14 アクションパズル 1989. 29 スポーツ 1989. 21 アクション 1989. 21 テーブル 1989. 21 スポーツ 1989. 21 アクション カートリッジの分類 カートリッジの種類 製品概要 ゲームボーイ等 ゲームボーイカラー ゲームボーイカラー専用カートリッジ ゲームボーイカラーおよびゲームボーイアドバンス専用ソフトです。 カラー画面(32000色中最大56色)でゲームを楽しむことができます。 ゲームボーイカラーおよびゲームボーイアドバンス以外の本体、およびスーパーゲームボーイ/2では使用できませんのでご注意ください。 使用不可 ゲームボーイ&カラー共通カートリッジ ゲームボーイ&カラー共通ソフトです。 ゲームボーイカラーおよびゲームボーイアドバンスはカラー画面(32000色中最大56色)でゲームを楽しむことができます。 それ以外の本体ではモノクロ画面でゲームを楽しむことができます。 また、スーパーゲームボーイ/2でもゲームを楽しむ(画面:カラー)ことができます。 [無印]は従来のゲームボーイ用ソフトです。 全てのゲームボーイ本体で使用でき、ゲームボーイカラーではカラー表示(4〜10色)に、ゲームボーイカラー以外の本体では白黒表示になります。 スーパーゲームボーイ/2でもゲームを楽しむ(画面:擬似カラー)ことができます。

次の

任天堂の神対応…ゲームボーイが壊れちゃった95歳のおばあちゃんに新品をプレゼント

ゲームボーイ

2019年4月21日, 初代ゲームボーイが発売から 30周年を迎える。 ゲームボーイは全世界で 1億台以上も売り上げた伝説的な携帯ゲーム機で,ここから歴史が始まった現在の人気ゲームタイトルも数多くある。 本稿ではゲームボーイがどんなゲーム機だったかを振り返ってみたい。 30年前というと筆者はまだ生まれてすらいないのだが,物心ついた時の家にはゲームボーイが1台あって姉弟で取り合いながら遊んでいた記憶がある。 そのゲームボーイを探してみても見つからなかったので,秋葉原へ行ったところ,かなり状態の良い初代ゲームボーイを箱付きで入手できた。 やっぱり秋葉原は何でもあるなあ。 こちらが初代ゲームボーイ。 このグレーの大きいパッケージが特徴で,「ハンディーゲームマシン」とも書かれている 最近のゲーム機では見なくなってしまった取扱説明書。 可愛らしい絵柄で細かい説明が書かれている 初代ゲームボーイというと「でかい」「重い」「画面が見づらい」のような印象しか頭になかった。 だって単三電池を4本も使うんですよ? そりゃもうずっしりと重いはず……あれ,案外軽い。 ゲームボーイ本体の重さは 220g。 ここに問題の単三電池4本とゲームカートリッジを挿すと,重さが一気に 334gまで増える。 数字で見るとちょっと重く感じるが,New ニンテンドー3DS LL(329g)と同じぐらいの重さだ。 電池ケースの蓋についているツメが折れやすいので,我が家のゲームボーイは後ろをガムテープで止めていた記憶がある。 今回も壊さないようにびくびくしながら電池を取り付けた そして大きさは, 幅90mm, 高さ148mm, 奥行き32mm。 最近の携帯ゲーム機は横長で方向キーとボタンが離れているものが多いが,縦長のゲームボーイはぎゅっと両手をくっつけてプレイすることになる。 子供の手なら何ともなかったかもしれないが,大人になってから持ってみると,裏で指が交差するため,慣れるまでは少し違和感があった。 画面サイズは 2. 本体左側面にあるスライドを動かすとコントラストが調整できる仕組みだ。 おじさん編集者によると,昔は普通に遊んでいるだけで液晶にライン抜けが生じたり,中にほこりが入り込んだりいろいろと苦労したらしい。 また,無線通信機能はないが,本体右側面には 通信ケーブルのポートが用意されている。 通信ケーブルを使った遊びで一番に思い浮かぶのは「ポケットモンスター」のポケモン交換だろう。 赤・緑バージョンが発売された年に軽量化された「ゲームボーイポケット」も登場したが,通信ケーブルの規格が変更されていた。 そのため,周りはみんなゲームボーイポケットだらけで,自分だけ変換コネクタを持参して友達の家に遊びに行っていたという,ちょっとほろ苦い思い出を語るスタッフもいた。 ゲームボーイの名作タイトルを紹介 せっかくゲームボーイ本体があるのだから,実際に何本かゲームを遊んでみよう。 「さて,どのタイトルを遊ぼうか」などと考える間もなく,わらわらと編集部のスタッフが集まってきて,怒涛の勢いで推しタイトルと思い出話を勝手に語ってくる(なんなんだこの会社)。 今回はその中から8タイトルに絞って(絞ったんです)プレイしてみたので紹介していこう。 ローンチタイトルの1つ「 スーパーマリオランド」だ。 「スーパーマリオブラザーズ」を踏襲した横スクロールアクションで,基本アクションはジャンプのみという非常にシンプルな作りになっている。 カメの甲羅を蹴り飛ばすようなアクションは,そもそも蹴り飛ばすアイテムが登場しないのでできない。 パワーアップアイテムは,お馴染みのスーパーキノコやフラワー,スターの3種類が登場する。 現在のマリオとは少し違う点で言えば,フラワーを取ると「 スーパーボールマリオ」に変身し,ファイアボールではなくスーパーボールを投げつけるアクションになることだ。 スーパーボールというだけあって,跳ね返るように動き回り,画面上に1個しか出せない。 そして,潜水艇や飛行機を使用したシューティングエリアが登場することも特徴の1つ。 ボタンを押しっぱなしにしておけば弾を撃ち続けられるので,ほかのステージよりちょっと簡単だったりする。 また,ほかのシリーズ作品にはいない,オリジナルキャラクターたちが登場するのも面白いポイントだ。 歩いてくるキノコはお馴染みの「クリボー」に見えるが,そっくりさんの「チビボー」だったり,カメのキャラクターは「ノコノコ」ではなく「ノコボン」で,踏みつけると爆発するため甲羅が残らない。 ヘビやクモなどの動物キャラクターたちや,ロボットやキョンシーといった,ほかのシリーズ作品ではなかなか見ない敵キャラクターも登場する。 走ってくるモアイ像にはビックリした ちなみに,本作で救い出すのはピーチ姫ではなく, デイジー姫だ。 今やいろいろな作品に登場するようになった彼女だが,これが初登場作品となっている。 役満 1989年4月21日発売 なんでここで麻雀? と思われるかもしれないが,この「 役満」もローンチタイトルの1つだ。 内容は昔のゲームでよくある 2人打ち麻雀となっており,特徴的な5人のCPUとの対戦,もしくは通信ケーブルを使った2人対戦が可能となっている。 説明書でCPUの紹介がされているが,なぜかフォントが怖い 遊んでみて一番印象的だったのはアシスト機能が一切ないことだ。 配牌も自動でされなかったので,最初の1局では数秒間固まってゲーム画面を見つめることに…… あ,これもう始まってるんだ。 配牌するには「ツモレ」のコマンドを選択する必要がある。 この当時のゲームはやたらと命令口調が多い ポンやツモ,リーチも自分でコマンドの中から選択しなければならないので,最近の麻雀ゲームに慣れている筆者はうっかり見逃してしまうことが多々あった。 ゲーム内容はいたって普通の麻雀なので,ここでは本作を語るのに欠かせない名物CPU「 役満仙人」をフィーチャーして紹介したい。 その名前からも想像できると思うが,CPUの中で最強とされている対戦相手だ。 最強というか,まったく別ゲーになると言ったほうがいいかもしれない。 パッケージに描かれているおじさんが役満仙人のようだ。 チートだチート! と思わず言いたくもなるが,慣れてくると「どうせこの字牌待ちだろ?」と予想ができるようになってくるので案外面白い。 勝てるかどうかは置いといて。 う〜ん……やっぱりズルい ちなみに本作はスコアがマイナスになろうとお構いなし。 オーラスを迎えるまで終われないので,編集部内の麻雀ができるスタッフでゲームボーイを回して遊んでみると,東1局のまま数十万点差で負けていたなんて絶望的なこともあった。 魔界塔士 Sa・Ga 1989年12月15日発売 「サ・ガ」シリーズと言えば「ロマンシング サ・ガ」の名前を思い浮かべる人が多そうだが,シリーズ第一作はこの「 魔界塔士 Sa・Ga」だ。 ゲームの内容を紹介したいところなのだが,数時間プレイしてみて理解できたのは3割ぐらいだろうか……。 なので,まずは数時間がんばってみたプレイ体験をそのまま語らせてほしい。 ここは無難に人間の男性を選択。 そして名前を付けなければいけないのだが,筆者はこういったキャラクターに名前をつけるのが非常に苦手なので,何も選ばずにスキップしたら適当な名前がつくだろうと思い,そのまま進めてみた。 が! 戦闘をしてみて気付いた。 これ……, 名前が「 」だ。 ドラッグしたら何か表示されるとかそんなんじゃない。 名前が無名のまま通っていたのだ。 なんだか情が入らないのでとりあえずリセットすることにした。 ゲームをスタートすると,ポツンとフィールドだか屋内だかわからない平地に放り出される。 ど,どこに行けばいいんだ……。 ゲームが始まるとすぐにこの画面になる。 どうやらここは街中で,一歩前進するとフィールドに出てしまう 一番近くにいるNPCに話しかけると「ここから にげだしたい? ギルドでなかまを あつめろよ」と言われたので,あたりを探してそれらしい場所を見つけると「どこに なかまをいれますか?」といきなり言われる。 えっ,どこに?(混乱する筆者) 最近のゲームに慣れていると思考回路がおかしくなるようで,ギルド=仲間を加える=お金が必要。 そう思い,外に飛び出した「いたち」はゴブリンになぶり殺されて2回めのプレイが終わるのであった。 ギルドで仲間を加えるのにはお金など必要なく,パーティリストの空欄を選択するだけだった。 「どこに」ってそういう意味か。 こうしてエスパーギャルの「ギャル」,さんしょううおの「うおさん」,アルバトロスの「アルバ」を仲間に加え,やっと冒険のスタートをきることができた。 パーティキャラクターの名前も自分でつけるので,安易な感じになった。 さて,ここで冒険をしてようやく分かったことと,ショックだったことを紹介したい。 まず,本作はレベルの概念がないので,それぞれの種族で強くしていく方法が異なる。 人間は力や素早さ,HPまですべてアイテムでもりもり上がっていくお金第一な種族。 店に入ると「なんの ようだ!」と言われる。 メンタルが豆腐だとこの世界で生きていけないかもしれない エスパーは戦っていくと稀にステータスが上がる突然変異型な種族。 そして,モンスターは倒した敵が落とす肉を食べることによって強くなったり, 違うモンスターに変化してステータスが一気に変動する。 ……うん? 違うモンスターに変化して? ゲーム序盤でさんしょううおの「うおさん」も,アルバトロスの「アルバ」も全く違うモンスターになってしまったのだ。 これは個人的に一番ショックなできごとだった(実は説明書にちゃんと書いてある)。 これだから自分で名前をつけるのは嫌なんだ。 そして,本作にはストーリーらしいストーリーがない。 なので,NPCに片っ端から話しかけて「南西に村があるらしい」と言われれば南西に行き,「北東に王がいる」と言われれば北東に行き,そして塔の封印を解いて次の世界へとステージを移していくのだ。 会話シーンはほとんどないが,時折パーティメンバーがしゃべってくれることもある。 エスパーギャルが「てめえのようなやつが 1ばんむかつくんだ」などと言うことになるので,イメージがどんどん崩れ,もれなくかっこいい姐さんになることは間違いない。 スーパーロボット大戦 1991年4月20日発売 人気ロボットたちのクロスオーバー作品である「 スーパーロボット大戦」シリーズ(以下,スパロボ)の第一作は,意外なことにゲームボーイタイトルだった。 本作では ガンダム, マジンガー, ゲッターの3チームが登場し,いずれかのチームを選んでゲームがスタートする。 ガンダム・チームは種類豊富な7機体が集まっている。 本作が発売された1991年は「機動戦士ガンダムF91」が公開されたばかりで,最新作品だからかF-91のステータスは他の機体より若干高い。 マジンガー・チームはマジンガーZやグレートマジンガーなど全部で5機体。 ゲッター・チームは,ゲッターロボやテキサスマックなど全部で4機体しかおらず,チーム選択でゲームの難度が大きく変わるといった感じだ。 戦闘に入るとゲームボーイならではのピコピコ音になった「翔べ! ガンダム」「マジンガーZ」「ゲッターロボ!」がBGMとして流れるようになっている ゲーム内容は最近のスパロボと同じシミュレーションゲームだが,プレイしてみると初代ならではの驚きがいくつかあった。 まず何よりも驚いたのは, パイロットが1人も登場しないこと。 そういえば,この年代のガンダムゲームはガンダム主体で動く物が多かったような気もする。 しかし,セリフはどれもパイロットを思わせる特徴的なものが多いので,きっとあの人が乗ってるんだろうな? という想像はできるだろう。 次に驚かされたのが,ユニットが倒されると次のステージに進んでも復活しない点だ。 ゲームの難度がかなり高めなので,初めてプレイした時は1ステージめからかなりの機体がやられてしまい,次のステージで出撃ユニットを確認したら2体しか残っていなくて絶望した。 初代スパロボ1番の特徴と言えるのが「 せっとく」コマンドだろう。 本作には仲間が増えるイベントは存在せず,戦闘中に敵ユニットを「せっとく」して引き抜き,戦力を補充していく必要がある。 ほとんどの敵ユニットが「せっとく」可能なので,強い機体が登場したら総出で取り囲んで「せっとく」するという,ちょっと変わった光景も本作ならではかもしれない。 ゲッターチームの「せっとく」はそれで良いのか? ステージ途中でセーブできなかったり,モノクロかつ小さい画面でマスの判別がしづらかったり,広大なマップ故に移動にすごい時間がかかったりと,システム面の不便さはあったが,ゲーム自体はシンプルな仕上がりで,今遊んでも十分に楽しめた。 聖剣伝説 ファイナルファンタジー外伝 1991年6月28日発売 でお世話になった「 聖剣伝説」もゲームボーイ発のシリーズだ。 1作めは「ファイナルファンタジー」シリーズ(以下,FF)のスピンオフとして発売されたアクションRPGで,FFシリーズと共通するグラフィックスや魔法,アイテムが登場する。 物語は帝国の奴隷だった主人公がなんとか逃げ出し,モンスターに襲われていたヒロインを救い出すところから始まる。 本稿を執筆するためにゲームボーイ初期のゲームばかり遊んでいたが,こんなにしっかりしたストーリーがあるタイトルはとても珍しいと感じた。 (プレイした順番が「魔界塔士 Sa・Ga」の後だったせいかもしれないが。 ) 装備しているアイテムによって,攻撃のバリエーションが増えていくのも本作の面白いポイントだ。 木を切り倒せる「バトルアックス」や,草を刈れるうえに広範囲を攻撃できる「くさりがま」など。 強い武器を持てばいいというわけでなく,それぞれの特性を活かさないとステージの道を切り開くことができない。 ゲームボーイらしさを感じたのが,主人公のアクションスロットが2つしかないことだ。 これはAボタンとBボタンに対応していて,Aボタンは常時武器を振るアクションに使われる。 そして,Bボタンで使えるのは「アイテム」と「魔法」なのだが,そのうちの1つしか設定できない。 1つというのはアイテムの鍵だったり,魔法のケアルだったり,使うものまで指定しなければいけない時点で若干面倒くさく,使うたびに装備し直す必要も出てくるので非常に手間がかかる。 NPCが一緒に戦ってくれることもあるが,この当時のAIは自由だなという感想に留めさせていただきたい もちろん, 伊藤賢治氏による名曲が揃っていることも,本作を語るには欠かせない魅力の1つだ。 フルオーケストラは言うまでもないけど,やっぱりこのゲームボーイのピコピコ音もいいですよね。 星のカービィ 1992年4月27日発売 世界的な人気ゲームキャラクターとなった「 星のカービィ」も初登場はゲームボーイのソフトだった。 スーパーマリオランドもそうだったが,この当時のゲームはプロローグやチュートリアルと言ったものはすべてパッケージや説明書に書かれているので,ゲームをスタートするとすぐに最初のステージが始まる。 個人的にはこれぐらいテキパキ進んでくれるほうが嬉しい。 初代「星のカービィ」では,カービィの十八番とも言える「コピー能力」がまだ存在していない。 基本的なアクションは吸い込みとはき出しのみで,あとはフワフワと空を飛ぶぐらいの,とてもシンプルなゲームだった。 カービィや敵キャラクターたちの見た目は最近の作品とあまり変化がない。 つまりこの1作目でカービィの世界観ができあがっているとも言えるだろう。 それに,カービィを代表するBGM「Green Greens」や「デデデ大王のテーマ」も本作に収録されている。 実にシンプルでステージも多くはないので,1周目はあっという間にクリアできた。 そう,1周目は……。 初代「星のカービィ」にはクリア後のおまけが用意されており,本番はここからといった感じだ。 ポケットモンスター ピカチュウバージョン 1998年9月12日発売 ゲームボーイ発の人気タイトルとして欠かせないのが「 ポケットモンスター」シリーズ(以下,ポケモン)だ。 編集部のおじさんたちに「ポケモンだ! ポケモンをやるんだ!」と言われたのだが,なぜか強く勧められたのが ピカチュウバージョン。 「なんでピカチュウバージョンなんですか? 普通は赤か緑でしょう。 」と聞いたところ「 ピカチュウが可愛いから」という理由で本稿にいたるわけである。 可愛いなら仕方ない。 このピカチュウバージョンは,ポケットモンスターシリーズを通して見てもちょっと異例なバージョンだったりする。 内容は赤・緑・青と同じ151匹(幻のポケモンを含む)のポケモンが登場する最初のシリーズなのだが,当時人気爆発だった アニメ「ポケットモンスター」に寄せた作りになっているのだ。 最大の特徴は,最初のポケモンを選ぶところがピカチュウ1択になること。 おまけにピカチュウはアニメと同じように,モンスターボールに入るのを嫌がってトレーナーの後ろを歩いてくる。 ちなみに,ライバルのポケモンはイーブイに変更されている。 ピカチュウに罪はないが,最初のジムはいわタイプ使いのタケシが待ち構えているので,他バージョンに比べて序盤の難度が若干高い。 ピカチュウはレベルを上げてから挑まないとダメージを与える術が1つもなかった その他にも,ポケモンのビジュアルがちょっと変化していたり,捕まえられるポケモンがほかのバージョンと異なっていたり,ミニゲームが遊べたりと細かな変更が加えられている。 とくにポケモン図鑑のピカチュウが,アニメを意識したデザインに変わっているのが特徴的。 個人的にはオリジナルの丸っとしたピカチュウも好きですよ。 ゲーム序盤で訪れるトキワの森。 むしタイプポケモンなんてポッポの「かぜおこし」でいちころだぜ! と思っていたが,あれ……わざタイプがノーマルだ。 昔と今でわざタイプが違うものも多そうだ そして,名前こそ「ロケットだんいん」となっているが, ムサシと コジロウが登場するのもポケモンファンとしては嬉しいポイントだ。 しばらくポケモンで遊んでいると,編集部スタッフのが「家にあったよ」と ポケットプリンタを持ってきた。 ピカチュウバージョンでは,ポケモン図鑑の情報をプリントできるおまけ機能がついているのだ。 せっかくなので,通信ケーブルを購入して実際に動くかどうか試してみよう。 電源を入れると,いつ息が絶えるか心配になるモーター音(?)が聞こえてきた。 い,いけるのか……? 紙詰まりや接触不良などのエラーと戦うこと数分,やっとのことでプリントすることに成功した。 うーん,このかすれ具合。 でも健闘はしたという感じだろう。 ポケットプリンタはインクではなく,感熱紙を使って印刷している。 家で放置されていたのでは,経年劣化でこうなるのも仕方がないか。 そもそも動いただけ奇跡だった ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド 1998年9月25日発売 人気シリーズ「ドラゴンクエストモンスターズ」の1作め,「 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」は少し面白いタイミングで発売されたゲームソフトだ。 本作は初めて ゲームボーイ&ゲームボーイカラー対応になったタイトルなのだが,ゲームボーイカラーの発売は1998年10月21日。 つまりゲーム機よりも先にソフトが発売していたことになる。 ゲーム内容をざっくり説明すると,倒したモンスターを仲間にし,育てて配合したり,格闘場で戦わせたりするというもの。 こうして簡単に説明したのも,内容がかなり奥深いため,数時間プレイしたぐらいでは語ることが正直難しいのだ。 戦闘はドラゴンクエストシリーズとほぼ同じ内容だが,モンスターには成長の限界があるうえ,アイテムの装備もできないので,強くするにはモンスター同士の配合が必要不可欠となっている。 配合をすれば,パラメータが上がったり,両親から特技を受け継いだり,新しいモンスターが誕生することもある。 登場モンスターは,1作めにも関わらず200種類以上も用意されている。 今回数時間プレイしてみて面白いと感じた点はほかにもいろいろあり,その中でもナンバリングタイトルのオマージュやネタは本作を語るうえで欠かせない要素だろう。 倒したモンスターが起き上がってこちらを見つめてくる「 ドラゴンクエストV」を彷彿とさせる演出や,見覚えのあるボスやキャラクターたちの登場にニヤリとする。 ドラゴンやゴーレムなど,有名でそこそこ強いモンスターを序盤から仲間にできるのもモチベーション維持につながって,何時間でもプレイし続けられそうだった。 この記事の締切りさえなければ……。 なんとか8タイトルに絞って紹介してみたが,見ても分かる通りゲームボーイから登場した人気シリーズはとても多い。 20年〜30年前のゲームなのだから,昔らしさ溢れる不便な点や,理不尽な点をどんどん挙げていこうと思っていたのに,どれもそれを覆す面白さがあってなんだか悔しい。 特に「魔界塔士 Sa・Ga」は最初こそ何をすればいいのかサッパリわからなかったが,ひとたびシステムを理解するとキャラクターを育てるのがとても楽しかった。 ゲームボーイが発売された30年前は平成元年。 令和へと移り変わるタイミングで,平成初期のゲームを遊んでいるかと思うとなんだか感慨深いものがあった。 本稿に掲載した写真や,スクリーンショットで当時の空気を感じていただけたら幸いだが,今やバーチャルコンソールやリメイク作品が最新ゲーム機やスマートフォンでも遊べる時代だ。 この記念すべきタイミングで平成ゲーム史の幕開けを体感してみるのもオススメしたい。

次の